面接で良く聞かれる質問についてご紹介します。

面接で良く聞かれる質問

ここでは、看護師の面接時に聞かれるケースが多い質問の例をご紹介します。

面接時の質問内容やベストな答え方は当然ながら病院や面接官によって異なりますが、少なくとも下記の質問に対しては自分なりの回答をスムーズに説明できるようにしておくとよいでしょう。

また、ここではマニュアルに沿ったような回答を防ぐために、あえてそれぞれの質問に対する回答例は示していません。誰もが答えるようなマニュアル本通りの回答は採用側の心には響かないからです。

その代わりに、ここではそれぞれの質問に対して、質問の意図と回答時の注意点の二点から説明していきます。

  • 志望動機
  • 退職理由
  • 看護師を目指した理由
  • 看護師として大事にしているポイント
  • 自分の長所・短所
  • インシデントの経験
  • いつから働けるか

志望動機

採用側が志望動機について尋ねる際の主な質問の意図としては、下記が挙げられます。

  • 自院に対する入職意欲を確認したい
  • 相手の希望が自院で叶えられるかどうかを確認したい

まず病院側が確認したいのは「どんな仕事がしたいのか」ではなく「なぜこの病院で働きたいのか」という点です。
抽象的・一般的な理由ではなく、「その病院でなければいけない理由」を明確に伝えることが重要となります。また、履歴書に書いてある志望動機欄をそのまま復唱するような発言は控えましょう。予め用意した表面的な志望動機をただ読んでいるだけと思われてしまう可能性があります。

志望動機に関する質問では、自院に対する志望意欲の高さの確認だけではなく、相手の志望動機が自院で提供できる環境とマッチしているかどうかも確認しようとしています。
もし両者がミスマッチしていると、せっかく入職をしてもらってもすぐ離職につながってしまうからです。
そのため、ここで重要となるのは、志望動機を話す前に、そもそもその志望動機が本当に応募先の病院で実現できるものなのかどうかを事前のリサーチを通じてしっかりと確認しておくことです。
見当外れの志望動機を伝えてしまうと、熱心に意欲を伝えれば伝えるほど「その動機であれば、うちの病院ではないほうがよいですよ」と逆効果になってしまいます。

志望意欲を伝える上で注意しておきたいポイントは、「学びたい」など、相手側からのギブを強調しすぎないことです。
基本的に志望動機を伝える際の方向性としては、「自分の経験を活かせる」という方向性か「自分の目標を実現できる」という方向性のいずれかが軸になると思います。
この際、採用側からの受けがよいのは前者です。なぜなら、前者については志望動機の中に「病院に対するテイク(与えるもの)」が含まれており、採用側にとって「この人を採用することでどんなメリットがあるのか」が見えやすいからです。
逆に後者の方向性で話す場合、「学びたい」「勉強したい」など「病院からのギブ(貰うもの)」を強調しすぎない点が重要です。病院は教育機関ではなく、知りたいのは「どんな貢献をしてくれるのか」という点ですから、受身な志望動機は求めていないのです。
自分の目標を実現できるという方向性で志望動機を話す場合は、病院側への理念や看護スタイルへの共感を軸として話すのもよいですし、成長したいという気持ちだけではなく、その気持ちと合わせて「そのために何をするか」「どんな貢献をするか」という能動的な姿勢を織り交ぜて話すようにしましょう。

退職理由

採用側が退職理由について尋ねる際の主な質問の意図としては、下記が挙げられます。

  • 相手が働く上で重視するポイントを確認したい
  • 他責性が強いタイプがどうかを確認したい
  • 志望動機との一貫性を見たい
  • 自院に入職後、すぐに辞めないかどうかを確認したい

退職をするということは、夫の転勤などやむをえない事情を除けば、基本的には「自分が理想とする環境と現実の間にギャップがあった」ということです。そのため、退職理由を聞けば、基本的にその人が「どんな環境を理想だと思っているか」が分かるのです。
例えば「職場の人間関係」を理由に挙げる方であれば、給与や仕事内容以上に「人間関係」を重視している方だと言うことが分かるといったイメージです。
病院側としては、退職理由に関する質問を通じて相手が仕事をする上で重視するポイントを確認することで、自院であればその不満を解消し、希望が実現できるかどうかを確認できるのです。

上記のように、退職理由を確認すれば、相手が仕事をする上で重視するポイントが分かります。そのため、もしそのポイントが自院でも叶えることができないポイントなのであれば、せっかく入職してもらってもすぐに辞めてしまう可能性があります。
この人は長く働いてくれそうか、それともすぐに辞めてしまいそうな人か。それを判断する意味でも、採用側は退職理由を重視しています。

退職理由を聞けば、その人が「他責性」が強いタイプの人物か、「自責性」が強いタイプの人物かが分かります。「他責性」とは、何か問題が起きた際に、問題が起こった原因を他人や環境など、自分以外のものに求めようとする性質のことを指します。
その逆に、「自責性」とは、あらゆる問題の原因を自分にあると考え、自分の力で解決できると考える性質のことを指します。
どんな職場にも必ず問題はありますが、それらの問題を人のせいにして自分は悪くないと考えるか、起こっている問題を自分にも原因があると考え、解決に向けて自主的に取り組んでいくか。両者には雲泥の差があり、当然ながら病院が求めるのは自責性が強く、責任感を持って仕事に取り組んでくれる人材です。
そのため、「上司が~だった」「同僚が~だった」「~してもらえなかった」など、退職理由を上司や同僚、職場環境のせいにするような言い方は絶対に避ける必要があります。
他責性が強い話し方をしていると「この人はまた次の職場で問題が起こったら誰かのせいにして辞めるんだろうな」と思われてしまいます。

採用側にとってみれば重要なポイントであるにも関わらず意外と見落されがちなのが、「志望動機と退職理由の一貫性」です。
例えば「職場の人間関係が悪かった」という退職理由と「成長できる環境で働きたい」という志望動機には一貫性がありません。本当に成長できる環境で働きたいと思っている方であれば、少なくとも職場の人間関係を一番の退職理由に挙げることはないはずです。
成長する上では苦手な上司や同僚、患者とも上手くコミュニケーションをとっていくことが重要ですし、そうした葛藤の中で自然と対人関係スキルが磨かれていくからです。
そもそも成長意欲が高い人は自分に負荷をかけることを大事にしますから、自分がやりづらいという環境でこそ頑張ろうと思うはずです。
「職場の人間関係が悪い」という点を一番の退職理由を挙げる方は、「居心地の良い職場で働く」ということをもっとも重要視している可能性のほうが高いのです。もし「成長できる環境で働きたい」という点を志望動機に挙げるのであれば「今の環境では学べることが少なくなってきた」などが自然な退職理由となるはずです。

退職をするということは、人により程度の差はあれ、基本的にはポジティブな理由もネガティブな理由も両方があるはずです。転職により希望を実現したいという積極的な希望もあれば、転職により今の問題を解消したいという消極的な希望もあるのが普通です。
ただし、採用面接においては、ネガティブな退職理由を強調しすぎないようにしましょう。
特に「職場の人間関係」などは、いくら以前の職場環境が悪かったと強調してみたところで、実際に現場で働いていた経験がある人でなければその程度は分かりませんし、他人が客観的な判断をするのはかなり難しいのです。
逆に、そうした問題を強調すればするほど「他責性が強い人物だ」という印象を与えてしまう可能性もあります。論理的に考えると「問題」とは「理想」と「現実」のギャップのことを指します。
そのため、退職理由を伝える際は「以前の職場がこうだった」という「現実」を中心に話すのではなく、「こうしていきたい」という「理想」を中心に話すように心がけましょう。

看護師を目指した理由

この質問を通じて確認したいのは、一言で言えばあなたが「どのような人なのか」という点です。看護師を目指した理由を聞くことで、あなたがどのような考えの持ち主で、どのような性格なのかということがイメージしやすくなります。
「親が看護師で、近くで仕事を見ていてやりがいを感じた」と答える方であれば現実的な考え方をする傾向が強い方だと分かりますし、「テレビドラマを見て面白いと思った」と答える方であれば、より理想を求める傾向が強いと感じます。
また「人の役に立つ仕事が強い」という動機なのか、「こういう自分になれると思った」という動機なのかでも、外向的なタイプなのか、内向的なタイプなのかが分かります。
このように、看護師を目指した理由というその人の原点を確認することで、どのような環境で育ち、どのような影響を受けて今の人格が形成されているのかをある程度把握することができるのです。

ほとんどの方は、看護師を目指したときと、実際に看護の勉強を始めたり現場で働き始めたりしたときとでは、大きなギャップを感じるものです。
実際の看護の現場では厳しい現実や理不尽な局面に迫られることも多々ありますので、最初はその現実にショックを受ける方も多いのですが、経験を積む中で徐々に現実を受容していき、その中で仕事やりがいや理想の看護スタイルがより明確になっていく、というのが一般的です。
面接の際には、こうした過去から現在にかけての看護という仕事に対する考え方や捉え方の変化についてもしっかりと伝えることができると、より説得力が増し、「しっかりとした考えに基づいて自分の人生を生きている自立した人物だ」という印象を与えることができます。
例えば、「~の理由で看護師を目指しましたが、実際に働いてみると、~のように感じることも多くありました。ただ、その中で、~という点に気付くこともでき、学ぶ点も多く、今は~を看護師としてのやりがいに感じています。」などのようにまとめられると、非常に好印象を与えられるでしょう。

看護師として大事にしていること

採用側が看護観について尋ねる際の主な質問の意図としては、下記が挙げられます。

  • 明確な看護観を持っているかを確認したい
  • どのような点に理想とのギャップを感じるかを確認したい

ここで採用側が一番確認したいのは、その人が看護師として自分なりの看護観を持っているかどうか、というポイントです。看護観は人によって異なりますし、何か一つの決まった正解があるわけではありません。
そのため、回答する内容そのものよりも、看護師としての使命感を持ち、自分なりの信念を持って働ける人かどうかを確認したいのです。
こうした看護観や信念を持っているかどうかで、現場で難しい判断を迫られたときに大きな差が出てきます。
自分なりの看護観を持っている方であれば、難しい判断が必要なケースでも自分の信念に沿って判断を下すことができますが、そうした信念を持っていないと、判断ができずにパニックに陥ってしまうことがあります。
看護の現場でもどちらが正解が分からないという場面に日常的に出くわしますが、そのとき看護師が何を優先するかについて自分なりの答えを持っているかどうかで、いざというときに大きな結果の差を生んでしまうのです。

看護観を確認するということは「その人がどのような看護を理想と考えているか」を確認するということです。
相手の理想を確認することによって、どのような点により現実とのギャップを感じやすいかを把握することができ、実際の職場に加わってもらった際に本人がギャップを感じないかどうかを事前にチェックすることができます。
例えば「患者ひとりひとりに寄り添うことで安心感を与えること」を看護師の役割と考えている方であれば、とにかく短時間で大勢の患者をさばかなければいけない環境ではなかなか理想の看護を実践することができないでしょう。
このように、採用側は本人の理想との職場の現実を照らし合わせることで長く働いてもらえそうかどうかを判断しようとしています。

看護観は1つの決まった答えがあるような質問ではないので、基本的にはいかに自分の考えを整理して伝えられるかが重要となります。回答の説得力を増すうえで有効なのが、その看護観を持つに至った具体的な経験・エピソードと紐づけて説明するという方法です。
例えば「今までは自分なりに~を大事にしながら頑張っていたが、あるとき患者の方から~と言われ、自分が今まで~をできていなかったことに気付かされました。その経験をきっかけに、今では~こそが看護師として一番大事にするべきことなのではないかと考えるようになりました。」などのように、経験やエピソードに紐づけると、表面的ではなく実感がこもった自分なりの看護観を伝えることができます。

自分の長所・短所

自分の長所・短所について聞かれた場合、採用側が一番知りたいのは、「あなたの長所・短所がどこなのか」ということよりも「本人が自分自身のことを客観視できているかどうか」という点です。
自分自身の客観視ができておらず、自己認識がずれている人は、なかなか自分の弱点を矯正することができません。客観視できる能力は、その人の潜在的な成長力や修正力と大きく関わってくるのです。

採用側の面接官は、面接のやりとりを通じて応募者の全てを理解することはできません。あくまで理解できるのは会話の内容やその場で感じた印象から受け取ることができる一面に過ぎないのです。
そのため、面接官の立場としては「自分が感じた印象が本当に正しいのかどうか」「自分が見落している応募者の意外なパーソナリティはないか」という点が気になります。
そこで役に立つのが、長所・短所の質問なのです。実際に、過去の経験やエピソードに基づいて長所・短所を話してもらうことで、面接官の候補者に対する印象が大きく覆ることはよくあります。
この観点を踏まえて、長所を伝える際に一番避けたほうがよいのは「コミュニケーション力があります」「初対面の相手にも好印象を与えられる点です」などのような、面接官がその場で判断できるようなポイントを挙げることです。
こうした点を長所として堂々とアピールされると、面接官の本音としては「コミュニケ―ション能力が高いかどうかを判断するのはこっちなんだけど…」「好印象ではないんだけど…」と感じてしまいます。
そうではなく、「どんな困難でも粘り強く継続して取り組めるところ」などのように、面接官が面接の場では把握しきれないようなポイントを強調するのがよいでしょう。

自分のアピールをしなければいけない面接の場で、自分の短所を正直に伝えるのは憚られるという方も多いのではないかと思います。特に、自分が短所と感じている部分に強くコンプレックスを持っている方であれば尚更でしょう。
しかし、面接の場で重要なのは「自分を魅力的に感じてもらう」ことではなく「ありのままを自分を受け入れてもらえるかを確認する」という点です。
自分を飾りたてて入職してしまっても、一緒に働けばいずれ化けの皮ははがれてしまいます。相手の期待値を高めれば高めるほどあとで苦労するのは自分なので、自分で短所を偽るよりは、自分の短所を正直に伝えて、改善の意思があるという点を併せて強調したほうがよいでしょう。
また、実は話を聞いている面接官の立場からしても、長所以上に短所についてしっかりと語ってくれる候補者のほうが魅力的に感じるものですし、あなたが短所だと思っていても、相手からすれば長所だと感じてもらえる可能性もあります。ぜひ、自分自身を良く見せようとせず、自分が感じるありのままの自分を伝えるように心がけると良いでしょう。

インシデントの経験

インシデントの経験について尋ねる際に採用側が確認したいのは、「インシデント経験の有無」ではなく「インシデントを予防するために看護師としてしっかり意識しているか」という点です。
そのため、「インシデントの経験はありません」という回答を求められているわけではないため、過去の経験を隠すことなく、しっかりと伝えるようにしましょう。
また、そのインシデント経験を通じて、現在では医療事故を未然に防止するために、日々どのような点に心がけて業務を行っているか、具体的に説明できるとベストです。

実際に起こしてしまったインシデントだけを説明するのではなく、その原因も的確に説明し、予防策・改善策までを一貫して説明できるかどうかがポイントとなります。
インシデントの原因を的確に把握できていなければ、予防することはできないからです。経験を活かして学ぶことができる人材であるという点を伝えるためには、インシデント経験と本人が考える原因との間に整合性が求められます。
ぜひその点を意識して説明できるようにしておきましょう。

いつから働けるか

「いつから働けますか?」という質問の意図は、基本的には言葉通りです。採用側は、採用が決まると受入れに向けて様々な準備をする必要がありますので、採用に向けた具体的なスケジュールを確認したいのです。
回答する際のポイントは、既に離職をしているか、現職のまま転職活動をしているかによって異なります。既に離職している場合には、素直に入職希望日を伝えれば問題ありませんが、仕事をしながら転職活動をしている場合には、退職交渉、引き継ぎなどの期間を考慮して入職可能日を伝える必要があります。
「退職交渉してみないと分からない」という回答をするわけにもいかないため、退職を申し出てから引き継ぎを実施し、実際に退職できるまでにどの程度の期間がかかるのか、現在の病院の規則や手続き内容、過去の退職者の事例などを予め調べておくとよいでしょう。

転職活動をしている方の中には、内定が決まったら「少し休暇をとって羽を伸ばしてから働きたい」と考えている方もいるかもしれません。
しかし、採用側としては一日でも早く来てほしいというのが本音であるケースがほとんどです。そのため、入職希望日について、内定後の旅行や休暇などを考慮してあまりに先の日程を伝えてしまうと、入職意欲が低いと捉えられて、他の候補者を優先されてしまう可能性もあります。
目安としては、離職中の方であれば1ヵ月以内、現職中の方でも、退職予定日から1ヵ月以内での入職が現実的なラインとなるでしょう。

「いつから働けるか」を聞かれたら、退職までの期間を考慮して、少し余裕を持って伝えておくことも重要です。現在の病院での退職交渉や引継ぎがスムーズに進むとも限りませんし、入職に向けて想定外の準備が必要となるケースもあるからです。
入職意欲を疑われるほど先延ばしにするのは避けなければいけませんが、入職可能日を早めに伝えておいて、いざ退職手続きを進めてみたら全く間に合わなかったという展開になると、受入れ側の病院にもその間の迷惑をかけてしまうことになります。
このあたりの調整に自信がない方は、看護師転職支援会社に仲介してもらうことをおすすめします。

面接のポイントは質問の意図を理解して回答すること

面接時の質問に対して、相手が求める回答をするために重要なのは、その質問の意図をしっかりと理解することです。質問の意図さえ分かっていれば、その質問を通じて相手が本当に確認したいポイントを理解した上で回答ができるからです。

また、回答時によく陥りがちな注意点についてもご紹介しています。質問の意図と併せて「なぜそのような回答がNGなのか」を理解することで、より相手にプラスの印象を与えやすい回答ができるようになります。

ぜひ上記二点を理解した上で、それぞれの質問に対して自分なりの回答を用意してみてくださいね。


人気の看護師転職サイト
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
看護師の転職事情
ベストな転職タイミングとは?
悩み・不満を転職にいかす
看護師不足の今は転職チャンス
看護師に人気の診療科とは?
都道府県別データ
転職の前に
看護師の転職ノウハウ
転職を検討する前の整理
転職サイトの選び方のコツ
転職前に転職先の内情を知る
転職サイトを賢く使う
転職サイトとは
転職サイトの仕組み
メリット・デメリット
転職サイトの選び方
転職サイトの種類・タイプ
コンサルタントを見極める
コンサルタントを味方にする
条件別転職サイトランキング
お祝い金がもらえる
求人数が多い
高給与の求人が多い
顧客満足度が高い
サポート体制が充実している
コンサルタントの質が良い
地方の転職に強い
非常勤・派遣の求人が多い
職場別から探す転職先
大学病院
総合病院
一般病院
精神科病院
療養型病院(慢性期病院)
クリニック(医院・診療所)
科目別から探す転職先
整形外科
産婦人科
内科
小児科
心療内科
精神科
泌尿器科
業務内容から探す
治験コーディネーター(CRC)
フライトナース
ツアーナース
エスコートナース
訪問看護師
タイプから探す
20代前半
20代後半
30代
40代
第二新卒
新卒1年未満
ブランクあり
職種・資格から探す転職理由
正看護師
准看護師
助産師
保健師
働き方から選ぶ転職のポイント
常勤
非常勤
特集企画『転職アンケート』
転職サイトは複数比較するべき
まずはコンサルタント探し
優先順位を決めること
将来を考えた上での転職が必要
自分に合う職場選びが大事
看護師の転職手段
看護師の6つの転職手段
直接応募
求人広告・求人情報誌
友人・知人による紹介
ハローワーク
eナースセンター
転職サイト
求人広告サイト
集合型求人サイト
看護師の転職トレンド
看護師の転職イベント情報
2017/07/26
もう辞めたい…看護師が退職したくなる主な理由
2017/07/24
看護師が復職で考慮すべきポイントとは?
2017/07/14
そうそう!看護師なら一度は感じたことがある職業病あるある
2017/07/14
せっかく転職したのに…転職してもすぐ辞める看護師
2017/07/10
いよいよ初出勤!看護師が転職先でやっちゃいけないNG言動
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.