特別養護老人ホーム(特養・介護老人福祉施設)の特徴や特別養護老人ホーム(特養・介護老人福祉施設)に転職するメリット・デメリットについてご紹介します。

高齢者医療や介護に関する知識・スキルを習得したいとお考えの方に人気の職場

特別養護老人ホームの仕事は、高齢者医療や介護に関する知識・スキルを習得したいとお考えの方や、残業や夜勤の少ない職場で働きたいとお考えの方に人気の仕事です。ここでは、特別養護老人ホームの看護師の具体的な仕事内容ややりがいについて、また年収や転職成功のポイントについてご紹介しています。

特別養護老人ホーム(特養・介護老人福祉施設)の看護師の仕事内容

特別養護老人ホームは、特養や介護老人福祉施設とも呼ばれる公的に運営されている施設であり、65歳以上の要介護認定を受けた高齢の患者さんが入居しています。寝たきりや認知症など重度の疾患を抱える高齢患者さんが数多く入居しているため、特別養護老人ホームの看護師には、高齢者医療や介護医療に関する知識とスキルが求められます。主な看護師の仕事内容は、バイタルチェック・注射・点滴・採血などの処置と、患者さんの移動・食事・排泄・入浴などの介助です。

特別養護老人ホーム(特養・介護老人福祉施設)の看護師の仕事の特徴とは?

特別養護老人ホームの看護師の仕事の主な特徴は、看護師の業務領域がとても広いことです。日々のバイタルチェックや注射・服薬管理など基本的な医療行為を行いながら、介護士や理学療法士と連携して患者さんとのコミュニケーションや介助・リハビリを行います。なお、医療行為を行う頻度は総合病院や一般病院と比較して少なめですが、医師が常駐していないため看護師の役割や責任は大きいと言えます。

特別養護老人ホーム(特養・介護老人福祉施設)に転職するメリット

特別養護老人ホームで働いている看護師の方から聞く特別養護老人ホームで働く代表的なメリットとしては、下記が挙げられます。

  • 高齢者医療・介護医療の知識やスキルを習得できる
  • 患者さんとじっくり向き合った看護を行うことができる
  • 残業や夜勤が少ない
  • 高齢社会の進行により、介護領域の看護師のニーズが高まっている

高齢者医療・介護医療の知識やスキルを習得できる

特別養護老人ホームには、65歳以上の要介護の患者さんのみ入居しているため、高齢者医療や介護医療の知識やスキルを高めたい方に働きがいのある職場です。また、全体の約7割の特別養護老人ホームでは、患者さんの看取りを行っており、終末医療や緩和ケアの経験を積むことができるというメリットもあります。

患者さんとじっくり向き合った看護を行うことができる

特別養護老人ホームは、慢性期の疾患を抱える患者さんや疾患は根治したものの介護が必要な患者さんが多いため、投薬などの医療行為によって疾患の根治を目指すことはありません。一方で、患者さんがよりストレス無く日常生活を過ごすことができるように、患者さんと密にコミュニケーションしながら精神ケアを行うことが看護師の大きな役割となっています。また、特別養護老人ホームの患者さんの平均入居日数は、他の介護保険施設(介護老人保険施設・介護療養型医療施設)と比較して極めて長い(平均4年)という特徴があるため、患者さんと特に密な人間関係を構築することができます。

残業や夜勤が少ない

特別養護老人ホームは、基本的に24時間体制で運営されているため、患者さんの急変が起こった際など、残業を求められたり夜間の呼び出し(オンコール)を受けたりすることがあります。しかし、総合病院や一般病院と比較するとその頻度は極めて少なく、基本的に介護士のみ夜間に常勤するため、特別養護老人ホームの方がより安定的に働きやすいというメリットがあります。

高齢社会の進行により、介護領域の看護師のニーズが高まっている

日本の高齢社会の進行によって、高齢者の医療や介護のニーズは増加傾向に推移しており、一方、介護領域で働く人材は不足の状態が続いています。特別養護老人ホームで働きながら、高齢者医療や介護医療の知識やスキルを習得することで、看護師としてのキャリアを広げることが可能です。また、より看護師としての専門性を高めたいとお考えの方は、「老人看護専門看護師」などの資格取得を目指すのも良いでしょう。

特別養護老人ホーム(特養・介護老人福祉施設)に転職するデメリット

一方で、特別養護老人ホームで働いている看護師の方から聞く特別養護老人ホームで働く代表的なデメリットとしては、下記が挙げられます。

  • 患者さんの急変や死亡が大きな精神的ストレスになることも
  • 介護業務や雑務が多く、やりがいを感じることができないことも

患者さんの急変や死亡が大きな精神的ストレスになることも

特別養護老人ホームは高齢の患者さんが入居しているため、患者さんの急変や死亡に直面することがあります。多くの場合は転倒や寿命に寄るものですが、とは言っても、長期間看護を行ってきた患者さんの急変や死亡は、看護師の大きな精神的ストレスになることがあるため、転職前にしっかりと心づもりをしておきましょう。

介護業務や雑務が多く、やりがいを感じることができないことも

特別養護老人ホームでは、看護師の他に介護士や理学療法士など様々なスタッフが勤務していますが、それぞれの役割分担が不明瞭な職場が多いという実態があります。特に看護師と介護士の職務領域が不明確であることが多く、看護師としての専門性が不要な介護業務や雑務に追われてしまい、やりがいを感じることが難しいケースがあります。

特別養護老人ホーム(特養・介護老人福祉施設)の仕事はこんな方におすすめ

下記に当てはまる方は、特別養護老人ホームへの転職がおすすめです。

高齢の患者さんとのコミュニケーションが得意な方

特別養護老人ホームの患者さんは全て高齢の患者さんであるため、高齢の患者さんと円滑にコミュニケーションできることは看護師の必須条件です。また、特別養護老人ホームに入居される患者さんは、自宅での介護や治療が困難な方であり、お世話をしてくれる配偶者や子供が不在であることが多いため、患者さんとのコミュニケーションを通じてよりきめ細やかな精神ケアを行うことが求められます。

力仕事や体力に自信のある方

特別養護老人ホームでは、寝たきりの患者さんや四肢に麻痺を抱えた患者さんも多いため、移動・食事・排泄・入浴など力仕事や体力が必要なシーンが数多く存在します。看護師だけではなく介護士など他のスタッフと連携して、患者さんの日常生活を支える介助を行うことが大切です。また、特別養護老人ホームでは、力仕事が得意な男性看護師が採用されやすいという特徴があります。

特別養護老人ホーム(特養・介護老人福祉施設)に転職する際の注意点

認知症や失語症の患者さんとのコミュニケーションに苦労することも

特別養護老人ホームでは、認知症や失語症の患者さんも入居しているため、患者さんと上手くコミュニケーションを行うことが難しいシーンがあることを理解しておきましょう。患者さんの体調や表情・仕草の変化を観察し、患者さんの日常生活を支える医療を提供することが求められます。

医療行為に関する看護師の責任が大きい

特別養護老人ホームでは医師が常駐していないため、看護師が主導で様々な医療行為を行います。バイタルチェックや点滴・注射などの基本的な看護業務はもちろん、患者さんの急変が起こった際には介護士など他の医療スタッフと連携しながら、迅速かつ的確な処置を行うことが求められます。

病院への転職が不利になる可能性がある

特別養護老人ホームの看護師の仕事は、患者さんの精神ケアや介助が多くを占めるため、基本的な医療行為や処置のスキルが低下してしまい、病院への転職が不利になる可能性があります。よって、特別養護老人ホームへ転職をお考えの方は、自分の看護師としてのキャリアをしっかりイメージした上で転職することをお勧めします。

特別養護老人ホーム(特養・介護老人福祉施設)の看護師の求人の特徴・年収について

特別養護老人ホームの看護師の求人の特徴

特別養護老人ホームは全国に約7,500施設あるため、求人が全く無いということは基本的にありません。ただし、1つの施設あたりの看護師の採用母数が少ないため、人気の施設の求人はすぐに応募が集まり定員に達してしまうことがあることに注意が必要です。

特別養護老人ホームの看護師の年収

特別養護老人ホームの看護師の年収は、残業や夜勤がほとんど無いため、平均330万円?380万円が相場です。看護師全体の平均年収である470万円よりもかなり低い給与水準であるため、年収を重視する方は働きづらい職場と言えるでしょう。一方で、年収が低い代わりに残業・夜勤・休日出勤がほとんど無いため、プライベートな時間を大切にしたい方や家事や育児と両立したい方は働きやすい職場と言えます。

特別養護老人ホーム(特養・介護老人福祉施設)へ転職を成功させるポイント

特別養護老人ホームへ転職を有利に進めるために、看護師の転職に強い転職サイトに相談することをお勧めします。転職サイトを利用することで、人気の求人を見逃すことが無くなったり、看護師のキャリアや働き方についてアドバイスを受けたり、書類選考や面接のサポートを受けたりすることができます。

初めて転職される方や忙しくて転職活動に時間を割くことが難しい方は、特別養護老人ホームへの転職に強い下記の転職サイトに相談し、転職活動の進め方や自分の希望に合った病院の情報を効率的に収集すると良いでしょう。


人気の看護師転職サイト
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
看護師の転職事情
ベストな転職タイミングとは?
悩み・不満を転職にいかす
看護師不足の今は転職チャンス
看護師に人気の診療科とは?
都道府県別データ
転職の前に
看護師の転職ノウハウ
転職を検討する前の整理
転職サイトの選び方のコツ
転職前に転職先の内情を知る
転職サイトを賢く使う
転職サイトとは
転職サイトの仕組み
メリット・デメリット
転職サイトの選び方
転職サイトの種類・タイプ
コンサルタントを見極める
コンサルタントを味方にする
条件別転職サイトランキング
お祝い金がもらえる
求人数が多い
高給与の求人が多い
顧客満足度が高い
サポート体制が充実している
コンサルタントの質が良い
地方の転職に強い
非常勤・派遣の求人が多い
職場別から探す転職先
大学病院
総合病院
一般病院
精神科病院
療養型病院(慢性期病院)
クリニック(医院・診療所)
科目別から探す転職先
整形外科
産婦人科
内科
小児科
心療内科
精神科
泌尿器科
業務内容から探す
治験コーディネーター(CRC)
フライトナース
ツアーナース
エスコートナース
訪問看護師
タイプから探す
20代前半
20代後半
30代
40代
第二新卒
新卒1年未満
ブランクあり
職種・資格から探す転職理由
正看護師
准看護師
助産師
保健師
働き方から選ぶ転職のポイント
常勤
非常勤
特集企画『転職アンケート』
転職サイトは複数比較するべき
まずはコンサルタント探し
優先順位を決めること
将来を考えた上での転職が必要
自分に合う職場選びが大事
看護師の転職手段
看護師の6つの転職手段
直接応募
求人広告・求人情報誌
友人・知人による紹介
ハローワーク
eナースセンター
転職サイト
求人広告サイト
集合型求人サイト
看護師の転職トレンド
看護師の転職イベント情報
2017/10/19
デキる先輩ナースに学ぶ!やっぱり凄い仕事がデキるナースの特徴
2017/10/14
日勤・夜勤…結構シフトがハードな看護師の勤務形態&時間
2017/10/12
トイレに行く時についでにチェックしたいナースの身だしなみ
2017/10/10
こんな先輩ナースとは働きたくない!ムカつく先輩の言動
2017/10/05
いるよねー!性格が悪いと思われがちな看護師の特徴
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.