助産師の仕事の特徴やメリット・デメリット、転職のポイントについてご紹介します。

産婦人科医数減少に伴って、高まる助産師への期待

患者さんは、妊娠や出産にはとても大きな不安を抱えているので、その妊産婦の不安や恐怖感を緩和する事や、無事出産出来るための妊産婦への保健指導・出産時の介助・育児相談などを行う事が助産師の仕事となります。
そのため、助産師は同僚のスタッフだけでなく、妊婦さんやその家族とも信頼関係を築くことが求められる仕事ですが、そうした経験を自身の出産や育児に活かすことができることからも人気のある職種です。

また、近年では、初産の高年齢化に合わせた看護ケアや不妊治療に対する専門的な知識など、ニーズやトレンドに合わせて独自に学習を進めることが求められています。
この背景には、産科専門の医師は外来や病棟業務で忙殺されやすいことから、助産師の業務範囲を広げることで、医師の軽減負担が期待されていることがあります。

助産師の仕事は、このように非常にやりがいのある仕事ですが、助産師ならではの悩みも少なくありません。
ここでは、助産師の方の転職理由や助産師ならではの悩み、求人の特徴や転職のポイントについてご説明します。

助産師の転職理由

助産師の方に聞いた助産師の代表的な転職理由には、下記が挙げられます。

  • 夜勤がある
  • 助産師の仕事に就けない
  • 研修環境が整っていない

夜勤がある

助産師は、お産や緊急入院があるため、夜勤がある仕事です。仕事内容も、一人で夜勤にあたるだけでなく、異常分娩や緊急カイザーといった緊急事態もありえることから、勤務中から緊張とプレッシャーでストレスを感じる場面も少なくありません。
また、休日が少なかったり、分娩待機があったり、など、プライベートの時間は少なくなりがちなため、自分が経験した出産で助産師さんにお世話になって助産師に憧れて志したという人でも、転職を検討することがあるようです。

助産師の仕事に就けない

総合病院などの大きな病院の場合、助産師として産科に配属されないこともあります。なかには、何年かは看護師として働いてからでないと助産師として働くことができない病院もあるため、助産師としての転職先を選ぶ場合にはあらかじめ希望の転職先の内部事情を調べておくと良いでしょう。

研修環境が整っていない

助産師の仕事は、急変時や緊急時に自分1人で判断する必要があるため、看護師よりも高度な判断力を求められます。そのため、正常な状態から逸脱した事例ではどのように対応するか、経験を積まなければ分からないことをフォローをしてくれる環境が必要です。
ですが、病院によっては、そうしたフォローも充分にしてもらえないため、プレッシャーから転職を検討される方も少なくありません。

助産師ならではの悩み

また、助産師ならではの悩みとして、看護師の資格を持っているからこそ、「今は助産師として働いているが看護師として働きたい」という声をよく聞きます。

助産師から看護師に転職することは、基本的にゼロから看護師として働き始めるか、過去の看護師経験からのブランクを経て復帰することになるため、容易なことではありません。

そこで、以下では、実際に助産師から看護師へ転職して、将来助産師に復帰したいと考えている方のお話をご紹介しましょう。

看護師に転職後、将来はまた助産師に戻りたい

「将来はまた助産師として働きたいと考えてます。」

助産師として10年働いてから、看護師として働いています。内科で2年、ICUで2年働いていて、もう何年かしたら、経験したことを活かして助産師に戻りたいと考えています。

助産師から看護師に転職した方が「転職して良かった」と言う代表的なメリットは、産婦人科以外の看護の勉強(この方の場合、体位変換やリハビリ介助、手術患者の受け入れなど)ができ、経験を積んで自分の視野を広げることができたということです。

一方で、一定期間助産師から離れてしまうことで、また助産師として分娩に携わったときに、母児ともに安全で患者さんの満足いくような分娩ができるか、母乳ケアができるか、などを不安に感じたそうです。

助産師の仕事から離れてしまうと知らない単語が出てきたり、自分が助産師をしていたときとまったく違うことがトピックスが話題になっていたりしてしまうので、この方は、定期的に産科関連の学会に行って、定期的に助産師としての情報をキャッチアップするなど、日頃からブランクを埋める努力をされているとのことでした。

看護師も似た傾向がありますが、助産師は技術職としての一面があるため、ブランクがあることに不安を感じる方は少なくありません。
助産師から看護師への転職を考えている方は、看護師になってからも助産師としての技術を忘れないために、学会に定期的に通ったり、ブランクあけの支援をしてくれる勤め先をしっかり探すなど、将来の再転職も見据えて転職先を検討すると良いでしょう。

助産師の求人の特徴・年収について

助産師の求人の特徴

「出産難民」や「妊婦のたらいまわし」といった言葉に代表されるように、助産師の働き先となる産婦人科は減少傾向にあります。産科は、他の成人病科目と比較して、同じケアでも医療費がかさむことや、産科医の訴訟リスクが高いということから、閉院が相次いでいます。
そうした背景から、助産師の存在意義は高まりを見せており、有効求人倍率は4倍以上と、看護師全体の求人倍率3.17倍を大きく上回る水準となっています。

助産師は、求人が豊富で転職先に困るようなことはありませんが、業務ボリュームや研修制度の充実度、人間関係の良好さを吟味して転職先を決めたい場合には、じっくりと比較検討しながら転職活動を行なう必要があるでしょう。

助産師の年収

助産師の年収は、看護師より高度な水準を要求される仕事であることから、看護師の平均的な年収約475万円と比べても高めの約530万円が相場となっています。また、助産師は、夜勤も多く、基本給以外の手当が増えることによって高い年収を得られる傾向にあります。

年収の高さと業務の忙しさは比例することが多いため、自身のキャリアや働きやすさと比較検討しながら転職活動を行うと良いでしょう。

助産師の方が転職を成功させるポイント

助産師のまま働き続けたい方

助産師は、病院の規模によって入職してから助産師の仕事をできないというケースや、入職してみたら研修環境がまったく整っていない職場だったということがあります

助産師の求人は豊富な傾向がありますが、日々助産師の仕事で忙しく自分にあった職場の求人を探すことが難しいという方は、転職エージェントを活用することがおすすめです。

転職エージェントは、数多くの看護師の方の転職相談に乗る中で、どの病院や施設で働いていた看護師がどんな転職理由で相談に来たのかというデータベースを持っています。
そこで、実際にその病院や施設で働いていた看護師からの口コミ情報が数多く蓄積されており、それらの情報を基にして希望する病院や施設の内情についても詳しく教えてくれます。
転職に当たっては、転職先がどのような職場環境か、担当に付くキャリアアドバイザーを通してしっかりと調べておくと良いでしょう。

ここでは、しっかりとした取材や調査に基づいて、病院や施設など紹介先の情報をきちんと把握している、助産師専門転職エージェントを厳選してご紹介します。


看護師に転職したい方

助産師から看護師に転職を検討している方の場合、面接では今までのキャリアを踏まえて、なぜ看護師を目指すことにしたのかを聞かれることになります。
この場合も、転職エージェントを活用することで、さまざまな面接対策のアドバイスを受けることができます。彼らは、合格率を高めるための履歴書の書き方のアドバイスや退職交渉に関するアドバイスなど、転職活動時に心強いさまざまなサポートを提供してくれます。

看護師には未経験で初めて転職する、長年助産師を続けてきたが看護師にキャリアを変更したいと考えている、といったようにキャリアの再構築を目指したい方はぜひ活用したいサービスです。

下記の転職エージェントは、紹介実績が年間で10万人以上となる看護師専門の転職エージェントで、助産師の方でも利用できる転職エージェントですのでぜひ活用してみてください。



「職種・資格から探す」のその他のコンテンツを見る

正看護師
准看護師
助産師
保健師
人気の看護師転職サイト
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
看護師の転職事情
ベストな転職タイミングとは?
悩み・不満を転職にいかす
看護師不足の今は転職チャンス
看護師に人気の診療科とは?
都道府県別データ
転職の前に
看護師の転職ノウハウ
転職を検討する前の整理
転職サイトの選び方のコツ
転職前に転職先の内情を知る
転職サイトを賢く使う
転職サイトとは
転職サイトの仕組み
メリット・デメリット
転職サイトの選び方
転職サイトの種類・タイプ
コンサルタントを見極める
コンサルタントを味方にする
条件別転職サイトランキング
お祝い金がもらえる
求人数が多い
高給与の求人が多い
顧客満足度が高い
サポート体制が充実している
コンサルタントの質が良い
地方の転職に強い
非常勤・派遣の求人が多い
職場別から探す転職先
大学病院
総合病院
一般病院
精神科病院
療養型病院(慢性期病院)
クリニック(医院・診療所)
科目別から探す転職先
整形外科
産婦人科
内科
小児科
心療内科
精神科
泌尿器科
業務内容から探す
治験コーディネーター(CRC)
フライトナース
ツアーナース
エスコートナース
訪問看護師
タイプから探す
20代前半
20代後半
30代
40代
第二新卒
新卒1年未満
ブランクあり
職種・資格から探す転職理由
正看護師
准看護師
助産師
保健師
働き方から選ぶ転職のポイント
常勤
非常勤
特集企画『転職アンケート』
転職サイトは複数比較するべき
まずはコンサルタント探し
優先順位を決めること
将来を考えた上での転職が必要
自分に合う職場選びが大事
看護師の転職手段
看護師の6つの転職手段
直接応募
求人広告・求人情報誌
友人・知人による紹介
ハローワーク
eナースセンター
転職サイト
求人広告サイト
集合型求人サイト
看護師の転職トレンド
看護師の転職イベント情報
2017/02/25
看護師最新ニュース~国家試験、難易度アップの謎
2017/02/23
最新看護師ニュース~日本看護協会の新しい「看護業務基準」
2017/02/18
看護師最新ニュース~1年目の看護師が考えること
2017/02/15
看護師最新ニュース~能力を引き出す「音楽療法士」の役割
2017/02/04
看護師最新ニュース~世界で働く看護師特集
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.