保健師の仕事の特徴やメリット・デメリット、転職のポイントについてご紹介します。

代表的な自治体から教育機関、一般企業まで、職場の選択肢が多い保健師

保健師は、保健指導や健診、電話や窓口相談が主な仕事で、看護師や助産師とは異なり、夜勤が少なく、福利厚生が充実していることから人気の資格のひとつです。

また、保健師の資格を持っていることで、保健所、保健センター、大学など、看護師よりも働く職場の選択肢が増えることも保健師の人気を後押ししています。
今では、高度先進医療の一般普及や医療サービスの多角化が急速に進んできており、保健師が活躍できる現場も在宅・介護を中心に、一般企業内まで広がってきています。

保健師の仕事は、さまざまな職場で求められており、やりがいのある仕事ですが、保健師ならではの悩みも少なくありません。
ここでは、保健師の方の転職理由や保健師ならではの悩み、求人の特徴や転職のポイントについてご説明していきます。

保健師の転職理由

実際に転職した保健師の方に聞いた保健師の代表的な転職理由は下記が挙げられます。

  • 看護技術が身につかない
  • 管理職になれない、リーダー業務につけない
  • 住民本位の仕事ができないことがある
  • 人付き合いがストレスになることも

看護技術が身につかない

保健師が行う保健活動の理念は「健康な人をより健康な生活を送るのを助ける」ことにあるため、疾病を持って医療機関にかかる患者さんを助ける看護師とは異なり、医療の知識が不足しがちになります。
地域の高齢者の方との会話のなかで、看護師としての知識不足を感じ、より医療に近い現場でもっと勉強をしたいと感じる方も多いようです。

事務処理能力、調整能力、企画力が求められる

事業を進めるにあたっても、国や県の法律に沿う必要があることから、看護師とは異なり、事務処理能力や調整能力、企画力を求められます。
そのため、看護職であっても、看護師とは仕事内容がまったく違うという点で、理想とのギャップを感じたことを転職理由に挙げた方もいらっしゃいます。

住民本位の仕事ができないことがある

保健師の仕事では、住民の方のためにやっている健診でも、事務処理や調整しながら業務をスムーズにこなすことも求められます。
本来、保健師が取り組むべき現場の仕事ができず、住民の方に対し親身に取り組み意識を変えながら保健指導をしていくことができないことに疑問を感じる方も多いようです。

人付き合いがストレスになることも

保健師の仕事は、看護師のように早急に命に関わるような仕事ではありませんが、行政の一般職の方、住民の方、関係機関の方など、多くの人と関わる必要があります。
また、勤め先の体制や考え、昔ながらの慣習がストレスになったり 、看護師のように、1人の方とじっくり向き合うことができないことが精神的負担となって、転職を検討される方も少なくありません。

保健師ならではの悩み

看護大学では、カリキュラムの中に「保健師コース」があることは、皆さんご存知のことかと思います。助産師専攻コースはどの大学も人数制限があり難関ですが、保健師専攻は比較的容易に取れるため、大卒看護師のかなりの割合の人が、看護師と保健師のダブル資格者となっています。
大学側は、卒業時にダブル資格者であること、または助産師の資格をプラスしてトリプルで資格を取れることを売りにしていますし、資格はないよりあった方がいいということから3つの資格を保有している方も少なくありません。

こうした背景から、保健師で転職をお考えの方のなかには、転職して保健師の仕事を続けるよりも、看護師や助産師に転職したいと考える方もいらっしゃいます。

患者さんと寄り添って仕事をしたい気持ちから転職へ

保健師の仕事は、専門職でありながら事務職の割合が多いことに疑問を感じ、ひとりひとりとじっくり向き合って力になってあげたいという気持ちから看護師や助産師への転職を検討される方が少なくありません。

看護師や助産師に転職するときの注意点のひとつとしては、看護師や助産師の仕事には保健師とは異なり、夜勤があることでしょう。
看護師や助産師に転職することで、今までの仕事内容だけでなく、生活スタイルが大きく変わることになります。実際に、看護師や助産師に転職された方は、今まで経験していなかった夜勤に最初のうちは戸惑ったり、続けられるか不安になることもあったそうです。

しかし、患者さんに合った看護を提供すれば良い看護の仕事は、物事の調整や企画も仕事となる保健師の仕事とは異なり、自身の成長や達成感を感じることができるという点でも魅力に感じる要因となっています。

保健師から看護師、助産師に転職したいという方は、転職の前にしっかりと仕事内容や自分の希望を整理して、事前調査をしてから転職活動に臨むことをおすすめします。

以下では、実際に保健師から看護師、保健師から助産師に転職した方のお話をご紹介しておきましょう。

保健師から看護師に転職した方の体験談

「患者さん本位の看護をできれば良い看護師の仕事が魅力」

新卒で産業保健師を3年経験した後、看護師として総合病院に転職しました。住民の皆さんと接するなかで、相談されても答えることができない医療知識があったり、企画や調整といった事務仕事が多い仕事よりも看護師としてキャリアを積みたいと考えて、看護師への転職を決めました。

保健師から助産師に転職した方の体験談

「保健師のままでは相談に乗れなかった悔しさから助産師を目指しました」

保健師として母子の家庭訪問をしたときに、母乳で育児をしたくてもお乳が出なくて悩んでいたお母さんに出会ったことが転職のきっかけです。助産師の資格は持っていましたが、経験もなかったのでしっかりと相談に乗ることができず悔しかったです。

保健師の求人の特徴・年収について

保健師の求人の特徴

厚生労働省の公表する平成26年の求人倍率によると、保健師は約2.78倍となっており、正看護師3.17倍、助産師の約4倍と比較するとやや低い水準となっています。
ですが、実際に保健師の就職先には、自治体、企業、健保組合、病院の健診センターなどを中心に多岐に渡ります。

近年では、こうした就職先以外にも、民間企業の会社員保健師や産業カウンセラー、衛生管理者としての求人もあるため、自分にあった転職先を見つけたいという方は、転職に関するさまざまなアドバイスやサポートを受けることができる転職エージェントを活用すると良いでしょう。

保健師の年収

保健師の年収は、約400~500万円程度となっており、看護師の平均年収471万円と比較しても同水準となっています。ただし、保健師は職場の種類が多岐に渡るため、職場の種類や勤務体系によってさらに幅は広がってきます。
産業保健師や市町村センターの業務委託として勤務する場合、年収300万円程度となってしまうケースもあるため、転職前にはしっかりと調査することをおすすめします。

保健師の方が転職を成功させるポイント

保健師のまま働き続けたい方

保健師の主な就職先は、自治体勤務の行政保健師が代表的な職場として知られていますが、近年では少子高齢化や住民ニーズが多様化していることから、需要が高まってきています。
ただし、行政保健師の場合、職員募集の時期が決まっていたり、企業などで勤務したいという場合には求人が出るタイミングを見計らう必要があったりと、自分一人で転職活動に臨むことは難しいこともあるでしょう。

そうしたときには転職エージェントを活用することをおすすめしています。保健師としての仕事が多忙で、転職活動に十分な時間が割けない方は、応募先とのやりとりだけでもかなりの負担になってしまうことがあります。
こうした手続が面倒な方は、応募先の選定、応募先の内部情報の収集、面接の段取り、履歴書の作成サポート、条件交渉など、転職で必要なさまざまな活動を代行してくれる転職エージェントを登録すると良いでしょう。

ここで紹介する転職エージェントは、保健師に特化した転職エージェントで、転職先の情報をきちんとインタビューしてから求人を紹介してくれる優良の転職エージェントになります。ぜひ参考にしてみてください。


保健師から看護師や助産師に転職したい方

保健師から看護師や助産師に転職を検討している方の場合、面接では今までのキャリアを踏まえて、なぜ看護師や助産師を目指すことにしたのかを聞かれることになります。
この場合も、転職エージェントを活用することで、さまざまな面接対策のアドバイスを受けることができます。彼らは、合格率を高めるための履歴書の書き方のアドバイスや退職交渉に関するアドバイスなど、転職活動時に心強いさまざまなサポートを提供してくれます。

看護師や助産師には未経験で初めて転職する、長年保健師を続けてきたが看護師や助産師にキャリアを変更したいと考えている、といったようにキャリアの再構築を目指したい方はぜひ活用したいサービスです。

下記の転職エージェントは、紹介実績が年間で10万人以上となる看護師や助産師専門の転職エージェントで、保健師の方でも利用できる転職エージェントですのでぜひ活用してみてください。



「職種・資格から探す」のその他のコンテンツを見る

正看護師
准看護師
助産師
保健師
人気の看護師転職サイト
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
看護師の転職事情
ベストな転職タイミングとは?
悩み・不満を転職にいかす
看護師不足の今は転職チャンス
看護師に人気の診療科とは?
都道府県別データ
転職の前に
看護師の転職ノウハウ
転職を検討する前の整理
転職サイトの選び方のコツ
転職前に転職先の内情を知る
転職サイトを賢く使う
転職サイトとは
転職サイトの仕組み
メリット・デメリット
転職サイトの選び方
転職サイトの種類・タイプ
コンサルタントを見極める
コンサルタントを味方にする
条件別転職サイトランキング
お祝い金がもらえる
求人数が多い
高給与の求人が多い
顧客満足度が高い
サポート体制が充実している
コンサルタントの質が良い
地方の転職に強い
非常勤・派遣の求人が多い
職場別から探す転職先
大学病院
総合病院
一般病院
精神科病院
療養型病院(慢性期病院)
クリニック(医院・診療所)
科目別から探す転職先
整形外科
産婦人科
内科
小児科
心療内科
精神科
泌尿器科
業務内容から探す
治験コーディネーター(CRC)
フライトナース
ツアーナース
エスコートナース
訪問看護師
タイプから探す
20代前半
20代後半
30代
40代
第二新卒
新卒1年未満
ブランクあり
職種・資格から探す転職理由
正看護師
准看護師
助産師
保健師
働き方から選ぶ転職のポイント
常勤
非常勤
特集企画『転職アンケート』
転職サイトは複数比較するべき
まずはコンサルタント探し
優先順位を決めること
将来を考えた上での転職が必要
自分に合う職場選びが大事
看護師の転職手段
看護師の6つの転職手段
直接応募
求人広告・求人情報誌
友人・知人による紹介
ハローワーク
eナースセンター
転職サイト
求人広告サイト
集合型求人サイト
看護師の転職トレンド
看護師の転職イベント情報
2017/07/26
もう辞めたい…看護師が退職したくなる主な理由
2017/07/24
看護師が復職で考慮すべきポイントとは?
2017/07/14
そうそう!看護師なら一度は感じたことがある職業病あるある
2017/07/14
せっかく転職したのに…転職してもすぐ辞める看護師
2017/07/10
いよいよ初出勤!看護師が転職先でやっちゃいけないNG言動
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.