肛門科の特徴や肛門科に転職するメリット・デメリットについてご紹介します。

落ち着いた雰囲気でじっくりと仕事をしたいとお考えの方に人気の診療科

肛門科は、肛門科の専門的な知識やスキルを得たいとお考えの方や、落ち着いた雰囲気でじっくりと仕事をしたいとお考えの方に人気の診療科です。ここでは、肛門科の看護師の具体的な仕事内容ややりがいについて、また、年収や転職のコツについて紹介していますので、転職活動の参考にしてみてください。

肛門科の看護師の仕事内容

肛門科の看護師の主な仕事内容は、注射や点滴などの基本的な処置ではなく、肛門科専用の機器を使った検査業務や医師のオペ介助を行うことです。そもそも肛門科は、肛門や大腸など局所的な疾患の治療を行う専門性の高い診療科であるため、他の診療科には無い治療へのアプローチがあります。採用にあたって、肛門科に関する専門的な知識やスキルを求められることはほとんどありませんが、転職後に検査機器の使い方などを習得することが求められます。また、外来病院やクリニックでは、看護師が受付業務や問診票の整理などの事務作業を行うことが多い、ということも覚えておきましょう。

肛門科の仕事の特徴とは?

肛門科の看護師の仕事の特徴として、落ち着いた雰囲気の職場が多く、残業や夜勤がほとんどないため働きやすい、ということが挙げられます。肛門科病棟に転職した場合も、他の診療科と比較して肛門科は病床数が少なく、手術のために患者さんが長期入院することもあまり無いため、夜勤の負担が少ないというメリットがあります。そのため、実は、肛門科は看護師の転職先として人気が高く、育児や介護と仕事を両立したい方やプライベートな時間を大切にしたい方に特に人気があります。

肛門科で働くメリット

肛門科で働いている看護師の方から聞く肛門科で働く代表的なメリットとしては、下記が挙げられます。

  • 肛門だけでなく大腸など内臓系の知識を習得することができる
  • 外来病院やクリニックが多いため、残業や夜勤がほとんどない
  • 30代や40代の看護師が採用されやすい
  • 男性看護師を求める病院が多い

肛門だけでなく大腸など内臓系の知識を習得することができる

肛門科は、痔・肛門ポリープ・肛門狭窄などの肛門に関する疾患だけでは無く、直腸脱・大腸がん・大腸炎などの内臓系の疾患の治療も行う診療科です。特に大腸がんは、肺がん・胃がんに次ぐ死亡者数第3位のがんであり、患者さんが多い肛門科系の疾患の1つであるため、大腸などの内臓系の疾患や治療法に関する知識を習得できることは、看護師のキャリアとして魅力があります。

外来病院やクリニックが多いため、残業や夜勤がほとんどない

肛門科の疾患は、大腸がんなどの一部の重篤な疾患を除いて、通院や日帰りの手術で治療可能なことが多いという特徴があります。よって、肛門科は病床の無い外来病院やクリニックで多く設置されており、残業や夜勤がほとんど無いというメリットがあります。

30代や40代の看護師が採用されやすい

肛門科は、30代や40代の看護師が採用されやすいという特徴があります。理由としては、即戦力の看護師を求める病院が多いことや、デリケートな部分の治療を行う診療科であるため若い看護師を敬遠する患者さんが多いということなどが挙げられます。肛門科は、一度リタイアした経験豊富な看護師の復職先として、残業や夜勤の難しいママ看護師の転職先として人気があります。

外来病院やクリニックが多いため、残業や夜勤がほとんどない

肛門科には、男性・女性を問わず多くの患者さんが受診し、処置やオペの介助に同性の看護師を求める患者さんが多いという特徴があります。特に、肛門科に加えて泌尿器科や男性科を設置する病院には、男性の患者さんが数多く受診するため、男性看護師が採用されやすいという傾向があります。また、1日入院の患者さんのベッドメイキングやオペや検査の器械出しなど、意外に力仕事を求められるシーンが多いことも、男性看護師が採用されやすい理由です。

肛門科で働くデメリット

一方、肛門科で働いている看護師の方から聞く肛門科で働く代表的なデメリットには、下記が挙げられます。

  • 処置などの基本的なスキルが低下しやすい
  • 肛門科に対する偏見は未だにある

処置などの基本的なスキルが低下しやすい

肛門科は、肛門や大腸など限定的な部位の疾患の治療を行う診療科であるため、専門の検査機器の使い方や治療法を習得することができるものの、一方で、注射や創傷処置などを行うことがほとんど無いため、看護師の基本的なスキルが低下しやすいというデメリットがあります。看護師の基本的なスキルが低下してしまうと、肛門科以外の診療科への転職が不利になってしまうことがあるため、肛門科へ転職をお考えの方は、将来的なキャリアを見据えた上で決断することをお勧めします。

肛門科に対する偏見は未だにある

肛門科を設置する病院は多く、痔や大腸がんなど認知度の高い疾患も多いものの、「肛門科」という名前に偏見を持つ人は未だに少なくありません。看護師として働くにあたって、一般の人に、肛門科で働いていると言いづらいと感じことがあるかも知れません。

肛門科の仕事はこんな方にお勧め

下記に当てはまる方は、肛門科への転職がおすすめです。

患者さんとのコミュニケーションが得意な方

肛門科は、人間の身体の中でも特にデリケートな部分を診察・検査しますので、肛門科に診察することに恥ずかしさや戸惑いを感じる患者さんは少なくありません。そのため、患者さんが受診しやすいように明るい雰囲気作りをすることや、患者さんの気持ちに配慮してコミュニケーションを行うことは、肛門科の看護師の大切な仕事の1つです。

肛門科に転職する際の注意点

肛門科に転職する際には、以下に注意しましょう。

消化器科や泌尿器科と併設されていることが多い

肛門科のみ設置している病院は少なく、多くの場合、消化器科や泌尿器科などの関連性の高い診療科と併設されています。よって、肛門科で看護師のスキルアップ・キャリアアップを目指したい方であれば、転職後に肛門科に配属されるかどうか確認を行うことがとても大切です。求人数はとても少ないですが、肛門科専門病院の求人を探すのも良いでしょう。

完治後は患者さんと疎遠になることも

他の診療科であれば、退院後に患者さんが看護師の元に訪れたり、街中で会えば挨拶を交わしたりということがありますが、肛門科の場合、受診していたことを隠したいと思う患者さんは多く、完治後、疎遠になってしまうことが多いようです。親身に看護をした患者さんと疎遠になってしまうことに、寂しさを感じることがあるかも知れません。

肛門科の看護師の求人の特徴・年収について

肛門科の看護師の求人の特徴

意外に思う方も多いと思いますが、肛門科を設置している病院は多く、全国で約1,200の施設数があります。よって、肛門科の看護師の求人は通年で一定数あるため、転職活動の時期を選ぶ必要はあまり無く、1ヶ月足らずで転職活動を終える看護師も居ます。一方で、肛門科単独の専門病院は極めて少ないため、転職を希望する方は数ヶ月間の転職期間を設けるようにしましょう。

肛門科の看護師の年収

肛門科の看護師の年収は、残業や夜勤の有無によって数十万円程の差が発生します。具体的には、病床のある肛門科病棟の場合で420万円?470万円ほど、外来病院・クリニックの場合で350万円?400万円ほどの年収が設定されていることが多いようです。看護師全体の平均年収は約470万円であり、肛門科の主な転職先は外来病院やクリニックであるため、転職によって年収が低下するケースがあることに注意しておきましょう。

肛門科の看護師へ転職を成功させるポイント

初めて転職をお考えの方や、肛門科への転職に不安のある方は、まず看護師専門の転職サイトに登録してみることをお勧めします!転職サイトに転職の希望条件を登録しておくだけで、条件にマッチした求人の紹介を受けることができるだけでなく、転職の進め方や肛門科の具体的な仕事内容に関する情報収集をすることができます。転職に成功する看護師の多くは、転職サイトや転職エージェントを活用していますので、是非使ってみてください!


転職エージェントは相談も無料で、相談したからといって必ず転職する必要もありません。まだ転職しようかどうか迷っている方でも親身に相談に乗ってくれますので、ぜひ上手に活用してください。


人気の看護師転職サイト
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
看護師の転職事情
ベストな転職タイミングとは?
悩み・不満を転職にいかす
看護師不足の今は転職チャンス
看護師に人気の診療科とは?
都道府県別データ
転職の前に
看護師の転職ノウハウ
転職を検討する前の整理
転職サイトの選び方のコツ
転職前に転職先の内情を知る
転職サイトを賢く使う
転職サイトとは
転職サイトの仕組み
メリット・デメリット
転職サイトの選び方
転職サイトの種類・タイプ
コンサルタントを見極める
コンサルタントを味方にする
条件別転職サイトランキング
お祝い金がもらえる
求人数が多い
高給与の求人が多い
顧客満足度が高い
サポート体制が充実している
コンサルタントの質が良い
地方の転職に強い
非常勤・派遣の求人が多い
職場別から探す転職先
大学病院
総合病院
一般病院
精神科病院
療養型病院(慢性期病院)
クリニック(医院・診療所)
科目別から探す転職先
整形外科
産婦人科
内科
小児科
心療内科
精神科
泌尿器科
業務内容から探す
治験コーディネーター(CRC)
フライトナース
ツアーナース
エスコートナース
訪問看護師
タイプから探す
20代前半
20代後半
30代
40代
第二新卒
新卒1年未満
ブランクあり
職種・資格から探す転職理由
正看護師
准看護師
助産師
保健師
働き方から選ぶ転職のポイント
常勤
非常勤
特集企画『転職アンケート』
転職サイトは複数比較するべき
まずはコンサルタント探し
優先順位を決めること
将来を考えた上での転職が必要
自分に合う職場選びが大事
看護師の転職手段
看護師の6つの転職手段
直接応募
求人広告・求人情報誌
友人・知人による紹介
ハローワーク
eナースセンター
転職サイト
求人広告サイト
集合型求人サイト
看護師の転職トレンド
看護師の転職イベント情報
2017/07/26
もう辞めたい…看護師が退職したくなる主な理由
2017/07/24
看護師が復職で考慮すべきポイントとは?
2017/07/14
そうそう!看護師なら一度は感じたことがある職業病あるある
2017/07/14
せっかく転職したのに…転職してもすぐ辞める看護師
2017/07/10
いよいよ初出勤!看護師が転職先でやっちゃいけないNG言動
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.