求人広告・求人情報誌を利用して転職する際のポイントについてご紹介します。

求人広告・求人情報誌を利用して転職する

求人広告や情報誌を利用した転職では、ドラッグストアや書店の店頭にあるフリーペーパーにある看護師募集の求人に応募するのが代表的な方法です。こうした情報誌以外にも、新聞広告や折り込みチラシ、看板で求人情報が掲載されていることもあります。

求人広告・求人情報誌を利用して転職するメリット

求人広告・求人情報誌を利用して転職する代表的なメリットとしては下記があります。

  • 情報が整理されていて見やすい
  • 手軽に応募できる
  • 地方の求人に強い

それぞれの項目について詳しく説明していきましょう。

情報が整理されていて見やすい

求人情報誌を利用する場合は、1ページずつ見ていけば、全ての求人情報に目がいき、今まで興味のなかった業種などが発見できる場合があります。また、広告や求人情報誌は、普段の通勤途中や新聞を取っていれば、パソコンやスマホを利用することなく毎日手軽に情報を得ることができます。

手軽に応募できる

広告や求人情報誌を利用する場合は、その場で電話をしてすぐに応募することもできます。良い求人があれば今すぐにでも転職したいという方は、広告や求人情報誌を利用した転職も検討すると良いでしょう。

地方の求人に強い

広告や求人情報誌から求人を探す場合、自分の住んでいる地域に特化した求人情報を得ることができるため、自宅近辺に勤務先を見つけることもできます。こうした求人は、一度きりの掲載であるケースも多く、気になったら問い合せてみることが大切です。

これらの求人情報では、病院だけではなく診療所やクリニックなどに関する情報も多いので、地元の小規模なクリニックの求人情報を探している場合などは、広告や求人情報誌を利用するのがおすすめです。

求人広告・求人情報誌を利用して転職するデメリット

一方で、求人広告・求人情報誌を利用して転職するデメリットとしては下記があります。

  • 購入費用がかかる
  • 条件に見合った求人を見つけにくい
  • 広告スペースが狭く求人情報が乏しい
  • 求人数が少ない
  • 募集から締め切りまでの期間が短い

それぞれの項目について詳しく説明していきましょう。

購入費用がかかる

有料の求人誌を利用する場合、求人誌の購入費がかかります。しかも年々、本の価格は上昇傾向にあります。求人情報誌に掲載されている求人は転職サイトに登録されていることも多いので、まずは利用料が無料である転職サイトで気になる求人がないかを検索することがおすすめです。

条件に見合った求人を見つけにくい

広告や求人誌の求人は転職サイトの様に、検索をかけて情報量を絞ることができませんので、希望の求人を見つけるまで時間がかかってしまう傾向があります。

転職サイトでは、こだわりの検索として「夜勤手当あり」「住宅手当あり」「車通勤可」といった様々な条件で求人を探すことができますし、転職サイトに登録すればこうした条件の案件を手間なく紹介してもらうことができ転職活動の効率を上げることができます。

広告スペースが狭く求人情報が乏しい

広告や求人情報誌では、広告のスペースが限られているので、転職サイトの求人に比べて求人内容の詳細が乏しい場合があります。募集されている求人の詳細を知りたい場合、結局転職サイトを使うことになり、二度手間になる可能性があるため、まずは転職サイトで希望の求人がないかを検索してみると良いでしょう。

求人数が少ない

転職サイトに比べると求人数が少ないため、希望に合致する求人が少ない傾向があります。
また、求人情報誌の場合、女性向け、アルバイト専門など、得意とする求人広告の分野も異なります。

色々な求人のなかからしっかりと自分に合う求人を探したいという方は、求人情報誌からの情報だけでは足りませんので、転職サイトなどからも情報提供を受けることをおすすめします。

募集から締め切りまでの期間が短い

求人情報誌は週刊や隔週のものが多く、求人先企業によっては、1週間で応募を締め切る場合もあれば、2週間~1ヶ月に渡って求人情報を掲載している場合もあります。そのため、自分に合った職場に転職するためには、常に自分で情報収集を続ける必要があります。

在職しながら転職活動をする場合、夜勤や残業などで思い通りに時間の都合がつかない方も多いと思いますので、転職サイトのように面接の日程や条件交渉、その他の連絡を無料で代行してくれる転職方法も視野に入れておくと良いでしょう。

地域特化の求人情報収集には便利だが、転職サイトの併用がおすすめ

広告や求人情報誌を利用した検索では、地域に密着した求人情報を得ることができる一方、情報量が乏しいため、求人の詳細を調べるために転職サイトを利用することになるケースも少なくありません。また、広告や求人情報誌では全ての求人情報を網羅できているわけではないため、求人情報の充実度が乏しく、諸条件の記載が十分でないこともあるたので、広告や求人情報誌だけを参考にして転職活動をすることはおすすめできません。

広告や求人情報誌に気になる求人がある場合、eナースセンターや看護師専門の転職支援会社なども併用することで、様々な求人情報を網羅しながら、応募先の内部情報を知ることができる他の転職手段も併せて利用すると良いでしょう。

人気の看護師転職サイト
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
看護師の転職事情
ベストな転職タイミングとは?
悩み・不満を転職にいかす
看護師不足の今は転職チャンス
看護師に人気の診療科とは?
都道府県別データ
転職の前に
看護師の転職ノウハウ
転職を検討する前の整理
転職サイトの選び方のコツ
転職前に転職先の内情を知る
転職サイトを賢く使う
転職サイトとは
転職サイトの仕組み
メリット・デメリット
転職サイトの選び方
転職サイトの種類・タイプ
コンサルタントを見極める
コンサルタントを味方にする
条件別転職サイトランキング
お祝い金がもらえる
求人数が多い
高給与の求人が多い
顧客満足度が高い
サポート体制が充実している
コンサルタントの質が良い
地方の転職に強い
非常勤・派遣の求人が多い
職場別から探す転職先
大学病院
総合病院
一般病院
精神科病院
療養型病院(慢性期病院)
クリニック(医院・診療所)
科目別から探す転職先
整形外科
産婦人科
内科
小児科
心療内科
精神科
泌尿器科
業務内容から探す
治験コーディネーター(CRC)
フライトナース
ツアーナース
エスコートナース
訪問看護師
タイプから探す
20代前半
20代後半
30代
40代
第二新卒
新卒1年未満
ブランクあり
職種・資格から探す転職理由
正看護師
准看護師
助産師
保健師
働き方から選ぶ転職のポイント
常勤
非常勤
特集企画『転職アンケート』
転職サイトは複数比較するべき
まずはコンサルタント探し
優先順位を決めること
将来を考えた上での転職が必要
自分に合う職場選びが大事
看護師の転職手段
看護師の6つの転職手段
直接応募
求人広告・求人情報誌
友人・知人による紹介
ハローワーク
eナースセンター
転職サイト
求人広告サイト
集合型求人サイト
看護師の転職トレンド
看護師の転職イベント情報
2017/02/25
看護師最新ニュース~国家試験、難易度アップの謎
2017/02/23
最新看護師ニュース~日本看護協会の新しい「看護業務基準」
2017/02/18
看護師最新ニュース~1年目の看護師が考えること
2017/02/15
看護師最新ニュース~能力を引き出す「音楽療法士」の役割
2017/02/04
看護師最新ニュース~世界で働く看護師特集
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.