高度医療技術の普及に伴い、外科手術が増える中、手術室に勤務する看護師(オペ看)は高い専門性を要求される重要なポジションになっています。

オペ看の勤務先、手術室はこんな場所

手術室に勤務する看護師が所属する部署は医療機関によって異なります。手術部として独立したセクションを持っている施設では手術部の所属になりますが、手術部を持っているのは複数の外科関連診療部門を持つ中規模から大規模病院が多くなっています。小規模から整形外科等の単科病院では、普段は外来または病棟で勤務し、手術があるときに適宜オペ看の業務に就いていることもあります。

手術室は手技にもよりますが、空調管理を始めとした厳しい衛生基準をクリアしなければならず、入室する主要医療スタッフであるオペ看は無菌・滅菌などに関する深い知識と技術への理解が必要です。病棟や外来でも衛生管理は日常的に行っていますが、手術室は特殊な場所で、よりシビアな管理をしていかなければいけません。

オペ看は手術室のチームワークを円滑にする役割も担う

ひとつの手術を行うために、手術室には多彩な職種が集まります。まず執刀医が入ります。比較的短時間で終わるような手技が決まっている手術では医師がひとりのこともありますが、複雑な手技を伴う手術では複数の助手が一緒に入ります。そして麻酔医も患者さんの全身管理で最低一人は必ず入りますし、人工心肺装置や循環機能をモニタリングする機器を専門的に扱う技師も入ります。オペ看は最低二人以上入りますが、一人は「器械出し」と呼ばれ、医師に機材を渡す助手役を担います。もう一人のオペ看は記録付けや出血量の把握、不足した材料の補充など、手術室全体のサポートをし、「外回り」と呼ばれています。

器械出しを担当する看護師は医師と同様、厳重な清潔基準を守らなければなりません。器械出し看護師はメスなどの機材の名前を覚えるのは当然にしても、複雑な手技では百種類近く揃えておくこともありますし、医師によって呼び方が異なったり発売されたばかりの新しい機材を使うこともあるので大変です。医師は術野に集中しているぶん、周囲を把握しづらくなっているので、場合によってはタイミングを見ながら声を掛けるのも、器械出し看護師の腕の見せどころになります。

外回り看護師は手術進行を看護記録としてパソコン入力を行いながら、ガーゼから出血量をカウントし、枚数に過不足がないかも確認して患者さんの体内に残ってしまうことがないか、ダブルチェックの役割も任されています。主に医師向けの電話の取次ぎも外回り看護師の業務ですから、常に5つ以上のタスクを持っていても混乱しない俊敏さが求められます。

こうして手術室での主な業務を見ると、看護師ほど全体の進行を把握しなければならない職種はありません。オペ看を希望する人の中には、「コミュニケーション能力に自信がないから」と消極的な理由をあげる人も多いようですが、実際は高いコミュニケーション能力が必要とされているのです。

オペ看の特徴

オペ看の大きな特徴の一つが、基本看護技術を使わないということかもしれません。点滴などのルートキープや術衣の更衣のような準備は病棟で済ませてから、患者さんの引継ぎが行われますし、勤務交代時に前日の患者さんの状態が申し送られることもありません。

安全管理面を重視している手術室の看護業務で、「オペ看に看護は必要か」ということが話題にのぼるときがあります。患者さんは麻酔で眠っているか半覚醒状態のことが多いですし、手術が終われば、元の病棟に帰っていきます。看護はあくまで患者さんとご家族に対して提供されるものだと考えるなら、学校で習ったり病棟で日常的に行われるような看護技術を使う機会は少ないでしょう。

ですが、認定看護師制度のひとつに「手術看護」が入っています。分野の特徴は看護協会によれば、「手術侵襲を最小限にし、二次的合併症を予防するための安全管理(体温・体位管理、手術機材・機器の適切な管理等」「周手術期(術前・中・後)における継続看護の実践」が特筆されています。看護師にしかできない手術室での看護業務がたしかにあるということですね

オペ看は領域として特殊な業務が多いですし、専門性も高いので、看護師によっては向き・不向きがどうしてもあります。何より、患者さんとの接触の機会が少ないという点は特徴的なので、「患者さんとのコミュニケーションを大切にしたい」という希望が大きい人は、オペ看業務は不満が出てくることもあるかもしれません。

手術室勤務の求人

オペ看の求人はあまり出回っていません。勤務している人の多くは外科外来・病棟経由で転属するのが、一般的なルートになっています。ですが手術室でも慢性的な看護師不足は変わらない傾向なので、手術室勤務を希望する人は転職時、個別に相談して空きを確認すると良いでしょう。

気になるお給料ですが、病棟勤務に比べて手当てが少なくなりがちなのがネックです。医療機関によっては別途「手術勤務手当て」名目で支給していることもあるので、事前にチェックしておくようにしましょう。

勤務は、基本的に夜勤がありません。ですが、夜間の緊急手術に備えて「オンコール当番制」を設けていることがあり、一定の条件のもとで自宅待機する日があります。呼び出しがなければ勤務がない実質上の夜勤になりますので、オンコール手当てが付きます。

オペ看の将来の展望

近年の高度医療技術の発展は目覚ましく、ロボットを使ったり映像を介して遠隔手術が行われるようになっています。また、これまでは海外医師は国内で手術することが困難だったので、国内で認可されていない外科手術を希望する人は海外に渡るしかありませんでしたが、法的に整備して、海外医師を招待できるようにする動きが活発化しています。この場合、主治医は日本の医師免許を持った医師になるでしょうが、オペ看も外国語に堪能である能力を求められるようになってくるかもしれません。

狭いけれど深い知識と技術が必要とされてきたオペ看ですが、高齢者の患者さんも手術を受けられるようになってきていますし、今後ますます活躍の場は広がってきます。できるだけたくさんの医療機関を比較しながら転職・就職活動を進めていくのがベストですね。

オペ看に転職したい方は、転職会社に相談してみましょう!

手術室の看護師に転職したい方は、一度転職会社に相談してみましょう。自宅から通える病院や、希望条件にもっとも合致する非公開求人から紹介してもらうことができます。

以下で紹介するサイトは、求人数(非公開求人)、キャリアアドバイザー、転職サポートの充実度、利用者の満足度などから、本当におすすめできる看護師転職サイトを厳選しています!


人気の看護師転職サイト
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
看護師の転職事情
ベストな転職タイミングとは?
悩み・不満を転職にいかす
看護師不足の今は転職チャンス
看護師に人気の診療科とは?
都道府県別データ
転職の前に
看護師の転職ノウハウ
転職を検討する前の整理
転職サイトの選び方のコツ
転職前に転職先の内情を知る
転職サイトを賢く使う
転職サイトとは
転職サイトの仕組み
メリット・デメリット
転職サイトの選び方
転職サイトの種類・タイプ
コンサルタントを見極める
コンサルタントを味方にする
条件別転職サイトランキング
お祝い金がもらえる
求人数が多い
高給与の求人が多い
顧客満足度が高い
サポート体制が充実している
コンサルタントの質が良い
地方の転職に強い
非常勤・派遣の求人が多い
職場別から探す転職先
大学病院
総合病院
一般病院
精神科病院
療養型病院(慢性期病院)
クリニック(医院・診療所)
科目別から探す転職先
整形外科
産婦人科
内科
小児科
心療内科
精神科
泌尿器科
業務内容から探す
治験コーディネーター(CRC)
フライトナース
ツアーナース
エスコートナース
訪問看護師
タイプから探す
20代前半
20代後半
30代
40代
第二新卒
新卒1年未満
ブランクあり
職種・資格から探す転職理由
正看護師
准看護師
助産師
保健師
働き方から選ぶ転職のポイント
常勤
非常勤
特集企画『転職アンケート』
転職サイトは複数比較するべき
まずはコンサルタント探し
優先順位を決めること
将来を考えた上での転職が必要
自分に合う職場選びが大事
看護師の転職手段
看護師の6つの転職手段
直接応募
求人広告・求人情報誌
友人・知人による紹介
ハローワーク
eナースセンター
転職サイト
求人広告サイト
集合型求人サイト
看護師の転職トレンド
看護師の転職イベント情報
2017/07/24
看護師が復職で考慮すべきポイントとは?
2017/07/14
そうそう!看護師なら一度は感じたことがある職業病あるある
2017/07/14
せっかく転職したのに…転職してもすぐ辞める看護師
2017/07/10
いよいよ初出勤!看護師が転職先でやっちゃいけないNG言動
2017/07/06
いくつできてる?看護師に患者が望んでいること&必要なスキル
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.