単科病院という言葉は、耳慣れない人が多いかもしれません。一番メジャーな単科病院は精神科や産科病院で、極めたい看護領域がすでに決まっているという人は転職先に単科病院を選ぶことをオススメします。

新卒は総合病院に就職したほうがいいと言われるワケ

看護学生は進路指導で、できれば総合病院でトータルスキルを身につけたほうがいい、と言われます。ですが単科病院の中には、新卒でもお給料が高額で待遇が良いところをかなり見かけるようになりましたし、リエゾンナースを目指したいとか、いずれ助産師資格取得も視野に入れている、などはっきりと目標が定まっている人にとっては、希望通りの配属にならず配置転換がある総合病院への就職は避けたいところでしょう。

総合病院に勤務すれば多くの症例に関われることで、短期間でのアセスメント能力のアップを期待できます。看護は全身のアセスメントが重要な領域なので、進路担当としてはやはり総合力をつけて欲しいと思うことが多くなります。

一方、単科病院では基本的にその領域に対して問題を抱えた患者さんしか来ないので、狭いなりに深い知識とよりたくさんの症例に関わっていくことができます。ですが単科病院に勤務する経歴が長い看護師ほど、若い新人に総合病院での勤務を勧める傾向があるようです。先入観を持たず新しい物事をどんどん吸収する力があるからこそ、狭い範囲で深い知識を身につけることのリスクを知っているということでしょう。

看護師はキャリアが重視される医療専門職ですが、継続して勤務する中でより多くの科目の所属経験がある人は、基本的にどの職場でも歓迎されます。単科でのプロフェッショナルを目指したい人にとっては不本意かもしれませんが、多くの症例に関わった経験はアセスメント能力の高さと比例すると見なされてしまうのです。

こんな人に単科病院の転職が向いている

強い意志や具体的なキャリアプランがなくぼんやりしているという人は、高待遇であっても単科病院への就職や転職は避けたほうがいい理由は前述のとおりです。ですが総合病院より、単科病院の就職・転職が向いている人もいます。

たとえば、極めたい看護領域がすでに決まっているという人です。特に認定看護師や専門看護師を目指しているプロフェッショナル志向の人は、一定期間以上の臨床経験が必要要件になるので、人事サイドの都合で回り道になってしまうような配置転換のリスクは避けたいところです。単科病院では医師を始めとする医療スタッフの多くが、その科目を専門領域にしているので、モチベーションも上がりやすい心理面でのメリットも得られやすいのも良いですね。

ただし、どうしても視野が狭くなりがちなのがデメリットと言えそうです。ですが病院側も人材交流という観点からも研修や出向に積極的なところもありますし、留学支援や専門資格取得のバックアップ制度が整っている場合もあります。産科では実質的には助産師レンタルにあたる助産師出向制度を採用していることもあるので、転職を考えている人は過去の実績について、具体的にどれくらい事例があるのか確認しておけば、のちのち進路変更があっても対応しやすくなります。

単科病院の待遇

単科病院は設立管理者や経営母体によって待遇はまちまちですが、総合病院に比較して待遇が良いことが多いようです。ですが比較的小規模なので、人員配置が限られてしまうことで勤務実態がハードになりがちな点はデメリットと言えます。

単科病院の中には新人でも勤務後すぐの独り立ちを求めざるを得ない状況のこともありますから、新卒入職希望者やその科目が初めてという転職希望者は、入職時研修や夜勤体制について、事前にチェックしましょう。

精神単科病院への転職で注目しておきたいこと

日本において入院施設を持つ単科病院の大多数派が、精神病院となっていることはご存知でしょうか。総合病院の精神科病棟では入院日数は短く、一ヶ月を目安に治療プランが立てられるケースが多いようです。一方で単科病院としての精神科病院では、いわゆる『社会入院』が多いのが特徴で、歴史のある病院では入院期間が長い患者さんでは数十年に及ぶこともよく見られるケースです。

現在はエビデンスに基づいた治療法として別にされていますが、電気ショックを与える使われていない椅子が置かれていたり、レボトミン手術と呼ばれる手術痕のある患者さんを見て、あまりの時代錯誤に衝撃を受ける若い看護師も少なくありません。こういった長い経過を取っている患者さんが多い精神病院の看護師は、家族に近い存在になります。

現在看護学校で教えているような、看護師-患者関係は他人行儀でむしろ苦痛を感じる患者さんもいて、その病院が歴史とともに培ってきた独自のノウハウが基準になっていることもありますから、精神科病棟経験者であっても可能であれば転職検討時に見学させてもらって、自分の持っている能力がその病院の患者さんやご家族の役に立てるものかどうか見極めておくようにするのがベストです。

産科単科病院への転職で注目しておきたいこと

総合病院でも産科や小児科の閉鎖が相次ぎ、社会問題になっています。産む場所が減っていく中、産科単科病院では数ヶ月先まで出産予約が埋まっていますし、妊婦さんも妊娠がわかったその場で出産予約を取らないと、出産難民になりかねない状況は長く続き、変わる見込みもありません。

ほとんどの産科病院が産婦人科外来を持っていますが、妊娠・出産・母乳外来・産後健診は一人の妊婦さんの一連の流れなので、病棟勤務採用でも外来を行き来する機会が多くなります。総合病院に比較してキャリアが長くスキルの高い助産師が多いのも産科単科病院の特徴なので、産科専門看護師を目指す人にとっては勉強になることが多いでしょう。

ですが出産が立て込むときなどは長時間残業が避けられず、オンコール夜勤を課すところもありますから、転職時は条件面をしっかり話し合うようにしておくようにしましょう。

単科病院の看護師になりたい方は、転職サイトに相談してみましょう!

単科病院に転職したい方は、一度転職サイトに相談してみましょう。自宅から通える単科病院や、希望条件にもっとも合致する非公開求人から紹介してもらうことができます。

以下で紹介するサイトは、求人数(非公開求人)、キャリアアドバイザー、転職サポートの充実度、利用者の満足度などから、本当におすすめできる看護師転職サイトを厳選しています!


人気の看護師転職サイト
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
看護師の転職事情
ベストな転職タイミングとは?
悩み・不満を転職にいかす
看護師不足の今は転職チャンス
看護師に人気の診療科とは?
都道府県別データ
転職の前に
看護師の転職ノウハウ
転職を検討する前の整理
転職サイトの選び方のコツ
転職前に転職先の内情を知る
転職サイトを賢く使う
転職サイトとは
転職サイトの仕組み
メリット・デメリット
転職サイトの選び方
転職サイトの種類・タイプ
コンサルタントを見極める
コンサルタントを味方にする
条件別転職サイトランキング
お祝い金がもらえる
求人数が多い
高給与の求人が多い
顧客満足度が高い
サポート体制が充実している
コンサルタントの質が良い
地方の転職に強い
非常勤・派遣の求人が多い
職場別から探す転職先
大学病院
総合病院
一般病院
精神科病院
療養型病院(慢性期病院)
クリニック(医院・診療所)
科目別から探す転職先
整形外科
産婦人科
内科
小児科
心療内科
精神科
泌尿器科
業務内容から探す
治験コーディネーター(CRC)
フライトナース
ツアーナース
エスコートナース
訪問看護師
タイプから探す
20代前半
20代後半
30代
40代
第二新卒
新卒1年未満
ブランクあり
職種・資格から探す転職理由
正看護師
准看護師
助産師
保健師
働き方から選ぶ転職のポイント
常勤
非常勤
特集企画『転職アンケート』
転職サイトは複数比較するべき
まずはコンサルタント探し
優先順位を決めること
将来を考えた上での転職が必要
自分に合う職場選びが大事
看護師の転職手段
看護師の6つの転職手段
直接応募
求人広告・求人情報誌
友人・知人による紹介
ハローワーク
eナースセンター
転職サイト
求人広告サイト
集合型求人サイト
看護師の転職トレンド
看護師の転職イベント情報
2017/02/25
看護師最新ニュース~国家試験、難易度アップの謎
2017/02/23
最新看護師ニュース~日本看護協会の新しい「看護業務基準」
2017/02/18
看護師最新ニュース~1年目の看護師が考えること
2017/02/15
看護師最新ニュース~能力を引き出す「音楽療法士」の役割
2017/02/04
看護師最新ニュース~世界で働く看護師特集
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.