産婦人科の特徴や産婦人科に転職するメリット・デメリットについてご紹介します。

赤ちゃんや子どもが好きな方、女性を対象とした看護スキルを高めたい方におすすめ

産婦人科の仕事は、赤ちゃんや子どもが好きな方や、女性を対象とした看護スキルを高めたいとお考え方の方に人気の高い仕事です。また、産婦人科の看護師としての知識や経験が、自身の出産や育児に直接的に役立つということも、特に女性の看護師の方に人気が高い理由の1つです。

ここでは、産婦人科へ転職を検討されている方に、産婦人科の看護師の仕事内容ややりがいについて、また年収や待遇について詳しく紹介しています。

産婦人科の看護師の仕事内容

産婦人科は、妊婦さんや新生児を対象にした「産科」と、乳がんや子宮筋腫など女性特有の疾患の治療を行う「婦人科」に分かれています。

産婦人科の看護師の主な仕事内容は、通常業務のバイタルチェックや血液検査などに加えて、緊急帝王切開による出産のオペのサポートや授乳介助・新生児のオムツ交換などがあります。特に出産間近の妊婦さんが入院している時期には、いつ訪れるか分からない分娩や緊急事態に対応するために、24時間体制の手厚いサポートが求められる仕事です。

産婦人科の仕事の特徴とは?

産婦人科の仕事の大きな特徴は、数多くの診療科の中でも唯一、女性のみ対象にした診療科であることです。よって産婦人科の疾患も女性特有のものが多く、産婦人科の看護師には専門的な知識と技術が求められます。また、産婦人科は外科的な側面も持っており、病棟では帝王切開や婦人科系の疾患の手術を行う点にも特徴があります。

産婦人科で働くメリット

産婦人科で働いている看護師の方から聞く産婦人科で働く代表的なメリットとしては、下記が挙げられます。

  • 新しい生命の誕生に立ち会うことができる唯一の職場
  • 産婦人科の看護師の専門的なスキルを習得できる
  • 助産師の資格があれば出産に立ち会うことができる

新しい生命の誕生に立ち会うことができる唯一の職場

他の診療科では患者さんの死や疾患の重篤化に立ち会う場面が多く、精神的なストレスに繋がりやすいというデメリットがありますが、産婦人科ではすべての診療科の中で唯一、新生児の誕生に立ち会うことができるというメリットがあります。

産婦人科の看護師の方の中には、日々の看護業務の疲れやストレスが、新生児の誕生によって一気に吹き飛んでしまうという方も居ます。

産婦人科の看護師の専門的なスキルを習得できる

産婦人科の看護師として働くことで、新生児看護のスキルや女性特有の疾患に関する医療知識など、産婦人科に関する専門的なスキル・知識を習得することができます。

また近年では、初産の高年齢化に合わせた看護ケアや不妊治療に対する専門的な知識など、ニーズやトレンドに合わせて独自に学習を進めることが求められます。加えて、特に女性の看護師の方であれば、産婦人科の看護師の経験を自身の出産や育児に活かすことができたり、将来の更年期障害との付き合い方を学ぶことができたりと、自身の生活に役立てることが可能です。

助産師の資格があれば出産に立ち会うことができる

看護師の資格だけでは分娩に直接関わることはできませんが、助産師の資格を取得することで可能になります。

出産に立ち会った看護師の方から聞くと、へその緒を切ったり浣腸を行ったりといった、正常分娩に関する業務を独自の判断で行うことができ、何よりも自らの手で新生児を直接取り上げることができることに仕事のやりがいを感じると言います。

実際に、産婦人科の看護師として働きながら、助産師の資格を取得してキャリアアップを目指す方は数多く居ます。

産婦人科で働くデメリット

一方、産婦人科で働いている看護師の方から聞く産婦人科で働く代表的なデメリットには、下記が挙げられます。

身体的・精神的なタフさが求められる

陣痛に苦しむ患者さんのケアや、数時間に及ぶ夜間の分娩への緊急対応など、産婦人科の看護師には身体的・精神的なタフさが求められるシーンが数多く存在します。

また、特定の期間に出産間近の妊婦さんが集中したり、人気の産婦人科であれば病床の空きが一切なかったりと、残業や夜勤が続いてしまうことも珍しくありません。さらに別の側面として、産婦人科には不妊症などの女性特有の疾患を抱えた患者さんも受診されるため、患者さんのメンタルケアに細心の注意を払うことが求められます。

産婦人科の仕事はこんな方にお勧め

下記に当てはまる方は、産婦人科への転職がおすすめです。

  • 赤ちゃんや子どもが好きな方
  • 患者さんの精神的なケアにやりがいを感じる方

赤ちゃんや子どもが好きな方

産婦人科は、小児科と違って子どもだけを対象にした診療科ではありませんが、分娩に立ち会ったり産後の新生児ケアを行ったりと赤ちゃんと触れ合うことが多いため、赤ちゃんや子どもが好きな方に向いています。ただし、時には死産に立ち会ったり、障害を持って生まれてきた赤ちゃんのケアを行ったりと、子どもが好きな方だからこそ精神的に大きなストレスを感じるシーンがあることも理解しておきましょう。

患者さんの精神的なケアにやりがいを感じる方

乳がん・子宮頸がん・不妊症などの女性特有の疾患は、女性にとって身体的な負担はもちろん精神的なショックの大きいものであるため、産婦人科の看護師には患者さんの精神的なケアを丁寧に行うことが求められます。長期入院される患者さんや定期的に通院される患者さんも多いため、患者さん一人一人とじっくり向き合いながら信頼関係を構築していくことが大切です。

産婦人科に転職する際の注意点

産婦人科に転職する際には、以下に注意しましょう。

  • 産婦人科の患者さんには特に慎重な対応が求められる
  • 看護師の仕事のやりがいを感じづらいケースも

産婦人科の患者さんには特に慎重な対応が求められる

産婦人科には、出産を間近に控えた妊婦さんや出産直後の喜びに包まれているご家族だけではなく、流産・死産に直面し深い悲しみを感じている患者さんや悪性疾患を抱えて精神的に落ち込んでいる患者さんが居ます。

特に、悪性疾患の診断直後は、患者さんやそのご家族が感情的にとても不安定になることが多いため、気持ちを落ち着かせたり、治療方法などについて冷静・丁寧に説明したりすることがとても大切です。また、特に女性の看護師の方であれば、患者さんの気持ちやつらさが自分のことの様に感じられ、大きな精神的ストレスを抱えてしまい、離職や転科を選択する方も居ます。

看護師の仕事のやりがいを感じづらいケースも

助産師の資格を持っているか・持っていないかによって、看護師の仕事のやりがいが左右される場合があります。助産師は、通常の看護業務に加えて分娩に直接的に関わることができるため、職場で助産師の方が重宝されやすいという傾向があります。また、病院によっては、出産に関する業務を医師と助産師だけが行い、看護師の業務は雑用に近いということもあります。

よって、転職活動を行う際には、具体的な業務内容や職場の雰囲気を確認した上で、転職先を決めることをお勧めします。

産婦人科の看護師の求人の特徴・年収について

産婦人科の看護師の求人の特徴

産婦人科の看護師は、他の診療科と比較すると離職率が低いという特徴があり、産婦人科を設置する病院数が減少傾向に推移していることから、産婦人科の看護師の求人は少なめです。

よって、産婦人科に転職を希望される方は、じっくりと一定の期間をかけて、希望の条件に合った求人を探すことが大切です。また、人気の求人には応募が殺到することが珍しくありませんので、面接に向けて志望動機や自己PRを整理しておきましょう。

産婦人科の看護師の年収

産婦人科の看護師の平均年収は、看護師全体の平均年収と大きな違いはなく、450?480万円程に設定されていることが一般的です。また、病院やクリニックの人気や忙しさによって、夜勤手当や手術手当の金額が異なりますので、より高い年収を得たい方であれば、入院施設のある総合病院を選ぶと良いでしょう。

また、助産師の資格をある方は、より好条件で採用されることが多いという傾向があります。

産婦人科の看護師へ転職を成功させるポイント

助産師の資格を取得して、転職活動を有利に進める

助産師の絶対数が不足しており、多くの病院で積極的に採用を行っているため、助産師の資格は転職を有利に進める武器になります。

なお、助産師の資格を取得するためには、助産師の専門学校や大学で1?2年の教育を受けた後に、国家試験をパスする必要があります。既に産婦人科等で看護師として働いている方であれば、学校に通うことが難しいという実情もあると思いますが、取得しておいて損はない資格です。

母性看護専門看護師の資格取得を目指す

母性看護専門看護師は、2003年11月から日本看護協会によって認定が開始された、女性や母子に対する専門看護の資格です。

看護の実務経験が5年以上あり、かつ母性看護分野(主に産婦人科)の実務経験が3年以上ある方であれば、母性看護専門看護師の認定審査を受けることが可能です。母性看護専門看護師の資格は、助産師と比較すると認知度が低いという実情がありますが、婦人科に属する女性特有の疾患に対する専門的な知識や看護ケアの習得を目指したい方にお勧めの資格です。

産婦人科の転職に強い転職エージェントに相談する

産婦人科の求人数は多く、非公開の求人も多数ありますので、転職活動に時間を割くことが難しい方や、自分自身で判断することが不安な方は、産婦人科の転職に強い下記の転職エージェントに相談することをお勧めします。


転職エージェントは相談も無料で、相談したからといって必ず転職する必要もありません。まだ転職しようかどうか迷っている方でも親身に相談に乗ってくれますので、ぜひ上手に活用してください。


人気の看護師転職サイト
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
看護師の転職事情
ベストな転職タイミングとは?
悩み・不満を転職にいかす
看護師不足の今は転職チャンス
看護師に人気の診療科とは?
都道府県別データ
転職の前に
看護師の転職ノウハウ
転職を検討する前の整理
転職サイトの選び方のコツ
転職前に転職先の内情を知る
転職サイトを賢く使う
転職サイトとは
転職サイトの仕組み
メリット・デメリット
転職サイトの選び方
転職サイトの種類・タイプ
コンサルタントを見極める
コンサルタントを味方にする
条件別転職サイトランキング
お祝い金がもらえる
求人数が多い
高給与の求人が多い
顧客満足度が高い
サポート体制が充実している
コンサルタントの質が良い
地方の転職に強い
非常勤・派遣の求人が多い
職場別から探す転職先
大学病院
総合病院
一般病院
精神科病院
療養型病院(慢性期病院)
クリニック(医院・診療所)
科目別から探す転職先
整形外科
産婦人科
内科
小児科
心療内科
精神科
泌尿器科
業務内容から探す
治験コーディネーター(CRC)
フライトナース
ツアーナース
エスコートナース
訪問看護師
タイプから探す
20代前半
20代後半
30代
40代
第二新卒
新卒1年未満
ブランクあり
職種・資格から探す転職理由
正看護師
准看護師
助産師
保健師
働き方から選ぶ転職のポイント
常勤
非常勤
特集企画『転職アンケート』
転職サイトは複数比較するべき
まずはコンサルタント探し
優先順位を決めること
将来を考えた上での転職が必要
自分に合う職場選びが大事
看護師の転職手段
看護師の6つの転職手段
直接応募
求人広告・求人情報誌
友人・知人による紹介
ハローワーク
eナースセンター
転職サイト
求人広告サイト
集合型求人サイト
看護師の転職トレンド
看護師の転職イベント情報
2017/07/26
もう辞めたい…看護師が退職したくなる主な理由
2017/07/24
看護師が復職で考慮すべきポイントとは?
2017/07/14
そうそう!看護師なら一度は感じたことがある職業病あるある
2017/07/14
せっかく転職したのに…転職してもすぐ辞める看護師
2017/07/10
いよいよ初出勤!看護師が転職先でやっちゃいけないNG言動
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.