看護師のベストな転職タイミングを3つの視点からご紹介しています。

転職のタイミングを考える上での3つの視点

看護師が転職するときに考えておくと良いポイント

  • ①看護師の転職市場という視点で考える
  • ②入職時期からメリット・デメリットという視点で考える
  • ③キャリアプランやライフプランに沿っているかという視点で考える

それぞれ詳しく説明していきましょう。

①看護師の転職市場全体では、今がベストなタイミング

まず1つ目の看護師の転職市場全体を見渡してみると、2006年度に導入された7対1看護体制によって、今は看護師が職場で求められている人数と実際に就労可能な看護師の人数がつり合っていない状態です。

そのため、看護師の人材ニーズが就業者数を大きく上回る「超売り手市場」と言われており、転職のしやすさで言えば今がもっともベストなタイミングと言えます。

②1年の中では、4月・夏賞与後・9月・冬賞与後がおすすめ

また、2つ目の転職タイミングのポイントとして、病院などの医療機関の入職動向というところでは、4月、夏賞与後、9月、冬賞与後の4つの時期に入職が多くなっています。

なかでも、4月には多くの病院で新卒採用がありますので、転職者のほうも同時期に入職して基礎研修を受けてしまいたいと考えて動く方が多くなっています。9月も、4月同様に期の変わり目ということで入転職が伸びる時期です。

一方、期末期初以外のタイミングとしては、賞与をもらってから辞めたいと考える方が多いので、夏の賞与後と冬の賞与後にも転職活動が増える傾向にあります。

4月の時期に転職をしようとする方は、転職したい月の2~3ヶ月前から動く方が多いので、待遇の良い求人や人気の病院などはその期間中に応募が集中したり採用予定数に達して求人が終了することも多くなります。

求人自体は、半年前くらいから掲載が開始されますので、応募が集中する2~3ヶ月前を避けて、12月・1月の時期を目安に転職活動のタイミングをずらして早めに開始するのがおすすめです。

ただ、求人案件のなかには、職場で退職や出産などが重なってしまい、どうしても今すぐに人手が欲しいというケースもあります。そういった急ぎの案件では、とにかくスピード重視で好条件の求人を出して手早く求職者を集めることもありますので、あまり賞与のタイミングにこだわりすぎないことも重要です。

③結婚や出産といったライフイベント、資格取得やキャリアプランを見据えておく

ここまでの二つは、転職市場や入職動向に照らして転職すべきタイミングを考えましたが、一番大切なのは個人のキャリアプランやライフプランからタイミングを検討することが必要でしょう。

看護師としてのキャリアプランから転職のタイミングを考える際には、「30歳までに認定看護師になっていたい」「3年後に活動の場を海外や被災地に移していきたい」など、自分が将来どう仕事に携わって行きたいかというところから時期を逆算をして、自分にとっていつがベストなタイミングかを検討することになります。

自分にとってベストといえる働き方をするために、いつまでにどのようなスキルを身につけるか、いつまでにどのようなポジションで仕事をしていきたいか、といったことを踏まえて転職のタイミングを決定しましょう。

一方、ライフプランから転職のタイミングを考える際には、「30歳までに結婚して子供を産みたい」「40代以降は地方で暮らしたい」「60歳までに3000万円ほど老後資金を蓄えておきたい」など、今後の人生のなかでどういう生き方をしていきたいのかという部分についても考える必要があります。

将来どういう生き方をしたいのかによって、何歳までにいくらが必要になるのか、充実した人生を送るためにはいつの時点から仕事とプライベートの時間の比率を変えていけばよいのか、といったことが大きく異なりますので、子育てや趣味など自分が人生の中で大切にしたいと考えていることにしっかりと時間やゆとりを確保できるように、ベストなタイミングを検討すると良いでしょう。

看護師の転職タイミングのまとめ

  • 看護師の転職市場から考えると、今は転職しやすい傾向
  • 1年の中では、4月(新卒看護師の入職)・夏の賞与後・9月(期の変わり目)・冬賞与後が狙い目
  • 結婚・出産はいつ頃したいか、いつまでにどこで・どんな働き方をしたいかを検討しておく

ベストタイミングで転職するために、転職サイトを活用しましょう

「転職活動を積極的にするほどではないけど、今の職場よりも良さそうな求人があれば転職したい」と考えている方は、希望する条件の求人が出てきたらすぐに教えてもらえるように転職サイトに登録をして活用するのが効率的です。

具体的には、看護師専門の転職サイトの中から信頼できる数社を選び、会員登録をしたうえで、担当のキャリアアドバイザーに自分自身の希望だけを伝えておきます。そして、希望に合った求人が出てきたら連絡をするようにお願いをしておくのです。その際は、できるだけ具体的に条件を伝えることがポイントです。

あまり漠然と条件を伝えてしまうと、予想以上に多くの求人が届いてしまうことになり、かえって非効率ということにもなりかねません。ピンポイントで希望条件に合致する求人だけをチェックできる状況を整えるためにも、「この条件なら転職したい」と思える条件であらかじめ求人をピックアップしておいてもらうことが大切です。

また、転職サイトによっては、担当のコンサルタントがキャリアプランニングやライフプランニングの相談に乗ってくれることもありますので、求人探しの部分だけでなくコンサルタントと一緒にベストな転職タイミングを探っていくことが重要です。

看護師のおすすめ転職情報や求人情報を効率的に収集したいのであれば、下記3社は全国のほとんどの求人を網羅することができるのでおすすめです。

いずれも看護師転職サイトでは大手として知られる企業で、10万件以上の豊富な求人を保有しています。求人情報を収集しながら、良い求人があればすぐにでも転職したいと考えている方には、こうした数多くの求人をもつ転職サイトに登録することがおすすめです。

人気の看護師転職サイト
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
看護師の転職事情
ベストな転職タイミングとは?
悩み・不満を転職にいかす
看護師不足の今は転職チャンス
看護師に人気の診療科とは?
都道府県別データ
転職の前に
看護師の転職ノウハウ
転職を検討する前の整理
転職サイトの選び方のコツ
転職前に転職先の内情を知る
転職サイトを賢く使う
転職サイトとは
転職サイトの仕組み
メリット・デメリット
転職サイトの選び方
転職サイトの種類・タイプ
コンサルタントを見極める
コンサルタントを味方にする
条件別転職サイトランキング
お祝い金がもらえる
求人数が多い
高給与の求人が多い
顧客満足度が高い
サポート体制が充実している
コンサルタントの質が良い
地方の転職に強い
非常勤・派遣の求人が多い
職場別から探す転職先
大学病院
総合病院
一般病院
精神科病院
療養型病院(慢性期病院)
クリニック(医院・診療所)
科目別から探す転職先
整形外科
産婦人科
内科
小児科
心療内科
精神科
泌尿器科
業務内容から探す
治験コーディネーター(CRC)
フライトナース
ツアーナース
エスコートナース
訪問看護師
タイプから探す
20代前半
20代後半
30代
40代
第二新卒
新卒1年未満
ブランクあり
職種・資格から探す転職理由
正看護師
准看護師
助産師
保健師
働き方から選ぶ転職のポイント
常勤
非常勤
特集企画『転職アンケート』
転職サイトは複数比較するべき
まずはコンサルタント探し
優先順位を決めること
将来を考えた上での転職が必要
自分に合う職場選びが大事
看護師の転職手段
看護師の6つの転職手段
直接応募
求人広告・求人情報誌
友人・知人による紹介
ハローワーク
eナースセンター
転職サイト
求人広告サイト
集合型求人サイト
看護師の転職トレンド
看護師の転職イベント情報
2017/07/26
もう辞めたい…看護師が退職したくなる主な理由
2017/07/24
看護師が復職で考慮すべきポイントとは?
2017/07/14
そうそう!看護師なら一度は感じたことがある職業病あるある
2017/07/14
せっかく転職したのに…転職してもすぐ辞める看護師
2017/07/10
いよいよ初出勤!看護師が転職先でやっちゃいけないNG言動
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.