健康管理センターには、健診を目的に多くの人が訪れます。看護師は、限られた時間の中で健診がスムーズに行われるよう、医師との連携や健診者の誘導などを行います。

健康管理センターの現場

病院は本来、病気の人が訪れる場所ではありますが、その中でも健康管理センターは健診を目的に健康な人が訪れる、病院内でも特殊な場所と言えます。
比較的若い人の来院も多く、中には仕事の途中で抜け出して健診を受けにくる人もいます。職場の健康診断や入学や就職のための健康診断など、その理由は様々であり、健診内容も異なっています。 病院としては、少しでも病院の利益を向上させたいと考えますし、健康の啓蒙活動を行って地域へ貢献と行いたいと考えていることもあって、最近では営業を行って会社や各種団体などの大口健診を取ってくることも多いようです。

健康管理センターの看護師に求められること

健康管理センターの看護師の役割は、なんといってもスムーズに健診を進めていくことでしょう。
検査内容にもよりますが、検査のために朝食をとれない健診者は多くいます。お腹がすけば人はイライラしますし、待たされているという心理状況もイライラを引き起こします。特に病気ではない健康な人を対象にしているので、できるだけ早く終了できるよう進めていく必要があるのです。
健診では血液検査や心電図などが一般的ですが、健診内容によっては胃透視や胃カメラ検査などもあります。この検査の場合は注射など前処置がある場合も多く、検査をスムーズに進めていくためには前処置のタイミングが非常に重要となります。医師が一人で何人もの検査を行う場合もあり、看護師はたくさんの人を限られた時間内で終わらせるために時間の調整や健診者の誘導をすることが大切です。
また、医師が直接指導をすることもありますが、看護師も生活習慣の指導や健康的な生活の啓蒙活動を行う必要があるので、生活習慣病や食事の栄養、運動などについて広い知識を持つことが求められます。そして、さまざまな健診者と接する健康管理センターの看護師は、高いコミュニケーション能力が必要とされるのです。

健康管理センターで働くメリット

健康管理センターの魅力は、通常の病棟と比べて夜勤回数が少ないことがあげられます。1泊2日の人間ドックなどは病院に健診者が宿泊するため看護師の夜勤もありますが、通常の病院の夜勤業務と比較すると業務量に大きな差があります。夜間就寝後、特に看護の必要ない健診者の場合、業務は夜間の巡回のみで病棟業務のような体位交換や吸引などは無く、身体的に楽でした。
夜勤があればそれだけ給料に影響してきますし、日勤のみだと給料が安いから夜勤をしたい、しかしきつい夜勤は身体的に無理かもしれない、夜勤が不安だ…という人にとってはとても人気のある職場でした。
夜勤以外の魅力として、時間外労働が少ないことがあげられます。健診は一日でできる健診者の量で予定が組まれており、決められた時間で検査を終了するため時間外労働がほとんどないのです。子育て中の看護師はパートも多く定時で帰りたい人が多くいますから、残業の少ない職場は魅力的に映るようですね。
看護師の仕事と家庭の両立は難しいと考えられることが多いですが、健康管理センターはそのような方にも人気が高く、不安を持つことなく長期にわたって勤務している人ばかりでした。

健診者とのかかわりがおもしろい健康管理センター

一日に多くの人が訪れる場所ですが、多くの場合その健診者との接触は一度限りです。
健診者が初めて訪れた病院の場合は、その一回の来院で病院の印象を決めてしまうことでしょう。健康管理センターで接する私たちはある意味、病院の顔だと言っても過言ではありません。そのため病院側からは「接遇について常に意識しながら健診者とかかわっていく必要がある」と指導を受けてきました。健診者の満足度に直接つながるからこそ緊張感もありますし、やりがいもあったと感じています。
健康管理センターでは、メタボや生活習慣予防のための健康的な生活についても指導を行うことがあります。生活習慣を問診すると、一人として同じ生活はありません。さまざまな嗜好や生活スタイルがありますから、その個々の健診者に合わせた指導を行うために、自分の知識も持たなければなりませんし、そのために勉強する必要があります。
単に業務を行うだけでなく、健診者と接することで色々なことを考えさせられることも多いので、そこに健康管理センターの面白さがあると思います。

健診バスでの出張

通常は、病院の中にある健康管理センターに健診者が訪れるというスタイルですが、病院によっては健診バスを持っていて、看護師がそれに同乗し、会社などに訪問するということもあります。県内全体をカバーすることもあり、移動に1時間以上かかる場合もあります。
移動で時間は拘束されますが、いつもと違う環境での勤務はリフレッシュできて楽しいものです。また手当がつく場合もあるので、健診バスに乗って移動することを好む看護師もいます。

健康管理センターの看護師になりたい方は、転職会社に相談してみましょう!

健康管理センターの看護師に転職したい方は、一度転職会社に相談してみましょう。自宅から通える病院や、希望条件にもっとも合致する非公開求人から紹介してもらうことができます。

以下で紹介するサイトは、求人数(非公開求人)、キャリアアドバイザー、転職サポートの充実度、利用者の満足度などから、本当におすすめできる看護師転職サイトを厳選しています!


人気の看護師転職サイト
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
看護師の転職事情
ベストな転職タイミングとは?
悩み・不満を転職にいかす
看護師不足の今は転職チャンス
看護師に人気の診療科とは?
都道府県別データ
転職の前に
看護師の転職ノウハウ
転職を検討する前の整理
転職サイトの選び方のコツ
転職前に転職先の内情を知る
転職サイトを賢く使う
転職サイトとは
転職サイトの仕組み
メリット・デメリット
転職サイトの選び方
転職サイトの種類・タイプ
コンサルタントを見極める
コンサルタントを味方にする
条件別転職サイトランキング
お祝い金がもらえる
求人数が多い
高給与の求人が多い
顧客満足度が高い
サポート体制が充実している
コンサルタントの質が良い
地方の転職に強い
非常勤・派遣の求人が多い
職場別から探す転職先
大学病院
総合病院
一般病院
精神科病院
療養型病院(慢性期病院)
クリニック(医院・診療所)
科目別から探す転職先
整形外科
産婦人科
内科
小児科
心療内科
精神科
泌尿器科
業務内容から探す
治験コーディネーター(CRC)
フライトナース
ツアーナース
エスコートナース
訪問看護師
タイプから探す
20代前半
20代後半
30代
40代
第二新卒
新卒1年未満
ブランクあり
職種・資格から探す転職理由
正看護師
准看護師
助産師
保健師
働き方から選ぶ転職のポイント
常勤
非常勤
特集企画『転職アンケート』
転職サイトは複数比較するべき
まずはコンサルタント探し
優先順位を決めること
将来を考えた上での転職が必要
自分に合う職場選びが大事
看護師の転職手段
看護師の6つの転職手段
直接応募
求人広告・求人情報誌
友人・知人による紹介
ハローワーク
eナースセンター
転職サイト
求人広告サイト
集合型求人サイト
看護師の転職トレンド
看護師の転職イベント情報
2017/02/25
看護師最新ニュース~国家試験、難易度アップの謎
2017/02/23
最新看護師ニュース~日本看護協会の新しい「看護業務基準」
2017/02/18
看護師最新ニュース~1年目の看護師が考えること
2017/02/15
看護師最新ニュース~能力を引き出す「音楽療法士」の役割
2017/02/04
看護師最新ニュース~世界で働く看護師特集
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.