エスコートナース(搬送看護師)の特徴やエスコートナース(搬送看護師)に転職するメリット・デメリットについてご紹介します。

看護師のレア職種「エスコートナース(搬送看護師)」とは?

看護師のなかでもレアな職種である国際的に活躍するエスコートナースという仕事をご存知でしょうか?エスコートナースは自力で移動できない・移動途中で医療行為を必要とする医療者の付き添いが必要とされた患者に医療のプロとして付き添い、希望の場所まで安全に送り届ける仕事です。

以下では、エスコートナースの仕事内容やメリット・デメリット、給与など、転職するために知っておきたい転職のポイントをご紹介します。

エスコートナース(搬送看護師)の仕事の内容

エスコートナースの仕事は、海外での仕事や旅行の際にけがや病気をして病院に搬送された患者さんが、治療のために日本へ帰国しなければならない場合の道中の付き添いや患者さんの状態管理、急変時の処置になります。
エスコートナースの対処する患者さんは日本人とは限らず、日本国内でけがや病気をして自国へ帰国しなければならない外国人の患者さんを搬送することもあります。

エスコートナース(搬送看護師)のメリット

エスコートナースとして働いている看護師の方から聞くエスコートナースの代表的なメリットには下記が挙げられます。

  • 将来性がある仕事
  • 看護技術や知識が活かせるためやりがいがある

将来性がある仕事

外国と比べて海外で仕事をすることが少ない日本ではエスコートナースのニーズは少なかったのですが、近年では2020年の東京オリンピック開催が決まったこともあり、日本人でも海外で働く人が増えてきたこと、海外からの旅行者が増えてきたことでエスコートナースのニーズは高まってきています。

看護技術や知識が活かせるためやりがいがある

エスコートナースは、搬送する患者さんの病態や病状に合わせてさまざまなけがや病気の対処をすることになるので、1人で適切な状況を把握して処置を行う必要があり、責任が重くなりますが、やりがいのある仕事です。

エスコートナース(搬送看護師)のデメリット

一方、エスコートナースとして働いている看護師の方から聞くエスコートナースの代表的なデメリットには下記が挙げられます。

  • 夜中の緊急搬送もある
  • 英語の能力が必須となる

夜中の緊急搬送もある

エスコートナースの仕事の依頼は2~3日前にされることが一般的ですが、突然連絡が来て現地へ向かうことも少なくありません。
そのため、交代制の病院勤務だと呼び出しに対応することは難しい一方で、急を要する患者さんがいないことでまったく仕事の依頼がないといったことも珍しくありません。

英語の能力が必須となる

エスコートナースは、海外から日本に帰国する患者さん、日本から外国へ帰国する患者さんに付き添い処置を行うことが仕事になるため、英会話能力が必須になります。
指示書は基本英語となるので、医学用語を英語で理解することはもちろん、現地の看護師や医師とも会話をしたり、救急隊員、空港職員、フライトアテンダントとのコミュニケーションがすべて英語になることに注意が必要です。

エスコートナース(搬送看護師)に転職するときの注意点

エスコートナースは、たとえばアメリカまで行っても、4~5時間寝たら帰国ということもザラにあります。仕事の内容からも、患者さんと会ってからは不眠不休で看護にあたる必要があるため、体力や忍耐力、思いやりがある方でなければ辛さを感じる場面が多いかもしれません。

エスコートナース(搬送看護師)の求人の特徴と年収

エスコートナースの求人の特徴

エスコートナースの求人は、近年になってニーズが高まり始めたという背景もあることから、求人数は少なく、看護師専門の転職サイトでかろうじて求人の募集が見られる程度となっています。
また、エスコートナースには、病院や役場に勤めている傍らで企業から募集されるケース、民間企業のアシスタンス企業に就職するケースがあります。

エスコートナースの給与

日本ではまだ認知度が低いエスコートナースは、病院や役場に勤めながら要請があったときに臨機応変に勤務するスタイル、もしくは民間企業の看護師として勤務することになるため、一般的な看護師よりも年収472万円よりも高い水準に設定されています。

エスコートナース(搬送看護師)はこんな方におすすめ

下記に当てはまる方は、エスコートナースのお仕事がおすすめです。

  • 英語を使って海外で仕事がしたい方
  • 時間に融通が利く方
  • 看護師としての豊富な経験や知識がある方
  • 看護師として新しい働き方に挑戦したい方

エスコートナース(搬送看護師)に転職するときのポイント

エスコートナースは近年になって注目され始めている仕事であるため、求人が非常に少なく、特に普段から看護師としての仕事が忙しい方が自力で希望に合った求人を見つけ出すことは難しいでしょう。

そのため、転職エージェントのような自分の希望に合った条件で求人を探してくれる転職サービスを活用することがおすすめです。そうした場合も1社で転職活動を進めるのではなく、複数の転職サイトを活用することをおすすめします。 転職エージェントは、それぞれ強みが異なることで保有している求人が異なることもあり、複数のサービスを活用することで希望の求人を見つけることができる可能性が高くなります。

転職エージェントのメリットは、希望の求人を忙しい自分の代わりに見つけてくれるだけではなく、面接のアドバイスや履歴書の書き方といった面接のサポート、労働条件の交渉を代行してくれるといった転職活動全般のサポートを無料で提供してくれます。

下記の転職エージェントでは、過去にエスコートナースへの転職をサポートした実績をもつ看護師専門の転職エージェントですのでぜひ活用してみてください。

転職エージェントは登録したからと言って、転職エージェント経由で転職しなければならないわけではないため、エスコートナースを募集する企業の職場の内部情報に詳しい彼らを情報収取のために活用するといった利用方法もおすすめです。
エスコートナースの求人は他の職種よりも求人数が圧倒的に少ないため、利用できる情報源はすべて利用するくらいの気持ちで転職活動に臨むと良いでしょう。


人気の看護師転職サイト
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
看護師の転職事情
ベストな転職タイミングとは?
悩み・不満を転職にいかす
看護師不足の今は転職チャンス
看護師に人気の診療科とは?
都道府県別データ
転職の前に
看護師の転職ノウハウ
転職を検討する前の整理
転職サイトの選び方のコツ
転職前に転職先の内情を知る
転職サイトを賢く使う
転職サイトとは
転職サイトの仕組み
メリット・デメリット
転職サイトの選び方
転職サイトの種類・タイプ
コンサルタントを見極める
コンサルタントを味方にする
条件別転職サイトランキング
お祝い金がもらえる
求人数が多い
高給与の求人が多い
顧客満足度が高い
サポート体制が充実している
コンサルタントの質が良い
地方の転職に強い
非常勤・派遣の求人が多い
職場別から探す転職先
大学病院
総合病院
一般病院
精神科病院
療養型病院(慢性期病院)
クリニック(医院・診療所)
科目別から探す転職先
整形外科
産婦人科
内科
小児科
心療内科
精神科
泌尿器科
業務内容から探す
治験コーディネーター(CRC)
フライトナース
ツアーナース
エスコートナース
訪問看護師
タイプから探す
20代前半
20代後半
30代
40代
第二新卒
新卒1年未満
ブランクあり
職種・資格から探す転職理由
正看護師
准看護師
助産師
保健師
働き方から選ぶ転職のポイント
常勤
非常勤
特集企画『転職アンケート』
転職サイトは複数比較するべき
まずはコンサルタント探し
優先順位を決めること
将来を考えた上での転職が必要
自分に合う職場選びが大事
看護師の転職手段
看護師の6つの転職手段
直接応募
求人広告・求人情報誌
友人・知人による紹介
ハローワーク
eナースセンター
転職サイト
求人広告サイト
集合型求人サイト
看護師の転職トレンド
看護師の転職イベント情報
2017/02/25
看護師最新ニュース~国家試験、難易度アップの謎
2017/02/23
最新看護師ニュース~日本看護協会の新しい「看護業務基準」
2017/02/18
看護師最新ニュース~1年目の看護師が考えること
2017/02/15
看護師最新ニュース~能力を引き出す「音楽療法士」の役割
2017/02/04
看護師最新ニュース~世界で働く看護師特集
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.