眼科の特徴や眼科に転職するメリット・デメリットについてご紹介します。

残業や夜勤が少なく安定的に働きやすい眼科

眼科の仕事は、残業や夜勤が少なく安定的に働きやすいことや、患者さんの死亡や急変のリスクが少なく看護師の精神的な負担が少ないことから、人気の高い仕事の1つです。

ここでは、眼科の看護師の具体的な業務内容ややりがい、年収やキャリアについて紹介していますので、転職活動のヒントとして活用してみてください。

眼科の看護師の仕事内容

眼科の看護師の主な仕事内容は、患者さんのバイタルチェックや問診に加えて、眼科専門の機器を使用して検査や治療を行うことです。

眼科に訪れる患者さんは、スマートフォン・タブレットが普及したことやパソコンを使った仕事が多いことなどが理由で、若い患者さんが多いという特徴があります。さらに、白内障や緑内障などの疾患を抱える高齢者の方も増加傾向にあり、これらの疾患に関する専門的な知識の習得も必要です。

眼科の仕事の特徴とは?

眼科は、身体の中でも複雑で独特な構造を持つ目を対象とした診療科であるため、疾患やその治療法の理解には高い専門性と経験が必要となります。また、眼科を受診される年齢層は幅広く、それぞれの年代に多い特有の疾患について、日々勉強を行う姿勢も大切です。

さらに、眼科にはレーシック手術やコンタクト・眼鏡の作成を目的とした患者さんも受診するため、看護師が行う業務領域の広さにも特徴があります。

眼科で働くメリット

眼科で働いている看護師の方から聞く眼科で働く代表的なメリットとしては、下記が挙げられます。

  • クリニックで働くことが多いため、残業や夜勤がほとんどない
  • 死亡や急変リスクのある患者さんがほとんど居ない
  • 力仕事や身体的タフさが求められない

クリニックで働くことが多いため、残業や夜勤がほとんどない

総合病院や大学病院にも眼科は設置されていますが、街のクリニックや外来のみの病院で働くケースが一般的であるため、入院中の患者さんの介助やオペ対応といった業務が無く、残業や夜勤を求められることはほとんどありません。

一方で、病棟勤務の場合は非常にオペが多く、1日5件以上のオペが行われることも珍しくありませんので、同じ眼科でも残業や夜勤の多さに大きな差があります。よって、眼科の看護師へ転職をお考えの方は、自身の希望条件やキャリアプランに合わせて職場を選ぶことがとても大切です。

死亡や急変リスクのある患者さんがほとんど居ない

総合病院か街のクリニックかにも寄りますが、眼科に受診される患者さんの多くは、軽度の疾患に留まるため、患者さんの死に直面したり症状が急変して重篤化したりということがほとんどありません。患者さんの死亡や急変は、看護師にとって大きな精神的負担になるため、眼科は働きやすい職場環境です。

また、目の疾患以外は健康な患者さんが多いため、患者さんとのコミュニケーションにそこまで気を配る必要がないということも、働きやすさのポイントです。

力仕事や身体的タフさが求められない

眼科に受診される患者さんは、目の疾患以外は健康な方が多いため、移動などの介助が不要なケースがほとんどです。また、外来のみの病院やクリニックに勤務する場合は、オペ対応や夜勤もありませんので、力仕事が苦手な方や、自身の体力に不安がある方に眼科の仕事はお勧めです。

その一方で、生活に支障の大きい目の疾患を抱える患者さんは、精神的なストレスや不安を抱えていることが多いため、患者さんに丁寧なメンタルケアを行うことはとても大切です。

眼科で働くデメリット

一方、眼科で働いている看護師の方から聞く眼科で働く代表的なデメリットには、下記が挙げられます。

  • 通常の看護処置を行う機会が少ないため、スキルアップが難しい
  • 単調な仕事になりがちで、物足りなさを感じる方も

通常の看護処置を行う機会が少ないため、スキルアップが難しい

眼科の看護師は、採血や点滴といった通常の看護処置も行いますが、他の診療科と比較するとその頻度が少ないため、看護師としてのベーススキルを高めづらいというデメリットがあります。

また、眼科を希望される方の主な転職先は、外来のみの病院やクリニックが主であるため、オペ対応や入院患者さんの介助などの経験を積むことがほとんどできません。視力検査や眼圧測定に使用する眼科専門の器機の操作方法など、眼科だけで習得できるスキルもありますが、他の診療科へ転職する際には活かすことの難しいスキルです。

単調な仕事になりがちで、物足りなさを感じる方も

外来病院やクリニックでは、とにかく検査が多く、眼科の看護師としてのほとんどの業務が検査業務になってしまうことがあります。器機の操作に慣れない最初のうちはやりがいを感じるポイントも数多くありますが、慣れてしまうと単調な作業になってしまい、やりがいや達成感を感じづらくなるという方も居ます。

眼科の仕事はこんな方にお勧め

下記に当てはまる方は、眼科への転職がおすすめです。

  • 個人で仕事をすることが好きな方
  • 眼科の経験がない方や看護師に復職される方
  • 視能訓練士(ORT)を目指したい方

個人で仕事をすることが好きな方

他の診療科では、医師や他の診療科の看護師と連携して業務を行うことが多く、一方で眼科では、患者さんの検査をマンツーマンで行う時間が長いという特徴があります。

よって、眼科の仕事は、チームよりも個人で仕事を進めることが好きな方や、人間関係の難しさ・つらさが理由で転職をお考えの方に人気の仕事です。

眼科の経験がない方や看護師に復職される方

眼科では、未経験の方や看護師に復職される方も積極的に採用しています。面接においては、眼科の専門的な知識や技術を求められることは少なく、看護師としての基本的なスキル・経験や、眼科の看護師に重要なコミュニケーション能力が主な評価の対象になります。

また、眼科の病棟勤務を希望される方は、病棟勤務の経験を問われることが多いことを覚えておきましょう。

視能訓練士(ORT)を目指したい方

視能訓練士(ORT)とは、目に関する検査や目の機能を回復するための訓練(リハビリ)を行う専門性を証明する国家資格です。主に、総合病院や大学病院の眼科やクリニックで働く視能訓練士が多く、近年ではレーシッククリニックで働く方も増えています。

また、視能訓練士のニーズは世界的な高まりを見せており、視能訓練士の有資格者は海外の病院やクリニックからも評価を集めています。

眼科に転職する際の注意点

眼科に転職する際には、以下に注意しましょう。

  • 受診する患者さんが多く忙しい眼科も多い
  • 眼科専用の器機の使い方や検査方法の習得に苦労することも

受診する患者さんが多く忙しい眼科も多い

他の診療科と比較して眼科は外来の患者さんが多く、特に都市部のクリニックは患者さんが極めて多いという特徴があります。一般的に眼科は残業が少ない職場ですが、人気の眼科クリニックでは残業を求められることも珍しくありませんので、転職活動の際には、面接時に具体的な勤務時間や忙しさについて確認しておくと安心です。

眼科専用の器機の使い方や検査方法の習得に苦労することも

眼科は専門性の高い診療科であり、眼科専用の器機や検査方法が数多く存在します。そのため、初めて眼科に勤務される方であれば、専門用語を理解したり器械の使い方を覚えたりするまでに、苦労する場面もあるでしょう。

眼科の看護師の求人の特徴・年収について

眼科の看護師の求人の特徴

眼科の看護師の求人の特徴として、クリニックであれば正社員の看護師の採用が少ない傾向にあるということが挙げられます。眼科の看護師は、眼科特有の器械の使い方をマスターする必要がありますが、一方でそれ以外の高度な看護スキルや経験を求められることが少ないため、アルバイトやパートで採用を行うクリニックが多いというのが実情です。

そのため、正社員採用の求人は人気が高く競争率が高いため、眼科の看護師に転職する際には、転職エージェントを活用して希望に合う職場を探すと良いでしょう。

眼科の看護師の年収

眼科の看護師の年収は、一般的な看護師の平均年収(470万円)よりも低めに設定されていることが多く、クリニック勤務の場合で350?400万円が年収の相場です。理由としては、残業や夜勤が少ないことやオペや入院患者の介助が不要であることから、夜勤手当てなどの手当てが付かないことが挙げられます。

また、視能訓練士(ORT)の有資格者であっても、必ずしも年収アップに直結する訳ではありませんので、個別の求人の中かから条件の良い仕事を探すことが大切です。

眼科の看護師へ転職を成功させるポイント

眼科のアルバイト・パートの求人は豊富にありますので、転職活動に難しさを感じることはあまりありませんが、正社員採用を目指す場合はしっかりと準備を行うことが大切です。

眼科で希望の求人を探すには時間がかかるケースも多いため、眼科の看護師への転職に強い下記の転職エージェントに相談することで効率的に情報収集しながら、内定を獲得するコツや自分の条件に合った仕事を教えてもらうと良いでしょう。


転職エージェントは相談も無料で、相談したからといって必ず転職する必要もありません。まだ転職しようかどうか迷っている方でも親身に相談に乗ってくれますので、ぜひ上手に活用してください。


人気の看護師転職サイト
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
看護師の転職事情
ベストな転職タイミングとは?
悩み・不満を転職にいかす
看護師不足の今は転職チャンス
看護師に人気の診療科とは?
都道府県別データ
転職の前に
看護師の転職ノウハウ
転職を検討する前の整理
転職サイトの選び方のコツ
転職前に転職先の内情を知る
転職サイトを賢く使う
転職サイトとは
転職サイトの仕組み
メリット・デメリット
転職サイトの選び方
転職サイトの種類・タイプ
コンサルタントを見極める
コンサルタントを味方にする
条件別転職サイトランキング
お祝い金がもらえる
求人数が多い
高給与の求人が多い
顧客満足度が高い
サポート体制が充実している
コンサルタントの質が良い
地方の転職に強い
非常勤・派遣の求人が多い
職場別から探す転職先
大学病院
総合病院
一般病院
精神科病院
療養型病院(慢性期病院)
クリニック(医院・診療所)
科目別から探す転職先
整形外科
産婦人科
内科
小児科
心療内科
精神科
泌尿器科
業務内容から探す
治験コーディネーター(CRC)
フライトナース
ツアーナース
エスコートナース
訪問看護師
タイプから探す
20代前半
20代後半
30代
40代
第二新卒
新卒1年未満
ブランクあり
職種・資格から探す転職理由
正看護師
准看護師
助産師
保健師
働き方から選ぶ転職のポイント
常勤
非常勤
特集企画『転職アンケート』
転職サイトは複数比較するべき
まずはコンサルタント探し
優先順位を決めること
将来を考えた上での転職が必要
自分に合う職場選びが大事
看護師の転職手段
看護師の6つの転職手段
直接応募
求人広告・求人情報誌
友人・知人による紹介
ハローワーク
eナースセンター
転職サイト
求人広告サイト
集合型求人サイト
看護師の転職トレンド
看護師の転職イベント情報
2017/02/25
看護師最新ニュース~国家試験、難易度アップの謎
2017/02/23
最新看護師ニュース~日本看護協会の新しい「看護業務基準」
2017/02/18
看護師最新ニュース~1年目の看護師が考えること
2017/02/15
看護師最新ニュース~能力を引き出す「音楽療法士」の役割
2017/02/04
看護師最新ニュース~世界で働く看護師特集
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.