美容外科の特徴や美容外科に転職するメリット・デメリットについてご紹介します。

美容に興味関心の高い方や、日勤のみで高年収を得たいとお考えの方に人気の高い美容外科の仕事

美容外科の看護師の仕事は、美容に興味関心の高い方や、日勤のみで高年収を得たいとお考えの方、20代で転職をお考えの方に人気があります。魅力的な年収・待遇の求人が多数ありますが、転職後に後悔しないためにも、美容外科の具体的な仕事内容や実態を知っておくことはとても大切です。ここでは、美容外科に転職するメリット・デメリットや、転職にあたって注意すべき点を紹介していますので、転職活動の参考にしてみてください。

美容外科の看護師の仕事内容

美容外科は、疾患の治療ではなく、整形・豊胸・脱毛・脂肪吸引・ヒアルロン酸注射などの美容を目的とした患者さんが受診する診療科であり、他の診療科と比べるとかなり特殊な診療科です。看護師の主な仕事内容は、患者さんのバイタルチェックや注射・点滴などの処置に加えて、美容外科専用の機器を使った検査や施術の介助などがあります。また、オペ前後の患者さんのメンタルケアやリピート化のための人間関係の構築も、看護師の大切な仕事です。

美容外科の仕事の特徴とは?

美容外科の主な特徴は、疾患の治療ではなく、美容を目的とした施術やドクターズコスメの販売を行うことです。最近では、女性だけでなく男性の美意識も高まっており、様々な性別・年代の方が受診しています。美容外科の看護師の仕事は、看護というよりも接客・販売の色が濃く、美容外科特有の施術・薬品・コスメに関する知識やコミュニケーション能力が重視される点に特徴があります。

美容外科で働くメリット

美容外科で働いている看護師の方から聞く美容外科で働く代表的なメリットとしては、下記が挙げられます。

  • 看護師の仕事の中でもトップクラスの年収を期待できる
  • 日勤のみ、残業・夜勤なしの職場が多い
  • 新卒・第二新卒の看護師も採用されやすい
  • 美容施術を格安で受けることができる

看護師の仕事の中でもトップクラスの年収を期待できる

美容外科は、看護師の仕事の中でも特に高い年収を得られる職場として人気があります。中には1,000万円を超える年収を得られる仕事もあり、年収を重視する方にとってやりがいの大きい仕事です。美容外科の看護師の年収が高い理由としては、民間の美容外科クリニックが大半であること、医療機関の様に保険診療を行うことが少なく自由診療が多いということ、診療あたりの単価(客単価)が非常に高いことなどが挙げられます。

日勤のみ、残業・夜勤なしの職場が多い

ほとんどの美容外科は日勤のみで、残業や夜勤を求められることはほとんどありません。夜勤のある美容外科クリニックもありますが、病床数が少なく、美容施術の前後の数日間だけ入院が必要なケースが多いため、夜勤が看護師の負担になりづらいというメリットがあります。また、美容外科には繁忙期があり、ゴールデンウィークやお盆などは受診数やオペ数が増え、この期間は残業を求められることがあります。一般的な看護師の仕事はとても忙しく、どうしてもプライベートな時間が犠牲になってしまいがちですが、美容外科では生活リズムやワークライフバランスを保ちながら働くことができます。

新卒・第二新卒の看護師も採用されやすい

美容外科では、美容外科専用の検査機器やオペ機器を使用しますが、採用にあたって美容外科の経験を問われることはあまりありません。基本的な処置スキルや看護知識は求められますが、コミュニケーション能力も重視されるため、新卒・第二新卒の経験の少ない看護師にも採用の間口が開かれています。また、「美容」を扱う診療科であるため、20代の若い看護師や容姿端麗な方、身だしなみに清潔感のある方が採用されやすいという傾向があります。

美容施術を格安で受けることができる

美容外科の福利厚生の1つとして、レーザー脱毛など美容施術の社員割引制度があり、これを目当てに転職を決める看護師も居ます。美容施術は保険が適用されず、安くても数万円、高いものだと100万円を超えることもあるため、施術を格安で受けられることは大きなメリットです。また、多くの美容外科ではドクターズコスメを販売していますが、それらの商品も社員割引でお得に購入することができます。

美容外科で働くデメリット

一方、美容外科で働いている看護師の方から聞く美容外科で働く代表的なデメリットには、下記が挙げられます。

  • 基本的な処置のスキルが低下しやすく、転職が不利になることも
  • 事務作業や雑務が多い

基本的な処置のスキルが低下しやすく、転職が不利になることも

美容外科の看護師の基本的な業務に、注射・点滴・採血などの処置も含まれていますが、その他の診療科と比較すると処置を行う頻度が低いため、基本的な看護師のスキルが低下しやすくなるというデメリットがあります。処置のスキルが低下してしまうと、その他の診療科への転職が不利になってしまうため、美容外科に転職をお考えの方は、将来のキャリアを見据えて決断するようにしましょう。

事務作業や雑務が多い

美容外科では、受付・カウンセリング結果の入力・カルテの整理などは看護師の仕事であり、とにかく事務作業や雑務が多いという特徴があります。また、オペや投薬によって患者さんの健康状態に問題が発生した際など、患者さんからクレームを受けることがあり、看護師がクレーム処理を担当しなければならないこともあります。なお、看護師の他に、受付や事務スタッフが居るクリニックもありますので、具体的な仕事内容が気になる方は面接の際に確認しておくと安心です。

美容外科の仕事はこんな方にお勧め

下記に当てはまる方は、美容外科への転職がおすすめです。

  • 患者さんとのコミュニケーションやカウンセリングにやりがいを感じる方
  • 美意識が高く、おしゃれが好きな方

患者さんとのコミュニケーションやカウンセリングにやりがいを感じる方

美容外科の看護師の大切なスキルの1つが、患者さんとのコミュニケーション能力です。美容外科の看護師は、医療スタッフであると共にカウンセラーでもあります。患者さんの美容に関する悩みを丁寧に聞き出して最適な施術を提案したり、施術前後のメンタルケアをしたりと、看護師の役割は大きいものです。

美意識が高く、おしゃれが好きな方

美容外科には、美意識の高い患者さんが多数受診されるため、看護師にも美意識の高さや清潔感が求められます。実際に、看護師を含めたスタッフのお肌の状態やお化粧のチェックを定期的に行うクリニックもあります。また、美容外科の検査や施術は、非常に専門性が高く、新しい技術やドクターズコスメも次々と生まれているため、美容に興味関心の高い看護師で無ければ、働きづらさを感じてしまうかも知れません。

美容外科に転職する際の注意点

美容外科に転職する際には、以下に注意しましょう。

美容外科はサービス業・接客業に近い

美容外科の看護師の仕事は、他の診療科の看護師の仕事と性質が大きく異なり、サービス業・接客業に近い仕事内容であることに特徴があります。患者さんは「お客様」であり、お客様の求めるサービスを提供する顧客視点を持つことがとても大切です。また看護師には、ノルマ(売上・顧客獲得数・コスメ販売数など)が課せられることがあるため、会社員に近い働き方と言えるでしょう。

ノルマを達成できないと年収が不安定になることも

ノルマを達成することで報奨金(インセンティブ)を得ることができますが、逆に達成できないと、年収が不安定になってしまうことがあります。「基本給が低く、報奨金が高い」給与体系の美容外科クリニックも多いため、ノルマを達成できないと年収がなかなか上がらず働きづらさを感じてしまいます。また、夏季・冬季のボーナスが支給されないクリニックもありますので、事前に給与制度をしっかりと確認しておくようにしましょう。

病院よりも採用条件が厳しいことが多い

一般的な病院であれば、慢性的に看護師が不足している状況が続いているため、看護師が転職に困ることはそうありません。しかし、美容外科に転職する場合、一般的な企業と同じような厳しい選考基準で採用が行われるため、なかなか採用されないということがあります。美容外科に転職を成功させるためには、看護師としてのキャリアも大切ですが、コミュニケーション能力・ビジネスマナー・身だしなみ(清潔感)が大切です。

美容外科の看護師の求人の特徴・年収について

美容外科の看護師の求人の特徴

美容外科の看護師の求人は、東京や大阪など都市部を中心に非常に多く、ほとんどは民間の美容外科クリニックの求人です。美容業界全体が成長トレンドにあり、美容外科クリニックの施設数も増えているため、転職先が見つからないということは無いでしょう。また、求人票には明記されていませんが、20代の看護師や容姿に清潔感のある方が優先的に採用される傾向があります。

美容外科の看護師の年収

民間の美容外科クリニックが主な転職先であるため、美容外科の看護師の年収は、各クリニックによって大きく異なります。とは言っても、残業や夜勤がほとんど無いにも関わらず、看護師全体の平均年収である470万円を超える年収を得ることができるケースが多いため、高年収を得たい方にお勧めの仕事です。また、美容外科の看護師の年収は、基本給・報奨金(インセンティブ)・賞与(ボーナス)の3つで構成されていることが多いため、求人情報の「見た目の年収」に惑わされずに、実際にどのくらいの年収を得ることができそうか予測をしておくことが大切です。

美容外科の看護師へ転職を成功させるポイント

美容外科の看護師の求人数は多く、それぞれのクリニックで魅力的な年収・待遇が提示されているため、どのクリニックに転職すべきか迷ってしまうことがあります。また、美容外科クリニックの採用基準は厳しいため、職務経歴書の書き方を工夫したり、面接対策を行ったりすることは必須です。このようなお悩みをお持ちの方は、看護師専門の転職サイトに登録して、転職エージェントのサポートを受けることをお勧めします。転職の心強いパートナーと共に、転職を成功させましょう!


転職エージェントは相談も無料で、相談したからといって必ず転職する必要もありません。まだ転職しようかどうか迷っている方でも親身に相談に乗ってくれますので、ぜひ上手に活用してください。


人気の看護師転職サイト
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
看護師の転職事情
ベストな転職タイミングとは?
悩み・不満を転職にいかす
看護師不足の今は転職チャンス
看護師に人気の診療科とは?
都道府県別データ
転職の前に
看護師の転職ノウハウ
転職を検討する前の整理
転職サイトの選び方のコツ
転職前に転職先の内情を知る
転職サイトを賢く使う
転職サイトとは
転職サイトの仕組み
メリット・デメリット
転職サイトの選び方
転職サイトの種類・タイプ
コンサルタントを見極める
コンサルタントを味方にする
条件別転職サイトランキング
お祝い金がもらえる
求人数が多い
高給与の求人が多い
顧客満足度が高い
サポート体制が充実している
コンサルタントの質が良い
地方の転職に強い
非常勤・派遣の求人が多い
職場別から探す転職先
大学病院
総合病院
一般病院
精神科病院
療養型病院(慢性期病院)
クリニック(医院・診療所)
科目別から探す転職先
整形外科
産婦人科
内科
小児科
心療内科
精神科
泌尿器科
業務内容から探す
治験コーディネーター(CRC)
フライトナース
ツアーナース
エスコートナース
訪問看護師
タイプから探す
20代前半
20代後半
30代
40代
第二新卒
新卒1年未満
ブランクあり
職種・資格から探す転職理由
正看護師
准看護師
助産師
保健師
働き方から選ぶ転職のポイント
常勤
非常勤
特集企画『転職アンケート』
転職サイトは複数比較するべき
まずはコンサルタント探し
優先順位を決めること
将来を考えた上での転職が必要
自分に合う職場選びが大事
看護師の転職手段
看護師の6つの転職手段
直接応募
求人広告・求人情報誌
友人・知人による紹介
ハローワーク
eナースセンター
転職サイト
求人広告サイト
集合型求人サイト
看護師の転職トレンド
看護師の転職イベント情報
2017/07/24
看護師が復職で考慮すべきポイントとは?
2017/07/14
そうそう!看護師なら一度は感じたことがある職業病あるある
2017/07/14
せっかく転職したのに…転職してもすぐ辞める看護師
2017/07/10
いよいよ初出勤!看護師が転職先でやっちゃいけないNG言動
2017/07/06
いくつできてる?看護師に患者が望んでいること&必要なスキル
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.