看護師が働く場として人気のある診療科はどこでしょうか。病院には数多くの診療科がありますが、一般的には内科、産婦人科、小児科などが人気と言われています。治療対象となる患者さんも違えば扱う疾患も異なりますから、これらの診療科が人気であるのにはそれぞれ別の理由があります。

看護師としての知識や力量が身につき、患者さんに寄り添える内科

内科では慢性期や終末期の高齢患者が多く、家族と接するケースも多いので看護師としての総合的な力量が問われる上、患者さんの微妙な変化を感じ取る力も求められるので、内科ならではのやりがいや成長感があることが人気の高い理由となっています。

「じっくり看護をしたい」「基本的な全身状態をみれるようになりたい」、そんなタイプの方には、患者さんとじっくり寄り添うことができる内科がおすすめです。内科は、看護の基礎である患者さんとのコミュニケーションがとりやすく、無床の場合は急患が少ないので、外科などに比べると落ち着いた勤務ができるのが魅力です。

内科で働く看護師の方が内科をおすすめする理由まとめ

  • 高齢患者や家族と接することが多く、看護師としての知識や力量が身につく
  • 患者さんのちょっとした言動や視線などから病状を敏感にキャッチする洞察力が身につく
  • 外科よりもじっくりと患者さんに寄り添った看護ができる

女性看護師に人気な産婦人科・小児科

産婦人科で働くことを希望する看護師の方は「実際に出産を経験して興味を持った」「出産時に対応してくれた看護師が素敵だった」といった理由を、産婦人科で働く理由として挙げています。自身の経験を活かした看護を提供することができる点が人気につながっています。また、女性であることや母性を活かせる科であるという点、産科の場合は生命の誕生という人生で素晴らしい一時を自分の仕事にできることなどから、仕事への充実感・やりがいを実感できると考える看護師の方が多いのです。

そして、産婦人科の場合、当然患者さんは女性となりますので、不妊治療や婦人科特有の疾患など、患者さんの悩みに深く共感しながら寄り添って看護をしていくことができるので、その点に強くやりがいを感じるという方もいらっしゃいます。

産婦人科で働く看護師の方が産婦人科をおすすめする理由まとめ

  • 新たな命が誕生する瞬間に立ち会うことができる
  • 妊娠・出産のプロセスに立ち会え、将来の自分のためにもなる
  • 女性の患者さんに共感しながら寄り添った看護ができ、やりがいがある

小児科を希望する看護師の方は、「子供が好き」「出産・子育ての経験を活かしたい」といった理由を挙げています。また、小児科ではいろいろな診療科の疾患を診るため、さまざまな疾患について勉強できるという点を理由として挙げる人もいます。

小児科の場合は「小児」というカテゴリで子供のあらゆる症状に対応する必要があるため、様々な科目について学ぶことができるという点は魅力的です。また、実際に小児科で働いている看護師の方々からは、「仕事自体はとてもハードで親との関わり合い大変だが、子供が元気になり笑顔になるのを見ると、とても元気が出てやりがいを感じる」という声をよく聞きます。子供が好きな方にとっては、大変な面も辛い面も含めてやりがいがある職場だと言えそうです。

小児科で働く看護師の方が小児科をおすすめする理由まとめ

  • 小児科は成人の全ての科が集まるので、とても勉強になる
  • 子供の笑顔を見ると、どんなに辛く大変でも、元気がでる

男性看護師から人気の高いICU・整形外科

ICUでは、いろいろな科の重症患者を診ることになるため、最先端の医療技術を学び、知識も経験も積んでキャリアアップを目指したいというタイプの方に人気があります。

ICUでは運ばれてきた患者さんに意識がなかったり、言葉を発することができないケースもあるため、患者さんの表情を見て何が言いたいかを素早く判断する能力が必要であったり、不安を感じている患者さんの家族に対しても病状を分かりやすくきちんと話す必要もあるので、ちょっとした変化も見逃すことがない観察力・コミュニケーション能力が高い方には非常にやりがいのある職場です。

ICUで働く看護師の方がICUをおすすめする理由まとめ

  • 患者さんの病状に臨機応変に対応するため、看護師としての力がつく
  • 患者さんの家族とのコミュニケーションのなかで、アセスメント力がつく

整形外科で働いている看護師の方からは、レントゲンなどで怪我の状況が見えるので回復の状況が目に見えて分かりやすい、回復するスピードが早い患者さんも多く、退院時に笑顔で感謝される機会も多いので、やりがいを感じやすい、という声を良く聞きます。

また、整形外科は急性期から回復期、そして在宅のケアに至るまでトータルに看護に携わることができ、看護師としての幅広い専門性を身につけることができるので、その点にやりがいを感じている方もいらっしゃいます。

そして、整形外科は外来でもオペでも目まぐるしい忙しさの職場が多いのですが、テキパキと明るい雰囲気で働くことができるため、そのサバサバした体育会系的な雰囲気から男性看護師にも人気が高いようです。

整形外科で働く看護師の方が整形外科をおすすめする理由まとめ

  • 小児科は成人の全ての科が集まるので、とても勉強になる
  • 子供の笑顔を見ると、どんなに辛く大変でも、元気がでる

人気の看護師転職サイト
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
看護師の転職事情
ベストな転職タイミングとは?
悩み・不満を転職にいかす
看護師不足の今は転職チャンス
看護師に人気の診療科とは?
都道府県別データ
転職の前に
看護師の転職ノウハウ
転職を検討する前の整理
転職サイトの選び方のコツ
転職前に転職先の内情を知る
転職サイトを賢く使う
転職サイトとは
転職サイトの仕組み
メリット・デメリット
転職サイトの選び方
転職サイトの種類・タイプ
コンサルタントを見極める
コンサルタントを味方にする
条件別転職サイトランキング
お祝い金がもらえる
求人数が多い
高給与の求人が多い
顧客満足度が高い
サポート体制が充実している
コンサルタントの質が良い
地方の転職に強い
非常勤・派遣の求人が多い
職場別から探す転職先
大学病院
総合病院
一般病院
精神科病院
療養型病院(慢性期病院)
クリニック(医院・診療所)
科目別から探す転職先
整形外科
産婦人科
内科
小児科
心療内科
精神科
泌尿器科
業務内容から探す
治験コーディネーター(CRC)
フライトナース
ツアーナース
エスコートナース
訪問看護師
タイプから探す
20代前半
20代後半
30代
40代
第二新卒
新卒1年未満
ブランクあり
職種・資格から探す転職理由
正看護師
准看護師
助産師
保健師
働き方から選ぶ転職のポイント
常勤
非常勤
特集企画『転職アンケート』
転職サイトは複数比較するべき
まずはコンサルタント探し
優先順位を決めること
将来を考えた上での転職が必要
自分に合う職場選びが大事
看護師の転職手段
看護師の6つの転職手段
直接応募
求人広告・求人情報誌
友人・知人による紹介
ハローワーク
eナースセンター
転職サイト
求人広告サイト
集合型求人サイト
看護師の転職トレンド
看護師の転職イベント情報
2017/07/14
そうそう!看護師なら一度は感じたことがある職業病あるある
2017/07/14
せっかく転職したのに…転職してもすぐ辞める看護師
2017/07/10
いよいよ初出勤!看護師が転職先でやっちゃいけないNG言動
2017/07/06
いくつできてる?看護師に患者が望んでいること&必要なスキル
2017/02/25
看護師最新ニュース~国家試験、難易度アップの謎
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.