更新日


ひとくちに看護師といっても、その資格によって分類され、また種類によって待遇面などに違いがあることはご存知ですか?看護師は主に正看護師と准看護師の2種類に分かれます。

正看護師は、看護師国家試験に合格した方が得られる国家資格であり、准看護師は、各都道府県によっておこなわれる知事試験に合格した方が有する公的資格です。

看護師としての資格を取得するまでにかかるカリキュラムの時間数や諸費用、試験の難易度が異なることから、就職した後の給与などの諸条件にも違いが出てくると言われています。

両者の具体的な平均年収や待遇面での違いについて、まとめてご紹介していきましょう。

正看護師の年収と動向

正看護師の平均年収は、平成26年の「賃金構造基本統計調査」データによると、20代前半の場合には約378万円となっており、年齢と経験年数に比例して、徐々にアップしていきます。

たとえば、20代後半となれば、年収は約454万円に大幅に上昇し、30代後半には474万円まで上がります。

40代前半では年収500万円台も射程圏内に入る傾向が見られます。

一方、過去10年間における看護師の年収動向を見ると、前年比で数万円から十万円前後のプラスマイナスはあるものの、全体的には微増しながら推移しています。

看護師のうち、9割以上が女性となっており、平成26年度の男女間の年収を比較した場合、男性看護師の平均年収は474万円、女性看護師の平均年収は473万円となっています。

正看護師の年収は、性別による有意な格差はなく、ほぼ同等であることが確認できますね。

准看護師の年収と動向

准看護師の平均年収は、正看護師の場合と比較すると、全体的に低めであることがデータによって明白に分かります。

たとえば、平成26年の「賃金構造基本統計調査」によれば、20代前半の准看護師の平均年収は、約283万円となっており、同年代の正看護師の年収と比べると、約95万円の差が見て取れます。

30代、40代と年齢が上がるにつれ、正看護師と准看護師との年収の差は100万円を超えるケースもあるようです。

分かりやすく月収ベースに置き換えてみると、正看護師と准看護師の平均月収の差は約5万円、ボーナスであれば、約18万円の差が確認できます。

看護師として仮に20年間働き続けるとしたら、正看護師と准看護師という立場の違いによって、その生涯年収の差は1000万円から2000万円弱の累計差が出てくることになりますね。

実務における正看護師と准看護師の違いとは

正看護師と准看護師という資格の違いによって、上述の年収以外にも具体的な労働条件や処遇に差があるという声もよく聞かれます。

とくに、役職への登用チャンスや福利厚生の内容に関しては、正看護師と准看護師の間では明確な差を感じる職場の看護師もいらっしゃるようです。

ただし、実際の勤務時間や取得できる通常の休日などは、勤務先によって違いはありますが、同じ職場内であれば、基本的に資格による差はほとんどないと考えるのが一般的です。

仕事内容に関して、准看護師は、あくまでも医師と正看護師のサポート業務に徹することと法的に決められていることから、自主的におこなうことができる仕事の責任範囲が比較的限定される傾向にあります。

また、准看護師は、「看護部長」や「主任」などのリーダーシップを発揮できる役職につくことが難しく、昇給やキャリアアップを考えるのであれば、正看護師を目指すべきとの意見もあるようです。

しかし、患者さんからしてみれば、正看護師・准看護師のいずれであっても、やってもらえる医療行為に大差はないことから、日々の実務では区別がつかないというのが本当のところのようです。

正看護師の資格を活かす!転職活動の有利な進め方

正看護師の資格を持っている方は、一定の実務経験を経て、将来的には専門的な看護スキルを有する「認定看護師」や「ケアマネージャー」などの資格取得を目指すことも可能です。

有利に転職活動を進めるために、事前にこれらの資格を取得する方もいらっしゃいます。

たとえば、「認定看護師」は、正看護師としての実務経験が5年以上あり、そのうち3年以上を専門として選択する看護分野に従事していれば、受験資格が得られます。

認定看護師になれば、いままで携わっていた看護業務全般に加え、新たに認定分野に関する指導的役割を担うことになるため、大きなやりがいを求めてキャリアアップを目指すのであれば、有意義な選択肢のひとつだと考えられています。

また、「ケアマネージャー」は、別名「介護支援専門員」と呼ばれ、介護を必要とされている患者さんに対して、必要な医療サービスやデイケアサービスを受けられるよう、コーディネートをおこなう専門職です。

もともと看護師としての医療実務経験者であれば比較的取得しやすい資格で、転職先を選ぶ際にも選択肢の幅が広がります。

准看護師の資格を活かせる転職先とは

正看護師の求人は、主に大学病院や総合病院などの大規模な医療施設がメインとなっている一方、准看護師の需要は、クリニックを中心として全国各地で高まりを見せている傾向があります。

比較的小さな規模の医療機関では、入院施設をもたないところも多く、急患対応なしで日勤だけを希望する看護師にとっては、理想とするライフワークバランスを実現できる勤務先を選ぶことも可能です。

さらに、高齢化社会が進みつつある昨今では、病院のほか、介護をメインとする医療関連施設や介護施設も全国的に増えてきており、看護師資格を生かしてやりがいのある仕事につけるチャンスも広がりつつあります。

また、企業内看護師や自治体勤務の看護師という道もありますので、病院以外の医療関連施設に視野を広げることで、准看護師資格を生かした転職成功の可能性は一段と高まるはずです。

Nursy運営事務局からの一言!

キャリアアップへの第一歩 通信課程で正看護師への道も

現在、准看護師であって、どうしても正看護師としてのメリットを得たいと考えている方は、改めて勉強をし直し、正看護師の資格を取得する道もあります。

たとえば、准看護師として10年以上の看護に関する実務経験を持っている方であれば、看護学校が提供している「通信課程」を受講し、看護師国家試験に合格すれば、正看護師の資格を得ることも可能です。

将来、さらに専門分野における看護師資格の取得を目指すのであれば、早めの段階でキャリアアップの第一歩として取り組む価値があるのかもしれませんね。

Svg Vector Icons : http://www.onlinewebfonts.com/icon 今すぐ相談する
看護師転職サイトのランキング
転職サイトの評判ランキング
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
人気の記事
看護師が転職するときに特技ってどう書けばいい?
10,480views
看護師が転職するときに特技ってどう書けばいい?
いまアジアがアツい!看護師にアジアが人気の理由って?
7,896views
いまアジアがアツい!看護師にアジアが人気の理由って?
転職して1年以内の妊娠は非常識?看護師と産休のイロハ
6,567views
転職して1年以内の妊娠は非常識?看護師と産休のイロハ
シンガポールで活躍する看護師になるには?シンガポールの看護師の求人と年収事情!
6,561views
シンガポールで活躍する看護師になるには?シンガポールの看護師の求人と年収事情!
カナダの看護師の年収事情は?カナダで看護師として働く方法を考える
6,468views
カナダの看護師の年収事情は?カナダで看護師として働く方法を考える
新着記事

デキる先輩ナースに学ぶ!やっぱり凄い仕事がデキるナースの特徴

日勤・夜勤…結構シフトがハードな看護師の勤務形態&時間

トイレに行く時についでにチェックしたいナースの身だしなみ

こんな先輩ナースとは働きたくない!ムカつく先輩の言動

いるよねー!性格が悪いと思われがちな看護師の特徴
今話題のトピック!
未分類 (26)
看護師が活躍できる職場はココ! (14)
賢い転職!成功のコツ (69)
経歴・キャリアを考えよう! (26)
詳しく知ろう!看護の職場事情 (34)
転職失敗!その前に! (26)
家庭と看護師を両立するために! (25)
新着!看護ニュース (50)
悩めるナースの相談箱 (20)
面接と自己アピールのコツ! (6)
看護の実話集~看護の現場より~ (37)
仕事 (5)
プライベート (1)
特集コラム
全国の就職・転職イベント情報
看護師でもパソコンのスキルを身に着けたほうがいい3つの理由
看護師お悩み相談室
第105回看護師国家試験 解答速報
第102回保健師国家試験 解答速報
第99回助産師国家試験 解答速報
第105回看護師国家試験/第102回保健師/第99回助産師 合格発表日時
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.