小児科の特徴や小児科に転職するメリット・デメリットについてご紹介します。

子ども好きな方や総合的なスキルを高めたい方に人気

小児科の看護師の仕事は、子どもが好きな方や総合的な看護師のスキルを高めたいとお考えの方に人気の仕事です。

ここでは、給与や待遇を改善したい、看護師のキャリアを高めたい、出産や育児でしばらくリタイアしていたが看護師の仕事に復帰したいという方に、小児科の看護師の仕事内容やメリット・デメリットなど、小児科の看護師に転職するための方法をご紹介します。

小児科の看護師の仕事内容

小児科は具体的な疾患の種類によって区別のある診療科ではなく、0歳?15歳の小児患者を一手に引き受けます。このような体制を取っている理由としては、人間の身体の構造が15歳を境に作り変わり、引いては治療法も変わるためです。よって、小児科の看護師には、小児医療に関する多様な知識とスキルが求められます。

また、小児科の看護師の代表的な職場は、以下の3つに分類されます。

  • 1. 小児病棟
  • 2. NICU(新生児特定集中治療室)
  • 3. GCU(継続保育室・回復治療室)

1. 小児病棟

多くの場合、小児科の看護師は小児病棟で勤務することになります。小児病棟に入院・受診する小児患者は、骨折や捻挫などの外科的急性疾患からアレルギーやアトピーなどの内科的慢性疾患まで、様々な疾患を抱えています。

小児病棟の看護師の業務は、小児患者の疾患や容態ごとに多種多様に分かれているため、総合的な看護師の知識やスキルが求められます。

重度の疾患や先天性の疾患を持つ小児患者は大学病院や総合病院に多く、軽度の疾患であれば中小の小児クリニックに多いという傾向があります。

2. NICU(新生児特定集中治療室)

NICUでは、未熟児や先天性の疾患を抱える新生児の看護を行います。保育器の中でしか生きることのできない新生児をケアする仕事であるため、微妙な温度や酸素濃度の変化に細かく気を配る集中力が求められます。

また、新生児の保護者も精神的に不安定であることが多いため、保護者のメンタルケアも大切な仕事の1つです。

3. GCU(継続保育室・回復治療室)

GCUは、NICU程の集中治療や経過観察が必要ではないものの、一定の注意が必要な新生児のケアを行う職場です。NICUからGCUに移る新生児が多く、回復の目処が立った新生児や障害や後遺症を抱えた新生児などがGCUで治療を受けます。

また、NICUと同じく、特に保護者に対する精神的なケアが重要な仕事です。

小児科の仕事の特徴とは?

小児科の仕事の特徴は、患者である子どもへの対応だけではなく、保護者や家族への対応も求められるということがあります。治療の経過状況の共有や治療内容の決定は、保護者と共に行いますので、小児科の看護師には子どもに対するコミュニケーション能力だけではなく、保護者を説得したり気持ちをなだめたりする能力も必要です。

また、インフルエンザなど予防接種のシーズンには、一時的に業務がとても忙しくなることも小児科の仕事の特徴です。

小児科で働くメリット

小児科で働いている看護師の方から聞く小児科で働く代表的なメリットとしては、下記が挙げられます。

  • 成人看護とは違う、小児看護の専門的なスキルを身に付けることができる
  • 外来のみの病院・クリニックであれば、夜勤・残業が少ないことも

成人看護とは違う、小児看護の専門的なスキルを身に付けることができる

小児看護は、成人看護と比較して以下の点に違いがあり、小児看護の専門的なスキルを習得することができます。

  • 様々な疾患に関する幅広い知識が求められる
  • 表情や行動の微妙な変化を見極める観察力が求められる
  • 容態が急変しやすく、即時の判断・処置が求められる
  • 処置の対象部位が小さいため、繊細で高度な技術が求められる

外来のみの病院・クリニックであれば、夜勤・残業が少ないことも

小児科は他の診療科と比較して、夜勤や残業が少ないというメリットがあります。特に、外来のみの病院やクリニックであれば、夜勤や残業はほとんど無く、生活リズムを一定に保って働くことができます。

ただし、インフルエンザの予防接種シーズンなど、一時的に診療時間が延長されることもあるため、注意が必要です。

小児科で働くデメリット

一方、小児科で働いている看護師の方から聞く小児科で働く代表的なデメリットには、下記が挙げられます。

  • 1人あたりの診療時間が長くなることが多い
  • 医療事故などで訴訟に繋がる可能性が高い

1人あたりの診療時間が長くなることが多い

成人患者とは違って、注射を嫌がったり暴れたりと、小児患者の診察や治療には長い時間がかかります。

場合によっては1時間以上も治療が進まないこともあり、通常の看護業務に加えて、体力的なキツさや精神的ストレスを感じる方もいます。

医療事故などで訴訟に繋がる可能性が高い

小児患者が死亡した場合や後遺症が残ってしまった場合、医療事故として訴訟に繋がる可能性が高いというデメリットがあります。

もちろん、プロの看護師として医療事故や医療ミスは決して起こしてはならないものですが、時には患者の保護者や家族から、心ない疑いの目を向けられてしまう可能性があることを理解しておきましょう。

小児科の仕事はこんな方にお勧め

下記に当てはまる方は、小児科への転職がおすすめです。

  • 赤ちゃんや子どもが好きな人
  • 赤ちゃんや子どもの小さな変化に気付くことができる人
  • 細かな作業が好きな人・手先が器用な人

赤ちゃんや子どもが好きな人

赤ちゃんや子どもは大人と違って、なかなか注射を打たせてくれなかったり薬を吐き出してしまったりと、スムーズに看護業務を進めることができないことがあるため、小児科は赤ちゃんや子どもが好きな方や扱いに慣れている方に向いています。

また、患者の保護者や家族との人間関係がとても大切であるため、保護者の気持ちをなだめたり、時には保護者に代わって子どもを叱ったりすることも求められます。

赤ちゃんや子どもの小さな変化に気付くことができる人

赤ちゃんや子どもは、病気やウイルスに対する予備力が低いため、行動や表情などの小さな変化に気付くことができなければ、命の危険に繋がってしまう可能性もあります。日々のバイタルチェックや子どもとのコミュニケーションを通じて、ささやかな変化のシグナルに常に気を張っておくことが大切です。

テキパキと仕事を進めることが得意な人

小児科の医療器具や小児患者の患部は、成人のものよりも小さいことが多いため、細かな作業が好きな人や手先が器用な人に小児科の仕事は向いています。

また、時には子どもが楽しく治療を受けられる様に、止血テープや包帯に子どもが好きなキャラクターの絵を描いてあげたり、病室を可愛くデコレーションしてあげたりなど、保育士の様な仕事を行うこともあります。

小児科に転職する際の注意点

小児科に転職する際には、以下に注意しましょう。

  • 子どもが好きであるが故に、つらいと感じることも
  • 患者や保護者とのコミュニケーションが難しい

子どもが好きであるが故に、つらいと感じることも

小児科の看護師は子どもが好きな方が多いですが、子どもが好きであるが故に、病気に苦しむ姿や子どもが亡くなった際に精神的なつらさを感じて、看護師を離職するケースや違う診療科に転職するケースがあります。

小児科の看護師は、子どもが好きな方で無ければなかなか務まらない仕事ですが、時には子どもの不幸なシーンに直面することをしっかりと理解しておきましょう。

また一方で、子どもが笑顔で退院する姿を見送ることができることも、小児科の看護師だけの喜び・やりがいです。

患者や保護者とのコミュニケーションが難しい

小児科の看護師には、小児患者だけではなく、その保護者や家族と円滑な人間関係を築くことが求められるため、コミュニケーションが苦手な方はストレスを感じることが多いかも知れません。

大切な子どもの病気や怪我に直面した保護者や家族は、精神的にピリピリとしていて、心ないクレームを看護師にぶつけることもあります。精神的に落ち込んでしまうこともあると思いますが、保護者や家族と真摯に向き合って、子どもの回復を目指すプロの看護師としての姿勢を忘れないようにしましょう。

小児科の看護師の求人の特徴・年収について

小児科の看護師の求人の特徴

小児科の求人は、他の診療科と比較すると求人数が少ないという特徴があります。理由としては、少子化に伴って小児科医院やクリニックが減少傾向にあることや、小児科の看護師の離職率が低いことが挙げられます。

よって、他の診療科に転職するよりも転職活動に時間を要することが多いため、小児科へ転職をお考えの方は転職エージェント等を利用しながら、じっくりと効率的に転職活動を進めるようにしましょう。

小児科の看護師の年収

小児科の看護師の年収は、他の診療科と比較してやや低いという傾向があります。外来のみの病院やクリニックの場合で300万円?350万円、夜勤ありの小児病棟勤務の場合で400万円?450万円が相場です。

小児科は激務であることも多いため、具体的な業務内容と年収を照らし合わせて転職先を決定することをお勧めします。

小児科の看護師へ転職を成功させるポイント

小児看護専門看護師の資格取得を目指す

小児看護専門看護師は、2002年5月から日本看護協会によって認定が開始された、小児看護のスペシャリストであることを証明する資格です。

看護の実務経験が5年以上あり、かつ小児看護分野の実務経験が3年以上ある方であれば、小児看護専門看護師の認定審査を受けることが可能です。資格を活かして転職活動を有利に進めたい方は、資格の取得を検討されてみてはいかがでしょうか?

転職エージェントを活用する

お子さんをお持ちの方は、お子さんと一緒に小児科に足を運んでみることで、職場環境や医師・看護師の対応を実際に自分の目で確認することができます。

ですが、日々の看護師のお仕事で夜勤や残業が多く時間がなかなか取れないという方は、小児科の看護師への転職に強い下記の転職エージェントに相談してみてると良いでしょう。

病院やクリニックの職場環境や業務内容などの求人情報は公開されていないことが多いため、転職エージェントに相談して転職活動を効率的に進めることがお勧めです。


転職エージェントは相談も無料で、相談したからといって必ず転職する必要もありません。まだ転職しようかどうか迷っている方でも親身に相談に乗ってくれますので、ぜひ上手に活用してください。


人気の看護師転職サイト
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
看護師の転職事情
ベストな転職タイミングとは?
悩み・不満を転職にいかす
看護師不足の今は転職チャンス
看護師に人気の診療科とは?
都道府県別データ
転職の前に
看護師の転職ノウハウ
転職を検討する前の整理
転職サイトの選び方のコツ
転職前に転職先の内情を知る
転職サイトを賢く使う
転職サイトとは
転職サイトの仕組み
メリット・デメリット
転職サイトの選び方
転職サイトの種類・タイプ
コンサルタントを見極める
コンサルタントを味方にする
条件別転職サイトランキング
お祝い金がもらえる
求人数が多い
高給与の求人が多い
顧客満足度が高い
サポート体制が充実している
コンサルタントの質が良い
地方の転職に強い
非常勤・派遣の求人が多い
職場別から探す転職先
大学病院
総合病院
一般病院
精神科病院
療養型病院(慢性期病院)
クリニック(医院・診療所)
科目別から探す転職先
整形外科
産婦人科
内科
小児科
心療内科
精神科
泌尿器科
業務内容から探す
治験コーディネーター(CRC)
フライトナース
ツアーナース
エスコートナース
訪問看護師
タイプから探す
20代前半
20代後半
30代
40代
第二新卒
新卒1年未満
ブランクあり
職種・資格から探す転職理由
正看護師
准看護師
助産師
保健師
働き方から選ぶ転職のポイント
常勤
非常勤
特集企画『転職アンケート』
転職サイトは複数比較するべき
まずはコンサルタント探し
優先順位を決めること
将来を考えた上での転職が必要
自分に合う職場選びが大事
看護師の転職手段
看護師の6つの転職手段
直接応募
求人広告・求人情報誌
友人・知人による紹介
ハローワーク
eナースセンター
転職サイト
求人広告サイト
集合型求人サイト
看護師の転職トレンド
看護師の転職イベント情報
2017/02/25
看護師最新ニュース~国家試験、難易度アップの謎
2017/02/23
最新看護師ニュース~日本看護協会の新しい「看護業務基準」
2017/02/18
看護師最新ニュース~1年目の看護師が考えること
2017/02/15
看護師最新ニュース~能力を引き出す「音楽療法士」の役割
2017/02/04
看護師最新ニュース~世界で働く看護師特集
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.