更新日


看護師として働く場合、民間病院か公務員(厳密には「みなし公務員」)として国立および公立の病院で勤務するか、いずれかの方法を自由に選択することができます。

看護師は、他業種の公務員と異なり、公務員試験を受験する必要はないため、通常の転職や就職をする感覚で、国公立の病院に公務員看護師として勤務することができるのです。

公務員である看護師の年収や福利厚生面について、民間看護師との違いにスポットをあてながら、具体的にご紹介していきましょう。

民間と公務員別の看護師の平均年収における推移

民間看護師は、入職先が定めるそれぞれの基準にしたがって年収が決まっており、全体的な平均年収は450万円程度とされています。

一方、公務員として働く看護師の平均年収は、約544万円となっており、民間看護師の年収と比較すると100万円ほど高いことが分かります。

さらに、民間看護師の場合には、20代から50代にかけて、年収はなだらかな増加傾向をたどり、初任給と最高額を比較すると約150万円の差となっています。

一方、公務員看護師の場合には、他の公務員と同様の給与基準が適用されることから、民間看護師と比較すると昇給率も高めの設定となっており、長く勤務を続ければ続けるほど、その恩恵にあずかることができます。

また、医療職俸給表(三)の規定に従い、看護職の等級が通常の2級から上がり、役職者となれば、大きな昇給も期待できます。

また、公務員看護師が定年退職をする際には、約3000万円の退職金が支給されるとも言われています。

民間の給与は病院、規模、勤務体系、手当などで変わってくる

民間看護師の給与基準は、勤務先によって大きく異なっており、一般的には、1000人以上の大規模な病院の看護師の給与のほうが、1000人未満の中・小規模の看護師の給与と比べると、高く設定されています。

勤務体系については、2交替制および3交替制が一般的であり、日勤や夜勤、準夜勤や深夜勤務などを選ぶことができます。

日勤以外の勤務形態には、深夜勤務手当や夜勤加算手当などが基本給に加算されますし、緊急の呼び出しに対応した場合や待機中の場合には、オンコール手当が支給されるのが一般的です。

さらに、「主任」などの役職者や専門性が高い認定看護師となれば、相応の手当が支給されることになり、大幅な給与アップを見込める入職先もあるようです。

また、福利厚生が充実している病院では、通勤手当だけでなく、家族手当や住居手当、育児手当・保育手当などを細かく規定し、支給しているところもあるため、基本給以外のプラスアルファとなる各種手当によって、月収やボーナスが変わってきます。

民間病院で働くメリット・デメリット

民間病院で働くメリットは、基本的には地元密着型の医療を提供する病院が多いため、看護師ひとりあたりが担当する業務範囲が広く、総合的な看護スキルや対応能力を身につけることができます。

また、民間病院の数自体が国公立の病院数に比べると格段に多いので、通勤に便利な自宅近くの勤務先を容易に見つけることもできるでしょう。

一方、民間病院で働くデメリットは、公立病院と比べた場合、配置されている看護師の人数が比較的少ないケースが多いため、とくに夜勤帯には緊急手術などが入って多忙を極めることが頻繁にあり、予定通りに休みが取れないといった声も聞かれます。

また、給与規程が個々に異なるため、業務内容がほぼ同じであっても、勤務先が異なるだけで、年収が大きく変わるケースも散見されるようです。

基本給だけでなく諸手当の基準についても、入職前にしっかりと確認しておく必要がありますね。

求人のほとんどは民間病院、自分の働く基準を決めよう

看護師の求人の大半は、民間病院といわれており、自分のライフスタイルや目指すべきキャリアプランに応じて選択することが可能です。

日勤のみの常勤や、夜勤ありの常勤のほか、非常勤といった勤務形態も各医療施設の規程にのっとって選ぶことができるので、家族との時間を優先したい方でも、十分に看護師として勤務を続けられるチャンスは数多くあります。

また、国立や公立の病院に勤務する場合には、夜勤や残業があったとしても、民間病院と比べるとその忙しさは比較的限定的である場合が多いので、仕事以外の趣味や習い事などのために時間を確保したい方にとっては、好条件だといえるでしょう。

一方で、最新の医療技術に触れる機会を望むのであれば、民間の総合病院大学病院での勤務が理想的だと言われています。

とくに、比較的治療が難しい患者さんを受け入れる大学病院では、医師や看護師の育成も重要な経営方針として位置付けていることから、最新の薬や医療機器をつかった治療方法や医療技術を直に体験できるチャンスを日常的に手にすることができます。

自分自身にとって、なにを最優先にしたいかによって、選ぶべき入職先の種類も異なりますね。

転職アドバイザーを活用する

民間看護師、公務員看護師のいずれを希望する場合であっても、経験と実績が豊富な転職アドバイザーを活用してみましょう。

自分自身が持っている人脈には、往々にして限りがあり、理想とする労働条件を叶えられるような入職先を見つけることは困難かもしれませんよね。

そんなときには、全国レベルであらゆる雇用先に精通した大手の転職アドバイザーに希望条件を伝えれば、公開前の情報を含め、あなたにぴったりの就職先を紹介してくれるケースもたくさんあります。

さらに、書面から分かる労働条件だけでなく、現場の雰囲気や人間関係についても、転職アドバイザーならではのネットワークを使って把握しているケースもあり、求職者にとって一番気になる生の情報を得られることも多いようです。

仕事を続けながら転職活動をする場合には、とくに多忙をきわめることになるため、効率的に内容の濃い情報を提供してくれる専門家の声に耳を傾けることで、将来への道筋が立てやすくなるはずです。

家庭と仕事を両立できるよう、転職アドバイザーに適宜相談しながら、理想の職場を追い求めてみませんか。

Nursy運営事務局より一言!

高いニーズのある看護師は心地よく働ける条件を自由に選ぶことができる

看護師としての働き方はさまざまで、選ぶ病院のタイプによっても給与水準が大きく異なります。

高齢化社会が進むにしたがって、看護師に対するニーズは高まり続けているため、就職先も豊富にあり、働きがい・給与・ゆとりなど、自分自身が心地よく働ける条件を自由に選ぶことができるようです。

看護師の年収は、いかに多くの手当を得られるかによっても左右されますので、自分の特性を生かせる条件を提示してくれる入職先を選んでいきたいものですね。

Svg Vector Icons : http://www.onlinewebfonts.com/icon 今すぐ相談する
看護師転職サイトのランキング
転職サイトの評判ランキング
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
人気の記事
看護師が転職するときに特技ってどう書けばいい?
10,480views
看護師が転職するときに特技ってどう書けばいい?
いまアジアがアツい!看護師にアジアが人気の理由って?
7,896views
いまアジアがアツい!看護師にアジアが人気の理由って?
転職して1年以内の妊娠は非常識?看護師と産休のイロハ
6,567views
転職して1年以内の妊娠は非常識?看護師と産休のイロハ
シンガポールで活躍する看護師になるには?シンガポールの看護師の求人と年収事情!
6,561views
シンガポールで活躍する看護師になるには?シンガポールの看護師の求人と年収事情!
カナダの看護師の年収事情は?カナダで看護師として働く方法を考える
6,467views
カナダの看護師の年収事情は?カナダで看護師として働く方法を考える
新着記事

デキる先輩ナースに学ぶ!やっぱり凄い仕事がデキるナースの特徴

日勤・夜勤…結構シフトがハードな看護師の勤務形態&時間

トイレに行く時についでにチェックしたいナースの身だしなみ

こんな先輩ナースとは働きたくない!ムカつく先輩の言動

いるよねー!性格が悪いと思われがちな看護師の特徴
今話題のトピック!
未分類 (26)
看護師が活躍できる職場はココ! (14)
賢い転職!成功のコツ (69)
経歴・キャリアを考えよう! (26)
詳しく知ろう!看護の職場事情 (34)
転職失敗!その前に! (26)
家庭と看護師を両立するために! (25)
新着!看護ニュース (50)
悩めるナースの相談箱 (20)
面接と自己アピールのコツ! (6)
看護の実話集~看護の現場より~ (37)
仕事 (5)
プライベート (1)
特集コラム
全国の就職・転職イベント情報
看護師でもパソコンのスキルを身に着けたほうがいい3つの理由
看護師お悩み相談室
第105回看護師国家試験 解答速報
第102回保健師国家試験 解答速報
第99回助産師国家試験 解答速報
第105回看護師国家試験/第102回保健師/第99回助産師 合格発表日時
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.