婦人科の特徴や婦人科に転職するメリット・デメリットについてご紹介します。

女性特有の病気や症状に関する業務内容が人気の婦人科

婦人科と聞くと、妊娠・出産のサポートをする産婦人科を思い浮かべる人も多いかと思いますが、基本的に婦人科と産婦人科では看護師の仕事内容や役割が異なります。

婦人科では、乳がんや子宮がんなど女性特有の病気や症状に関する検診や治療を行います。婦人科で働く看護師はこうした症状で悩む患者さんたちの診察と検査に立ち会い、その際にできるだけ不快な思いをしないようにフォロー業務を行います。

産婦人科は産科と婦人科両方が一緒になっているので婦人科ともいえますが、一般的には妊婦さんが多いので、今回は産科を除いた婦人科の紹介をします。

ここでは、婦人科の看護師の具体的な業務内容やメリット・デメリットについて、また年収や転職のポイントについて紹介しています。

婦人科の看護師の仕事内容

一般的に婦人科の診療内容となるのは、主として更年期障害、性病、感染症、月経不順、骨盤腹膜炎、子宮筋腫、子宮内膜種、卵巣嚢腫、子宮頸がんなどがあります。いずれも女性特有の疾患ですが、それ以外にも泌尿器科の診療内容であっても泌尿器科にかかるのは恥ずかしいと考える女性なども婦人科にかかることがよくあります。

基本的には他の科で働く看護師と同じく、診察補助が1つの仕事です。しかし婦人科はその名の通り女性しか患者さんがおらず、また男性医師の場合は人一倍神経質になるので、事前にコミュニケーションをとって、不安をなくすように努めるのも大切な役割です。

そして、2つ目が内診時の立ち会いです。女性特有の疾患を扱うため、ほとんどの場合、問診のあとに内診を行います。その際に男性医師の場合は、誤解を招く状況を避け、患者がリラックスできるように女性看護師の立ち会いが必ず必要となります。

このとき看護師はただ隣に立っているのではなく、折を見て積極的に話しかけ、医師の婦人科における実績について自然に説明をして不安を取り除くように努めます。また体調が思わしくないとみられる場合には進んで介助を行います。

婦人科の仕事の特徴とは?

婦人科では、受付時に記入した情報に基づいて行われる問診のほかに、内診や細胞診と呼ばれる検査があります。これは子宮内に異常がないかを確認するために内壁の細胞を採取して状態の分析を行うものです。

これは女性にとっては身体的、精神的にかなりの負担がかかる検査といわれています。そのため、こうした検査に立ち会う看護師は、医師が素早くスムーズに診断を行うことができるよう事前の準備に心を配ります。

また、がんの手術や不妊治療のために入院する患者も少なくありません。そうしたケースでは患者のプライベートに配慮しつつも可能な限り患者の感情に寄り添うように看護を行うことが必要となります。

婦人科で働くメリット

婦人科で働いている看護師の方から聞く婦人科で働く代表的なメリットとしては、下記が挙げられます。

  • 女性特有の病気に関する知識を学べる
  • 患者さんが女性のみなので気兼ねしない

女性特有の病気に関する知識を学べる

婦人科では子宮筋腫や子宮がんなど女性特有の疾患について治療や検査が行われています。最近ではこうした問題を未然に防ぐための講座や、閉経期・更年期に関するセミナーを開いているクリニックも増えてきています。そのため、婦人科で働く看護師は女性特有の病気に関する専門的な知識を数多く学ぶことができます。

将来的に自分自身が女性疾患にかかることもあります。通常であれば女性の疾患なんてあまり人に相談もできず、1人で悩んでしまうことも多いのですが、婦人科で働いていると、適切な判断ができるようになり、自分自身の大きな病気へのケアが早めにできるようになります。

患者さんが女性のみなので気兼ねしない

婦人科なので基本的に男性の患者さんはいません。そのため、同性として看護師が患者に対して感情移入しやすいという利点もあります。なかには、男性患者に対して良い印象がないという看護師もいるため、気兼ねなく働くことができると感想を述べている人もいます。「男性患者と接するのは苦手で、つい身構えてしまう」という人にはおすすめの職場です。

婦人科で働くデメリット

一方、婦人科で働いている看護師の方から聞く婦人科で働く代表的なデメリットには、下記が挙げられます。

患者さんとのコミュニケーションが難しい

婦人科には10代から70代と幅広い年代の女性が訪れます。大抵の人は自覚症状がある状態で病院へ来るため、看護師は常に言葉づかいや表情に注意して、患者の感情を傷つけたり逆なでしないように配慮しなければなりません。

なかには症状が思わしくないため、乳がんによる切除手術や子宮を全摘出しなければならないようなケースもあります。こうした状況において、看護師に求められるのは患者のメンタルケアを行うことです。ただし、治療内容がデリケートであればあるほど、担当する看護師の感情的な負担は大きくなります。

婦人科の仕事はこんな方にお勧め

下記に当てはまる方は、婦人科への転職がおすすめです。

  • 患者さんに細やかな気配りができる方
  • 患者の不安に寄り添い、思いを受け止められる方

患者さんに細やかな気配りができる方

婦人科で診察を受ける女性は定期健診を受ける場合を除いて、かなりのストレスを感じて病院を訪れます。なぜなら大半のケースでは体に強い異常を感じているからです。たとえば自己診断をしていてしこりを見つけてしまった、あるいは出血量が非常に多く強い痛みを感じる、などといった症状です。

また、女性特有の疾患は体内のホルモンバランスにも強く影響するため、病院を訪れる患者のなかには感情的なバランスが不安定になっているというケースも少なくありません。看護師は患者1人1人の表情に敏感である必要があります。そして強いストレスを感じていると思われる患者と接する際には、気遣いのある言葉をかけると同時に、相手の話をよく聞いて不安を軽減するようサポートを行います。

患者の不安に寄り添い、思いを受け止められる方

乳がんや子宮がんの治療を行う際、病気の進行状況によっては手術の前に抗がん剤治療を行うことがあります。そうした投薬による影響は医師から事前に説明されるものの、実際に薬の作用が体に現れ始めると驚いて取り乱す患者は少なくありません。また「手術を受けた結果、子どもをもてない体になったらどうしよう」という心配に襲われる患者もいるようです。

看護師には、耳を傾けて患者の思いを受け止めてあげる、という仕事も求められます。相手の感情に配慮しながらいつも積極的なことを語ることで患者に対して深い気遣いを伝えることができるでしょう。

婦人科に転職する際の注意点

婦人科に転職する際には、以下に注意しましょう。

  • クリニックでは夜勤がない場合もある
  • お給料アップするには、雇用条件を確認する

クリニックでは夜勤がない場合もある

小規模クリニックの場合、入院施設が多くないことから、看護師の勤務体系が日勤専門と夜勤専門に分かれている、あるいはほとんど夜勤がないというケースが増えています。日勤の場合は夜勤手当がつかないため、お給料が減ったと感じるケースもあります。ワークバランスを重視するのか、お給料を重視するのか、自分の希望と照らし合わせて病院選びをするようにしましょう。

お給料アップするには、雇用条件を確認する

休日・祝日だけ働くパートや派遣の看護師を雇っているケースもあります。結果として週末や祝日の休みは確保できるものの、時間外手当や当直手当が支給されないため、給与がそれほど多くない、ということもあります。ただし高所得者を対象とした産婦人科の場合は基本給が35万円を超える場合もあるので、事前に雇用条件の詳細を確認しておくことが大切です。

婦人科の看護師の求人の特徴・年収について

婦人科の看護師の求人の特徴

新卒の看護師は総合病院へ勤務することが多く、産婦人科を希望する看護師はそれほど多くないのが現状です。また少子高齢化が進んでいることもこうした傾向に拍車をかけています。とはいえ、高齢化が進むにつれて婦人科での検査や診断を希望する女性は増えてきています。そのため婦人科の看護師求人数は年々多くなっており、給与面などの条件も改善してきているといわれています。

婦人科の看護師の年収

月給の平均は約27万円で、年収は約320万円にボーナスなどの賞与がプラスされる形となります。また、手当の額や配属される科によっても給料に差がでる場合がほとんどです。これを大体の目安にして、実際に転職を検討する場合は、事前に確認する必要があります。

婦人科の看護師へ転職を成功させるポイント

これからのキャリアプランをしっかりと考える

婦人科は女性特有の疾患を扱うため、看護師としての幅は広がります。しかし知識や経験が専門的すぎて、看護師としてのキャリアが婦人科だけの場合、内科や整形外科など他の科目へ転職することが難しくなります。そのためこれからどの分野でキャリアアップを目指していきたいのか、という点をじっくり考慮してから転職を考えると良いでしょう。

転職サイトで求人情報を比較する

婦人科で働く看護師の仕事や給料に関しては、婦人科だけか、産科も一緒かによって大きく異なります。また、総合病院かクリニックかによっても仕事内容や給与がかなり違ってきますので、事前にしっかりと確認することが必要となります。

「スキルアップがしたい」「福利厚生の整った場所がいい」という場合は総合病院を、「希望時間内で働きたい」「ブランクがあるけど復職したい」という場合はクリニックを選ぶと良いでしょう。条件により待遇も変わってくるため、自分の希望をより明確にすることが大切です。そのためには複数の求人サイトに登録して、より多くの求人情報のなかからピックアップしていく方法がおすすめです。

下記の転職エージェントでは、婦人科の看護師に転職するための面接のアドバイスや応募先の職場の内情を詳細に教えてくれるなど、転職活動で有利になる情報を提供してくれるので積極的に活用しましょう。


転職エージェントは相談も無料で、相談したからといって必ず転職する必要もありません。まだ転職しようかどうか迷っている方でも親身に相談に乗ってくれますので、ぜひ上手に活用してください。


人気の看護師転職サイト
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
看護師の転職事情
ベストな転職タイミングとは?
悩み・不満を転職にいかす
看護師不足の今は転職チャンス
看護師に人気の診療科とは?
都道府県別データ
転職の前に
看護師の転職ノウハウ
転職を検討する前の整理
転職サイトの選び方のコツ
転職前に転職先の内情を知る
転職サイトを賢く使う
転職サイトとは
転職サイトの仕組み
メリット・デメリット
転職サイトの選び方
転職サイトの種類・タイプ
コンサルタントを見極める
コンサルタントを味方にする
条件別転職サイトランキング
お祝い金がもらえる
求人数が多い
高給与の求人が多い
顧客満足度が高い
サポート体制が充実している
コンサルタントの質が良い
地方の転職に強い
非常勤・派遣の求人が多い
職場別から探す転職先
大学病院
総合病院
一般病院
精神科病院
療養型病院(慢性期病院)
クリニック(医院・診療所)
科目別から探す転職先
整形外科
産婦人科
内科
小児科
心療内科
精神科
泌尿器科
業務内容から探す
治験コーディネーター(CRC)
フライトナース
ツアーナース
エスコートナース
訪問看護師
タイプから探す
20代前半
20代後半
30代
40代
第二新卒
新卒1年未満
ブランクあり
職種・資格から探す転職理由
正看護師
准看護師
助産師
保健師
働き方から選ぶ転職のポイント
常勤
非常勤
特集企画『転職アンケート』
転職サイトは複数比較するべき
まずはコンサルタント探し
優先順位を決めること
将来を考えた上での転職が必要
自分に合う職場選びが大事
看護師の転職手段
看護師の6つの転職手段
直接応募
求人広告・求人情報誌
友人・知人による紹介
ハローワーク
eナースセンター
転職サイト
求人広告サイト
集合型求人サイト
看護師の転職トレンド
看護師の転職イベント情報
2017/10/19
デキる先輩ナースに学ぶ!やっぱり凄い仕事がデキるナースの特徴
2017/10/14
日勤・夜勤…結構シフトがハードな看護師の勤務形態&時間
2017/10/12
トイレに行く時についでにチェックしたいナースの身だしなみ
2017/10/10
こんな先輩ナースとは働きたくない!ムカつく先輩の言動
2017/10/05
いるよねー!性格が悪いと思われがちな看護師の特徴
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.