看護師としての基礎が凝縮されているといわれる急性期医療の現場とは、どのようなところで、どんな看護師が適しているのでしょうか。ここでは急性期医療の看護についてご紹介します。

急性期医療とは

急性期とは、患者さんの病状において症状や徴候が急激に表れる時期のことで、生命の危機状態にあり、経過が短い状況のことをいいます。また、手術を行った後の症状が急激に現れ、全身管理を必要とする時期のことも同様に急性期といいます。

日本における救急医療は、重症度によって「初期救急医療」「二次救急医療」「三次救急医療」の3段階に区分されます。「初期救急医療」は、手術や入院の必要がない比較的軽症の患者さんを対象とし、「二次救急医療」は入院・手術を必要とするが、すぐ生命に関わるほどではない重症患者、「三次救急医療」は二次救急医療では対応できない一刻を争う重篤患者を対象としています。担い手は、初期・二次救急医療が主に民間病院、三次救急医療が主に大学病院です。

急性期は「ここで仕事が勤まればどこでも働ける」と言われる厳しい職場で、経験が浅い看護師ほど急性期を経験するのが良いとされています。

急性期医療における看護師の役割と仕事内容

救急患者はまず救急外来で受け入れます。トリアージで緊急性があると判断されたWalk-in患者や、救急車で搬送された患者さんについては、各科の救急担当医が診療し帰宅か入院かを判断します。ここで手術や入院治療が必要だと判断された場合、患者さんは各科病棟やICUなどへの入院となります。これが日本でもっとも多い救急システムです。

急性期における看護師の仕事は、生命の危機に直面している患者さんの看護をすることです。業務内容は病院がどの重症度まで対応しているかにもよりますが、注射や点滴、検査など基本的な看護業務で済むこともあれば、蘇生治療や緊急手術の介助を行う場合もあります。来院した患者さんのトリアージを行うのも看護師の仕事ですし、いざという時に備えた救急救命医療機器の点検などのフリー業務も行います。

急性期医療に携わる看護師に求められること

緊急で切迫した患者さんの処置を行なう急性期のため、看護師の業務にも医師並みの知識、看護技術が求められます。また、精神面においては緊急時に必要とされる判断力や集中力、そして体力なども必要です。何よりも臨機応変で的確な判断が求められるため、看護師は心身ともに健康な状態でないと勤まりません。これは、一瞬の気の緩みが患者の命を左右する可能性があるからです。

看護師一人ではできることに限度があるので、医療チームの連携とコミュニケーション能力が大切になります。また、指示されたことを的確に理解する、また患者の状態を医師に報告するため、状態を正確に把握する能力も求められます。

救急外来においては、患者さんの傷病の重症度と優先順位を判断するトリアージについて知識やスキルがあると役立つでしょう。

急性期医療現場のやりがい

現在は7対1看護配置や二交代制の導入などもあり、急性期の患者さんの入院日数が減少するとともに、看護師の担当患者数は増加するなどのハードな状況が起こっています。ただ、こうした厳しい職場だからこそ、やりがいがあると感じる人も少なくありません。実際に、急性期の仕事に取り組む看護師の多くは、高い技術が習得できるので自分の看護スキルを向上させることができると考えています。そして、看護師同士がお互いに助け合って働くことができる事、チームとして協力し合いながら危機的状況を乗り越えられるといった事もやりがいにつながっているのです。命とかかわる仕事を選んだ看護師にとって、「人の命を救う手助けができた」と実感できることは何よりのやりがいなのです。

急性期の現場に向いている看護師とは

常に気を抜けない急性期の現場では、心身ともに健康な状態の看護師でないと勤まりません。甘い気持ちで急性期の職場につくと、ついていけずに鬱状態になってしまう看護師もいます。それでも急性期の現場が勤まる看護師なら、その後どこの現場でもやっていけるといわれるほど、キャリアとしては重要視される職場なのです。体力に自信があり、これからステップアップを目指したいという人にはとても向いている転職先と言えます。

ただ、厳しい現場なだけに他科へ転職してしまう人もいます。「残業が多く体力的にも精神的にももたなかった」、「患者さんの急変が多く、早い展開についていけなかった」などが主な理由となっていますが、患者さんと一人一人にじっくりと関わることができないという急性期ならではの理由を挙げる人もいます。

急性期医療現場の看護師になりたい方は、転職サイトに相談してみましょう!

急性期医療現場に転職したい方は、一度転職サイトに相談してみましょう。自宅から通える病院や、希望条件にもっとも合致する非公開求人から紹介してもらうことができます。

以下で紹介するサイトは、求人数(非公開求人)、キャリアアドバイザー、転職サポートの充実度、利用者の満足度などから、本当におすすめできる看護師転職サイトを厳選しています!


人気の看護師転職サイト
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
看護師の転職事情
ベストな転職タイミングとは?
悩み・不満を転職にいかす
看護師不足の今は転職チャンス
看護師に人気の診療科とは?
都道府県別データ
転職の前に
看護師の転職ノウハウ
転職を検討する前の整理
転職サイトの選び方のコツ
転職前に転職先の内情を知る
転職サイトを賢く使う
転職サイトとは
転職サイトの仕組み
メリット・デメリット
転職サイトの選び方
転職サイトの種類・タイプ
コンサルタントを見極める
コンサルタントを味方にする
条件別転職サイトランキング
お祝い金がもらえる
求人数が多い
高給与の求人が多い
顧客満足度が高い
サポート体制が充実している
コンサルタントの質が良い
地方の転職に強い
非常勤・派遣の求人が多い
職場別から探す転職先
大学病院
総合病院
一般病院
精神科病院
療養型病院(慢性期病院)
クリニック(医院・診療所)
科目別から探す転職先
整形外科
産婦人科
内科
小児科
心療内科
精神科
泌尿器科
業務内容から探す
治験コーディネーター(CRC)
フライトナース
ツアーナース
エスコートナース
訪問看護師
タイプから探す
20代前半
20代後半
30代
40代
第二新卒
新卒1年未満
ブランクあり
職種・資格から探す転職理由
正看護師
准看護師
助産師
保健師
働き方から選ぶ転職のポイント
常勤
非常勤
特集企画『転職アンケート』
転職サイトは複数比較するべき
まずはコンサルタント探し
優先順位を決めること
将来を考えた上での転職が必要
自分に合う職場選びが大事
看護師の転職手段
看護師の6つの転職手段
直接応募
求人広告・求人情報誌
友人・知人による紹介
ハローワーク
eナースセンター
転職サイト
求人広告サイト
集合型求人サイト
看護師の転職トレンド
看護師の転職イベント情報
2017/07/14
そうそう!看護師なら一度は感じたことがある職業病あるある
2017/07/14
せっかく転職したのに…転職してもすぐ辞める看護師
2017/07/10
いよいよ初出勤!看護師が転職先でやっちゃいけないNG言動
2017/07/06
いくつできてる?看護師に患者が望んでいること&必要なスキル
2017/02/25
看護師最新ニュース~国家試験、難易度アップの謎
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.