准看護師の仕事の特徴やメリット・デメリット、転職のポイントについてご紹介します。

正看護師と比較される准看護師

准看護師の方で転職をお考えの方で転職をお考えの方は、正看護師との雇用条件の違いや職場での人間関係から転職を検討される方が少なくありません。

そこで、ここでは、准看護師の方の悩みについて詳しく見ていき、准看護師の皆さんが転職するためのポイントをご紹介していきます。

准看護師の転職理由

正看護師が、将来管理職としての役割を担うための社会における役割や看護観、思考力や病気に関する知識を学ぶ一方で、准看護師は短時間に最低限の技術を身につけ、医療現場の即戦力となれるように看護技術を中心に学びます。
そのため、准看護師の仕事は正看護師と大きく変わりませんが、両者では雇用の際の扱いが異なります。

また、正看護師の方からは「経験だけで仕事を覚えてしまっている経験年数の長い准看さんは扱いにくいことがある」と、職場でも差別や心無い扱いを受けてしまうこともあります。

准看護師ならではの悩み

准看護師は、医師や歯科医師、正看護師の指示を受けて療養上の世話や診療の補助を行ないます。
そのため、資格を取る過程で習得する知識に差こそ出てきますが、正看護師と准看護師の仕事に大きな違いはありません。
にもかかわらず、給与や条件などの扱いで、両者には大きな違いがあります。

准看護師の方からよく聞く准看護師ならではの悩みは、以下の通りです。

  • 正看護師よりも扱いが悪い
  • 管理職になれない、リーダー業務につけない
  • 正職員になれないことも

正看護師よりも扱いが悪い

「急性期で学びたい、進学もしたいと部長面接で言っても、准看ばかりが療養型に異動させられる」
「経営者や院長によって准看護師の待遇が違うだけでなく、事務長や看護部長からの差別がひどい」

准看護師は、正看護師と仕事内容に大きな違いはないにも関わらず、正看護師よりも下として見られることが多いと言われています。

管理職になれない、リーダー業務につけない

「病院によっては、准看だからリーダーをやらせなかったりするところもある」

准看護師は正看護師とは異なり、どれだけ経験が豊富であっても学生の臨床実習指導者、認定看護師、助産師・保健師、看護学校教員、臨床の管理職(主任、看護師長、看護部長)などに代表される管理職になっていくことはできません。

正職員になれないことも

「ICU加算を取っているから正看しか取れない、希望するなら資格を取ってきてください。と言われたことがある」

准看護師は、正看護師と大きく仕事内容が変わらないにも関わらず、病院側の看護の質を確保するという理由から正職員としては雇われないということもあります。
また、病院には病床区分別看護基準がありますので、診療報酬の観点から准看護師の優先順位や重要度が低く見られてしまいがちです。

こうした悩みから、看護師としてのキャリアアップや給与アップなどの待遇改善を目指す方は正看護師を目指すことが多いですが、なかには自分のライフプラン・キャリアプランと向き合った結果、准看護師のまま仕事を続ける方もいます。

それでは、准看護師として働くメリット・デメリットは一体何なのでしょうか?
以下で詳しく見ていきましょう。

准看護師で働くメリット

准看護師の方に聞いた准看護師で働く代表的なメリットとしては、下記が挙げられます。

  • 資格取得費用が安く早期に医療現場に立てる
  • 病院に限定しなければ就職先はある
  • 採用ニーズがあるため、復職しやすい

資格取得費用が安く早期に医療現場に立てる

私立か公立か、短期大学か大学かでかかる費用には幅が出てきますが、正看護師になるために250~400万円かかるところが100~200万円で済みます。
さらに、正看護師の資格取得のための教育課程は3年から4年を有するのに対して、准看護師は2年で取得可能で、早い段階から医療現場に立ち、経験を積むことができます。

病院に限定しなければ就職先はある

高齢化社会で医療施設が増える一方で、医師や看護師などのスタッフは減少傾向にあります。
准看護師は、正看護師と比較すると採用コストが比較的低いという理由から、施設形態によっては准看護師を積極的に採用するところもあります。

採用ニーズがあるため、復職しやすい

医療スタッフのなかでも、特に20代の若手が減っていることから、社会人経験者や子育てがひと段落した准看護師の採用ニーズも根強くあります。
そのため、ワークライフバランスを考えた復職がしやすいという働きやすさがあると言えます。

准看護師で働くデメリット

これに対して、准看護師の方に聞いた准看護師で働く代表的なデメリットとしては、下記が挙げられます。

  • 給料が安い
  • 病院への就職が減っている
  • 准看護師廃止の流れ

給料が安い

准看護師の仕事は、正看護師と大きな違いはありませんが、給料は後述の通り正看護師よりも1割以上低い水準となります。
また、准看護師は仕事が正看護師と同じ仕事であっても、自己判断で看護業務ができないため、臨床現場ではもどかしさを感じることもあります。

病院への就職が減っている

「7対1看護体制」が導入されたことで、診療報酬を上げるために正看護師を雇いたいという病院側の経営的な問題が絡んでくるようになりました。
実際、日本看護協会出版会「平成25年看護関係統計資料」によると、准看護師は活躍の場を病院から診療所や介護保険施設に移し始めており、今では病院で働く准看護師は全体の4割にまで落ち込んでいます。

准看護師廃止の流れ

医療現場で働く人なら一度は准看護師廃止の流れを耳にしたことがあるでしょう。神奈川県では、2013年度を持って「准看護師の養成を停止」しており、准看護師廃止への動きが始まっています。
既に働いている准看護師が、今すぐにその身分をはく奪されるということはありませんが、正看護師への移行を支援する流れはこれからさらに加速していくことが予想されます。

こうしたメリット・デメリットを考慮して、准看護師として活躍する人のなかには、将来を見据えて、働きながら正看護師を目指す人も少なくありません。
看護師として、看護を極めたいという方は、正看護師を目指しながら働くことができる勤務先を探すと良いでしょう。

一方で、「施設形態、雇用形態にこだわらず看護の仕事を続けたい」「子どもが手離れしてからまた働きたい」という方は、あえて正看護師を目指さずに准看護師のままという選択を取ることもできます。
准看護師の病院への就職は確かに減少傾向にありますが、勤務先を限定しなければ転職先の選択肢は広がることは知っておくと良いでしょう。

准看護師の求人の特徴・年収について

准看護師の求人の特徴

日本看護協会が集計した平成24年度のナースセンター求人倍率を見ると、正看護師の求人倍率が3.17倍なのに対して、准看護師は1.61倍と約半数に留まっています。
正看護師の求人と比較すると、准看護師の求人は少ないため、転職活動にあたって、年収や待遇、業務内容といった情報を効率的に収集して転職先を選ぶ必要があるでしょう。

准看護師の年収

准看護師の年収は、看護師全体の平均年収のなかでも低めの水準になっています。勤務先の診療科や雇用形態、首都圏かなどの条件にもよりますが、准看護師の平均年収は約402万円です。
一方で、正看護師の平均月収は約471万円となっており、大きく差が開いています。

准看護師の方が転職を成功させるポイント

准看護師のまま働き続けたい方

准看護師の求人は求人数が正看護師と比較して少ないため、すべてが希望に合う求人を見つけることは難しいかもしれません。ですが、准看護師を正当に評価してくれる病院もありますので、そうした病院を見つけるためにもじっくりと求人を探してみましょう。

病院の職場環境は求人情報だけから知ることは難しいため、以下に准看護師の転職に強い転職エージェントをご紹介します。


キャリアアップを目指したい方

キャリアアップを目指す方、看護の道を極めていきたいという方は、正看護師を目指すことになるでしょう。

准看護師から正看護師になるためには、以下の方法があります。

  • 全日制の看護短期大学又は看護学校へ通う(2年)
  • 定時制の看護学校へ通う(3年)
  • 2年制の通信教育を受ける(准看護師として10年以上の勤務実績が条件)

日本看護協会では、学費補助として無利息の奨学金も貸与されるなど、様々な支援を開始していますが、働きながら看護学校へ通うのは、上司や同僚など、職場の協力が必要です。
今の職場環境で理解してもらうことが難しい場合、理解のある職場への転職や「お礼奉公」型の職場を探すことも視野に入れていく必要があるでしょう。

その際には、自分ひとりで効率的に転職先について情報収集することには限界があるため、友人や知人に加え、転職エージェントを活用してこうした職場を探すことがおすすめです。

下記の転職エージェントは、全国の病院や診療所、クリニックの求人情報を取り扱っている看護師専門の転職エージェントです。
キャリアアップを目指して転職をしたい方は、下記の転職エージェントを活用すると良いでしょう。



「職種・資格から探す」のその他のコンテンツを見る

正看護師
准看護師
助産師
保健師
人気の看護師転職サイト
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
看護師の転職事情
ベストな転職タイミングとは?
悩み・不満を転職にいかす
看護師不足の今は転職チャンス
看護師に人気の診療科とは?
都道府県別データ
転職の前に
看護師の転職ノウハウ
転職を検討する前の整理
転職サイトの選び方のコツ
転職前に転職先の内情を知る
転職サイトを賢く使う
転職サイトとは
転職サイトの仕組み
メリット・デメリット
転職サイトの選び方
転職サイトの種類・タイプ
コンサルタントを見極める
コンサルタントを味方にする
条件別転職サイトランキング
お祝い金がもらえる
求人数が多い
高給与の求人が多い
顧客満足度が高い
サポート体制が充実している
コンサルタントの質が良い
地方の転職に強い
非常勤・派遣の求人が多い
職場別から探す転職先
大学病院
総合病院
一般病院
精神科病院
療養型病院(慢性期病院)
クリニック(医院・診療所)
科目別から探す転職先
整形外科
産婦人科
内科
小児科
心療内科
精神科
泌尿器科
業務内容から探す
治験コーディネーター(CRC)
フライトナース
ツアーナース
エスコートナース
訪問看護師
タイプから探す
20代前半
20代後半
30代
40代
第二新卒
新卒1年未満
ブランクあり
職種・資格から探す転職理由
正看護師
准看護師
助産師
保健師
働き方から選ぶ転職のポイント
常勤
非常勤
特集企画『転職アンケート』
転職サイトは複数比較するべき
まずはコンサルタント探し
優先順位を決めること
将来を考えた上での転職が必要
自分に合う職場選びが大事
看護師の転職手段
看護師の6つの転職手段
直接応募
求人広告・求人情報誌
友人・知人による紹介
ハローワーク
eナースセンター
転職サイト
求人広告サイト
集合型求人サイト
看護師の転職トレンド
看護師の転職イベント情報
2017/07/26
もう辞めたい…看護師が退職したくなる主な理由
2017/07/24
看護師が復職で考慮すべきポイントとは?
2017/07/14
そうそう!看護師なら一度は感じたことがある職業病あるある
2017/07/14
せっかく転職したのに…転職してもすぐ辞める看護師
2017/07/10
いよいよ初出勤!看護師が転職先でやっちゃいけないNG言動
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.