神経内科の特徴や神経内科に転職するメリット・デメリットについてご紹介します。

最先端の医療を学んでキャリアアップしたい方に人気の神経内科

神経内科の仕事は、看護師として最先端の医療を学びキャリアアップを目指したいとお考えの方や、重度の疾患を抱えた患者さんに寄り添った看護に取り組みたい方に人気の仕事です。

ここでは、神経内科の仕事の具体的な内容ややりがいについて、また年収やキャリアについてご紹介しています。

神経内科の看護師の仕事内容

神経内科は、脳神経内科とも呼ばれており、脳梗塞・認知症・パーキンソン病・多発性硬化症・髄膜炎など、脳・脊髄・末梢神経・筋に関する疾患の治療を行う診療科です。

神経外科との違いは、外科的治療を行うか否かという点にあり、神経内科では投薬療法や対話療法・リハビリを行います。具体的には、患者さんのバイタルチェックや医師の介助に加えて、オペ送りや患者さんの介助など主な仕事内容として挙げられます。

神経内科の仕事の特徴とは?

神経内科の仕事の特徴は、業務内容の幅広さにあり、オペ後の患者さんの経過観察や投薬治療に関する説明、リハビリのサポート、退院後の患者さんの社会復帰に向けたサポートなど、様々な看護業務に関する専門的な知識とスキルが求められます。

また、神経内科は神経科や精神科と混同されやすい診療科ですが、神経内科は、パーキンソン病や認知症などの脳・脊髄・末梢神経に起こる身体疾患を対象にするという点で全く異なる診療科です。

神経内科で働くメリット

神経内科で働いている看護師の方から聞く神経内科で働く代表的なメリットとしては、下記が挙げられます。

  • 最先端の医療の知識や技術を習得することができる
  • 患者さんの回復が分かりやすく、モチベーションに繋がりやすい
  • 幅広い年代の患者さんとコミュニケーションができる

最先端の医療の知識や技術を習得することができる

脳や神経の疾患を扱う神経内科は、医療の中でも最先端に位置する診療科であり、極めて専門性の高い最新の医療技術を駆使して治療を行います。よって、神経内科で働く看護師にも、日々自ら学習や研究を行う姿勢が求められ、業務を通じて最先端の医療の知識やスキルを習得することができます。

疾患の経過が目に見えて分かりやすい

神経内科に緊急搬送される患者さんは、脳や神経に大きなダメージを負った方が多いため、最初は全く身体を動かせなかったり意識レベルが低かったり、という状態であることが一般的です。しかし、オペを終えて治療やリハビリを進めていくに連れて、自分で身体を起こすことができるようになったり、車椅子での移動が可能になったりと、目に見えた回復を実感することができます。

看護師にとって、自身の治療や看護によって患者さんが回復していく姿は、直接的にモチベーションに繋がるものであるため、神経内科の仕事は、やりがいや達成感を感じやすいというメリットがあります。

幅広い年代の患者さんとコミュニケーションができる

神経内科には、子供から高齢者まで、幅広い年代の患者さんが入院しています。看護師のキャリアを考えるにあたって、様々な年代や性別の患者さんとのコミュニケーション経験は、キャリアアップや転職を有利にする武器になります。

ただし、神経内科の患者さんの中には、失語症の方など極めてコミュニケーションが難しいケースもありますので、丁寧で粘り強い対話が求められます。

神経内科で働くデメリット

一方、神経内科で働いている看護師の方から聞く神経内科で働く代表的なデメリットには、下記が挙げられます。

とにかくハードな職場であるため、業務に着いていけない方も

神経内科は、他の診療科と比較して、とにかくハードな職場であることが多いため、業務に忙殺されてしまい着いていけず、早期に退職される方も多いという特徴があります。

神経内科の疾患はデリケートなものが多く急変も多いため、医師の厳しい指示を受けて迅速に処置や対応を行うことが求められます。

その他、看護師に心身のタフさが求められるシーンを挙げればキリが無く、神経内科の看護師として働く目的やキャリアプランを明確に持ち、体力・精神力に自信のある方で無ければ難しい仕事です。

神経内科の仕事はこんな方にお勧め

下記に当てはまる方は、神経内科への転職がおすすめです。

  • 力仕事や体力に自信のある方
  • チームプレーで看護を行うことが好きな方

力仕事や体力に自信のある方

神経内科の患者さんは、寝たきりの方や半身不随の方も多いため、移動・入浴・食事・排泄などさまざまなシーンで看護師が介助を行う必要があります。

そのため、腕力や体力が無いと業務をこなすことが難しく、転職にあたっては男性の看護師など力仕事や体力に自信のある方が歓迎される傾向があります。

チームプレーで看護を行うことが好きな方

神経内科の患者さんは、外科的治療の必要な外傷を負った方や、他の疾患や合併症を抱える方が多いため、神経内科の看護師には、他の診療科の看護師や医師と連携して業務を行うことが求められます。

また、患者さんがリハビリを行う際には、理学療法士などのスタッフとの連携が重要であり、担当看護師として疾患の経過や治療の方針を正確に伝えることがとても大切です。

神経内科の患者さんの回復のためには、大勢の医療スタッフの連携が必須であるため、神経内科の仕事は、チームプレーで看護を行うことが好きな方に向いています。

神経内科に転職する際の注意点

神経内科に転職する際には、以下に注意しましょう。

  • 患者さんの急変や緊急オペが多い
  • 患者さんから暴力や暴言を受けてしまうことも

患者さんの急変や緊急オペが多い

神経内科の疾患は、非常にデリケートで不安定なものであるため、患者さんの急変や緊急オペが多いという特徴があります。オペ直後の患者さんや急性期を終えた患者さんであっても、急変が起こりやすいため、より細やかで正確な経過観察を行うことが看護師に強く求められます。

さらに、献身的な治療や看護を行ったとしても、急変により死亡される患者さんも珍しくなく、看護師の大きな精神的負担になります。

このように、心療内科は常に緊張感のある職場であるため、心身ともにタフな方で無ければ難しいということを理解しておきましょう。

患者さんから暴力や暴言を受けてしまうことも

神経内科の患者さんは精神的に不安定な方や認知症の方が多く、場合によっては看護師や医師が暴力や暴言を受けてしまうことがあります。よって、看護師には細心の注意が必要であり、常に緊張感と危険性のある職場で業務を行うことが求められます。

病院によっては、そういったリスクを回避するために、常に2名体制で看護を行ったり、特定の患者さんは男性の看護師が必ずケアを行ったり、といった体制を整えていますので、転職を行う際には必ず確認をしておきましょう。

神経内科の看護師の求人の特徴・年収について

神経内科の看護師の求人の特徴

神経内科を設置する病院や精神科病院は、全国で約2,500箇所(平成24年度)あり、神経内科の看護師の離職率は他の診療科と比較して高いという特徴から、神経内科の求人は通年で数多くあります。

また、神経内科の看護師には極めて高い専門性と心身のタフさが求められますので、パートや非常勤の求人が少なく正社員の求人が多いという特徴があります。基本的に、病棟勤務であることが多いため、残業や夜勤のある仕事が多いということも覚えておきましょう。

神経内科の看護師の年収

神経内科の看護師の年収は、一般的な看護師の平均年収の470万円よりも高めに設定されていることが多く、450?520万円が相場となっています。

具体的な年収は、残業や夜勤の多さなどの忙しさや、看護師に求められる専門性の高さ、患者さんからの暴力や暴言など危険性の高さなどによって大きく異なり、600万円を超える年収を得ることも可能です。

よって、より高い年収を得たい方に、神経内科の看護師の仕事はお勧めです。

神経内科の看護師へ転職を成功させるポイント

神経内科の仕事は激務であり、職場によって業務の忙しさや働きやすさが大きく異なるため、転職前後のギャップが起きやすいという特徴があります。そのため、離職率は高い傾向にはありますが、裏を返すと求人は通年多く出ており、正社員の求人は他の診療科と比較しても多くなっています。

転職前に実際の職場環境について詳しく知るためには、ネットで調査したり、知人や友人を通して希望の転職先の内情を知る手段もありますが、実際の雰囲気について十分に知ることは難しいでしょう。その場合、下記の神経内科の求人に強い転職エージェントを利用することで、転職のサポートを受けながら希望に合った求人を探すことができます。

転職エージェントは、情報収集や面接の連絡、労働条件の交渉など、転職活動のあらゆるシーンで時間がかかってしまう各種手続きを代行してくれる転職者の強い味方です。普段のお仕事が忙しく、転職活動の時間がなかなか取れない方は下記の転職エージェントを活用して効率的に情報を収集すると良いでしょう。


転職エージェントは相談も無料で、相談したからといって必ず転職する必要もありません。まだ転職しようかどうか迷っている方でも親身に相談に乗ってくれますので、ぜひ上手に活用してください。


人気の看護師転職サイト
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
看護師の転職事情
ベストな転職タイミングとは?
悩み・不満を転職にいかす
看護師不足の今は転職チャンス
看護師に人気の診療科とは?
都道府県別データ
転職の前に
看護師の転職ノウハウ
転職を検討する前の整理
転職サイトの選び方のコツ
転職前に転職先の内情を知る
転職サイトを賢く使う
転職サイトとは
転職サイトの仕組み
メリット・デメリット
転職サイトの選び方
転職サイトの種類・タイプ
コンサルタントを見極める
コンサルタントを味方にする
条件別転職サイトランキング
お祝い金がもらえる
求人数が多い
高給与の求人が多い
顧客満足度が高い
サポート体制が充実している
コンサルタントの質が良い
地方の転職に強い
非常勤・派遣の求人が多い
職場別から探す転職先
大学病院
総合病院
一般病院
精神科病院
療養型病院(慢性期病院)
クリニック(医院・診療所)
科目別から探す転職先
整形外科
産婦人科
内科
小児科
心療内科
精神科
泌尿器科
業務内容から探す
治験コーディネーター(CRC)
フライトナース
ツアーナース
エスコートナース
訪問看護師
タイプから探す
20代前半
20代後半
30代
40代
第二新卒
新卒1年未満
ブランクあり
職種・資格から探す転職理由
正看護師
准看護師
助産師
保健師
働き方から選ぶ転職のポイント
常勤
非常勤
特集企画『転職アンケート』
転職サイトは複数比較するべき
まずはコンサルタント探し
優先順位を決めること
将来を考えた上での転職が必要
自分に合う職場選びが大事
看護師の転職手段
看護師の6つの転職手段
直接応募
求人広告・求人情報誌
友人・知人による紹介
ハローワーク
eナースセンター
転職サイト
求人広告サイト
集合型求人サイト
看護師の転職トレンド
看護師の転職イベント情報
2017/07/24
看護師が復職で考慮すべきポイントとは?
2017/07/14
そうそう!看護師なら一度は感じたことがある職業病あるある
2017/07/14
せっかく転職したのに…転職してもすぐ辞める看護師
2017/07/10
いよいよ初出勤!看護師が転職先でやっちゃいけないNG言動
2017/07/06
いくつできてる?看護師に患者が望んでいること&必要なスキル
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.