30代看護師の転職は、結婚や出産をはじめとするライフイベントによって働き方自体を見直す動きが強くなります

30代前半の看護師の平均年収・月収は?

30代前半の看護師の平均年収はおよそ450万円です。
月収にすれば、おおよそ32万円程度※となっています。

ここから、保険料や税金が天引きされますので、手取りでは27万円程の方が多いのではないでしょうか。ボーナスは職場により異なりますが、手取りの2~3ヶ月分程度が平均的です。

30代後半の看護師の平均年収・月収は?

30代後半の平均年収はおよそ465~470万円です。
月収にすれば、おおよそ33.5万円程度※となっています。

ここから、保険料や税金が天引きされますので、手取りでは28~29万円程の方が多いのではないでしょうか。ボーナスは職場により異なりますが、手取りの2~3ヶ月分程度が平均的です。

※上記データは常勤の正看護師(女性の場合)

給与アップなら転職かマネジメント(役職者)への昇格

看護師は、30代になると、主に結婚や出産などのライフイベントによる勤務スタイルの変更が影響していますが、平均給与の伸びが緩やかになります。
30代から給与のアップを狙うなら、資格の取得などのスキルアップによる評価向上、転職の際の給与アップのほか、マネジメントサイド(看護師長など)への昇格を視野に入れる必要があります。

30代転職のポイント(給与について)

管理職になると、通常の昇給に加え、どのくらいの手当が上乗せされるのが一般的でしょうか? 以下に医療機関の平均的なデータをご紹介します。


  • 主任 :2~3万円
  • 看護師長 :4~6万円
  • 副看護部長(副総看護師長):5~8万円
  • 看護部長(総看護師長) :10万円以上

なお、副看護部長(副総看護師長)クラスになると、年収は700~900万円とされ、
看護師で副院長をしているような場合は1,000万円に手が届くこともあるようです。

30代の看護師転職理由は?

第1位:家庭との両立

30代は結婚や出産などのライフイベントが多くなる時期です。
結婚したり、出産をすれば家族や家庭を優先する必要が出てくることもあります。たとえば、小さなお子さんがいれば、一時的に仕事量をセーブするなど仕事量の調整も選択肢の1つです。
また、家庭の都合で夜勤に入れないからということで、日勤のみの勤務形態を希望される方も多くなります。

第2位:人間関係の悩み

どの年代でも人間関係の悩みを聞くケースは多いです。職場を変えてもまた人間関係が...と不安に思われる方も多いかもしれませんが、人間的に嫌な方や相性の合わない人がいる現状を自分変えることは困難です。転職で一から新しい関係を築くことで改善できる方も多いため、思い切って職場を変えるという選択肢もあります。

第3位:キャリア形成に関する悩み

看護師として一定の経験を積んで、今後のキャリア形成について考え始める方が多くなります。
希望の診療科への異動・転職や、資格取得のバックアップ制度が充実した医療機関への転職が人気です。
教育制度の整った医療機関では、管理職を目指すための役職に応じた研修なども充実しており、昇格までのサポートを受けられます。こうした職場は、一般的にはポストの多い大きめな医療機関です。
その他、新しい仕事にチャレンジしたいという方もいて、とりあえず転職をして新天地を探してみるといった方もいる年代です。

30代転職のポイント(キャリアについて)

看護師の追加的資格には、主に専門看護師資格と認定看護師資格があります。
では、資格の取得によって、給与水準は大幅に改善するのでしょうか?
結論からお話すると、資格の取得そのもので給与が大幅に向上することはありません。
日本看護協会のデータによれば、月々の専門看護師手当はおよそ10,000円、認定看護師手当はおよそ9,000円であり、夜勤のアルバイトを一回する方が直接的なメリットは余程高いのが現状です。
ただし、これはあくまでデータ上の表面的な数値で、そうした専門看護師や認定看護師の資格保有は、大きな信頼に繋がるため、転職の際には手当以上に基本給上での処遇で評価が上乗せされる場合もあります。

第4位:給与に不満

30代になると、他の職種給与の伸びや勤務スタイルの変更に伴い、同年代と比べ相対的に看護師の給与が高くはなくなります。
そこで、夜勤を織り込んだハードな勤務スタイルで、給与の低い(もしくは昇給率の低い)勤務先に長く留まると、「こんなに働いているのに、どうしてこんなにお給料が少ないのだろう」という不満を持つことも多くなります。

第5位:勤務スタイルに不満

残業が多く拘束される時間が長かったり、夜勤回数が多かったり、勤務体系に不満のある方も多いです。
シフト制の勤務体系でも、2交代制と3交代制では勤務の負担も全く異なりますので、勤務体系や残業を含めた全体としての仕事量の多寡で職場を選ばれる方も増えてきます。

30代転職のポイント(勤務について)

夜勤がある病棟勤務と、外来・初期医療を中心とするクリニックでは勤務のリズムがまったく違いますし、訪問看護といった働き方も選択肢の1つです。

30代の転職って、どう見られているの?

即戦力としての期待

30代は、看護師としてのキャリアも十分で、即戦力としての雇用が期待されています。また、体力もあり、まだ新しい仕事を吸収する力も高いため、30代の看護師を雇用したいという医療機関は多くあります。

売り手市場で高条件を引き出しやすい

基礎的な技術を身につけていて、医療機関にも人気のある年代なので、転職を検討する際の条件交渉なども他の年代に比べ柔軟に対応してもらえる傾向にあり、高条件を引き出せる可能性があります。

30代転職のポイント(転職先の選択①)

条件面や待遇のほか、自分のやりたい仕事ができる職場かどうかという点を意識してみましょう。総合病院であれば、どの科に配属される予定かに加えて、同僚の具体的な仕事内容についても少しヒアリングしてみると良いでしょう。

30代は人生の転機

30代というのは人生の転機となる年代ですので、結婚や出産・育児など自分自身のライフスタイルと職場をうまくマッチングさせる必要があります。
また、それまで培ってきた経験や技術に安心することなく、より一層のキャリアアップを目指すことを考えるタイミングでもあるので、キャリアアップのひとつとして認定看護師や専門看護師を目指すこともひとつの選択です。

30代の看護師が転職する際の注意点

物事の優先度・転職の目的を明確にしておく

30代は、看護師としてもう一人前です。一方で、女性としてのライフイベントが増える時期です。
そこで、自分のライフスタイルの中で何を優先するかという点を明確にしておくことが転職の成功のために必要です。
今後もフルタイムを基本に働き、専門性の高い看護師を目指したり管理職を目指すのか、それとも家庭を優先し、一時的に仕事量をセーブする、もしくは、専業主婦になる見込みがあり、時間のある際に派遣やパートの求人を探すなど、ライフスタイルに応じて、職場の選択は異なります。

給与だけで判断しない

30代の看護師は医療機関にとても人気で、高給与での募集をしている医療機関が多くあります。
しかし、高めの給与が忙しさに比例しているケースもあり、特にプライベートな時間が欲しい方は、年収だけを見るのではなく、条件面や待遇について精査しておく必要があるでしょう。

30代転職のポイント(転職先の選択②)

子育て中の方は、託児所の確保が転職にあたっての大きなポイントです。民間の保育所は非常に高額ですので、託児所完備の医療機関を探す看護師も多くなっています。
また、託児所が附設されていても、時間帯や土日の利用の可否などに関しても注意しておく必要があるでしょう。

転職会社を活用して賢く転職する

30代が求められている医療機関についてや年収相場など、転職で気になるポイントがあれば、転職会社のコンサルタントに直接話を聞いてみましょう。

以下で紹介するサイトは、求人数(非公開含む)、キャリアアドバイザー、転職サポートの充実度、利用者の満足度などから、希望条件が多くなる30代の転職者の方にも本当におすすめできる看護師転職サイトを厳選しています!


人気の看護師転職サイト
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
看護師の転職事情
ベストな転職タイミングとは?
悩み・不満を転職にいかす
看護師不足の今は転職チャンス
看護師に人気の診療科とは?
都道府県別データ
転職の前に
看護師の転職ノウハウ
転職を検討する前の整理
転職サイトの選び方のコツ
転職前に転職先の内情を知る
転職サイトを賢く使う
転職サイトとは
転職サイトの仕組み
メリット・デメリット
転職サイトの選び方
転職サイトの種類・タイプ
コンサルタントを見極める
コンサルタントを味方にする
条件別転職サイトランキング
お祝い金がもらえる
求人数が多い
高給与の求人が多い
顧客満足度が高い
サポート体制が充実している
コンサルタントの質が良い
地方の転職に強い
非常勤・派遣の求人が多い
職場別から探す転職先
大学病院
総合病院
一般病院
精神科病院
療養型病院(慢性期病院)
クリニック(医院・診療所)
科目別から探す転職先
整形外科
産婦人科
内科
小児科
心療内科
精神科
泌尿器科
業務内容から探す
治験コーディネーター(CRC)
フライトナース
ツアーナース
エスコートナース
訪問看護師
タイプから探す
20代前半
20代後半
30代
40代
第二新卒
新卒1年未満
ブランクあり
職種・資格から探す転職理由
正看護師
准看護師
助産師
保健師
働き方から選ぶ転職のポイント
常勤
非常勤
特集企画『転職アンケート』
転職サイトは複数比較するべき
まずはコンサルタント探し
優先順位を決めること
将来を考えた上での転職が必要
自分に合う職場選びが大事
看護師の転職手段
看護師の6つの転職手段
直接応募
求人広告・求人情報誌
友人・知人による紹介
ハローワーク
eナースセンター
転職サイト
求人広告サイト
集合型求人サイト
看護師の転職トレンド
看護師の転職イベント情報
2017/02/25
看護師最新ニュース~国家試験、難易度アップの謎
2017/02/23
最新看護師ニュース~日本看護協会の新しい「看護業務基準」
2017/02/18
看護師最新ニュース~1年目の看護師が考えること
2017/02/15
看護師最新ニュース~能力を引き出す「音楽療法士」の役割
2017/02/04
看護師最新ニュース~世界で働く看護師特集
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.