内科の特徴や内科に転職するメリット・デメリットについてご紹介します。

安定的に看護業務に従事できることで人気の高い内科

内科の看護師の仕事は、安定的に看護業務に従事できることや、多くの患者さんやそのご家族とじっくりとコミュニケーションを図ることができるといったことから、看護師の仕事の中でも人気の高い仕事です。

ここでは、給与や待遇を改善したい、看護師のキャリアを高めたい、出産や育児でしばらくリタイアしていたが看護師の仕事に復帰したいという方に、内科の看護師の仕事内容やメリット・デメリットなど、内科の看護師に転職するための方法をご紹介します。

内科の看護師の仕事内容

内科は、循環器内科・神経内科・消化器内科・呼吸器内科など、対象の疾患や部位によって細かく分類される診療科目ですが、ここでは「一般内科」や「総合内科」の仕事内容についてご紹介します。

内科の仕事内容は、さらに病棟・外来・クリニックなどの形態によって分かれますが、一般的にはバイタルチェックや点滴、内服薬の投与、血液採取、食事介助などの一般業務を担当します。

内科の仕事の特徴とは?

内科の仕事の特徴は、急性期の患者さんよりも慢性期の患者さんを相手にすることが多いということです。よって、内科的治療で完治を目指す患者さんよりも、慢性的な疾患を和らげる治療を行っている患者さんが多いため、高齢者や長期入院が必要な方のケアを担当することが一般的です。

また、生活習慣病などの慢性的疾患以外にも、腹痛や頭痛などの初期症状を抱える方や、風邪やインフルエンザなど季節的な病気の方も受診する科目であるため、とにかく数多くの患者さんとコミュニケーションすることが多い仕事です。

内科で働くメリット

内科で働いている看護師の方から聞く内科で働く代表的なメリットとしては、下記が挙げられます。

  • 看護師としての総合的なスキルを磨くことができる
  • 他の診療科と比較すると、忙しくないケースも
  • 病院以外の職場に転職しやすい

看護師としての総合的なスキルを磨くことができる

内科の看護師には、様々な疾患や薬品に関する知識や付随する看護業務のスキルが求められるため、総合的な看護師としてのスキルを磨くことができるというメリットがあります。外科などの他の診療科から患者さんを引き継ぐことも多いため、内科以外の診療科に関する知識も習得できます。

また、専門的な医療知識以外に内科の看護師に求められる大切なスキルとして、コミュニケーション能力が挙げられますが、中長期的に患者さんと向き合う内科の看護師は、このコミュニケーション能力を高めやすいというメリットもあります。

他の診療科と比較すると、忙しくないケースも

内科の看護師の基本的な業務は、慢性的疾患の患者さんや長期入院されている患者さんのケアであるため、外科等の他の診療科と比較すると、落ち着いて看護業務に従事しやすいというメリットがあります。もちろん、患者さんの容態が急変したり、急患の患者さんが運び込まれたりというケースもあることを理解しておきましょう。

また、一般的に外科と比較して内科は残業が少ないと言われていますが、病院によっては残業の多い内科もありますので、転職活動の際には必ずチェックする様にしましょう。

病院以外の職場に転職しやすい

内科の看護師として働くことで、総合的な医療に関する知識や経験を積むことができるため、クリニックや介護施設等へ転職することも可能になります。特に介護施設では、内科の経験がある看護師が採用されやすいという傾向があります。

外科と比較して、内科は専門的なスキルが身に付かないとおっしゃる方も多いですが、一方で、看護師としての総合的なスキルを身に付けてキャリアを広げることができる点に、内科の看護師に転職するメリットがあるということを抑えておきましょう。

内科で働くデメリット

一方、内科で働いている看護師の方から聞く内科で働く代表的なデメリットには、下記が挙げられます。

  • 急患や病状の急変への対応力が磨かれにくい
  • 患者さんの疾患の改善を感じにくいことも

急患や病状の急変への対応力が磨かれにくい

内科では、急性期の治療が終わった患者さんや、慢性的疾患を抱える患者さんを担当することが多いため、急患の対応力や急な病状の変化に対する処置能力が磨かれにくいというデメリットがあります。

内科の看護師として働きながら、急患や病状の急変への対応力を磨きたいとお考えの方は、転職にあたって総合病院ではなく、看護師としての業務領域が比較的大きい中小規模の病院を選ぶといった工夫が必要です。

患者さんの疾患の改善を感じにくいことも

内科には慢性的疾患を抱える患者さんが多く通院・入院されますので、自身の看護によって患者さんの完治を実感することが難しいというデメリットがあります。

また、内科の基本的な療法は投薬療法であるため、徐々に疾患が改善していく様子を感じることはできますが、著しく明らかに疾患が改善することを体感できるケースはほとんどありません。

内科の仕事はこんな方にお勧め

下記に当てはまる方は、内科への転職がおすすめです。

  • 患者さんとコミュニケーションすることが好きな人
  • 疾患の経過観察が得意な人
  • テキパキと仕事を進めることが得意な人

患者さんとコミュニケーションすることが好きな人

内科には長期療養の必要な患者さんや、定期的に通院が必要な患者さんが受診されますので、中長期的に患者さんと信頼関係を構築することに喜びややりがいを感じる方に向いています。内科の看護師には、患者さんの身体的ケアだけではなく精神的なケアも求められますので、親身に患者さんの話に耳を傾ける姿勢が必要です。

また、内科の看護師は、急性疾患で運び込まれた患者さんが退院(もしくは在宅医療)するまでのトータルケアを担当することがあるため、数ヶ月?数年を通じて患者さんと向き合うことが求められます。

疾患の経過観察が得意な人

内科の患者さんは、外科の患者さんの様に分かりやすい創部がある訳ではなく、疾患が急に改善されることもほとんどありません。よって、内科の看護師には、日々のバイタルチェックを通して患者さんの細かな体調の変化を観察する力が求められますので、患者さんの行動や表情などの小さな変化にも良く気が付く方や、中長期的な疾患の経過観察にやりがいを感じる方に向いています。

テキパキと仕事を進めることが得意な人

内科には特に多くの患者さんが受診されますので、その都度テキパキと仕事を進めることが求められます。また、様々な症状を抱える患者さんや合併症の患者さんも受診されるため、内科的な幅広い知識や総合的な判断が求められる場面も数多く存在します。

内科に転職する際の注意点

内科に転職する際には、以下に注意しましょう。

  • 日々のルーティーン業務が苦手な方は注意しましょう
  • 介護業務が多いケースも

日々のルーティーン業務が苦手な方は注意しましょう

内科の看護師の仕事の多くは、バイタルチェック・投薬・血液採取等のルーティーン業務であるため、同じ仕事を繰り返すことが苦手な方には向いていません。ルーティーン業務と言っても、患者さんの健康状態を把握するために極めて重要な業務であるため、内科の看護師として責任ある対応が求められます。

介護業務が多いケースも

慢性的疾患を抱える患者さんの多い内科では、身体の不自由な高齢者や認知症の高齢者も数多く入院していますので、着替えの介助やおむつ交換など、介護業務が主な業務となるケースもあります。特に若い看護師の方は、イメージしていた内科の仕事とのギャップに悩み、離職や転職を検討されることが多いようです。

しかし、これらの緩和ケアも内科の看護師にとって重要な業務であり、患者さんやご家族のケアに繋がるものであることを決して忘れてはいけません。

内科の看護師の求人の特徴・年収について

内科の看護師の求人の特徴

内科は総合病院からクリニックまで、様々な病院で設置されている診療科であるため、内科の看護師へ転職活動を行う際には、多くの選択肢の中から、自分の希望する条件に合った職場を探すことができます。

実際に、厚生労働省の「医療施設(動態)調査・病院報告の概況」(平成25年度)によると、診療科として内科を設置している一般病院は92%(6,879施設)に及び、全診療科の中で最多の設置数となっています。よって、年収や福利厚生、業務内容や残業の有無など、様々な点を比較してじっくりと転職先を選ぶと良いでしょう。

また、外科などの他の診療科目と比較すると、40代?50代の看護師の方も積極的に内科に転職している点も特徴の1つです。

内科の看護師の年収

内科に勤務する看護師はとても多く、内科の看護師の年収は看護師全体の平均年収に相当します。夜勤の回数や特別手当の有無、総合病院かクリニックか、首都圏か地方か、といった条件にも寄りますが、内科の看護師の平均年収は400万円?450万円となっています。

また、内科の看護師として年収アップを目指す1つの方法としては、循環器内科や神経内科などの専門内科に転職する方法があります。それぞれの専門内科の具体的な年収を知りたい方は、転職サイトを確認したり、転職エージェントに相談したりすると良いでしょう。

内科の看護師へ転職を成功させるポイント

内科の看護師の仕事内容は、一般内科や総合内科などの総合的な業務と、循環器内科・神経内科・消化器内科・呼吸器内科などの専門内科業務に分けられますので、内科の看護師へ転職するにあたっては、具体的な業務内容や求められるスキル・知識を必ずチェックしておく様にしましょう。

また、内科の仕事が自分の向き・不向きや得意・不得意に合っているかどうかも大切ですので、自分にどのような職場が適しているのか、下記の転職エージェントに相談しながら転職活動を進めると良いでしょう。


転職エージェントは相談も無料で、相談したからといって必ず転職する必要もありません。まだ転職しようかどうか迷っている方でも親身に相談に乗ってくれますので、ぜひ上手に活用してください。


人気の看護師転職サイト
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
看護師の転職事情
ベストな転職タイミングとは?
悩み・不満を転職にいかす
看護師不足の今は転職チャンス
看護師に人気の診療科とは?
都道府県別データ
転職の前に
看護師の転職ノウハウ
転職を検討する前の整理
転職サイトの選び方のコツ
転職前に転職先の内情を知る
転職サイトを賢く使う
転職サイトとは
転職サイトの仕組み
メリット・デメリット
転職サイトの選び方
転職サイトの種類・タイプ
コンサルタントを見極める
コンサルタントを味方にする
条件別転職サイトランキング
お祝い金がもらえる
求人数が多い
高給与の求人が多い
顧客満足度が高い
サポート体制が充実している
コンサルタントの質が良い
地方の転職に強い
非常勤・派遣の求人が多い
職場別から探す転職先
大学病院
総合病院
一般病院
精神科病院
療養型病院(慢性期病院)
クリニック(医院・診療所)
科目別から探す転職先
整形外科
産婦人科
内科
小児科
心療内科
精神科
泌尿器科
業務内容から探す
治験コーディネーター(CRC)
フライトナース
ツアーナース
エスコートナース
訪問看護師
タイプから探す
20代前半
20代後半
30代
40代
第二新卒
新卒1年未満
ブランクあり
職種・資格から探す転職理由
正看護師
准看護師
助産師
保健師
働き方から選ぶ転職のポイント
常勤
非常勤
特集企画『転職アンケート』
転職サイトは複数比較するべき
まずはコンサルタント探し
優先順位を決めること
将来を考えた上での転職が必要
自分に合う職場選びが大事
看護師の転職手段
看護師の6つの転職手段
直接応募
求人広告・求人情報誌
友人・知人による紹介
ハローワーク
eナースセンター
転職サイト
求人広告サイト
集合型求人サイト
看護師の転職トレンド
看護師の転職イベント情報
2017/10/19
デキる先輩ナースに学ぶ!やっぱり凄い仕事がデキるナースの特徴
2017/10/14
日勤・夜勤…結構シフトがハードな看護師の勤務形態&時間
2017/10/12
トイレに行く時についでにチェックしたいナースの身だしなみ
2017/10/10
こんな先輩ナースとは働きたくない!ムカつく先輩の言動
2017/10/05
いるよねー!性格が悪いと思われがちな看護師の特徴
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.