更新日


新人看護師がプリセプターに悩んでいるという話は珍しくありません。しかし、プリセプターも同時に悩みを抱えていることはご存知でしょうか。ここでは、新人看護師・プリセプター双方のよくある悩みと解決ポイントについてご紹介していきます。

今まさに悩んでいる看護師はもちろん、これからプリセプターになる予定のある看護師や、ブランクから復帰予定の看護師にとっても参考となるでしょう。看護師という仕事に疲れ切ってしまう前に、準備しておくことがおすすめです。

新人看護師がプリセプターに抱く悩み

プリセプターとは、新人看護師や、ブランクありの看護師のパートナーとして1年間教育を行う看護師のことです。新人看護師がプリセプターに抱くよくある悩みとしては、プリセプターが厳しい、質問をしても教えてもらえない、そっけなくされる、怖くて質問できない…などがあげられるでしょう。

看護学校や看護大学で看護の基本は覚えていても、実際に病院で働くとなると、病院や診療科目ごとにまた新しく覚えることはたくさんあります。そんななか、パートナーであるはずのプリセプターに冷たくされてしまったら、新人看護はどうすれば良いのでしょうか。

まず、新人なのでできないのは当たり前と考えましょう。これは開き直るという意味ではありません。新人でできないこと、いたらないことが多いために、注意を受けるのは当然であり、仕方のないことだと受け止めましょう。反省は必要ですが、自己嫌悪にまで陥ってしまうと心を病んでしまいます。

また、プリセプターも人間です。普段の仕事に加えて教育という仕事が入り、また、新人である自分のミスで一緒に注意を受けることもあります。このような状態が続けば、時にはイライラしてしまうこともあるでしょう。自分がこのような状態になったら…と考え、大変なプリセプターに感謝の気持ちを持つようにすると、心にゆとりが持ちやすくなりますよ。

板挟みになることも!?プリセプターの悩み

新人看護師の教育者であるプリセプターは、新人看護師とその他の看護師の間で板挟みになってしまうことも珍しくありません。新人看護師に対してよくある悩みとしては、教育の進捗が思わしくない、新人看護師のモチベーション維持が大変、イライラしてしまう、燃え尽きてしまった…などです。

病院にもよりますが、教育の進捗や新人のミスなどについてプリセプターの責任が大きいこともあります。このような場合、プリセプター自身が周りのフォローを受けられず、板挟みになってイライラしてしまったり、燃え尽きてしまったりすることも珍しくありません。

また、新人の成長が思わしくないのは、自分の教育が悪いからだと悩んでしまうプリセプターや、イライラしてしまうことに自己嫌悪してしまうプリセプターもいます。新人と一緒に注意を受けたり、周りから教育が出来ていないと責められたりすることもあり、心が疲れきってしまうプリセプターも珍しくありません。

教育がうまくいっていないと感じたら、一度客観的に新人看護師のことを見直してみましょう。実は自分が気づいていないだけで、良いところが育っているかもしれません。また、自分の態度に委縮してしまって能力が発揮できていないということもあるでしょう。しかし、そんなことをする余裕がもてない、これ以上頑張れないと思ったら、倒れる前に環境を変えることを検討してみるのも1つの手です。

第三者の客観的な意見を

上司や仲の良い友達に相談するのも悪くはありません。しかし、上司には上司の都合がありますし、仲の良い友達の場合自分のフォローを優先するかもしれません。これらのことから、上司や仲の良い友達から客観的な意見をもらうことは難しいといえるでしょう。

多くの勉強や実習を積み重ね、頑張って就いた看護師という仕事が嫌になってしまう前に、客観的な意見を求められる第三者に相談することがおすすめです。病院側が用意した福利厚生の一部として、外部の専門的な機関があればそこでも良いでしょう。病院側で何も用意されていない場合は、自治体などにより運営されている窓口に相談するという方法もあります。

今後のキャリアを含めて誰かに話を聞いてほしい、そんな場合は転職サイトのキャリアカウンセラーに相談すると良いでしょう。職場の人間関係や職場環境を理由に転職を希望する看護師も少なくありません。キャリアカウンセラーは、このような悩み相談の経験も豊富です。また、完全な第三者であるためより客観的な意見を期待できるでしょう。

自己嫌悪や落ち込み、イライラ、燃え尽きなどは、心が悲鳴を上げているサインです。部署異動や病院を変えることで解決するのであれば、それにこしたことはありません。第三者による客観的な視点から自分を見直し、どうしていくのが良いのか考えてみましょう。

いかがでしたか?看護師はいつも不足している職業であるため、転職は売り手市場です。しかし、あまりに転職回数が多いとより良い転職先からは見放されてしまうこともあるでしょう。
そうならないためにも、むやみに仕事をやめてしまうことはおすすめできません。意識してリフレッシュしたり、物事のとらえ方を変えてみたり、一緒に悩んでくれる友達に愚痴を話したりして、心にゆとりを持たせられるようにしましょう。

しかし、どうしてもだめだと感じた場合には、転職も1つの方法です。本当にだめなのか、キャリアカウンセラーとよく相談して進退を決めましょう。

Svg Vector Icons : http://www.onlinewebfonts.com/icon 今すぐ相談する
看護師転職サイトのランキング
転職サイトの評判ランキング
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
人気の記事
看護師が転職するときに特技ってどう書けばいい?
10,477views
看護師が転職するときに特技ってどう書けばいい?
いまアジアがアツい!看護師にアジアが人気の理由って?
7,896views
いまアジアがアツい!看護師にアジアが人気の理由って?
転職して1年以内の妊娠は非常識?看護師と産休のイロハ
6,567views
転職して1年以内の妊娠は非常識?看護師と産休のイロハ
シンガポールで活躍する看護師になるには?シンガポールの看護師の求人と年収事情!
6,558views
シンガポールで活躍する看護師になるには?シンガポールの看護師の求人と年収事情!
カナダの看護師の年収事情は?カナダで看護師として働く方法を考える
6,462views
カナダの看護師の年収事情は?カナダで看護師として働く方法を考える
新着記事

デキる先輩ナースに学ぶ!やっぱり凄い仕事がデキるナースの特徴

日勤・夜勤…結構シフトがハードな看護師の勤務形態&時間

トイレに行く時についでにチェックしたいナースの身だしなみ

こんな先輩ナースとは働きたくない!ムカつく先輩の言動

いるよねー!性格が悪いと思われがちな看護師の特徴
今話題のトピック!
未分類 (26)
看護師が活躍できる職場はココ! (14)
賢い転職!成功のコツ (69)
経歴・キャリアを考えよう! (26)
詳しく知ろう!看護の職場事情 (34)
転職失敗!その前に! (26)
家庭と看護師を両立するために! (25)
新着!看護ニュース (50)
悩めるナースの相談箱 (20)
面接と自己アピールのコツ! (6)
看護の実話集~看護の現場より~ (37)
仕事 (5)
プライベート (1)
特集コラム
全国の就職・転職イベント情報
看護師でもパソコンのスキルを身に着けたほうがいい3つの理由
看護師お悩み相談室
第105回看護師国家試験 解答速報
第102回保健師国家試験 解答速報
第99回助産師国家試験 解答速報
第105回看護師国家試験/第102回保健師/第99回助産師 合格発表日時
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.