デイサービス(通所介護)の特徴やデイサービス(通所介護)に転職するメリット・デメリットについてご紹介します。

プライベートとの両立もしやすく、コミュニケーション好きな方におすすめの職場

デイサービスとは通所介護の別名です。介護を必要とする高齢者の方が、可能な限り自宅で自立した日常生活を送れるようにサポートする施設です。 デイサービスというと、介護士が担当するサービスというイメージが強いかもしれません。しかし、最近は看護師が医療面でのサポートを行うケースが増えており、今後デイサービス分野での看護師の需要は高まると予想されています。

デイサービスでは高齢者が自宅から通いながら入浴や食事、レクリエーションなどのサービスを受けます。利用者は送迎バスなどを利用して通い、夕方までに帰宅します。利用状況や病状により昼過ぎに帰宅することもあります。 目的としては、自宅に引きこもりがちな高齢者や障がい者などが外に出る機会を作る・リハビリを通して機能の改善を図る・介護する家族の負担を軽減する、などがあげられます。

デイサービス(通所介護)の看護師の仕事内容

デイサービスとはその名の通り、介護を必要とする高齢者が、日中に介護サポートを受けるサービスです。 老人ホームやグループホームなどのフルサポートの介護と異なり、自宅で日常生活を送りながら、必要に応じて施設に通い、希望する介助が受けられるという特徴があります。 デイサービスの役割には、送迎・健康管理・入浴介助・食事介助・機能訓練・趣味や娯楽があります。そのうち看護師は、健康管理と機能訓練を行います。

健康管理では、血圧や体温の測定、バイタルチェック、体調の確認などを行います。あわせて、服薬指導や健康相談などを実施する施設もあります。また、看護師は急変時対応や必要に応じた医療処置も担当します。 そして機能訓練では、身体機能の維持や向上を目的とした機能訓練を実施します。施設によっては、理学療法士や言語聴覚士などの専門資格をもつスタッフが対応することがあります。 しかし、近年の慢性的な人手不足のため、看護師として施設に採用されたものの、看護業務以外の仕事まで担当させられるというケースが多く見られます。 日常業務で入浴介助や食事介助を行っている看護師は、決して少なくないというのが実情です。

デイサービス(通所介護)の看護師の仕事の特徴とは?

デイサービスでは医師が不在のことも多く、利用者たちのバイタルチェックや服薬管理、口腔ケアなど健康に関する管理を看護師1人で行います。看護師として大切な役割は、利用者の健康状態の変化について常に注意を払い、ちょっとした異変に気づき、適切な処置を素早く行うことです。 デイサービスで行われる主な医療行為としては、インシュリン注射、バルーンカテーテルの管理、胃ろう管理、褥瘡、創部の処置などがあります。ほかには、経管栄養の実施も必要となります。

バイタルチェック後の入浴の可否の決定や病院受診が必要かどうかの判断、利用者の説得や家族への報告も看護師が行います。デイサービスでの勤務は、看護師としての専門的な役割や技能、判断能力は必要不可欠です。

デイサービス(通所介護)に転職するメリット

デイサービス(通所介護)で働いている看護師の方から聞くデイサービス(通所介護)で働く代表的なメリットとしては、下記が挙げられます。

  • 夜勤がないため、勤務時間が安定している
  • 精神的な負担が少ない
  • コミュニケーションを取るのが楽しい
  • 頼りにされるのでやりがいを感じる

夜勤がないため、勤務時間が安定している

1番のメリットは勤務時間が安定しているという点です。夜勤がなく、土日が休みという一般の会社員のような働き方ができるセンターも少なくありません。センター唯一の看護師として働く場合もあるので、病棟勤務の経験があった方が安心して働くことができるでしょう。 また、急患などで医療的な処置が必要になることはほとんどないので、ブランクがあっても働きやすい職場です。そのため、結婚や出産を機に退職した看護師が、数年のブランクを経て復職する場として選ぶケースも増えています。

精神的な負担が少ない

デイサービスセンターに訪れるのは、入院などの必要のない比較的健康なお年寄りなので、命に関わるような深刻な病気に出会うケースはほとんどありません。突然体調に異変があったとしてもデイサービスで働く看護師の役割は、応急処置を行って病院に同行する程度なので、精神的に負担の軽い職場です。

コミュニケーションを取るのが楽しい

訪れるお年寄りも、基本的には常連さんがほとんどです。仲良くなれば会話も楽しめますし、ストレスの解消や認知症予防として会話を交わすのも看護師としての業務のひとつです。コミュニケーションを取るのが好きな人には最適でしょう。

頼りにされるのでやりがいを感じる

デイサービスにはヘルパーのほかに看護師、ケアマネージャー、機能訓練指導員、生活相談員などさまざまなスタッフがいます。それぞれのスタッフが協力し合いながら利用者に満足してもらえるような施設運営を行っています。デイサービスでの看護師の業務は利用者やその家族だけでなく、ヘルパーやケアマネージャーなどのスタッフからも頼りにされるやりがいのある仕事です。

基本的には医師は不在のため、何かあった際にも的確な対応をする責任があるデイサービスの看護師は、緊張感をもって利用者の健康を見守る大切な役割です。

デイサービス(通所介護)に転職するデメリット

一方で、デイサービス(通所介護)で働いている看護師の方から聞くデイサービス(通所介護)で働く代表的なデメリットとしては、下記が挙げられます。

  • 看護師としてのスキルアップは難しい

看護師としてのスキルアップは難しい

デメリットは、やはり看護師としてのスキルアップが難しいという点です。もちろんデイサービスでの看護師の仕事も大切ですし、医師がいない環境でお年寄りの健康状態について判断しなければならないのですから、豊富な知識や経験は必要になります。 しかし、そうした処置を行うことは圧倒的に少なくなり、医療に関して新しい知識や技術を身につけるということは難しくなります。そのため、その後転職するとしても、マイナスになるわけではありませんが、経験としてプラスになるのは療養型の病院など、医療に関する技術よりもコミュニケーションが求められる職場が中心になります。

デイサービス(通所介護)の仕事はこんな方におすすめ

下記に当てはまる方は、デイサービス(通所介護)への転職がおすすめです。

元気がありコミュニケーション能力が高い

デイサービスの利用者は健康的な人が多いため、対応する際にとても体力・気力を使います。 健康管理や服薬指導のみであれば、それほど体を使うことはありませんが、入浴介助や食事介助、排便コントロールなどを担当することも少なくないので、体力に自信があるにこしたことはありません。 また、介護士やケアマネージャー、機能訓練やリハビリスタッフとチームを組んでサポートを行うため、コミュニケーション能力も必要です。

また、看護師は施設につき1名しかいないケースが多く、1人で業務を行うことがほとんどとなるため、なかなか他の職員やスタッフと交流を深める機会が得られない傾向にあります。 そのため、少ない時間で相手の考えをくみ取り、自分の意見を伝えるといった能力、業務を円滑に進めるための人間関係の構築などの面で、高いコミュニケーション能力が必要となります。

体調変化などの観察力に優れている

デイサービスで看護師が担当する仕事は、健康管理や薬の管理、口腔ケア、感染予防などが中心となります。そういったこともあり、デイサービス側が看護師に求める能力は、利用者の健康状態や心理状態の細やかな変化に気づける、観察力や洞察力です。 デイサービスを提供している施設では、医師が常駐しているところがまだまだ少なく、医療スタッフは看護師1人だけ、という場合がほとんどです。そのため、病気の兆候の発見といった看護師の「気づき」はとても重要です。 利用者の動向に自然と目が向けられる、人を観察することが苦にならないといった方には、デイサービスが合っているといえます。

デイサービス(通所介護)に転職する際の注意点

経営母体(会社・企業)を確認する

経営母体がどこなのか、事前にチェックすることが大切です。介護分野は近年、企業や個人など様々なところが経営を始めており、今後は高齢化に伴って増加する傾向にあります。 経営母体がしっかりしていないと、経営が傾いていつか潰れることも容易にあります。 そうならないためにも、経営者たちは必死になるため、明らかに自分たちのデイサービスの対象ではないような方でも受け入れてしまい、介護者側に大きな負担が出てしまう場合もあります。

また、看護師がデイサービスを選択する際には、家庭の事情や自身の体調により、病棟で働くことが難しいという人もいます。しかし、経営母体が個人などで勉強意欲がある経営者だと、勉強会などの残業やレクリエーションの準備などいわゆるサービス残業となる業務が多く入ることがあります。転職を検討する際には、その施設のパンフレットやホームページを見て情報収集をしっかりと行うことが必要です。

業務範囲を事前に調べておく

デイサービスでは、看護師としての仕事以外にもたくさんの仕事をしなければなりません。もちろん入浴前の健康チェックなど、看護師にしかできない仕事が優先です。しかし、それ以外の時間は介護士と同じ業務を行っているという人も多く、せっかく身に着けた看護師としての資格や技術を生かせないことに、ストレスを感じるケースも少なくありません。 介護士の仕事を手伝うことは体力的に厳しいと思うのであれば、看護師は看護業務のみを行えば良いというデイサービスを選べば、体力的に余裕をもって働くことができます。

デイサービス(通所介護)の看護師の求人の特徴・年収について

デイサービス(通所介護)の看護師の求人の特徴

高齢化の進行と福祉施策の拡大によって、デイサービスセンターは増え続けており、そこで働く看護師のニーズも高まっています。求人を見つけても、デイサービスセンターでの募集は非常に多いので、勤務先は見つけやすいでしょう。急性期の忙しい職場につかれた人が余裕をもって看護師として働きたいと思ったときにもよく選ばれる職場です。求人が多く選び方がわからないといった場合には、複数の転職サイトで情報を比較するのがおすすめです。

デイサービス(通所介護)の看護師の年収

デイサービスで働く看護師は、夜勤がない日勤となります。そのため、病院看護師の給与中で大きな割合を占める夜勤・残業手当が存在しません。一方で、休みが多く残業手当がしっかり出る職場が多いのも特徴の1つです。 平均給与は20万~30万円程度、平均ボーナスは3か月分で50万円程度、平均年収は350万~550万円程度となっています。看護師の平均年収が473万円になるので、デイサービスの場合350万円のケースもあるため、決して高いとはいえません。しかし、看護師としてスキルやキャリアがある場合の転職では、550万円ほどもらえるケースもあります。

デイサービス(通所介護)へ転職を成功させるポイント

施設の情報を集めて比較する

前述したとおり、企業施設の大半が民間企業や一個人事業所であるため、総合病院などの医療機関や公的施設と比較すると、経営面などで安定性に欠ける部分があります。 そして、その点がそのまま待遇や給与面、労働環境に反映されやすい業界でもあるので、運営母体や運営会社の実績や経営状態などは事前にしっかりリサーチしておきましょう。

地域の特色を調べる

近年デイサービスやデイケアは需要が増しており、設立される数も増えています。選択肢は多くありますが、勤務地にこだわりがなければ、地域の特色を見極めて選ぶというのも1つの手です。 例えば独居の方が多い、活性化している地域である、子どもが少ないなど、その地域の特徴によって、利用者の特徴も大分変わってきます。その地域の特色を調べておくことも、どんな利用者がいるかという手がかりにもなります。

看護師専門の転職サイトで施設情報をチェックする

看護師専門の転職サイトは、一般の転職サイトと比較して医療や介護分野に関する詳しい情報が掲載されているので、とても参考になります。 デイサービスの施設情報や雰囲気、待遇など、個人で深く調べるのは難しい・時間がとれない、といった場合には、看護師専門の転職サイトを活用してみましょう。 無料で登録ができ、担当のキャリアコンサルタントが転職の相談に親身に乗ってくれるので、より良い環境のデイサービスで働きたいといった場合に頼りになる存在です。


人気の看護師転職サイト
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
看護師の転職事情
ベストな転職タイミングとは?
悩み・不満を転職にいかす
看護師不足の今は転職チャンス
看護師に人気の診療科とは?
都道府県別データ
転職の前に
看護師の転職ノウハウ
転職を検討する前の整理
転職サイトの選び方のコツ
転職前に転職先の内情を知る
転職サイトを賢く使う
転職サイトとは
転職サイトの仕組み
メリット・デメリット
転職サイトの選び方
転職サイトの種類・タイプ
コンサルタントを見極める
コンサルタントを味方にする
条件別転職サイトランキング
お祝い金がもらえる
求人数が多い
高給与の求人が多い
顧客満足度が高い
サポート体制が充実している
コンサルタントの質が良い
地方の転職に強い
非常勤・派遣の求人が多い
職場別から探す転職先
大学病院
総合病院
一般病院
精神科病院
療養型病院(慢性期病院)
クリニック(医院・診療所)
科目別から探す転職先
整形外科
産婦人科
内科
小児科
心療内科
精神科
泌尿器科
業務内容から探す
治験コーディネーター(CRC)
フライトナース
ツアーナース
エスコートナース
訪問看護師
タイプから探す
20代前半
20代後半
30代
40代
第二新卒
新卒1年未満
ブランクあり
職種・資格から探す転職理由
正看護師
准看護師
助産師
保健師
働き方から選ぶ転職のポイント
常勤
非常勤
特集企画『転職アンケート』
転職サイトは複数比較するべき
まずはコンサルタント探し
優先順位を決めること
将来を考えた上での転職が必要
自分に合う職場選びが大事
看護師の転職手段
看護師の6つの転職手段
直接応募
求人広告・求人情報誌
友人・知人による紹介
ハローワーク
eナースセンター
転職サイト
求人広告サイト
集合型求人サイト
看護師の転職トレンド
看護師の転職イベント情報
2017/07/26
もう辞めたい…看護師が退職したくなる主な理由
2017/07/24
看護師が復職で考慮すべきポイントとは?
2017/07/14
そうそう!看護師なら一度は感じたことがある職業病あるある
2017/07/14
せっかく転職したのに…転職してもすぐ辞める看護師
2017/07/10
いよいよ初出勤!看護師が転職先でやっちゃいけないNG言動
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.