看護師のレアな求人、お仕事の特徴や転職のポイント

少し変わった看護師のレアなお仕事の特徴や転職のポイント

介護施設や訪問看護、デイサービスなどは院外職種としてよく知られていますが、これらの他にも医療施設以外で看護師資格を活かせる職場はたくさんあります。

ここでは、その職場の中でも転職先として人気の高い治験コーディネーターやツアーナース、フライトナースなどの企業看護師、通常の看護師として働きながら緊急時に仕事に従事するフライトナースの仕事の特徴や転職のポイントについてご紹介しています。こうした求人はもともと求人数が少ないうえに就職先としても人気があるため、なかなか目にする機会のない希少な求人となっています。

看護師の資格を活かせるその他のレアな職場

治験コーディネーター(CRC)

治験コーディネーターは、新薬で患者さんの疾病を治す業務に関われることにやりがいを感じることができるなど、看護師とは違う喜びややりがいを感じることができる仕事です。
このページの詳細を見る


フライトナース

フライトナースは、看護技術はもちろんのこと、救急救命の知識や経験が必要となります。短時間のうちに現場に駆けつけて人命を救うことが仕事となるので、責任は重いですが、やりがいも大きく人気の仕事のひとつです。
このページの詳細を見る


ツアーナース

ツアーナースとは、数日から一週間ほど団体旅行に同行し、旅行者が安全に過ごせるようサポートする仕事です。空いている時間に働くことができるので、仕事とプライベートを両立したい方に人気のお仕事となっています。
このページの詳細を見る


エスコートナース

エスコートナースは自力で移動できない・移動途中で医療行為を必要とする医療者の付き添いが必要とされた患者に医療のプロとして付き添い、希望の場所まで安全に送り届ける仕事です。
このページの詳細を見る


訪問看護師

訪問看護の仕事は、一部看護師単独の医療行為も認められていることから、責任感は重いけれどやりがいのあるお仕事です。
このページの詳細を見る


その他のレアな職場・お仕事

上記以外にも看護師の資格を活かせる職場の中でも特に珍しいコールセンター、空港、船舶、刑務所で働く看護師について紹介します。これらはもともと求人数が少ないうえに就職先として人気があるため、なかなか目にする機会のない希少な求人です。

コールセンター

コールセンターで働く看護師の業務は、電話やEメールによる医療や看護、健康などに関わる相談の対応です。勤務先は次の3タイプに分けることができます。健康や傷病の処置に関わる相談の対応をする「医療コールセンター」、医療機器の取扱いに関わる相談の対応をする「医療機器サポートセンター」、薬の使い方に関わる相談の対応をする「製薬会社のコールセンター」です。

相手は「お客様」であり、クレームが来てしまうと損害になるため、答えを誤ったり相手に悪い印象を与えたりしないよう注意を払いながら対応します。職場は教育体制が整っているところが多く、未経験でも就職しやすい職種ですが、コールセンターで働く看護師には、お客様に好印象を与えるコミュニケーション能力だけでなく、病棟での経験やさまざまな分野の疾患、治療方法など幅広い知識が求められます。

コールセンターで働くメリットは、体力面での負担が軽く、給料・福利厚生が良いことです。デメリットは、癖のある相談者への対応やクレームなどのプレッシャーがあり、精神面の負担が重いという点です。そのため、向き不向きが大きく分かれる職場と言えるでしょう。コールセンターの求人は、求人情報サイトで見つけることができます。

空港

空港内で看護師資格を活かして働く職種には、空港内クリニックで働く看護師と検疫官の2タイプがあります。

空港内にはクリニックが設置されており、そこでは具合の悪くなった利用客の治療が行われます。ただ、多くの空港内クリニックは最低限の設備しか置いておらず、症状の重い患者さんは設備の整った病院へ搬送するため、看護師の業務は応急処置などの簡単なものになります。
空港内クリニックで働くメリットは、体力的な負担が軽いことです。夜勤があるところもありますが、入院患者がいないので病棟の夜勤のような厳しさはありません。ただ、業務で行うのは簡単な応急処置程度のため、看護師としてのスキルが低下してしまう可能性があります。

もう一つのタイプの検疫官とは、空港や港の検疫所に勤務し、海外から持ち込まれた感染症が国内で広がることを防ぐ活動をする国家公務員です。業務としては検疫や健康相談、予防接種などを行います。
検疫官は国家公務員のため、休日や給与など公務員と同じ待遇を受けることができるというメリットがありますが、一方で夜勤がある、各地の空港や港へ転勤になる可能性があるなどのデメリットがあります。

空港内クリニックの求人は求人情報サイトに掲載されていることがあります。検疫官の募集は厚生労働省の採用ページで行われますが、採用数は少なく募集が出るのもまれです。

船上看護師(シップナース)

旅客船に乗船する看護師を船上看護師もしくはシップナースといいます。船上看護師の業務は主に乗客・乗員の健康管理、体調不良への対応など。衛生管理者資格を持つ看護師であれば水質検査や害虫駆除といった業務も行います。
旅客船に乗っていろいろな所へ行くことができる点が魅力ですが、体調を崩した人が出たら24時間いつでも対応しなくてはなりませんし、長い間船に乗って過ごすので乗り物酔いをする人には辛い職場かもしれません。

船上看護師は船を管理する船会社の社員となるため、求人もこの船会社から出されますが、客船を運航している船会社は少ない上に看護師の欠員も滅多に出ないため狭き門です。また、一人で患者さんを処置する能力や英語の語学力など求められるスキルは多く、ほんの一握りの人しか就くことのできない職種です。

刑務所内

刑務所で働く場合、医療刑務所で働く場合と一般刑務所の医務室で働く場合の2タイプがあります。

一般刑務所の医務室で働く看護師は受刑者の怪我・体調不良への対応が主な業務ですが、医療刑務所で働く看護師はこれに加えて受刑者の動作介助や人工透析なども行います。
刑務所で看護をする際は必ず刑務官が立ち会うことが決められており、看護師は受刑者と直接コミュニケーションを取ることはできません。そのため、「患者さんとコミュニケーションを取るのが好き」という人には向かない職場と言えるでしょう。

刑務所で働くメリットは、手当が充実しているなど待遇が良い、基本的に夜勤が無い、休日は土日祝日と決まっているなどが挙げられます。刑務所看護師の求人は求人情報サイトやハローワークなどに掲載されていることがあります。

人気の看護師転職サイト
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
看護師の転職事情
ベストな転職タイミングとは?
悩み・不満を転職にいかす
看護師不足の今は転職チャンス
看護師に人気の診療科とは?
都道府県別データ
転職の前に
看護師の転職ノウハウ
転職を検討する前の整理
転職サイトの選び方のコツ
転職前に転職先の内情を知る
転職サイトを賢く使う
転職サイトとは
転職サイトの仕組み
メリット・デメリット
転職サイトの選び方
転職サイトの種類・タイプ
コンサルタントを見極める
コンサルタントを味方にする
条件別転職サイトランキング
お祝い金がもらえる
求人数が多い
高給与の求人が多い
顧客満足度が高い
サポート体制が充実している
コンサルタントの質が良い
地方の転職に強い
非常勤・派遣の求人が多い
職場別から探す転職先
大学病院
総合病院
一般病院
精神科病院
療養型病院(慢性期病院)
クリニック(医院・診療所)
科目別から探す転職先
整形外科
産婦人科
内科
小児科
心療内科
精神科
泌尿器科
業務内容から探す
治験コーディネーター(CRC)
フライトナース
ツアーナース
エスコートナース
訪問看護師
タイプから探す
20代前半
20代後半
30代
40代
第二新卒
新卒1年未満
ブランクあり
職種・資格から探す転職理由
正看護師
准看護師
助産師
保健師
働き方から選ぶ転職のポイント
常勤
非常勤
特集企画『転職アンケート』
転職サイトは複数比較するべき
まずはコンサルタント探し
優先順位を決めること
将来を考えた上での転職が必要
自分に合う職場選びが大事
看護師の転職手段
看護師の6つの転職手段
直接応募
求人広告・求人情報誌
友人・知人による紹介
ハローワーク
eナースセンター
転職サイト
求人広告サイト
集合型求人サイト
看護師の転職トレンド
看護師の転職イベント情報
2017/02/25
看護師最新ニュース~国家試験、難易度アップの謎
2017/02/23
最新看護師ニュース~日本看護協会の新しい「看護業務基準」
2017/02/18
看護師最新ニュース~1年目の看護師が考えること
2017/02/15
看護師最新ニュース~能力を引き出す「音楽療法士」の役割
2017/02/04
看護師最新ニュース~世界で働く看護師特集
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.