総合病院の特徴や総合病院に転職するメリット・デメリットについてご紹介します。

総合病院はキャリアを高めていきたい方に人気の職場

総合病院は、看護師としてのキャリアを着実に高めたいとお考えの方や、年収アップや福利厚生の改善を希望される方に人気の職場です。ここでは、総合病院の看護師の仕事内容やメリット・デメリットについて、また、具体的な年収や待遇についてご紹介しています。

総合病院の看護師の仕事内容

総合病院とは、一般的に、病床数が100床以上あり、内科・外科・産婦人科・眼科・耳鼻咽喉科の5科を含む主要診療科を含む病院を言います。総合病院の看護師はそれぞれの診療科に配属され、バイタルチェック・採血・医師の診察の介助などの基本業務に加えて、オペ対応や患者さんの移動・入浴・食事の介助など様々な仕事を行います。また、病棟勤務が一般的であるため、夜勤や残業も基本的な仕事内容に含まれています。

総合病院の看護師の仕事の特徴とは?

総合病院の看護師の仕事の主な特徴として、担当する業務領域が広く業務量も多いということが挙げられます。外来の患者さんのバイタルチェックや問診、入院患者さんの介助、緊急オペ対応、夜勤業務、病院内のカンファレンスや勉強会への出席など、総合病院の看護師としてやるべきことが数多くあります。また、総合病院では複数の診療科が横断的に関与する高度なオペや投薬治療を行うこともあるため、看護師として身に付けるべきスキルや知識に高い専門性が求められます。

総合病院に転職するメリット

総合病院で働いている看護師の方から聞く総合病院で働く代表的なメリットとしては、下記が挙げられます。

  • 看護師の教育体制が整っているため、キャリアアップを目指しやすい
  • 様々な症例を見ることができ、幅広い知識やスキルを習得できる
  • 待遇や福利厚生が優れており、安心して働くことができる

看護師の教育体制が整っているため、キャリアアップを目指しやすい

看護師の教育に力を入れている総合病院が多いため、院内研修や勉強会を活用してキャリアアップを目指すことができます。また、新人看護師の育成にも力を入れているため、看護師として2?3年以上のキャリアがある方であれば、部下育成の経験を積むこともできます。一方で、研修や勉強会への参加が必須である総合病院も多いため、通常の業務と並行して学習することに体力的な限界を感じて退職する方も居ることを覚えておきましょう。

様々な症例を見ることができ、幅広い知識やスキルを習得できる

総合病院には多くの診療科が設置されており、軽度の疾患から重篤な疾患まで様々な症例を見ることができるという特徴があります。また、脳神経外科など高度医療に分類される診療科では、世界的にも最先端の医療に触れることができるため、看護師として専門的かつ幅広い知識やスキルを習得することが可能です。

待遇や福利厚生が優れており、安心して働くことができる

総合病院の看護師の待遇や福利厚生は、他の一般病院やクリニックと比較して優れていることが多く、看護師が安心して働ける環境が整っています。具体的には、院内に専用の保育所が設置されていたり、資格取得の補助金を受け取ることができたり、安価で寮に住むことができたりと、それぞれの病院で看護師をサポートするユニークな制度が用意されています。

総合病院に転職するデメリット

一方で、総合病院で働いている看護師の方から聞く総合病院で働く代表的なデメリットとしては、下記が挙げられます。

  • 残業や夜勤が多く激務である
  • 患者さんの急変や死に直面することが多い

残業や夜勤が多く激務である

総合病院に転職した場合、病棟勤務となることが一般的であるため、残業や夜勤が多く激務であるというデメリットがあります。同じ総合病院でも診療科によって残業や夜勤の頻度が異なるケースが多いため、心配な方は転職活動時に確認しておくと安心です。総合病院の看護師の仕事は、プライベートよりも仕事に重きを置きたいとお考えの方に向いています。

患者さんの急変や死に直面することが多い

総合病院は病床数が多く急性期の患者さんが数多く入院しているため、夜間の急変対応や緊急オペに追われることがあります。また、場合によっては急変から回復することができず、そのまま患者さんが死亡してしまうケースも決して珍しくありません。患者さんの急変や死は看護師の大きな精神的負担となるため、総合病院へ転職をお考えの方は念頭に置いておきましょう。

総合病院の仕事はこんな方におすすめ

下記に当てはまる方は、総合病院への転職がおすすめです。

看護師としての総合的なスキル・知識の習得を目指したい方

総合病院には様々な疾患を抱えた患者さんが受診・入院されるため、看護師には疾患や治療法に関する幅広い知識とスキルが求められます。また、様々な年代の患者さんを担当するため、それぞれの患者さんに合わせたコミュニケーションや精神ケアを学ぶことができます。

チームプレーで治療や看護を進めたい方

総合病院では、複数の診療科が連携して患者さんの治療を行うことが多いため、チームプレーで患者さんの治療や看護を進めることにやりがいを感じる方にお勧めです。多くの医療スタッフと連携して業務を行うことで、看護師としての視野や知識を飛躍的に広げることができます。

総合病院に転職する際の注意点

大学病院の看護師よりも業務領域が広い

総合病院と大学病院の看護師の業務領域を比較すると、総合病院の看護師の方が業務領域が広いという特徴があります。例えば、大学病院では患者さんの採血や注射を研修医が担当しますが、総合病院ではそれらの業務を看護師が担当します。業務領域が広いということは、業務が忙しく看護師に求められる責任が大きいというデメリットがある一方で、実務を通じて看護師に必要なスキルや知識をスピーディーに習得しやすいというメリットがあります。

通常の看護業務に加えて、事務作業を求められることも

総合病院の看護師には、通常の看護業務以外に、問診票やカルテの整理・書類作成など事務作業を求められることがあります。看護師としての専門性やスキルが不要な雑務であることが多いため、事務作業にストレスを感じる方も少なくありません。また最近では、看護師の負担を減らすために病棟クラークを配置する病院も増えてきましたが、十分な措置とは言えないというのが実情です。

希望の診療科に配属されないケースも

総合病院には多くの診療科が設置されているため、転職にあたって希望の診療科に配属されないケースがあることに注意が必要です。よって、特定の診療科への配属を強く希望される方は、一般病院や専門病院を選択することをお勧めします。なお、総合病院では数年おきに他の診療科へ異動が行われることが一般的ですので、転職直後に希望の診療科に配属されたとしても、ずっと同じ診療科で働き続けることができるという訳ではありません。

総合病院の看護師の求人の特徴・年収について

総合病院の看護師の求人の特徴

総合病院の看護師の求人の特徴として、病院数や1つの病院あたりの診療科目数が多いことから、看護師の求人数が豊富であるということが挙げられます。病院の規模・診療科目・年収・福利厚生・看護師の教育体制など様々な条件を比較検討して、自分の希望に合った職場を探すことができます。

総合病院の看護師の年収

総合病院の看護師の年収は、残業手当や夜勤手当を始めとした諸手当の有無および金額によって左右されるため、病棟勤務か外来勤務かによって年収が大きく異なります。具体的には、病棟勤務の場合で平均年収450?500万円、外来勤務の場合で平均年収400?450万円を期待することができます。なお、看護師全体の平均年収は470万円前後であるため、総合病院の病棟勤務であれば、平均よりも高い年収を期待することができます。

総合病院へ転職を成功させるポイント

総合病院は大学病院と並んで看護師に人気の職場であるため、特に人気の高い病院であれば、応募が殺到しなかなか採用されないケースも珍しくありません。よって、総合病院へ転職をお考えの方は、過去の経験や自分のスキルを整理して自己PRのロールプレイングをするなど、しっかりと準備をして面接に臨むことをお勧めします。

また、初めて転職される方や忙しくて転職活動に時間を割くことが難しい方は、総合病院への転職に強い下記の転職サイトに相談し、担当のキャリアアドバイザーから面接対策や職務経歴書対策に加えて転職活動の進め方についてのアドバイスを受けるとともに、自分の希望に合った病院の情報を効率的に収集すると良いでしょう。

総合病院のなかでも私立の総合病院に関しての情報はこちらでご紹介しているので、こちらもよろしければご参考ください。


人気の看護師転職サイト
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
看護師の転職事情
ベストな転職タイミングとは?
悩み・不満を転職にいかす
看護師不足の今は転職チャンス
看護師に人気の診療科とは?
都道府県別データ
転職の前に
看護師の転職ノウハウ
転職を検討する前の整理
転職サイトの選び方のコツ
転職前に転職先の内情を知る
転職サイトを賢く使う
転職サイトとは
転職サイトの仕組み
メリット・デメリット
転職サイトの選び方
転職サイトの種類・タイプ
コンサルタントを見極める
コンサルタントを味方にする
条件別転職サイトランキング
お祝い金がもらえる
求人数が多い
高給与の求人が多い
顧客満足度が高い
サポート体制が充実している
コンサルタントの質が良い
地方の転職に強い
非常勤・派遣の求人が多い
職場別から探す転職先
大学病院
総合病院
一般病院
精神科病院
療養型病院(慢性期病院)
クリニック(医院・診療所)
科目別から探す転職先
整形外科
産婦人科
内科
小児科
心療内科
精神科
泌尿器科
業務内容から探す
治験コーディネーター(CRC)
フライトナース
ツアーナース
エスコートナース
訪問看護師
タイプから探す
20代前半
20代後半
30代
40代
第二新卒
新卒1年未満
ブランクあり
職種・資格から探す転職理由
正看護師
准看護師
助産師
保健師
働き方から選ぶ転職のポイント
常勤
非常勤
特集企画『転職アンケート』
転職サイトは複数比較するべき
まずはコンサルタント探し
優先順位を決めること
将来を考えた上での転職が必要
自分に合う職場選びが大事
看護師の転職手段
看護師の6つの転職手段
直接応募
求人広告・求人情報誌
友人・知人による紹介
ハローワーク
eナースセンター
転職サイト
求人広告サイト
集合型求人サイト
看護師の転職トレンド
看護師の転職イベント情報
2017/02/25
看護師最新ニュース~国家試験、難易度アップの謎
2017/02/23
最新看護師ニュース~日本看護協会の新しい「看護業務基準」
2017/02/18
看護師最新ニュース~1年目の看護師が考えること
2017/02/15
看護師最新ニュース~能力を引き出す「音楽療法士」の役割
2017/02/04
看護師最新ニュース~世界で働く看護師特集
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.