泌尿器科の特徴や泌尿器科に転職するメリット・デメリットについてご紹介します。

残業や夜勤の少ない職場で働きたい方におすすめの泌尿器科

泌尿器科の看護師の仕事は、残業や夜勤の少ない仕事をお探しの方や、人間関係に悩みがあり転職を検討されている方に人気の仕事です。ここでは、泌尿器科の看護師の仕事内容や職場環境、年収やキャリアについて紹介しています。

泌尿器科の看護師の仕事内容

泌尿器科は、腎盂腎炎や膀胱炎など、腎臓・膀胱・男性器に関する疾患の治療を行う診療科です。泌尿器科の看護師の主な仕事内容としては、患者さんのバイタルチェックや問診、医師の介助や患者さんへの説明などがあります。

また泌尿器科に受診する患者さんは、精神的なストレスや恥ずかしさを抱えていることが多いため、患者さんに対するコミュニケーションには十分な配慮が必要です。

泌尿器科の仕事の特徴とは?

泌尿器科では、腎臓・膀胱・男性器の治療を主に行うため、男性の患者さんが極めて多いという特徴があります。男性のデリケートな部分の処置を行うこともあるため、男性看護師が重宝されることが多く、若い女性の看護師にあまり人気がないという特徴もあります。

また、従来は中高年から高齢者の男性患者さんが大部分を占める診療科でしたが、近年では性行為感染症や膀胱炎などの疾患を抱えた若い男性や女性の受診も増えています。

泌尿器科で働くメリット

泌尿器科で働いている看護師の方から聞く泌尿器科で働く代表的なメリットとしては、下記が挙げられます。

  • 男性特有の疾患に関する看護知識やスキルを身につけることができる
  • クリニックが多いため、残業や夜勤が少ない
  • 人間関係が良好な職場が多い

男性特有の疾患に関する看護知識やスキルを身につけることができる

泌尿器科では、前立腺肥大症・前立腺炎など前立腺に関する疾患や、尿道結石・尿道狭窄・睾丸腫瘍など男性器に関する疾患の治療を行うことが多いため、男性特有の疾患に関する専門的な看護知識やスキルを習得することができます。

また、近年では若年層の性病(毛ジラミ・クラミジア・淋病など)も増加傾向にあるため、性病治療に関する知識も習得できます。

クリニックが多いため、残業や夜勤が少ない

泌尿器科の看護師の主な職場は、総合病院や大学病院ではなく、外来病院やクリニックです。よって、オペや病床がありませんので、他の診療科と比較して、残業や夜勤が少ないというメリットがあります。

さらに、泌尿器科のクリニックは日曜休診であることが多いため、一定の生活リズムで仕事を行うことができます。また、泌尿器科には季節性の疾患がほとんどありませんので、1年を通して忙しさの変化がなく安定しているという特徴もあります。

人間関係が良好な職場が多い

職場の人間関係にお悩みの看護師の方は決して少なくないと思いますが、泌尿器科は職場の人間関係が良好であることが多いというメリットがあります。主な理由としては、小規模のクリニック勤務であることが多いことや、女性の看護師の比率が他の診療科と比較して低いことなどが挙げられます。

泌尿器科で働くデメリット

一方、泌尿器科で働いている看護師の方から聞く泌尿器科で働く代表的なデメリットには、下記が挙げられます。

女性の看護師は男性の患者さんから敬遠されることも

泌尿器科には、男性器や男性器周辺の疾患を抱える男性の方が多く受診されますが、非常にデリケートな部位であるため、女性の看護師を敬遠し男性の看護師を指名される患者さんも居ます。よって、女性の看護師が思うように仕事ができないというデメリットがあり、やりがいや達成感を感じづらいという方も居ます。

一方で、泌尿器科では、患者さんが安心して看護を受けられるということから、30代後半?50代のベテランの女性看護師を積極的に採用する病院やクリニックも少なくありません。

泌尿器科の仕事はこんな方にお勧め

下記に当てはまる方は、泌尿器科への転職がおすすめです。

泌尿器科は男性看護師の人気が高い

泌尿器科では、男性の看護師が数多く活躍しており、転職の人気も高い診療科の1つです。同じように、整形外科も男性看護師に人気のある診療科ですが、業務の忙しさや体力仕事の多さに大きな違いがあり、泌尿器科では整形外科の様に体力的なタフさが求められないという特徴があります。

泌尿器科に転職する際の注意点

泌尿器科に転職する際には、以下に注意しましょう。

男性の患者さんからセクハラを受けてしまう可能性も

泌尿器科には男性の患者さんが数多く受診し、看護師が陰毛の剃毛や尿道カテーテル・精液検査などを行いますので、男性の患者さんからセクハラを受けてしまうこともあります。

特に、若い女性看護師や業務に慣れていない方が被害に遭うことが多いため、毅然とした態度で業務に取り組み、必要に応じて先輩看護師や医師を頼ることが大切です。

泌尿器科の看護師の求人の特徴・年収について

泌尿器科の看護師の求人の特徴

泌尿器科の外来やクリニックは設置数が多いため、泌尿器科の看護師の求人は通年で豊富にあります。若い女性看護師の人気が低いという特徴があるため、応募が殺到してしまいなかなか転職先が決まらない、というケースもあまりありません。

また、市街中心部や駅近などアクセスの良い立地であることが多いため、通勤のストレスや手間が少ないというメリットもあります。

泌尿器科の看護師の年収

泌尿器科の看護師の主な職場は、日勤のみの外来やクリニックであるため、泌尿器科の看護師の年収は、看護師全体の平均年収である470万円よりも低めに設定されており、具体的には350?400万円の年収を期待することができます。泌尿器科の病棟勤務の場合は、夜勤手当や手術手当が付きますので、より高い年収となる傾向があります。

泌尿器科の看護師へ転職を成功させるポイント

初めて泌尿器科に転職をお考えの方や、転職活動にあまり時間をかけられない方は、求人情報を効率的に集めるためにも下記の転職エージェントを使って効率的に転職活動を進めると良いでしょう。

転職エージェントでは、面接のアドバイスや応募先の職場の内情を詳細に教えてくれるなど、転職活動で有利になる情報を提供してくれるので積極的に活用しましょう。


転職エージェントは相談も無料で、相談したからといって必ず転職する必要もありません。まだ転職しようかどうか迷っている方でも親身に相談に乗ってくれますので、ぜひ上手に活用してください。


人気の看護師転職サイト
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
看護師の転職事情
ベストな転職タイミングとは?
悩み・不満を転職にいかす
看護師不足の今は転職チャンス
看護師に人気の診療科とは?
都道府県別データ
転職の前に
看護師の転職ノウハウ
転職を検討する前の整理
転職サイトの選び方のコツ
転職前に転職先の内情を知る
転職サイトを賢く使う
転職サイトとは
転職サイトの仕組み
メリット・デメリット
転職サイトの選び方
転職サイトの種類・タイプ
コンサルタントを見極める
コンサルタントを味方にする
条件別転職サイトランキング
お祝い金がもらえる
求人数が多い
高給与の求人が多い
顧客満足度が高い
サポート体制が充実している
コンサルタントの質が良い
地方の転職に強い
非常勤・派遣の求人が多い
職場別から探す転職先
大学病院
総合病院
一般病院
精神科病院
療養型病院(慢性期病院)
クリニック(医院・診療所)
科目別から探す転職先
整形外科
産婦人科
内科
小児科
心療内科
精神科
泌尿器科
業務内容から探す
治験コーディネーター(CRC)
フライトナース
ツアーナース
エスコートナース
訪問看護師
タイプから探す
20代前半
20代後半
30代
40代
第二新卒
新卒1年未満
ブランクあり
職種・資格から探す転職理由
正看護師
准看護師
助産師
保健師
働き方から選ぶ転職のポイント
常勤
非常勤
特集企画『転職アンケート』
転職サイトは複数比較するべき
まずはコンサルタント探し
優先順位を決めること
将来を考えた上での転職が必要
自分に合う職場選びが大事
看護師の転職手段
看護師の6つの転職手段
直接応募
求人広告・求人情報誌
友人・知人による紹介
ハローワーク
eナースセンター
転職サイト
求人広告サイト
集合型求人サイト
看護師の転職トレンド
看護師の転職イベント情報
2017/10/19
デキる先輩ナースに学ぶ!やっぱり凄い仕事がデキるナースの特徴
2017/10/14
日勤・夜勤…結構シフトがハードな看護師の勤務形態&時間
2017/10/12
トイレに行く時についでにチェックしたいナースの身だしなみ
2017/10/10
こんな先輩ナースとは働きたくない!ムカつく先輩の言動
2017/10/05
いるよねー!性格が悪いと思われがちな看護師の特徴
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.