eナースセンター(日本看護協会)を利用して転職する際のポイントについてご紹介します。

eナースセンター(日本看護協会)を利用して転職する

「eナースセンター」とは、公益社団法人日本看護協会「中央ナースセンター」が運営している、看護師向けの無料職業紹介サイトです。

ナースセンターは、看護師の方向けの無料職業紹介サービスを行っているほか、ブランク明けの看護師の方に向けた最新知識・技術の研修会や、就職相談イベントなど、幅広い看護師サポートサービスを提供しています。

eナースセンター(日本看護協会)を利用して転職するメリット

eナースセンター(日本看護協会)を利用して転職する代表的なメリットとしては下記があります。

  • 採用側にコストがかからないので、採用のハードルが低い
  • 看護協会が運営しているサービスなので、安心して利用できる
  • 研修やイベント、個別相談も実施している

それぞれの項目について詳しく説明していきましょう。

採用側にコストがかからないので、採用のハードルが低い

eナースセンターはハローワークと同様に、採用する側に求人の掲載料や採用決定時の費用がかからず、無料で求人活動を行うことができます。そのため、有料の求人広告や転職サイト経由で応募するよりも、採用のハードルが低くなることがあります。

そのため、もし一つの病院がeナースセンターと転職サイトを併用して採用活動を行っている場合、eナースセンターを通じて応募したほうが、採用の可能性は高まるかもしれません。

看護協会が運営しているサービスなので、安心して利用できる

民間企業が運営している転職サイトに年収なども含めた個人情報を登録するのは気が引ける、という方もいらっしゃるかもしれませんが、eナースセンターは看護協会の運営なので、個人情報が不正に流用されたりする心配はありません。

研修やイベント、個別相談も実施している

ナースセンターでは、求人の紹介だけではなく、技術・知識の研修会や就職相談イベント、個別相談会なども実施していますので、出産・育児明けのブランク看護師の方や、長期間の休職明けで復職を考えている方などにもおすすめです。

eナースセンターは各地方自治体が運営しているサービスなので、地方での求人に強いことも魅力です。結婚や出産を機に生活の拠点を地方に移したい場合など、自分のライフプランに沿った職場探しをしたい方にはおすすめのサービスと言えるでしょう。

eナースセンター(日本看護協会)を利用して転職するデメリット

一方で、eナースセンター(日本看護協会)を利用して転職するデメリットとしては下記があります。

  • eナースセンターの使い勝手はあまり良くない
  • 地方の市民病院などの求人が少ない
  • 窓口が朝から夕方までしか営業していない

それぞれの項目について詳しく説明していきましょう。

eナースセンターの使い勝手はあまり良くない

eナースセンターは、会員登録時に看護師資格の免許番号まで入力する必要があるなど手間がかかる上に、求人検索機能なども使い勝手が悪く、希望の求人を探しにくいという話をよく聞きます。効率的に求人を探したい方にとっては面倒に感じるかもしれません。

地方の市民病院などの求人が少ない

eナースセンターは、職探しの登録をする求職者だけではなく、人材募集を行う病院やクリニックなどが求人の登録を行う際にも手間がかかるため、登録していない病院も数多くあります。

意外にも地方の市民病院(公的な病院)などの求人が少ない傾向にあり、求人数自体も少ないので、e-ナースだけで転職活動をするとなると、選択肢がかなり限られてしまうかもしれません。

窓口が朝から夕方までしか営業していない

ハローワークは、看護師に特化したサービスではありません。そのため、たとえば「ハローワークインターネットサービス」では、「病棟」・「二交代制」・「夜勤なし」など、いわゆる看護師ならではの求人検索条件で求人を探すことはできません。

求人検索システムの使い勝手もそこまでは高くないので、看護師専門の転職エージェントに登録して求人を紹介してもらうよりも、大きく転職活動の効率が下がる可能性もあります。

eナースセンターだけでの転職活動は選択肢が狭まることも

eナースセンターは看護師の登録や求人依頼を1件でも増やそうと激しく競争している民間企業が運営しているわけではないため、サイトやサービスの使い勝手という面ではどうしても劣るところがあり、それゆえに求人を掲載していない病院やクリニックも数多く存在しています。そのため、看護師の方の利用者数もそこまで多くありません。

ですので、転職活動ではeナースセンターだけではなくハローワークや看護師専門の転職支援会社など、他の転職手段と併せて利用すると良いでしょう。

また、民間の看護師転職支援会社の中には、「ナースセンター」「eナースセンター」とかなり類似したサービス名で転職支援サービスを展開している会社もありますので、登録する前にはしっかりと名前を確認するようにしましょう。

人気の看護師転職サイト
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
看護師の転職事情
ベストな転職タイミングとは?
悩み・不満を転職にいかす
看護師不足の今は転職チャンス
看護師に人気の診療科とは?
都道府県別データ
転職の前に
看護師の転職ノウハウ
転職を検討する前の整理
転職サイトの選び方のコツ
転職前に転職先の内情を知る
転職サイトを賢く使う
転職サイトとは
転職サイトの仕組み
メリット・デメリット
転職サイトの選び方
転職サイトの種類・タイプ
コンサルタントを見極める
コンサルタントを味方にする
条件別転職サイトランキング
お祝い金がもらえる
求人数が多い
高給与の求人が多い
顧客満足度が高い
サポート体制が充実している
コンサルタントの質が良い
地方の転職に強い
非常勤・派遣の求人が多い
職場別から探す転職先
大学病院
総合病院
一般病院
精神科病院
療養型病院(慢性期病院)
クリニック(医院・診療所)
科目別から探す転職先
整形外科
産婦人科
内科
小児科
心療内科
精神科
泌尿器科
業務内容から探す
治験コーディネーター(CRC)
フライトナース
ツアーナース
エスコートナース
訪問看護師
タイプから探す
20代前半
20代後半
30代
40代
第二新卒
新卒1年未満
ブランクあり
職種・資格から探す転職理由
正看護師
准看護師
助産師
保健師
働き方から選ぶ転職のポイント
常勤
非常勤
特集企画『転職アンケート』
転職サイトは複数比較するべき
まずはコンサルタント探し
優先順位を決めること
将来を考えた上での転職が必要
自分に合う職場選びが大事
看護師の転職手段
看護師の6つの転職手段
直接応募
求人広告・求人情報誌
友人・知人による紹介
ハローワーク
eナースセンター
転職サイト
求人広告サイト
集合型求人サイト
看護師の転職トレンド
看護師の転職イベント情報
2017/02/25
看護師最新ニュース~国家試験、難易度アップの謎
2017/02/23
最新看護師ニュース~日本看護協会の新しい「看護業務基準」
2017/02/18
看護師最新ニュース~1年目の看護師が考えること
2017/02/15
看護師最新ニュース~能力を引き出す「音楽療法士」の役割
2017/02/04
看護師最新ニュース~世界で働く看護師特集
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.