一般病院の特徴や一般病院に転職するメリット・デメリットについてご紹介します。

患者さんとしっかり向き合って仕事がしたい方におすすめの一般病院

一般病院の看護師の仕事は、看護師としての基本的なスキルを定着させたい方や、患者さんとしっかり向き合い落ち着いた看護を行いたい方に人気があります。ここでは、一般病院へ転職を検討されている方に、一般病院の看護師の業務内容や年収・待遇についてご紹介しています。

一般病院の看護師の仕事内容

一般病院とは、病床数が20床以上あり、1つ以上の診療科を設置している病院を指します。大学病院や総合病院と比較すると、病院の規模が小さく外来・入院の患者さんも少ないため、一般病院の看護師の業務内容や業務量は相対的に少ないと言えます。とは言っても、一般病院の看護師の具体的な仕事内容は、バイタルチェックや点滴・採血、医師や患者さんの介助、オペ対応など多岐に渡るため、病床数や診療科目の多い病院では激務となることもあります。

一般病院の看護師の仕事の特徴とは?

一般病院の看護師の仕事の主な特徴は、看護師の業務領域が幅広く様々な医療行為や処置を経験できることです。特に外来の患者さんが多い一般病院では、処置や医師の介助をテキパキ行うことが求められるため、看護師に必要なベーススキルを実践しながら身に付けることができます。

一般病院に転職するメリット

一般病院で働いている看護師の方から聞く一般病院で働く代表的なメリットとしては、下記が挙げられます。

  • 看護師としてのベーススキルを習得することができる
  • 様々な症例を見ることができ、幅広い知識やスキルを習得できる

看護師としてのベーススキルを習得することができる

一般病院の看護師は、患者さんの受付対応から医師の介助、また様々な医療行為や処置を行うため、一般病院は看護師としてのベーススキルを磨く場として魅力があります。大学病院では点滴や採血を研修医が行うケースが一般的であり、また総合病院では様々な疾患に関する幅広い知識と高度なスキルを習得することが求められるため、看護師としての基本を定着させたい方に一般病院はお勧めです。

特定の診療科に関する専門的な知識とスキルを身に付けることができる

一般病院に設置されている診療科は比較的少数であり、中には特定の診療科に特化した病院もあるため、自身の興味のある診療科に関する専門的な知識とスキルを身につけたい方に向いています。また、一般病院に転職した後のキャリアとして、一般病院で特定の診療科に関する知識とスキルを習得し、その後、大学病院・総合病院・専門病院などより高度な知識とスキルが求められる職場に転職するのも良いでしょう。

一般病院に転職するデメリット

一方で、一般病院で働いている看護師の方から聞く一般病院で働く代表的なデメリットとしては、下記が挙げられます。

大学病院や総合病院と比較すると教育体制が整っていないことが多い

大学病院や総合病院では、院内の研修や勉強会が頻繁に開催されていたり、新人看護師の育成に力を入れていたりと、看護師が成長できる機会が数多く提供されています。一方で、一般病院では大学病院や総合病院ほど教育の機会が提供されていないため、自発的に勉強をしたり先輩看護師に積極的に質問したりする姿勢が求められます。

一般病院の仕事はこんな方におすすめ

下記に当てはまる方は、一般病院への転職がおすすめです。

患者さんとじっくり向き合って仕事をしたい方

一般病院の看護師の業務量や忙しさは、大学病院や総合病院と比較すると緩やかであることが多いため、患者さんとじっくり向き合って仕事をしたい方一般病院はお勧めです。また、一般病院では急性期の患者さんや急変リスクが高い患者さんが比較的少ないため、落ち着いて看護を提供しやすい環境であると言えます。

一般病院に転職する際の注意点

看護業務以外の雑務を任されることも

一般病院の看護師の業務は多岐に渡り、人手不足の病院や外来患者数が多い病院では、看護師としての専門性が不要な受付業務・事務作業・雑務などをこなさなければならない場合もあります。大学病院や総合病院では、病棟クラークの設置など看護師の負担を軽減する取り組みが積極的に行われていますが、一般病院ではそのような配慮がまだ不十分です。

外来の患者さんが多いととても忙しい

皮膚科や耳鼻咽喉科など、より生活に密着した診療科を設置する一般病院では、外来の患者さんがとても多いという特徴があります。1日の診療時間の最初から最後まで患者さんが途切れないケースも珍しくないため、一般病院の看護師には効率的に診察や処置を進めることが求められます。

一般病院の看護師の求人の特徴・年収について

一般病院の看護師の求人の特徴

一般病院の看護師の求人は、大学病院や総合病院の求人よりも豊富なため、通年で転職先を探しやすいという特徴があります。また、一概に一般病院と言っても、病床数や診療科目、看護師の年収・福利厚生に様々な違いがありますので、自分の希望条件に合った職場をじっくりと探すことをお勧めします。

一般病院の看護師の年収

一般病院の看護師の年収は、残業・夜勤の有無や病院の規模によって様々ですが、平均年収400?480万円に設定されていることが一般的です。一般病院の看護師の年収は、大学病院や総合病院など大規模病院の看護師の年収よりも低く、クリニックなど夜勤の無い職場よりも高いケースが多いため、年収と働きやすさのバランスを重視したい方に一般病院はお勧めです。

一般病院へ転職を成功させるポイント

一般病院の転職活動を進める上で、様々な病院を比較検討して、自分の希望条件にマッチした病院を探し当てることはとても大変です。効率的に条件に合った職場を見つけるために、看護師の転職に強い看護師専門の転職サイトに相談し、職場の実態に関する情報や非公開の病院情報を収集することをお勧めします。転職サイトでは担当のキャリアアドバイザーから面接対策やキャリア設計のサポートを受けることもできますので、転職を有利に進めるためにもぜひ有効活用しましょう!


人気の看護師転職サイト
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
看護師の転職事情
ベストな転職タイミングとは?
悩み・不満を転職にいかす
看護師不足の今は転職チャンス
看護師に人気の診療科とは?
都道府県別データ
転職の前に
看護師の転職ノウハウ
転職を検討する前の整理
転職サイトの選び方のコツ
転職前に転職先の内情を知る
転職サイトを賢く使う
転職サイトとは
転職サイトの仕組み
メリット・デメリット
転職サイトの選び方
転職サイトの種類・タイプ
コンサルタントを見極める
コンサルタントを味方にする
条件別転職サイトランキング
お祝い金がもらえる
求人数が多い
高給与の求人が多い
顧客満足度が高い
サポート体制が充実している
コンサルタントの質が良い
地方の転職に強い
非常勤・派遣の求人が多い
職場別から探す転職先
大学病院
総合病院
一般病院
精神科病院
療養型病院(慢性期病院)
クリニック(医院・診療所)
科目別から探す転職先
整形外科
産婦人科
内科
小児科
心療内科
精神科
泌尿器科
業務内容から探す
治験コーディネーター(CRC)
フライトナース
ツアーナース
エスコートナース
訪問看護師
タイプから探す
20代前半
20代後半
30代
40代
第二新卒
新卒1年未満
ブランクあり
職種・資格から探す転職理由
正看護師
准看護師
助産師
保健師
働き方から選ぶ転職のポイント
常勤
非常勤
特集企画『転職アンケート』
転職サイトは複数比較するべき
まずはコンサルタント探し
優先順位を決めること
将来を考えた上での転職が必要
自分に合う職場選びが大事
看護師の転職手段
看護師の6つの転職手段
直接応募
求人広告・求人情報誌
友人・知人による紹介
ハローワーク
eナースセンター
転職サイト
求人広告サイト
集合型求人サイト
看護師の転職トレンド
看護師の転職イベント情報
2017/07/14
そうそう!看護師なら一度は感じたことがある職業病あるある
2017/07/14
せっかく転職したのに…転職してもすぐ辞める看護師
2017/07/10
いよいよ初出勤!看護師が転職先でやっちゃいけないNG言動
2017/07/06
いくつできてる?看護師に患者が望んでいること&必要なスキル
2017/02/25
看護師最新ニュース~国家試験、難易度アップの謎
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.