更新日


日本だけでなく、グローバルに活躍できる看護師となるために、まずは、日系の医療機関や親日家も多いシンガポールで働いてみませんか。

語学力だけでなく、高度な医療技術を習得できる機会にも恵まれる可能性も広がります。

気になる年収事情や労働条件などにも触れながら、シンガポールで看護師として働くためには、どのような準備が必要か、概要をご紹介していきます。

効率的に情報収集をして、自分のキャリアプランの実現に向け、大きな一歩を踏み出してみませんか。

シンガポールの看護師の年収相場はいくら?

アメリカの調査会社PayScale, Inc.の統計データによれば、シンガポールの看護師(Registered Nurse、以下RN)の平均年収は、34,924シンガポールドル、日本円に換算すれば約280万円となっています。

シンガポール国内における看護師の年収レンジが、20,998~70,807シンガポールドル(約168万円~566万円)であることから考えれば、各看護師の年収はレンジ内でも低めの層が多いことが分かります。

その理由のひとつとしては、看護師として20年以上の実務経験を得ている人は、キャリアアップなどを伴い、別の職種に転向する傾向が強い点が指摘されています。

なお、同じ看護師(RN)であっても緊急対応をおこなう救急救命看護師(RN, Emergency Room)であれば、平均年収は35,390シンガポールドル(約283万円)と若干高めの年収が期待できるようです。

日系と現地の医療機関で必要な免許は違ってくる?

シンガポールで看護師として働くためには、基本的には、シンガポールの看護協会(Singapore Nursing Board)が実施している筆記試験を受験するとともに、成績証明書や卒業証明書などを含む申請書類一式を提出し、シンガポールの看護師資格を得ることが必須となります。

しかしながら、日系の医療機関に勤務を希望する場合であれば、日本で取得した看護師資格がそのまま通用するケースも見られます。

有給休暇制度や医療費補助制度といった福利厚生制度も充実している募集先もありますので、まずは、日系の医療機関に特化した現地の就職斡旋会社に直接連絡を取り、詳細を確認するとよいでしょう。

なかには、就労ビザの取得に関しても、サポートしてくれる斡旋会社もありますので、必要に応じて相談されることをおすすめします。

シンガポールで国際看護師として就労するために必要なスキル

シンガポールで国際看護師として働くためには、英語に加えて中国語が話せることが重要だと言われています。

実際に、国内の民族構成比率は、約75%が中国系民族であるほか、約14%がマレー系民族、残りの10%弱がインド系などの民族で、公用語は4か国語(英語やマレー語、中国語、タミール語)となっている点からみても納得がいきますね。

また、シンガポールには、政府系医療機関と民間の医療機関があり、世界レベルでも最高水準の医療システムが整備されていることから、国際看護師としての豊かな実務経験と専門的な医療技術も必要とされています。

最先端の特殊スキルを持つ優秀な国際看護師のなかには、政府からの要請を受けて、第一線で活躍している人もいらっしゃいます。

さらに、必要な医療技術だけでなく、高温多湿が特徴的な熱帯雨林気候に順応できるかどうかという点も、事前に確認しておきたい適応能力のひとつだといえるでしょう。

シンガポールの国際看護師求人はどこで探せばいい?

国際看護師としてシンガポールで就職するには、看護師求人サイトの中でも国際看護師の就職・転職斡旋の実績が多いところを選び、まずは基本情報を登録してみましょう。

そもそも何から準備を始めたらよいかについて、正確な情報を集めるためにも、早めに専門のコンサルタントに連絡をとり、現時点で不安に思っていることや悩みがあれば、相談してみることが大切です。

最近では、就職や転職活動中にシンガポール国内に滞在せずとも、skypeを使ってインターネット上で面接をしてくれるところもあるようです。

したがって、現在の入職先での勤務を続けながら、シンガポールの病院探しも可能となってきていますので、自分が決めたスケジュールに合わせて積極的に行動してみましょう。

いずれにしても、最終的には、どれだけシンガポールで働きたいという意欲や熱意があるかが重要となってきます。

「海外留学ナース」制度のある転職サイトを活用するのも手

シンガポールで国際看護師として働きたいと強く思っていても、海外勤務の経験がないことから、本当に続けられるかどうか不安だと感じている方もいらっしゃいます。

そのような場合には、比較的気軽に始められる「海外留学ナース」の制度を取り入れている転職サイト(ナースではたらこなど)を利用してみましょう。

たとえば、6ヶ月という期間限定で、シンガポールの医療機関で、実際に看護師として働いてみることによって、自分が理想としていた働き方ができそうかどうかを判断することができます。

語学力や必要な医療技術に関しても、自分の実力を客観的に見極めることができるでしょう。

もし、今の自分には時期尚早だと感じたり、自分が進むべき道とは違うと感じたら、素早く方向転換をすることができるので、長い目で見れば、時間を有効に使うことができるはずですよ。

さらに、転職サイトの中には、必要な留学予算の関係上、最初は語学留学をし、2度目の留学で看護師として働きたいといった希望を持つ方に対して、日本国内での一時帰国後の就職をスムーズに斡旋してくれる「期限付き応援制度」を提供しているところ(ナースパワー)もあります。

看護師として挑戦してみたいと感じていることがあれば、具体的に相談してみることで、新たな道が拓かれていく可能性も高まりますね。

Nursy運営事務局より一言!

キャリアアップを目指して、シンガポールで国際看護師としての道も

多民族国家であるシンガポールで、国際看護師として働くには、それぞれの民族文化だけでなく、政治や経済、宗教に関しても、渡航する前までには、基本的な知識を得ておくとよいでしょう。

できれば、シンガポールの医師や看護師との交流の機会を持って直接話を聞いたり、過去に国際看護師として現地で働いた経験がある人の話を聞いたりすることで、具体的なイメージが涌きやすくなるはずですよ。

将来のキャリアアップを目指して、シンガポールで国際看護師としての道を選ぶのも選択肢のひとつです。

看護師転職サイトのランキング
転職サイトの評判ランキング
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
人気の記事
いまアジアがアツい!看護師にアジアが人気の理由って?
5,780views
いまアジアがアツい!看護師にアジアが人気の理由って?
転職して1年以内の妊娠は非常識?看護師と産休のイロハ
4,054views
転職して1年以内の妊娠は非常識?看護師と産休のイロハ
看護師が転職するときに特技ってどう書けばいい?
3,549views
看護師が転職するときに特技ってどう書けばいい?
シンガポールで活躍する看護師になるには?シンガポールの看護師の求人と年収事情!
3,502views
シンガポールで活躍する看護師になるには?シンガポールの看護師の求人と年収事情!
知れば知るほど凄いオペナース!3つのヤバイ仕事力
3,280views
知れば知るほど凄いオペナース!3つのヤバイ仕事力
新着記事

もう辞めたい…看護師が退職したくなる主な理由

看護師が復職で考慮すべきポイントとは?

そうそう!看護師なら一度は感じたことがある職業病あるある

せっかく転職したのに…転職してもすぐ辞める看護師

いよいよ初出勤!看護師が転職先でやっちゃいけないNG言動
今話題のトピック!
未分類 (2)
看護師が活躍できる職場はココ! (14)
賢い転職!成功のコツ (69)
経歴・キャリアを考えよう! (26)
詳しく知ろう!看護の職場事情 (34)
転職失敗!その前に! (26)
家庭と看護師を両立するために! (25)
新着!看護ニュース (50)
悩めるナースの相談箱 (20)
面接と自己アピールのコツ! (6)
看護の実話集~看護の現場より~ (37)
仕事 (5)
プライベート (1)
特集コラム
全国の就職・転職イベント情報
看護師でもパソコンのスキルを身に着けたほうがいい3つの理由
看護師お悩み相談室
第105回看護師国家試験 解答速報
第102回保健師国家試験 解答速報
第99回助産師国家試験 解答速報
第105回看護師国家試験/第102回保健師/第99回助産師 合格発表日時
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.