救命救急センターの特徴や救命救急センターに転職するメリット・デメリットについてご紹介します。

病棟では経験できない最先端の業務内容が人気の救命救急センター

近年、救命救急センターをテーマにしたドラマが人気となり、救命救急センターへの配属や転職を希望する看護師が増えています。

救命救急センターでは全診療科の患者が訪れるので、さまざまな疾患に携わり、多くの経験を積むことができます。病棟では経験できない最先端の処置を目の前で見ることができますし、それはほかの病棟に配属されたあとも生かせます。

そこで、今回は救命救急センターの特徴、転職について詳しく紹介していきます。

救命救急センターの看護師の仕事内容

日本の救命救急は、患者さんの救急レベルに応じて、1次救急、2次救急、3次救急に分かれています。

  • 1次救急)入院する必要がない状態で、外来診療だけで対応し、診療後には帰宅できる患者さんのみ診察する医療機関。
  • 2次救急)一般病棟への入院が必要な中等症患者(肺炎など)に対応する医療機関。
  • 3次救急)2次救急で対応することが困難とされる重症患者(心筋梗塞、脳卒中など)に対応する医療機関。

この3次救急の医療施設が救命救急センターです。内科や外科に限らず、さまざまな容態の患者に対応するのが特徴です。

医師の診療の補助、清潔ケアや口腔ケア、体位変換などの日常生活援助、全身管理、異常の早期発見と医師への報告などがあります。

循環器内科、神経内科、脳外科、心臓外科、整形外科など、複数の診療科が互いに連携する形で高度な医療処置を施します。

通常、3次救命に認定されている病院は、高度救命救急センターを併設しています。なかにはドクターヘリに対応する病院も存在します。また、高度救命救急センターでは、より高度な専門的知識や技術を持つ救急看護の専門家である認定看護師が活躍しています。

救命救急センターの仕事の特徴とは?

救命救急センターに配属されている看護師は、トリアージナースと一般看護師に分けられます。

トリアージナースは救命救急センターに急患が運ばれてきた際に、バイタルチェックなどを行い、1次救急から3次救急のどのレベルに該当するかを選別するというのが大きな役割のひとつです。そのうえで、これからどのような対応が必要になるかを判断します。

一般看護師は、治療を受ける患者への看護業務が主な業務です。

救命救急センターで働くメリット

救命救急センターで働いている看護師の方から聞く救命救急センターで働く代表的なメリットとしては、下記が挙げられます。

  • 重篤な患者さんの看護にやりがいを感じることができる
  • 一般病棟では扱わない最新医療を学ぶことができる

重篤な患者さんの看護にやりがいを感じることができる

医師や他の医療スタッフとの協力により、生命の危機にあった患者さんを救えたときの達成感は救命救急センターならではです。 救命救急センターでの看護業務は難しいこともありますが、非常にやりがいを感じることができます。そこが看護師が救命救急センターで働くことを目指す理由の1つです。

重症の患者の看護を行って一命を取り留めるのは、看護師をやっていて良かったと思える瞬間です。

一般病棟では扱わない最新医療を学ぶことができる

救命救急センターには最新の医療機器がそろっており、それらを管理するのは看護師の仕事です。

人工呼吸器だけでなく人工心肺装置や血液透析の機械など一般病棟では扱わないものも、救命救急センターでは日常的に扱わなくてはいけません。

救命救急センターで働く看護師は、さまざまな診療科の知識や技術、医療機器の取り扱いなどが求められます。そのため、常に最先端の医療を学び、実践することができます。

救命救急センターで働くデメリット

一方、救命救急センターで働いている看護師の方から聞く救命救急センターで働く代表的なデメリットには、下記が挙げられます。

  • 1つの疾患に向き合う看護業務ではないため、知識は広く浅くなりがち
  • 疾患の改善や経過を感じづらいことも

1つの疾患に向き合う看護業務ではないため、知識は広く浅くなりがち

救命救急センターでは、多くの経験ができる反面、1人の患者、1つの疾患にしっかり向き合って看護業務を行うということが少ないため、知識が浅くなりがちなのは働く上で生じやすいデメリットといえます。

心身ともにハード

命の危険がある患者の介護を行いますので、まずミスは許されません。麻酔の注射を打とうとしても、痛みから暴れて正常な位置に打ちづらかったり、患者を抑えるために自分が痛い思いをすることも。

また、いつ急患が来るかわからず、突然急患が入って1分1秒を争いながら看護をしなければならないため、強い精神力が求められます。

救命救急センターの仕事はこんな方にお勧め

下記に当てはまる方は、救命救急センターへの転職がおすすめです。

  • 向上心とやる気がある方
  • 心身のタフさに自信がある方

向上心とやる気がある方

救急救命センターには、生命の危機に瀕した重篤な患者さんが24時間365日運ばれてきます。患者さんの疾患も様々で、急性心筋梗塞、脳卒中、多発性外傷、頭部外傷、全身火傷、原因不明の意識障害や心肺停止などあります。

このように、あらゆる疾患や外傷を取り扱っているので、診療科も循環器内科、神経内科、脳外科、心臓外科、整形外科などさまざまな診療科の領域にわたります。

そのため、救命救急センターで働く看護師も、さまざまな診療科の疾患や外傷の知識や技術が求められます。

心身のタフさに自信がある方

救命救急センターで求められるものは、体力です。いつでも患者さんを受け入れられるように、日勤でも夜勤でもスタッフの数は変わりません。そのため、夜勤に入る数は一般病棟よりも多くなります。

また、夜勤中も重篤な患者さんを担当しながら、救急車がきたらそちらも対応する必要があり、日によっては座って記録をする時間もないほど忙しいときもあります。そのため、体力がある看護師が最適です。

救命救急センターに転職する際の注意点

救命救急センターに転職する際には、以下に注意しましょう。

  • 病院により運営方針が大きく異なる
  • 新卒で勤務する場合、勉強することが難しい

病院により運営方針が大きく異なる

同じ3次救命救急の求人であっても、病院によって運営方針が大きく異なります。例えば、キャリア重視なのか、適正なのか、チームプレーなのかによって求められる人材は違います。

救命救急センターへの転職を希望する際は、その病院がどのような人材を求めているかを確認してから応募するようにしましょう。

新卒で勤務する場合、勉強することが難しい

新卒でも救命救急センターに勤務することは可能ですが、命の危機に瀕している患者さんが運び込まれてくる職場のため、職場内は非常にピリピリしている状況になっています。そのため、なかなか先輩や上司から教えてもらえる機会や時間がとれないことも珍しくありません。

あらゆる患者さんが運ばれてくる救命救急センターという職場では、積極的に勉強する姿勢が必要となることに注意しましょう。

救命救急センターの看護師の求人の特徴・年収について

救命救急センターの看護師の求人の特徴

【看護のお仕事】で「救命救急センター」と検索すると、44件の求人が出てきます。一方「総合病院」は1,475件です。総合病院と比べて希少性が高いため人気が集中しやすく、転職の際にはサポートをしてくれる転職エージェンシーに登録をすると有利です。

救急センターへ転職を希望する場合、看護師としておよそ3年以上の勤務経験が必要であると募集要項に記載されていることが多いです。理由としては、運ばれてくる患者さんの疾患も様々で、急性心筋梗塞、脳卒中、多発性外傷、頭部外傷、全身火傷、原因不明の意識障害や心肺停止などがあります。

診療科も、循環器内科、神経内科、脳外科、心臓外科、整形外科などさまざまな診療科の領域にわたります。そのため、救命救急センターで働く看護師も、異なる診療科の疾患や外傷の知識や技術が求められます。

救命救急センターの看護師の年収

勤務する看護師の給料は諸手当を含めて平均30万円~40万円です。各病院によって多少異なりますが、年収に換算すると400万円~500万円程度となります。

新人看護師の場合は平均より下回り、年収400万円に届かないケースもありますが、他の職場と同様に、経験とスキルを積み重ねることで年収がアップしていく仕組みになっています。

より専門性の高い救命救急センター病院や重篤な患者さんの多い病院では、基本給とは別に危険手当や特別手当などの諸手当が多く支払われる傾向があるため、転職活動の際に必ずチェックしておきましょう。

救命救急センターの看護師へ転職を成功させるポイント

救急看護認定看護師の資格取得を目指す

救急看護認定看護師は、救命救急においての高い知識や技術をもっているのはもちろん、危機に瀕した患者さんやそのご家族への精神的ケアを行うスペシャリストです。認定看護師となれば、認定手当がつくケースが多いです。

また、アメリカ心臓学会の一時救命装置(BLS)や二次救急処置(ACLS)のコースを受講したり、外傷初期看護セミナー(JNTEC)など日本救急看護学会の主催するセミナーを受講するのもおすすめです。

転職エージェントからの効率的な情報収集がおすすめ!

「救命救急センターに転職したいけど、今の仕事が忙しい」「お給料や待遇がいい職場に移りたい」という人には、看護師の転職サイトを利用してみるのも一つの手。

下記の転職エージェントでは、救命救急センターの看護師に転職するための面接のアドバイスや応募先の職場の内情を詳細に教えてくれるなど、転職活動で有利になる情報を提供してくれるので積極的に活用しましょう。


転職エージェントは相談も無料で、相談したからといって必ず転職する必要もありません。まだ転職しようかどうか迷っている方でも親身に相談に乗ってくれますので、ぜひ上手に活用してください。


人気の看護師転職サイト
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
看護師の転職事情
ベストな転職タイミングとは?
悩み・不満を転職にいかす
看護師不足の今は転職チャンス
看護師に人気の診療科とは?
都道府県別データ
転職の前に
看護師の転職ノウハウ
転職を検討する前の整理
転職サイトの選び方のコツ
転職前に転職先の内情を知る
転職サイトを賢く使う
転職サイトとは
転職サイトの仕組み
メリット・デメリット
転職サイトの選び方
転職サイトの種類・タイプ
コンサルタントを見極める
コンサルタントを味方にする
条件別転職サイトランキング
お祝い金がもらえる
求人数が多い
高給与の求人が多い
顧客満足度が高い
サポート体制が充実している
コンサルタントの質が良い
地方の転職に強い
非常勤・派遣の求人が多い
職場別から探す転職先
大学病院
総合病院
一般病院
精神科病院
療養型病院(慢性期病院)
クリニック(医院・診療所)
科目別から探す転職先
整形外科
産婦人科
内科
小児科
心療内科
精神科
泌尿器科
業務内容から探す
治験コーディネーター(CRC)
フライトナース
ツアーナース
エスコートナース
訪問看護師
タイプから探す
20代前半
20代後半
30代
40代
第二新卒
新卒1年未満
ブランクあり
職種・資格から探す転職理由
正看護師
准看護師
助産師
保健師
働き方から選ぶ転職のポイント
常勤
非常勤
特集企画『転職アンケート』
転職サイトは複数比較するべき
まずはコンサルタント探し
優先順位を決めること
将来を考えた上での転職が必要
自分に合う職場選びが大事
看護師の転職手段
看護師の6つの転職手段
直接応募
求人広告・求人情報誌
友人・知人による紹介
ハローワーク
eナースセンター
転職サイト
求人広告サイト
集合型求人サイト
看護師の転職トレンド
看護師の転職イベント情報
2017/07/14
そうそう!看護師なら一度は感じたことがある職業病あるある
2017/07/14
せっかく転職したのに…転職してもすぐ辞める看護師
2017/07/10
いよいよ初出勤!看護師が転職先でやっちゃいけないNG言動
2017/07/06
いくつできてる?看護師に患者が望んでいること&必要なスキル
2017/02/25
看護師最新ニュース~国家試験、難易度アップの謎
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.