ツアーナースの特徴やツアーナースに転職するメリット・デメリットについてご紹介します。

ツアーナースはプライベートと両立ができる人気の仕事

ツアーナースとは、数日から一週間ほど団体旅行に同行し、旅行者が安全に過ごせるようサポートする仕事です。空いている時間に働くことができるので、仕事とプライベートを両立したい方に人気のお仕事となっています。

小中学校の遠足や修学旅行、スポーツ合宿、また国内だけでなく海外への付き添いもあるので、世界中で自分の看護スキルを活かすことができます。 仕事とはいえ、海や山、歴史スポット、海外などさまざまな旅行先へ付き添うことができるため、旅行好きの看護師の方の間ではとても人気のある仕事です。

以下では、ツアーナースで働きたい方のために、ツアーナースの仕事内容や特徴、メリット・デメリットなど、採用のためのポイントをご紹介していきます。

ツアーナースの仕事の内容

ツアーナースは、旅行者の健康管理と傷病者の応急処置が主な仕事です。旅行に添乗し一緒に行動しながら、旅行者の健康状態チェックや傷病者が出た時の対応を行います。
具体的な仕事の内容としては、乗り物酔いをした人への対応、服薬の確認、突発的なケガ・体調不良への応急処置、検温結果から健康状態をチェックをするなどです。

旅行者の中には慣れない環境で体調を崩す人もいますし、旅行者が持病を持っている場合は発作を起こすこともありますから、いざという時にどういった対応をすべきかよく確認しておかねばなりません。

ツアーナースのメリット

ツアーナースとして働いている看護師の方から聞くツアーナースの代表的なメリットには、下記が挙げられます。

  • たくさんの人とコミュニケーションをとることができる
  • 勤務ごとにいろいろな場所へ行ける
  • 自分の好きなタイミングで働くことができる

たくさんの人とコミュニケーションをとることができる

ツアーナースは、毎回初めて会う人達とコミュニケーションをとりながら寝食を共にすることで、連帯感が生まれるのを感じることができます。たくさんの人と出会うチャンスがあるという点もツアーナースの魅力です。

勤務ごとにいろいろな場所へ行ける

ツアーナースは、常に看護業務を行っているわけではないため、ツアーの間トラブルがなければ色々な場所への旅行を楽しむことができます。そのため、旅行好きの看護師の方には人気のある仕事と言えます。 旅行先は国内から海外まで幅広く、旅行の種類も遠足や合宿、修学旅行や社員旅行など、様々な旅行に同行することになります。

自分の好きなタイミングで働くことができる

ツアーナースは、短期アルバイトや単発での仕事が大半になるため、自分の好きなタイミングで仕事ができるというメリットがあります。普段、看護師として働いている方でも副業やお小遣い稼ぎのためにダブルワークをしているという看護師の方も少なくありません。

ツアーナースのデメリット

ツアーナースとして働いている看護師の方から聞くツアーナースの代表的なデメリットには、下記が挙げられます。

  • 1勤務あたりの拘束時間が長い
  • 看護に関するある程度の知識と経験が必要
  • 1人で看護をこなす必要がある

1勤務あたりの拘束時間が長い

ツアーナースは、ツアー参加者に何かあればすぐに対処しなければならないため、24時間待機となりますが、その間の交通費や食費などの費用は主催側が負担してくれることが多く、基本的に看護師が負担することはありません。

看護に関するある程度の知識と経験が必要

ツアーナースは、旅行中にけが人や急病人が出た場合、自分で判断して適切な対処をする必要があります。仕事にあたっては、最低限の疾病の知識や病院受診させるかの判断が求められ、責任が重くなる点には注意が必要です。

1人で看護をこなす必要がある

ツアーナースは、大体1ツアーに1名であることが多いため、何かがあったときに自分一人で判断して適切に対応する必要があります。また、1人でツアー参加者全員の健康管理をする必要があるため、責任の重さからストレスやプレッシャーを感じる方も少なくありません。

ツアーナースの求人の特徴と給与

ツアーナースの求人の特徴

ツアーナースがダブルワーク向きである理由にもなりますが、ツアーナースは、基本的に派遣や短期のアルバイトとして就業する形となるため、正社員として雇われるケースは少ない傾向にあります。

求人が多くなる時期は、ツアーが多いゴールデンウィークやシルバーウィーク、年末年始、修学旅行の多い5~6月・9~10月は仕事が集中しており、オフシーズンになると求人がぱたりと無くなるということも珍しくありません。
インターネット上で「ツアーナース」と検索すると色々な情報がヒットしますが、求人そのものはとても少ないことが分かります。ツアーナースの求人を掲載しているのは、看護師専門の求人サイトなど、ごく一部のサイトに限られています。

ツアーナースの給与

ツアーナースは、正社員での採用は珍しく、短期のアルバイトや派遣としての仕事になることが多いです。そのため、ツアーナースの給与は日給であることが一般的です。
ツアーナースの日給は、ツアーの内容によって異なりますが、1日1~1.4万円、2泊3日3万円、3泊4日4~5万円くらいが相場となっています。

ツアーナースにはこんな方におすすめ

下記に当てはまる方は、ツアーナースのお仕事がおすすめです。

  • プライベートと仕事を両立したい方
  • 多くの人とコミュニケーションをとりながら仕事がしたい方
  • 旅行が好きな方
  • ブランクから復帰したい方
  • 副業、お小遣い稼ぎをしたい方

ツアーナースの求人を探すときのポイント

ツアーナースの求人は、一般的な求人サイトやハローワークで公開されることがほとんどなく、看護師専門の転職サイトの非公開求人として取り扱われることが多いため、 効率的に情報を収集するためにも転職エージェントを積極的に活用すると良いでしょう。

転職エージェントは登録しておくだけで、自分の希望に合う求人を探してくれたり、転職先の候補となる職場の内部情報を無料で提供してくれます。
ツアーナースの求人情報が知りたいという方は、全国でツアーナースの求人を網羅している下記の看護師専門転職エージェントを利用すると良いでしょう。

転職エージェントは、相談したからといって必ず転職する必要はありません。転職エージェントでは、まだ転職するかを悩んでいる方に対しても、「そもそも転職する必要があるのかどうか」という根本的な部分から相談に乗ってくれますので、彼らを上手に活用して転職活動をうまく進めましょう。


人気の看護師転職サイト
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
看護師の転職事情
ベストな転職タイミングとは?
悩み・不満を転職にいかす
看護師不足の今は転職チャンス
看護師に人気の診療科とは?
都道府県別データ
転職の前に
看護師の転職ノウハウ
転職を検討する前の整理
転職サイトの選び方のコツ
転職前に転職先の内情を知る
転職サイトを賢く使う
転職サイトとは
転職サイトの仕組み
メリット・デメリット
転職サイトの選び方
転職サイトの種類・タイプ
コンサルタントを見極める
コンサルタントを味方にする
条件別転職サイトランキング
お祝い金がもらえる
求人数が多い
高給与の求人が多い
顧客満足度が高い
サポート体制が充実している
コンサルタントの質が良い
地方の転職に強い
非常勤・派遣の求人が多い
職場別から探す転職先
大学病院
総合病院
一般病院
精神科病院
療養型病院(慢性期病院)
クリニック(医院・診療所)
科目別から探す転職先
整形外科
産婦人科
内科
小児科
心療内科
精神科
泌尿器科
業務内容から探す
治験コーディネーター(CRC)
フライトナース
ツアーナース
エスコートナース
訪問看護師
タイプから探す
20代前半
20代後半
30代
40代
第二新卒
新卒1年未満
ブランクあり
職種・資格から探す転職理由
正看護師
准看護師
助産師
保健師
働き方から選ぶ転職のポイント
常勤
非常勤
特集企画『転職アンケート』
転職サイトは複数比較するべき
まずはコンサルタント探し
優先順位を決めること
将来を考えた上での転職が必要
自分に合う職場選びが大事
看護師の転職手段
看護師の6つの転職手段
直接応募
求人広告・求人情報誌
友人・知人による紹介
ハローワーク
eナースセンター
転職サイト
求人広告サイト
集合型求人サイト
看護師の転職トレンド
看護師の転職イベント情報
2017/07/26
もう辞めたい…看護師が退職したくなる主な理由
2017/07/24
看護師が復職で考慮すべきポイントとは?
2017/07/14
そうそう!看護師なら一度は感じたことがある職業病あるある
2017/07/14
せっかく転職したのに…転職してもすぐ辞める看護師
2017/07/10
いよいよ初出勤!看護師が転職先でやっちゃいけないNG言動
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.