整形外科の特徴や整形外科に転職するメリット・デメリットについてご紹介します。

看護師の仕事の中でも人気の高い整形外科の仕事

整形外科の看護師の仕事は、患者さんの回復を実感しやすいことや、さっぱりとした体育会系の職場環境であることから、看護師の仕事の中でも人気の高い仕事です。

ここでは、給与や待遇を改善したい、看護師のキャリアを高めたい、男性が働きやすい職場を探したいという方に、整形外科の看護師の仕事内容やメリット・デメリットなど、整形外科の看護師に転職するための方法をご紹介します。

整形外科の看護師の仕事内容

整形外科は、骨・筋肉・関節・靭帯・脊髄・脊椎・神経に関する外傷や疾患を治療する診療科目です。

整形外科の看護師の主な仕事内容は、通常のバイタルチェックや血液採取に加えて、ADLに制限のある患者さんの着替えや入浴の介助を行ったり、骨折や脱臼の患部にギプス装着やテーピングを行ったり、リハビリの指導・サポートを行ったりすることです。

また、交通事故などで患者さんが緊急搬送された場合は、テキパキとオペの準備やサポートを行うことが求められます。

整形外科の仕事の特徴とは?

整形外科を受診する患者さんは、乳児・幼児・成人・高齢者と年代の幅が広く、他の診療科と比較して特に若い方が多いという特徴があります。また、患者さんの抱える疾患は、腰痛や肩こりといった軽度のものから、靭帯断裂や脊椎損傷などの重度のものまで様々である点にも特徴があります。

整形外科の職場は、大学病院や総合病院から街の小さなクリニックまで多種多様であるため、多くの選択肢の中から転職先を選ぶことができます。また、整形外科は男性の看護師の方が数多く活躍している現場であるため、働きやすさを求める男性の看護師に人気の高い仕事です。

整形外科で働くメリット

整形外科で働いている看護師の方から聞く整形外科で働く代表的なメリットとしては、下記が挙げられます。

  • 整形外科の看護師として専門的なスキルを習得できる
  • 患者さんの回復を実感しやすい
  • 幅広い年代の看護を経験することができる
  • 患者さんの死や疾患の重篤化に直面することが少ない

整形外科の看護師として専門的なスキルを習得できる

整形外科では、頭から足先まで様々な部位を対象に、様々な疾患の治療を行います。また、部位や疾患によって治療法も千差万別であり、代表的なものとして、手術・ギブス固定・温熱療法・電気療法・リハビリ・投薬療法・ブロック注射などが挙げられます。よって、看護師にも様々な疾患や治療法に関する専門的な知識や技術が求められ、整形外科のプロとしての経験を積むことができます。

患者さんの回復を実感しやすい

骨折など整形外科の疾患の多くは、レントゲンで確認できるものであるため、急性期から退院までの疾患の改善をシンプルに比較することができます。また、寝たきりの状態からギャッジアップ・車椅子・歩行トレーニングと、段階を追って疾患の回復を観察することができるため、自身の看護の成果ややりがいを感じやすいというメリットがあります。

幅広い年代の看護を経験することができる

整形外科には様々な年代の患者さんが入院・受診されます。同様の疾患や怪我であっても、年齢の違いによって具体的な治療法や回復の進度が異なるため、整形外科の看護師としての様々な経験を積むことができます。また、整形外科には特に若い年代の患者さんが多いため、病院内が活発で賑やかな雰囲気であるという特徴もあります。

患者さんの死や疾患の重篤化に直面することが少ない

整形外科に入院する患者さんは、足や手など命に直接的に影響が無い疾患を抱えていることが多いため、患者さんの死に直面したり、急性期を過ぎた後に疾患が重篤化したりということがほとんどありません。患者さんの急変は看護師にとっても精神的なストレスが大きいものであるため、他の診療科から整形外科へ転職を希望される方がメリットに感じやすいポイントでもあります。

整形外科で働くデメリット

一方、整形外科で働いている看護師の方から聞く整形外科で働く代表的なデメリットには、下記が挙げられます。

1つの業務になかなか集中できないことがある

整形外科は業務内容や領域が幅広く、業務量が多いという特徴があります。加えて、オペ対応や重篤な患者さんの介助など突発的な業務も多く、通常の看護業務に集中することが難しい職場環境です。

整形外科は、看護師としての咄嗟の対応力を磨くことができるという魅力がありますが、個々の業務に集中したい方にとってはストレスを感じやすい場面があることを理解しておきましょう。

整形外科の仕事はこんな方にお勧め

下記に当てはまる方は、整形外科への転職がおすすめです。

  • 患者さんとじっくり向き合って看護をしたい方
  • 力仕事や体力に自身のある方
  • テキパキと仕事を進めることが好きな方

患者さんとじっくり向き合って看護をしたい方

整形外科には、交通事故で骨折をされた患者さんやスポーツ中に怪我をされた患者さんなどが受診・入院されます。整形外科の患者さんは意識がはっきりとされた方が多く、急性期・リハビリ期・退院に至るまでの看護に携わることができるという特徴があります。よって、患者さんと向き合って看護計画を立てたい方や、患者さん主体の看護を行いたい方に整形外科の仕事は向いています。

力仕事や体力に自身のある方

整形外科に入院する患者さんの多くは、骨や靭帯など運動器官に疾患を抱える方であるため、ADLが制限されていることが多く、体位交換や移動介助に力が必要なシーンが多々あります。また、整形外科のオペは長時間の体力勝負であることが多いという特徴もあります。実際に、整形外科では男性の看護師の方が多く活躍しており、力仕事や体力に自身のある方でなければつらさを感じる場面が多いかも知れません。

テキパキと仕事を進めることが好きな方

整形外科は、笑い声の飛び交う明るい体育会系の雰囲気であることが多く、テキパキと仕事を進めることが好きな方に働きやすい職場環境です。患者さんの精神状態も、患部の処置が一通り終わってしまえば安定することが多いため、細やかなメンタルケアが不要であることもメリットの1つです。

整形外科に転職する際の注意点

整形外科に転職する際には、以下に注意しましょう。

重篤な疾患を持つ患者さんの数やオペの回数によって忙しさが違う

整形外科には、比較的軽度な疾患の患者さんから、脊髄損傷・骨盤骨折など重篤な疾患の患者さんまで、様々な患者さんが入院しており、重篤な疾患の患者さんのケアには相当の体力が必要です。

また、救急病院や総合病院の整形外科では、交通事故などで緊急搬送された患者さんのオペ出し・オペ戻りの業務も行いますので、目まぐるしい業務に追われることもあります。整形外科に転職する際には、どのレベルの疾患の患者さんが多いか、オペの頻度はどのくらいかということもチェックしておきましょう。

整形外科の看護師の求人の特徴・年収について

整形外科の看護師の求人の特徴

整形外科は、多くの病院やクリニックで設置されている診療科であるため、豊富な求人の中から仕事を選ぶことができます。

具体的には、厚生労働省の「医療施設(動態)調査・病院報告の概況」(平成25年度)によると、診療科として整形外科を設置している一般病院は66.3%(4,956施設)に及び、内科・リハビリテーション科に次いで3番目に多い設置数となっています。よって、整形外科へ転職活動を行う際には、自分の条件と照らし合わせながら、じっくりと転職先を選ぶことができるというメリットがあります。

整形外科の看護師の年収

整形外科の看護師の年収は、看護師の平均年収に近い年収が設定されており、400万円?450万円が相場です。また、オペの有無や夜勤の有無によって年収に幅があり、オペや夜勤の多い職場ではそれぞれオペ手当(手術室手当)・夜勤手当を得ることができ、500万円?550万円の高い年収を得られるケースもあります。

年収の高さと業務の忙しさは比例することが多いため、自身のキャリアや働きやすさと比較検討しながら転職活動を行うと良いでしょう。

整形外科の看護師へ転職を成功させるポイント

整形外科は、対象部位や疾患によって専門的な治療法が確立されており、転職にあたっては専門領域としてどの分野を希望するか整理しておくことが大切です。また、働きやすさを重視される方であれば、オペの頻度や重篤な患者さんの数によって、忙しさや残業の有無が大きく異なりますので、実際にどのような職場環境かしっかりと調べておくと良いでしょう。

整形外科の求人数は多く、非公開の求人も多数ありますので、転職活動に時間を割くことが難しい方や、自分自身で判断することが不安な方は、看護師の転職に強い下記の転職エージェントに相談することをお勧めします。


転職エージェントは相談も無料で、相談したからといって必ず転職する必要もありません。まだ転職しようかどうか迷っている方でも親身に相談に乗ってくれますので、ぜひ上手に活用してください。


人気の看護師転職サイト
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
看護師の転職事情
ベストな転職タイミングとは?
悩み・不満を転職にいかす
看護師不足の今は転職チャンス
看護師に人気の診療科とは?
都道府県別データ
転職の前に
看護師の転職ノウハウ
転職を検討する前の整理
転職サイトの選び方のコツ
転職前に転職先の内情を知る
転職サイトを賢く使う
転職サイトとは
転職サイトの仕組み
メリット・デメリット
転職サイトの選び方
転職サイトの種類・タイプ
コンサルタントを見極める
コンサルタントを味方にする
条件別転職サイトランキング
お祝い金がもらえる
求人数が多い
高給与の求人が多い
顧客満足度が高い
サポート体制が充実している
コンサルタントの質が良い
地方の転職に強い
非常勤・派遣の求人が多い
職場別から探す転職先
大学病院
総合病院
一般病院
精神科病院
療養型病院(慢性期病院)
クリニック(医院・診療所)
科目別から探す転職先
整形外科
産婦人科
内科
小児科
心療内科
精神科
泌尿器科
業務内容から探す
治験コーディネーター(CRC)
フライトナース
ツアーナース
エスコートナース
訪問看護師
タイプから探す
20代前半
20代後半
30代
40代
第二新卒
新卒1年未満
ブランクあり
職種・資格から探す転職理由
正看護師
准看護師
助産師
保健師
働き方から選ぶ転職のポイント
常勤
非常勤
特集企画『転職アンケート』
転職サイトは複数比較するべき
まずはコンサルタント探し
優先順位を決めること
将来を考えた上での転職が必要
自分に合う職場選びが大事
看護師の転職手段
看護師の6つの転職手段
直接応募
求人広告・求人情報誌
友人・知人による紹介
ハローワーク
eナースセンター
転職サイト
求人広告サイト
集合型求人サイト
看護師の転職トレンド
看護師の転職イベント情報
2017/02/25
看護師最新ニュース~国家試験、難易度アップの謎
2017/02/23
最新看護師ニュース~日本看護協会の新しい「看護業務基準」
2017/02/18
看護師最新ニュース~1年目の看護師が考えること
2017/02/15
看護師最新ニュース~能力を引き出す「音楽療法士」の役割
2017/02/04
看護師最新ニュース~世界で働く看護師特集
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.