デイケア(通所リハビリテーション)の特徴やデイケア(通所リハビリテーション)に転職するメリット・デメリットについてご紹介します。

ライフワークバランスが取りやすく、肉体的・精神的にも働きやすい職場

デイケアは通所リハビリテーションのことで、要介護状態の高齢者が自宅で自立した生活を送るためのリハビリテーションを、指定を受けた病院、診療所、介護老人保健施設などで行うサービスのことです。 施設側が利用者の送迎を行い、施設内ではリハビリテーションを中心にケアを行う日中のみの介護サービスです。

デイケアとデイサービスは、よく間違えられることが多いですが、基本的にデイケアは、高齢者や身体障がい者など要介護認定(1~5)を受けた方が対象となっています。 デイケアでは専任の常勤医師や介護職員、リハビリテーション職(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)、そして看護師が配属されています。

デイケア(通所リハビリテーション)の看護師の仕事内容

看護師は、医師だけでなく介護やリハビリテーション職などのスタッフと連携をとりながら、看護の視点で利用者をサポートする役割が求められます。 利用者がデイケア内でどのように過ごしているかを観察するだけではなく、家族からも家庭生活の聞き取りをするなど、利用者が「何に対して困っているのか?」「どのような動作が生活の支障になっているのか?」などの情報収集をして、リハビリテーション職や介護職員との間で情報を共有していきます。

さらに、レクリエーションなどにおける活動に関しては、利用者の状態に合わせて適切な対応が必要となります。担当者には活動する際の注意点を、そして医師には体調の変化について報告、相談しなければなりません。

デイケア(通所リハビリテーション)の看護師の仕事の特徴とは?

デイケアは高齢者向けと精神科向けの2種類に大きく分類されています。どちらも施設内で利用者同士が交流するということが大きな運営目的となっています。 例えば、昼間にレクリエーションなどを楽しみながら他の利用者とコミュニケーションをとることによって社会復帰や入院予防を目標としています。

老人向けは介護老人福祉施設やサービスセンターで実施されるデイサービスと、介護老人保健施設で実施されるデイケアが存在します。 そして精神科向けは、精神保健福祉センターや公立デイケアセンター、精神科が設置している医療機関、保健所、市町村で運営されています。

デイケア(通所リハビリテーション)に転職するメリット

デイケア(通所リハビリテーション)で働いている看護師の方から聞くデイケア(通所リハビリテーション)で働く代表的なメリットとしては、下記が挙げられます。

  • ライフワークバランスがとりやすい
  • 精神的、肉体的に働きやすい
  • 待遇は一般の会社員以上

ライフワークバランスがとりやすい

デイケアの勤務は、病院勤務看護師では実現が難しい、土日の完全週休二日制を実現しています。夜勤はなく、原則日勤のみです。特に子育てをするために一度離職をした看護師など、家庭と仕事を両立したいライフワークバランス重視の看護師にとっては魅力的な職場です。

精神的、肉体的に働きやすい

病院勤務には夜勤もあり、生活も不規則になります。体調を崩してしまいやすいですから、そのような働き方にどうしても慣れることのできない看護師が、転職先としてデイケアを選択するほどに魅力的な場所となります。病院勤務に比べると、精神的、肉体的に働きやすい職場といえます。

待遇は一般の会社員以上

国家資格の看護師ですから、不当に安い給与になるということはなく、一般の会社員よりも給与面では優遇されています。長い期間働ける環境、そして将来的に今以上に市場規模が拡大されることが予想されますので、給与がもう少し加増される可能性もあります。

デイケア(通所リハビリテーション)に転職するデメリット

一方で、デイケア(通所リハビリテーション)で働いている看護師の方から聞くデイケア(通所リハビリテーション)で働く代表的なデメリットとしては、下記が挙げられます。

  • 病院勤務よりは低賃金
  • 平日は休みがとりづらい
  • スキルアップにはつながりにくい

病院勤務よりは低賃金

夜勤のない日勤のみの勤務なので、夜勤のある一般病院と比較をすると給与面でどうしても低くなってしまいます。夜勤をすれば夜勤手当がつきますが、それがないというのが原因です。

平日は休みがとりづらい

土日休みの完全週休二日制を実現しているのですが、逆に平日は気軽に休むことができません。デイケアのなかで医療行為ができるスタッフは看護師のみとなります。そして、過剰な看護師を抱えているというわけではありませんので、急な休みをとると他の看護師に迷惑をかけたり、その日一日は看護師がいなくなるという事態にもなりえません。

スキルアップにはつながりにくい

急性期病棟でばりばり働いていた看護師からしてみますと、刺激が少なく、看護師としてのスキルもバイタルチェックなどの健康管理のみしか使いません。デイケアでは看護師としてのスキルアップにはつながりにくくなってしまいます。家庭と仕事のライフワークバランスを重視したい看護師にはメリット、看護師としての高みを目指すなら、デメリットのある職場です。

デイケア(通所リハビリテーション)の仕事はこんな方におすすめ

下記に当てはまる方は、デイケア(通所リハビリテーション)への転職がおすすめです。

患者の不調などに気づける

急性期病棟や災害現場でトリアージの介助をするように、高度な分析力やとっさの判断力というところまでは必要なありませんが、利用者の様子がいつもと違うことに気が付き、その原因が何であるのかを医学的に考える必要はあります。例えば、利用者の具合が悪そうなのを見抜けなければいけませんので、スキルというよりは知識や経験といった面を強く必要とされます。

コミュニケーションをとるのが得意

利用者が何に困っているのかに気が付くような情報分析能力とコミュニケーション力は必要です。コミュニケーション力に関しては、リハビリテーションをするうえで同僚の介護スタッフとの共同作業が多くなりますので、そのような場面でも役に立ってきます。 大切なのは、利用者の異変にいち早く気づくことのできるアセスメント能力、そして利用者の健康管理が行える基本的な能力です。

デイケア(通所リハビリテーション)に転職する際の注意点

仕事の範囲が施設によって違う

デイケアは、看護師に任される仕事が介護施設によってばらつきがあります。ここまで看護師がやらなければいけないの?と思うような仕事までを介護施設によっては任されることがあります。そのため、転職する際にはどの仕事までを看護師がするのかをきちんとしておかないと、転職後のミスマッチになります。

医療に関する責任は看護師

どのデイケアも看護師の人材は不足しています。しかし、デイケアのなかには医師はいません。医療に関することはすべて看護師の責任になります。 経験が浅かったりブランクがあったりするのであれば、転職を考える際に注意をした方がいいでしょう。

そこまで高度な医療技術は必要とされず健康管理がメインになりますが、利用者の異変に気づくことのできる経験や情報分析能力が必要とされます。 ブランクに関しては看護師復職支援プログラムを利用すれば問題ありませんが、経験が浅い人は苦労するケースもあります。

デイケア(通所リハビリテーション)の看護師の求人の特徴・年収について

デイケア(通所リハビリテーション)の看護師の求人の特徴

近代の高齢化社会が進んでいるなかで、デイケアにおける看護師のニーズは社会的意義があるだけでなく、拡大していくことが予想されています。

最近では各看護師の転職サイトでもデイケアの求人数が増えています。 一度デイケアで勤務してみたいと考えている方は、看護師の転職サイトで探すことをおすすめします。

デイケア(通所リハビリテーション)の看護師の年収

平均給与は地域によって異なりますが、東京のデイケアの場合なら平均月給25万~30万円程度、平均年収にして350万円~400万円となっています。地方との差はだいたい2~3割以上の差があり、地方では平均月給18万円~25万円程度、平均年収は280万円~350万円です。

デイケア(通所リハビリテーション)へ転職を成功させるポイント

複数の転職サイトに登録する

募集は比較的多くあるため、どこを選べば分からないといったことがあります。そんなときは、複数の看護師の転職サイトに登録して、幅広く情報を収集するのがおすすめです。登録することで、一般には出ていない非公開の求人情報を見ることができます。

転職サイトのコンサルタントに相談する

施設により業務やお給料などが異なりますが、自分では確認できる範囲も限られています。そのため転職サイトのコンサルタントに相談すると、設備内の雰囲気や勤務条件などを詳しく知ることができ、アドバイスもしてくれます。また、求人紹介のほか、面接練習や履歴書添削などを行っている転職エージェントもあります。普段の仕事が忙しくて転職活動がままならないという人には活用してみましょう。


人気の看護師転職サイト
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
看護師の転職事情
ベストな転職タイミングとは?
悩み・不満を転職にいかす
看護師不足の今は転職チャンス
看護師に人気の診療科とは?
都道府県別データ
転職の前に
看護師の転職ノウハウ
転職を検討する前の整理
転職サイトの選び方のコツ
転職前に転職先の内情を知る
転職サイトを賢く使う
転職サイトとは
転職サイトの仕組み
メリット・デメリット
転職サイトの選び方
転職サイトの種類・タイプ
コンサルタントを見極める
コンサルタントを味方にする
条件別転職サイトランキング
お祝い金がもらえる
求人数が多い
高給与の求人が多い
顧客満足度が高い
サポート体制が充実している
コンサルタントの質が良い
地方の転職に強い
非常勤・派遣の求人が多い
職場別から探す転職先
大学病院
総合病院
一般病院
精神科病院
療養型病院(慢性期病院)
クリニック(医院・診療所)
科目別から探す転職先
整形外科
産婦人科
内科
小児科
心療内科
精神科
泌尿器科
業務内容から探す
治験コーディネーター(CRC)
フライトナース
ツアーナース
エスコートナース
訪問看護師
タイプから探す
20代前半
20代後半
30代
40代
第二新卒
新卒1年未満
ブランクあり
職種・資格から探す転職理由
正看護師
准看護師
助産師
保健師
働き方から選ぶ転職のポイント
常勤
非常勤
特集企画『転職アンケート』
転職サイトは複数比較するべき
まずはコンサルタント探し
優先順位を決めること
将来を考えた上での転職が必要
自分に合う職場選びが大事
看護師の転職手段
看護師の6つの転職手段
直接応募
求人広告・求人情報誌
友人・知人による紹介
ハローワーク
eナースセンター
転職サイト
求人広告サイト
集合型求人サイト
看護師の転職トレンド
看護師の転職イベント情報
2017/07/26
もう辞めたい…看護師が退職したくなる主な理由
2017/07/24
看護師が復職で考慮すべきポイントとは?
2017/07/14
そうそう!看護師なら一度は感じたことがある職業病あるある
2017/07/14
せっかく転職したのに…転職してもすぐ辞める看護師
2017/07/10
いよいよ初出勤!看護師が転職先でやっちゃいけないNG言動
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.