看護師が働く場は、医療施設だけにとどまりません。一般企業内やレジャー施設など、医務室があるところではそれまでの看護経験を活かして働くことも可能なのです。

一般企業やレジャー施設で働く選択肢

一般的に看護師と言えば、病院や施設で働く姿をイメージすると思います。実際、看護学校卒業後は看護経験を積むために病院やクリニックへ就職する人がほとんどですね。また、求人の多くも病院や介護施設、老人ホームなどから出されているのが現状です。

しかし、看護師の働く場は病院や施設だけにとどまりません。探してみると意外なところからも求人が出ていたりするのです。ただ、そもそも知らない業界の情報を掴むことは難しいですし、人気のある職場の場合には応募が殺到して求人を目にする前に募集が締め切られることもあります。ですから、常に転職を見据えてアンテナを張っておくことが大切なのです。

最近人気のある職場として、一般企業やレジャー施設の医務室という選択肢があります。これは、条件が良いので一度就職をしたら長く務める人が多く、なかなか求人の空きも出ません。それだけ魅力のある職場ということなのでしょう。

一般企業で働く看護師の仕事

大手の企業には、会社内に医務室を設けていたり、健診の保健指導を駐在する看護師に任せたりすることがあります。このように企業に勤める看護師を「企業看護師」もしくは「産業看護師」と呼びます。

この産業看護師の仕事は、主に社員の健康管理を行うことです。忙しい企業だと、過労やストレスが原因で社員が病気になる可能性がありますし、社員が病気になって休んでしまうと企業全体に影響が出ます。また、体調不良が引き起こした病気が労災などになると、企業側も負担が大きくなります。

これらを未然に回避するためにも、看護師を駐在させ保健指導することが重要とされますし、企業にとっても看護師を駐在させることは大きなメリットがあるのです。

レジャー施設で働く看護師の仕事

大きな遊園地やショッピングモールにも医務室が設置されていることをご存知でしょうか。レジャー施設の看護師の場合、施設内でケガをした人や具合が悪くなった人への応急処置がメインの仕事となります。

大型のテーマパークは時期により大変混在し、長時間の待ち時間等で体調が悪くなる人もいます。また、子供たちが走り回ったり転倒したり、擦り傷を作ったりすることもありますね。そして特に老人や子供の場合は、慣れない環境や疲れで体調が急に変化することもあり、医務室を利用する人は意外と多いのです。

レジャー施設内に医務室があれば、体調不良や軽いケガの場合も手当てを受けられて安心ですし、お客様サービスとしても十分メリットがあるといえます。そのようなお客さんの要望に応え、なおかつプロのスタッフを揃えたいということで、こういったところにも看護師のニーズがあるのです。

病院とは違う看護師の働き方

二つの働く場所を見てきましたが、病院の看護師と働き方は全く違ってきます。勤務体制においては、病院だと夜勤等がありますが、企業やテーマパークは営業している時間が勤務時間になります。そのため、夜勤が無い場合がほとんどなので、働く環境としてはうれしい勤務体制ですね。

企業は土日の週末が休みの場合が多いですが、テーマパークなどは土日開業していることが多いので、病院看護師と同様に土日の出勤もあります。この場合はむしろ、土日に忙しさが集中するといっても過言ではありません。

病院との大きな違いは、医師がいるかどうかでしょう。病院では常に医師がいるため、何かあればすぐに対応することができますが、企業やテーマパークの場合は、医師が不在で看護師だけで対処しなければならないこともあります。多くの場合は提携病院が決められているので、医師の診察や治療が必要な場合はすぐに搬送できるシステムになっていますが、それまでは看護師が対処する必要があります。

産業看護師に求められる能力

一般企業やレジャー施設で働く看護師にはどのような能力が必要でしょうか。企業で働く看護師として、その企業の方針や接遇などについても熟知しておく必要もあります。しかし、何よりも看護師に求められる能力は、状況をしっかり把握する力と起こっていることを認識し、どのように対処するべきかを判断する力です。緊急性があるのかないのか、どのような対処が必要なのかなど、短時間で分析し対応する必要があります。

このような判断をする能力というのは、すぐ身に付けられるものではありません。これまでの看護経験などで培われてきたものですから、ある程度の年数、病院で臨床経験を積んでおく必要があります。内科や外科など、これまでの看護経験が十分に活かせる職場ですし、企業側からみても経験者が就職してくれると安心なのです。

レジャー施設の看護師になりたい方は、転職会社に相談してみましょう!

一般企業やレジャー施設の看護師に転職したい方は、一度転職会社に相談してみましょう。自宅から通える病院や、希望条件にもっとも合致する非公開求人から紹介してもらうことができます。

以下で紹介するサイトは、求人数(非公開求人)、キャリアアドバイザー、転職サポートの充実度、利用者の満足度などから、本当におすすめできる看護師転職サイトから厳選しています!


人気の看護師転職サイト
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
看護師の転職事情
ベストな転職タイミングとは?
悩み・不満を転職にいかす
看護師不足の今は転職チャンス
看護師に人気の診療科とは?
都道府県別データ
転職の前に
看護師の転職ノウハウ
転職を検討する前の整理
転職サイトの選び方のコツ
転職前に転職先の内情を知る
転職サイトを賢く使う
転職サイトとは
転職サイトの仕組み
メリット・デメリット
転職サイトの選び方
転職サイトの種類・タイプ
コンサルタントを見極める
コンサルタントを味方にする
条件別転職サイトランキング
お祝い金がもらえる
求人数が多い
高給与の求人が多い
顧客満足度が高い
サポート体制が充実している
コンサルタントの質が良い
地方の転職に強い
非常勤・派遣の求人が多い
職場別から探す転職先
大学病院
総合病院
一般病院
精神科病院
療養型病院(慢性期病院)
クリニック(医院・診療所)
科目別から探す転職先
整形外科
産婦人科
内科
小児科
心療内科
精神科
泌尿器科
業務内容から探す
治験コーディネーター(CRC)
フライトナース
ツアーナース
エスコートナース
訪問看護師
タイプから探す
20代前半
20代後半
30代
40代
第二新卒
新卒1年未満
ブランクあり
職種・資格から探す転職理由
正看護師
准看護師
助産師
保健師
働き方から選ぶ転職のポイント
常勤
非常勤
特集企画『転職アンケート』
転職サイトは複数比較するべき
まずはコンサルタント探し
優先順位を決めること
将来を考えた上での転職が必要
自分に合う職場選びが大事
看護師の転職手段
看護師の6つの転職手段
直接応募
求人広告・求人情報誌
友人・知人による紹介
ハローワーク
eナースセンター
転職サイト
求人広告サイト
集合型求人サイト
看護師の転職トレンド
看護師の転職イベント情報
2017/07/14
そうそう!看護師なら一度は感じたことがある職業病あるある
2017/07/14
せっかく転職したのに…転職してもすぐ辞める看護師
2017/07/10
いよいよ初出勤!看護師が転職先でやっちゃいけないNG言動
2017/07/06
いくつできてる?看護師に患者が望んでいること&必要なスキル
2017/02/25
看護師最新ニュース~国家試験、難易度アップの謎
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.