児童養護施設の特徴や児童養護施設に転職するメリット・デメリットについてご紹介します。

児童養護施設は児童福祉に興味がある方に人気の仕事

児童養護施設の看護師の仕事は、子供が好きな方や児童福祉に興味がある方に人気の仕事です。ここでは、児童養護施設の看護師の具体的な仕事内容ややりがいについて、また年収や待遇についてご紹介しています。

児童養護施設の看護師の仕事内容

児童養護施設は、児童福祉法によって定められた児童福祉施設の1つであり、1歳以上18歳未満(場合によっては20歳まで延長可能)の子供が入所しています。児童養護施設には、家庭の経済的事情や教育的事情によって、全国で約3万人の子供が入所しています。児童養護施設の看護師の主な仕事は、子供の健康管理・施設の衛生管理・障害を持った子供の介助などであり、注射や点滴など医療行為を行うことはほとんどありません。

児童養護施設の看護師の仕事の特徴とは?

児童養護施設の看護師の仕事の特徴として、医療行為を行うことがほとんど無く、子供の健康管理や精神ケアが主な業務内容であることが挙げられます。子供一人ひとりとしっかり向き合いながら信頼関係を構築し、子供にとって身近で安心できる看護師になることがとても大切です。

児童養護施設に転職するメリット

児童養護施設で働いている看護師の方から聞く児童養護施設で働く代表的なメリットとしては、下記が挙げられます。

  • 小児科の実務経験や育児の経験を活かすことができる
  • 残業や夜勤がほとんど無い

小児科の実務経験や育児の経験を活かすことができる

児童養護施設では、小児科の実務経験や育児の経験を活かすことができるというメリットがあり、小児科の勤務経験を必須要件とする求人も少なくありません。虐待(ネグレクト)などによって精神的なストレスを抱えている子供も入所しているため、心療内科などで培った精神ケアのノウハウも活かすことができます。また、児童養護施設に入所する約3割の子供は何らかの障害を抱えているため、発達障害(自閉症・学習障害・アスペルガー症候群など)に関する知識やスキルが必要とされることがあります。

残業や夜勤がほとんど無い

児童養護施設では残業や夜勤がほとんど無く、休日もしっかり休むことができます。子供が急な病気にかかってしまった時など、残業や夜勤を求められることがありますが、そう頻繁に起こることではありません。児童養護施設の看護師の仕事は、プライベートな時間を大切にしたい方や家事や育児と仕事を両立したい方にお勧めです。

児童養護施設に転職するデメリット

一方で、児童養護施設で働いている看護師の方から聞く児童養護施設で働く代表的なデメリットとしては、下記が挙げられます。

医療行為や処置のスキルが低下しやすい

児童養護施設では、点滴や注射などの医療行為を行うことがほとんどないため、看護師としてのベーススキルが低下しやすいというデメリットがあります。病院への転職が難しくなる場合がありますので、児童養護施設に転職をお考えの方は、将来的なキャリアプランをしっかりと検討した上で転職することをお勧めします。

児童養護施設の仕事はこんな方におすすめ

下記に当てはまる方は、児童養護施設への転職がおすすめです。

とにかく子供が好きな方

児童養護施設では、たくさんの子供に囲まれて仕事をするため、子供が好きな方でなければ務まらない仕事です。子供は大人が予測できない言動を取ることが多いため、苦労を感じるシーンも多いと思いますが、子供がより楽しく健康に生活を送れるように保育士など他のスタッフと連携しながら子供を支えることが大切です。

様々なスタッフと連携して仕事をすることが好きな方

児童養護施設では、児童指導員・保育士・管理栄養士・調理師など様々なスタッフと連携して仕事を行うため、チームで仕事をすることが好きな方に向いています。看護師には、子供が健康で安心して生活できるように、子供の健康管理と万一の病気や怪我のための処置の役割が求められます。

児童養護施設に転職する際の注意点

保育士に近い業務内容になることが多く、やりがいを感じづらいことも

児童養護施設では、医療行為を行うことが基本的に無いため、看護師としての仕事のやりがいを感じることができずに離職・転職される方も居ます。実際に、児童養護施設の看護師の仕事は保育士に近い仕事になることが多いため、子供を寝かしつけたりイベントや行事を子供と一緒に過ごしたりすることに楽しさややりがいを感じることができる方で無ければ、長く働くことは難しいでしょう。

子供とのコミュニケーションに苦労することも

児童養護施設に入所している子供の中には、発達障害などの障害を抱えている子供や、親の虐待(ネグレクト)によってトラウマを抱えている子供も居るため、上手くコミュニケーションを図ることができずに信頼関係を構築できないこともあります。よって、子供の表情や仕草を見ながら心理状態を予測し、粘り強くコミュニケーションを行うことは、児童養護施設の看護師にとって大切なスキルであり姿勢です。

児童養護施設の看護師の求人の特徴・年収について

児童養護施設の看護師の求人の特徴

児童養護施設は全国に約570施設ありますが、総合病院や一般病院の施設数と比較するとかなり少なく、看護師の設置義務が無い児童養護施設もあるため、児童養護施設の看護師の求人数は少ないという特徴があります。よって、児童養護施設へ転職をお考えの方は、数ヶ月の準備期間を設けて、じっくりと転職先を探すことをお勧めします。また、他の児童福祉施設や小児科も視野に入れて転職活動を行うことも大切です。

児童養護施設の看護師の年収

児童養護施設の看護師の年収は、看護師全体の平均年収である470万円よりもかなり低い年収であることが多く、平均年収は300万円前後となっています。児童養護施設の看護師の年収が低い理由としては、看護師の設置義務が無い施設があることや経営状態が芳しくない施設が多いことなどが挙げられます。また、社会保険など福利厚生が整っていない施設が多いため、年収や待遇に期待することが難しい職場です。

児童養護施設へ転職を成功させるポイント

児童養護施設の求人数は少なく、必要に応じて他の転職先も同時に探すことになるため、一人で転職活動を行うことは難しいでしょう。自分の希望する条件で転職を成功させるためにも、看護師の転職に強い転職サイトに相談してみることをお勧めします。児童養護施設の最新求人情報をタイムリーに取得できることはもちろん、条件にマッチしたその他の求人の提案も受けることができます。

初めて転職される方は、児童養護施設への転職に強い下記の転職サイトに相談し、転職活動の進め方や自分の希望に合った病院の情報を効率的に収集すると良いでしょう。


人気の看護師転職サイト
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
看護師の転職事情
ベストな転職タイミングとは?
悩み・不満を転職にいかす
看護師不足の今は転職チャンス
看護師に人気の診療科とは?
都道府県別データ
転職の前に
看護師の転職ノウハウ
転職を検討する前の整理
転職サイトの選び方のコツ
転職前に転職先の内情を知る
転職サイトを賢く使う
転職サイトとは
転職サイトの仕組み
メリット・デメリット
転職サイトの選び方
転職サイトの種類・タイプ
コンサルタントを見極める
コンサルタントを味方にする
条件別転職サイトランキング
お祝い金がもらえる
求人数が多い
高給与の求人が多い
顧客満足度が高い
サポート体制が充実している
コンサルタントの質が良い
地方の転職に強い
非常勤・派遣の求人が多い
職場別から探す転職先
大学病院
総合病院
一般病院
精神科病院
療養型病院(慢性期病院)
クリニック(医院・診療所)
科目別から探す転職先
整形外科
産婦人科
内科
小児科
心療内科
精神科
泌尿器科
業務内容から探す
治験コーディネーター(CRC)
フライトナース
ツアーナース
エスコートナース
訪問看護師
タイプから探す
20代前半
20代後半
30代
40代
第二新卒
新卒1年未満
ブランクあり
職種・資格から探す転職理由
正看護師
准看護師
助産師
保健師
働き方から選ぶ転職のポイント
常勤
非常勤
特集企画『転職アンケート』
転職サイトは複数比較するべき
まずはコンサルタント探し
優先順位を決めること
将来を考えた上での転職が必要
自分に合う職場選びが大事
看護師の転職手段
看護師の6つの転職手段
直接応募
求人広告・求人情報誌
友人・知人による紹介
ハローワーク
eナースセンター
転職サイト
求人広告サイト
集合型求人サイト
看護師の転職トレンド
看護師の転職イベント情報
2017/02/25
看護師最新ニュース~国家試験、難易度アップの謎
2017/02/23
最新看護師ニュース~日本看護協会の新しい「看護業務基準」
2017/02/18
看護師最新ニュース~1年目の看護師が考えること
2017/02/15
看護師最新ニュース~能力を引き出す「音楽療法士」の役割
2017/02/04
看護師最新ニュース~世界で働く看護師特集
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.