20代後半で転職するにあたり、年収相場のこと、20代だからこそ求められている仕事など転職を考えるなら知っておきたいポイントがあります。

20代後半の看護師の平均年収・月収は?

20代後半の看護師の平均年収はおよそ435万円です。
月収にすれば、おおよそ31万円程度※となっています。

激務でありながらも、全世代の労働者の平均に匹敵する水準に20代で達していることとなり、無資格の職種と比べれば相当高い水準になります。

※常勤の正看護師(女性の場合)

給与アップのための転職はそれほど難しくない。

看護師不足に悩む病院は多く、20代後半であれば基礎的な研修が終わり基礎知識が身についていることもあり、高い給与や多額のボーナスを支給する形で看護師を受け入れる医療機関が多くあります。
そのため、給与が高い医療機関に転職したいという希望であれば、意外と簡単に転職先が見つかります。

手取りアップ・生活向上のためのポイント

20代後半の方は、給与水準が少しづつ上がり始め、生活に余裕が出てくる方もいます。
生活に余裕がある方は、寮や社宅があったり住宅手当が付くなど、付加的給付に恵まれている方が中心です。

20代後半の転職のポイント(給与について)

多くの医療機関が魅力的な給与額の提示をしていますが、見た目の総額の大きさよりも、自分の現状に応じた実質の時給や月収、その内訳や手当の有無が重要です。
夜勤手当が多くて給与額が多かったり、逆に額面給与が少なくても住宅手当が支給されるなど、目に見えない部分の条件や付加的な給付を正確に把握することが「手取りアップ」のためには必要です。

20代後半の看護師転職理由は?

第1位:今後のキャリア形成についての悩み

20代後半は、看護師としての基礎的な研修が終わり、後輩の指導もサポートしながら自分自身のキャリアも形成していく時期です。今後看護師を続けていくつもりであれば、キャリアアップについて最も真剣に考えるタイミングで、転職理由のトップにランクインしています。
基本的な知識や実務は身に付いたものの、自分の良いところや向いている分野を伸ばしたり、他の看護師に負けない専門性を身につけようと思うと、更なる成長を意識しなければなりません。

20代後半の転職のポイント(キャリア形成について)

キャリア形成の方法としては、自分のやりたい分野の看護ができる病院や専門性の高い医療機関での勤務・専門分野の資格の取得の他、講師や師長も含めた指導的立場を目指すといったものがあります。
目標を叶えるには、自分自身の努力だけでなく、医療機関を含めた周囲のサポート・理解が必要です。一部の医療機関では、資格の取得に当たり、一定のまとまった有給や試験日の特別休暇の取得に加えて、助成を受けることができる制度もあります。
意識の高い医療機関に籍を置くことがキャリアアップへの近道です。

第2位:人間関係の悩み

どの年代でも人間関係の悩みを聞くケースは多いです。職場を変えてもまた人間関係が...と不安に思われる方も多いかもしれませんが、人間的に嫌な方や相性の合わない人がいる現状を自分変えることは困難です。転職で一から新しい関係を築くことで改善できる方も多いため、思い切って職場を変えるという選択肢もあります。

第3位:待遇面での不満

一人前になり、先輩の指導を受けることなく仕事をこなせるようになると、仕事に対する自分の評価が気になってきます。
現状に不満がある場合は、自分の正当な評価はどのくらいなのかを確認する意味で、転職エージェントを通して他の医療機関の求人票を見てると良いでしょう。実際に転職を行わなくても、コンサルタントを介する相談や交渉を通して、現職のまま待遇が改善できることも稀にあります。

20代後半転職のポイント(給与について)

給与アップを考える際には、額面だけにとらわれることなく、医療機関の雰囲気や人間関係・今後のキャリアを勘案した仕事内容も含めて総合的に判断しましょう。
また、ボーナスや退職金に加えて、入職時に給与がアップしても昇給が全くなく、数年後には旧職場の同期と逆転してしまうといったことのないように、今後の昇給ペースもしっかりと把握しておきましょう。

第4位:勤務体系や夜勤の多さに対する不満

20代後半になると、夜勤の入ったシフトに慣れてくる方もいますが、20代前半と比べれば体力的な無理がしにくくなってきます。そのため、夜勤を組み込んだ勤務スタイルに疲労を覚えることも出てきます。
リフレッシュのための休暇が取りづらかったり、残業の多い職場では勤務を長期間継続することが難しいと、エージェントに相談しに来る方が増え始める年代です。
無理を続けると、物理的な体の不調に加えて、鬱症状を発症してしまうという方もいるので、「これは少し無理だな」と思ったら職場の同僚や上司への相談のほか、転職活動を含め、改善のための具体的なアクションを早めに取ることが必要です。

第5位:プライベートな要因(出産など)

20代後半では、結婚や家庭を持つ方も徐々に増えてきます。そのため、結婚を機に退職される方や、家庭との両立を優先して勤務スタイルを日勤のみに変更するという方も増えてきます。

20代後半転職のポイント(勤務について)

家庭と両立しながら働くのは難しいとお考えの方も多いかもしれませんが、夜勤専従の看護師さんを一定数雇用して、保育所も完備することで、ママさん看護師が多い職場もあります。そうした職場では、家庭や子育てへの理解も深く、お子さんが熱を出しても他の看護師さんのサポートを得て有給を消化できることも。
女性には付きものとも言えるライフイベントですが、看護師の場合は、仮に退職してしまっても再就職ができますので、あまり深く思い悩む必要はありません。

20代後半の転職って、どう見られているの?

20代後半は、医療機関にとってはとても魅力的な存在です。新人と異なり教育の費用や期間も少なくて済み、即戦力としての雇用も期待されています。また、若くて体力もあり、物覚えも速いため、転職先でもすぐに順応してくれるという期待もされていて、20代後半の看護師を紹介して欲しいという医療機関も多くあります。

20代看護師が医療機関に好まれる理由

人手不足に悩む病院も多いため、夜勤や超過勤務といった体力的にハードな勤務面でも若くて元気な看護師が期待されています。
また、年数の浅い看護師は組織の色に染まっていないので仕事の進め方にくせがなく教えやすい、といったことも20代が選ばれる理由の一つです。

20代後半転職のポイント(履歴書・面接対策)

20代後半は、更なる飛躍を求められる重要な時期ですので、雇用側は前職の退職事由にも興味を持っています。今後のキャリア形成やステップアップといった点での悩みを抱えることも多い年代ですので、そういった点を中心に説明すると良いでしょう。
また、今後の結婚や出産の予定などを簡単に聞かれることもあるかもしれませんが、そうしたプライベートな点が転職の際に不利になることはありませんので、正直に答えて良いと思います。

20代後半の看護師が転職する際の注意点

転職にあたって実現したいことをしっかりと整理

20代後半は、看護師として一定の実務を経験し、看護師として一人前になりつつあります。
また、20代の看護師は人気が高く、医療機関も積極的な採用活動を展開しているため、転職先を選べる立場にもあります。
しかし、たとえば高水準の給与の医療機関など、魅力的な条件の選択肢が多いことで、自分が本当に目指している看護の方向性や看護師の理想像が曖昧になりがちです。
「専門性の高い看護師を目指すのか」、「今の職場で管理職を目指すのか」、「家庭を優先するのか」など、自分の目指す方向性によって、職場の選択は大きく異なります。
方向性がブレないように、転職にあたって実現したいことをしっかりと整理しておきましょう。

20代後半転職のポイント(転職先の選択①)

自分のキャリアプランが明確にできない場合は、職場の上司の方に相談をしてみたり、自分と同じようなキャリアの人は、どのような方向性でどのような転職先を選択したのかという実例をコンサルタントに確認してから整理しておきましょう。

希望の診療科があれば、専門性を高められる

20代後半は、一定の実務を経験し、自分がどんな看護師になりたいかという目標や夢を見つけ出す時期です。
また、これから看護師長や部長級の管理職を目指すのか、専門性の高い認定看護師といったスペシャリストを目指すのかなど、キャリアアップの方向性を考える時期でもあります。
そのため、経験が浅くても、興味のある診療科が見つかり「今の職場では専門的なスキルが十分に磨けないから転職したい」といった、熱意のある転職者はむしろ歓迎される傾向にあります。

20代後半転職のポイント(転職先の選択②)

若手看護師は、転職後の1~2年よりも長い目で見て自分の看護師としてのキャリアにプラスになりそうかという視点で転職先を選ぶと良いでしょう。
まだ経験が浅く、自分のやりたい看護が見つからないという場合でも、転職エージェントでは、担当のコンサルタントが向いていそうな分野を勧めてくれることもあります。

転職を複数回繰り返さないように慎重に選ぶ

短期間に転職を繰り返した実績は、定着しにくい人材と見られてしまうこともあり、今後の転職の際にプラスに働くものではありません。
転職後に勤務の仕方について話してみたら、お互いの期待がずれていたといったことにならないためにも、無理のない働き方をしたいという方は、事前に転職会社や転職先の方にその意向を伝えておくようにしましょう。

20代後半転職のポイント(転職先の選択③)

今後のキャリア形成やライフプランに大事な転職先の選択、豊富な選択肢の中から慎重に選ぶ必要があります。そのため、なるべく多くの案件に目を通すのが良く、転職エージェントは2社~3社程度、複数社に登録しておくことがお勧めな年代です。

転職会社を活用して賢く転職する

20代後半が求められている医療機関についてや年収相場など、転職で気になるポイントがあれば、転職会社のコンサルタントに直接話を聞いてみましょう。

以下で紹介するサイトは、求人数(非公開含む)、キャリアアドバイザー、転職サポートの充実度、利用者の満足度などから、転職回数の少ない方にも本当におすすめできる看護師転職サイトを厳選しています!

20代前半の転職事情について知りたい方

20代前半の看護師の転職については、こちらのページで紹介していますので、こちらもぜひご参考ください。


人気の看護師転職サイト
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
看護師の転職事情
ベストな転職タイミングとは?
悩み・不満を転職にいかす
看護師不足の今は転職チャンス
看護師に人気の診療科とは?
都道府県別データ
転職の前に
看護師の転職ノウハウ
転職を検討する前の整理
転職サイトの選び方のコツ
転職前に転職先の内情を知る
転職サイトを賢く使う
転職サイトとは
転職サイトの仕組み
メリット・デメリット
転職サイトの選び方
転職サイトの種類・タイプ
コンサルタントを見極める
コンサルタントを味方にする
条件別転職サイトランキング
お祝い金がもらえる
求人数が多い
高給与の求人が多い
顧客満足度が高い
サポート体制が充実している
コンサルタントの質が良い
地方の転職に強い
非常勤・派遣の求人が多い
職場別から探す転職先
大学病院
総合病院
一般病院
精神科病院
療養型病院(慢性期病院)
クリニック(医院・診療所)
科目別から探す転職先
整形外科
産婦人科
内科
小児科
心療内科
精神科
泌尿器科
業務内容から探す
治験コーディネーター(CRC)
フライトナース
ツアーナース
エスコートナース
訪問看護師
タイプから探す
20代前半
20代後半
30代
40代
第二新卒
新卒1年未満
ブランクあり
職種・資格から探す転職理由
正看護師
准看護師
助産師
保健師
働き方から選ぶ転職のポイント
常勤
非常勤
特集企画『転職アンケート』
転職サイトは複数比較するべき
まずはコンサルタント探し
優先順位を決めること
将来を考えた上での転職が必要
自分に合う職場選びが大事
看護師の転職手段
看護師の6つの転職手段
直接応募
求人広告・求人情報誌
友人・知人による紹介
ハローワーク
eナースセンター
転職サイト
求人広告サイト
集合型求人サイト
看護師の転職トレンド
看護師の転職イベント情報
2017/07/26
もう辞めたい…看護師が退職したくなる主な理由
2017/07/24
看護師が復職で考慮すべきポイントとは?
2017/07/14
そうそう!看護師なら一度は感じたことがある職業病あるある
2017/07/14
せっかく転職したのに…転職してもすぐ辞める看護師
2017/07/10
いよいよ初出勤!看護師が転職先でやっちゃいけないNG言動
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.