40代では、子育ても一段落し、専門分野での経験を持った看護師や管理職としての道を歩み始める方も増えてきます。

40代前半の看護師の平均年収・月収は?

40代前半の看護師の平均年収はおよそ490万円です。
月収にすれば、おおよそ35万円程度※となっています。

ここから、保険料や税金が天引きされますので、手取りでは30万円に届くかどうかといった方が多いのではないでしょうか。ボーナスは職場により異なりますが、手取りの2~3ヶ月分程度が平均的です。

40代後半の看護師の平均年収・月収は?

40代後半の平均年収はおよそ495万円です。
月収にすれば、おおよそ35万円程度※となっています。

管理職としての給与を伸ばす看護師のいる一方で、体力的な問題や家庭環境の変化から、勤務体系の変更で所得がやや下がる方もいるため、平均では40代前半の看護師とほぼ変わりがありません。

※上記データは常勤の正看護師(女性の場合)

40代の看護師の強みは「豊富な経験値」

経験豊富な看護師はどこの病院に行っても需要があります。若手の看護師では決して持つことができない「経験値」を活用することで40代の転職も有利に進めることができます。
それまで培った知識や技術を惜しみなく患者さんのために使い、またその技術を受け継ぐ後進を育てていくのは経験を積んできた看護師だからできることです。

40代看護師と30代看護師の違い

30代の看護師は、看護経験と看護技術を併せ持ち、体力的にもまだまだ一線で活躍できる人材として期待されますが、40代の看護師は若手の教育経験やマネジメント経験、若手のミスやトラブルを未然に防いだり、事が起こった際にもカバーできる対処能力が求められます。

40代の看護師転職理由は?

第1位:仕事が忙しく、ゆったりした介護をしたい

忙しい現場で長年働いていて、ハードな毎日に疲れてしまう方もいます。
急性期から慢性期や介護施設や訪問介護などに職場を移される方が多くなる年代です。
また、急性期の忙しさから理想の看護が難しく、転職して患者さんに寄り添ったゆったりとした介護をしたいという方もいます。

第2位:人間関係の悩み

どの年代でも人間関係の悩みを聞くケースは多いです。職場を変えてもまた人間関係が...と不安に思われる方も多いかもしれませんが、人間的に嫌な方や相性の合わない人がいる現状を自分変えることは困難です。転職で一から新しい関係を築くことで改善できる方も多いため、思い切って職場を変えるという選択肢もあります。

第3位:勤務スタイルに不満

残業が多く拘束される時間が長かったり、夜勤回数が多かったり、勤務体系に不満のある方も多いです。
徹夜が辛くなるなど体力的には少し衰えも感じ始められる時期ですので、勤務体系や残業を含めた全体としての仕事量の多寡で職場を選ばれる方も増えてきます。
家族との時間を取るために、多少であれば収入が下がっても土日や祝日にしっかりとした休みの取れる仕事を探されるという方もいます。

第4位:年収を上げたい

40代になると、子育てが一段落し、働ける時間が増えてくる方もいます。
意外と多いのが、夜勤をこなしても年収の高い仕事を探されるというニーズです。体力的には大変ですが、手当の良さから夜勤を許容される方も。
他にも、管理職としての経験を積み、より自分が評価される職場やリーダーシップを取りやすい給与の高い職場へとステップアップの転職を目指す方もいます。
しっかりとした経験のある方は、年収が大幅にアップしての転職も珍しくありません。

第5位:病院の方針に不満

特に小さめの診療所やクリニックといったところでは、院長のトップダウンの独特の方針やわがままといった理不尽なものがある場合も少なくありません。
若いころは我慢できても、経験がついて転職先の選択肢が多く出てきた時に、ストレスを抱えて働き続けることに抵抗を覚える方もいます。
こうした問題は転職でスッとなくなってしまう場合もあるので、ストレスの少ない職場を探すことをおすすめします。

40代の転職って、どう見られているの?

若手の育成や職場の管理も期待されている

若手看護師の教育係として40代看護師を採用することを考えている病院も多く、現場の仕事だけではなく、若手の教育や職場の管理などにも関わっていくことも期待されています。
若手の看護師をきちんと育て上げるためにも確実なスキルは必要ですので、自身がきちんとしたスキルを持っていることをアピールすることも忘れてはいけません。

40代の看護師が転職する際の注意点

経験値や専門分野の強みを活かした転職を

成功につながる転職は、自分の得意分野を活かせる転職です。管理職を目指したり、看護技術を日々磨いたりできる職場で向上心を持って仕事に取り組めれば、自然と今後のキャリアアップに繋がっていきます。

管理職に求められるコミュニケーションスキル

看護師は、女性の多い特殊な職場で、部下を統率していくことは時に困難も伴います。
しかし、尊敬されるべき上司でもある管理職を目指すのであれば、高いコミュニケーションスキルは欠かせません。
看護の経験はもちろん、周囲の若い看護師と十分にコミュニケーションが取れるかという点は、採用側も重視しているポイントです。
一人材として優秀であれば十分評価されたこれまでとは異なり、40代では自身の能力が高いことはもちろん、周りを活かせる能力まで求められているという点を意識しておきましょう。

40代転職のポイント(履歴書・面接対策)

面接が苦手という方でも、転職会社によっては面接対策のセミナーを無料で開講しています。面接や面接でのコミュニケーションが気になる方は、セミナーへの参加やコンサルタントの面接への付き添いなどのサポート制度を活用することをおすすめします。

転職会社を活用して賢く転職する

40代看護師が求められている医療機関についてや年収相場など、転職で気になるポイントがあれば、転職会社のコンサルタントに直接話を聞いてみましょう。

以下で紹介するサイトは、求人数(非公開求人)、キャリアアドバイザー、転職サポートの充実度、利用者の満足度などから、管理職クラスで高収入の求人も多い40代にも本当におすすめできる看護師転職サイトを厳選しています!


人気の看護師転職サイト
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
看護師の転職事情
ベストな転職タイミングとは?
悩み・不満を転職にいかす
看護師不足の今は転職チャンス
看護師に人気の診療科とは?
都道府県別データ
転職の前に
看護師の転職ノウハウ
転職を検討する前の整理
転職サイトの選び方のコツ
転職前に転職先の内情を知る
転職サイトを賢く使う
転職サイトとは
転職サイトの仕組み
メリット・デメリット
転職サイトの選び方
転職サイトの種類・タイプ
コンサルタントを見極める
コンサルタントを味方にする
条件別転職サイトランキング
お祝い金がもらえる
求人数が多い
高給与の求人が多い
顧客満足度が高い
サポート体制が充実している
コンサルタントの質が良い
地方の転職に強い
非常勤・派遣の求人が多い
職場別から探す転職先
大学病院
総合病院
一般病院
精神科病院
療養型病院(慢性期病院)
クリニック(医院・診療所)
科目別から探す転職先
整形外科
産婦人科
内科
小児科
心療内科
精神科
泌尿器科
業務内容から探す
治験コーディネーター(CRC)
フライトナース
ツアーナース
エスコートナース
訪問看護師
タイプから探す
20代前半
20代後半
30代
40代
第二新卒
新卒1年未満
ブランクあり
職種・資格から探す転職理由
正看護師
准看護師
助産師
保健師
働き方から選ぶ転職のポイント
常勤
非常勤
特集企画『転職アンケート』
転職サイトは複数比較するべき
まずはコンサルタント探し
優先順位を決めること
将来を考えた上での転職が必要
自分に合う職場選びが大事
看護師の転職手段
看護師の6つの転職手段
直接応募
求人広告・求人情報誌
友人・知人による紹介
ハローワーク
eナースセンター
転職サイト
求人広告サイト
集合型求人サイト
看護師の転職トレンド
看護師の転職イベント情報
2017/10/19
デキる先輩ナースに学ぶ!やっぱり凄い仕事がデキるナースの特徴
2017/10/14
日勤・夜勤…結構シフトがハードな看護師の勤務形態&時間
2017/10/12
トイレに行く時についでにチェックしたいナースの身だしなみ
2017/10/10
こんな先輩ナースとは働きたくない!ムカつく先輩の言動
2017/10/05
いるよねー!性格が悪いと思われがちな看護師の特徴
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.