転職サイトに頼ることなく、気になる病院やクリニックに直接応募する転職方法についてご紹介します。

病院や施設に直接応募する

病院のホームページなどから直接採用活動の有無を確認し、応募するという方法もあります。実際に転職した看護師の方々のうち、15%~20%の方は、転職サイトやハローワークなどを経由することなく、直接興味がある病院やクリニックなどに応募し、転職を実現させています。

転職サイトをはじめとした仲介を経由しない転職は転職者自身の負担が大きくなりますが、こうした積極性を好意的に受け止めてくれる病院も多く、仮に転職サイトやホームページで採用情報が掲載されていなくても、連絡をとったことで採用のチャンスにこぎつけた方もいます。看護師の採用はどの病院でも通年で行われているケースも多いので、思い切って連絡してみると良いでしょう。

直接応募で転職するメリット

病院・施設に直接応募する代表的なメリットとしては下記3点があります。

  • 採用側に求人広告などによるコストがかからないので、採用ハードルが低い
  • 直接やりとりができるのでスピード感が早い
  • 入職に向けて積極性をアピールできる

それぞれの項目について詳しく説明していきましょう。

採用側に求人広告などによるコストがかからないので、採用ハードルが低い

病院や施設に直接応募するこの方法は、採用側が求人を出すためにかかる費用の負担が少ないため、転職サイト経由で紹介料がかかる採用方法よりも採用ハードルが下がる可能性があります。

転職サイト経由の場合、この費用負担が年収の15~20%に相当することが通常のため、「実は直接応募してくれれば採用した」という採用担当者の方は多くいらっしゃいます。採用に費用がかかる場合、費用に見合う経験やスキルを求める傾向があります。

直接やりとりができるのでスピード感が早い

直接応募の場合、採用状況の確認や面接の日程調整はすべて自分自身で行なう必要があるので手間はかかってしまいます。ですが、転職サイトのようにキャリアアドバイザーといった第三者を介する必要がない分、話を早く進めることができます。

ただし、複数の病院を同時に受ける場合、異なる担当者と同様のやりとりを並行して行わなければならないため、手間を感じることもあるかもしれません。

入職に向けて積極性をアピールできる

直接応募は、採用担当者から見て、紹介会社に紹介されてきた受動的な看護師の方よりも、断られる可能性もあるなかで連絡をしてきてくれた入職意欲の高さが評価されることがあります。

どうしても入職したい病院や施設があるのに、転職サイトではその求人を取り扱ってない場合は、直接連絡をしてみることをおすすめします。

直接応募で転職するデメリット

一方で、病院・施設に直接応募するデメリットとしては下記があります。

  • 応募先に関する情報が少ない
  • 応募先とのやりとりが大変
  • 履歴書の書き方のアドバイスはもらえず、面接の対策もできない
  • 採用担当者からは、実際の内情を教えてもらえない可能性がある
  • 他の転職方法と比べて給与や条件の交渉はしづらい

それぞれの項目について詳しく説明していきましょう。

応募先に関する情報が少ない

病院や施設に直接応募する場合、応募先の情報は圧倒的に少なくなってしまいがちです。転職サイトを利用する場合であれば職場の内情や仕事内容についての詳細を提供してもらえたり、知り合いが働いていれば職場の雰囲気を知ることはできますが、ホームページや求人サイトに掲載されている少ない情報だけで転職を決めてしまうと後で後悔するケースもあります。

直接応募は基本的に自分で調べた情報以外は手元にないので、転職サイト経由で応募している転職希望者の比べると、応募の段階で情報面では不利であることは否めません。

応募先とのやりとりが大変

直接応募の場合、応募先とのやりとりはすべて自分自身で行なう必要があります。そのため、今の職場での仕事をつづけながら転職活動を進める場合は、普段の夜勤や残業を除くプライベートの時間を削って転職活動に必要な情報収集や事務手続き・連絡をすることになり、かなりの負担になることが考えられます。

応募先が複数になる場合、その分やりとりが多くなるので、同時並行している転職活動の進捗状況の管理やさまざまな連絡などを代行してもらえるキャリアアドバイザーがいる転職サイトに転職相談するのもひとつの手です。

履歴書の書き方のアドバイスはもらえず、面接の対策もできない

直接応募では、履歴書の添削や面接の対策などでの選考の通過率を高める対策も自分自身で考えて行う必要があります。転職サイトではこれらの面接サポートも充実しているため、こうしたサポートを受けている他の候補者と比較されると、選考の場面で不利になってしまうことがあります。

倍率が高い人気の病院の場合、応募は直接するものの、転職サイトにも登録だけはしておいて情報収集をしておく、といった使い分けなどが効果的かもしれません。

採用担当者からは、実際の内情を教えてもらえない可能性がある

採用担当者の仕事は、看護師を計画に採用することなので、採用の妨げになるような情報(特にネガティブな情報)について教えてくれることはないと考えておいた方が良いでしょう。

職場の内情に関する話はどうしても主観が入ってきてしまうので、できれば採用担当者以外、転職エージェントや過去に勤務していた人、現在勤務している人などの複数の立場の人から聞いて客観的に判断することが重要です。

他の転職方法と比べて給与や条件の交渉はしづらい

直接応募する場合には、提示された給与や条件の交渉も、採用担当者と直接行わなければいけません。しかし、給与の交渉や細かい条件などについて質問しすぎると、相手の印象を損なうのではないかと不安になってしまう方も多いのではないでしょうか。

給与や条件は二の次という方や、こうした交渉がおっくうではない方は問題ありませんが、そうでない方にとっては、直接応募をすると最後の最後で苦労することになる可能性もあります。

採用側の立場から直接応募は有効だが、情報不足に気を付ける

看護師を採用する側の立場からすれば、直接応募してくれれば業者にお金を支払う必要もなく、看護師の意欲も感じることができるので、ぜひ直接応募してきて欲しいという病院や施設も多いのが実情だと思います。

しかし、転職する看護師の立場から考えてみると、直接応募だけだとどうしても応募先に関する客観的な情報が不足してしまいがちで、入職後に後悔する危険性も少なくありません。

直接応募をする転職者は、転職サイトを利用した候補者と比べると、職場の内情を知ることができなかったり、応募先に合う履歴書の作成・面接の対策ができないといった不利な点があります。そのため、まずは転職サイトのキャリアアドバイザーに相談をして、気になる病院や施設の情報を提供してもらうのがおすすめです。転職支援会社に登録した場合でも、直接応募による転職活動をしてはいけないという決まりはありませんので、このような使い分けをして転職を進めるのが賢い転職スタイルと言えるでしょう。

人気の看護師転職サイト
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
看護師の転職事情
ベストな転職タイミングとは?
悩み・不満を転職にいかす
看護師不足の今は転職チャンス
看護師に人気の診療科とは?
都道府県別データ
転職の前に
看護師の転職ノウハウ
転職を検討する前の整理
転職サイトの選び方のコツ
転職前に転職先の内情を知る
転職サイトを賢く使う
転職サイトとは
転職サイトの仕組み
メリット・デメリット
転職サイトの選び方
転職サイトの種類・タイプ
コンサルタントを見極める
コンサルタントを味方にする
条件別転職サイトランキング
お祝い金がもらえる
求人数が多い
高給与の求人が多い
顧客満足度が高い
サポート体制が充実している
コンサルタントの質が良い
地方の転職に強い
非常勤・派遣の求人が多い
職場別から探す転職先
大学病院
総合病院
一般病院
精神科病院
療養型病院(慢性期病院)
クリニック(医院・診療所)
科目別から探す転職先
整形外科
産婦人科
内科
小児科
心療内科
精神科
泌尿器科
業務内容から探す
治験コーディネーター(CRC)
フライトナース
ツアーナース
エスコートナース
訪問看護師
タイプから探す
20代前半
20代後半
30代
40代
第二新卒
新卒1年未満
ブランクあり
職種・資格から探す転職理由
正看護師
准看護師
助産師
保健師
働き方から選ぶ転職のポイント
常勤
非常勤
特集企画『転職アンケート』
転職サイトは複数比較するべき
まずはコンサルタント探し
優先順位を決めること
将来を考えた上での転職が必要
自分に合う職場選びが大事
看護師の転職手段
看護師の6つの転職手段
直接応募
求人広告・求人情報誌
友人・知人による紹介
ハローワーク
eナースセンター
転職サイト
求人広告サイト
集合型求人サイト
看護師の転職トレンド
看護師の転職イベント情報
2017/02/25
看護師最新ニュース~国家試験、難易度アップの謎
2017/02/23
最新看護師ニュース~日本看護協会の新しい「看護業務基準」
2017/02/18
看護師最新ニュース~1年目の看護師が考えること
2017/02/15
看護師最新ニュース~能力を引き出す「音楽療法士」の役割
2017/02/04
看護師最新ニュース~世界で働く看護師特集
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.