更新日


Nursy – 看護師最新ニュース

看護師になって1年が経った頃、自分の仕事にも慣れてきて、仕事へ対する思いや考え方を見つめ直す機会も増えてきたことと思います。
1年を振り返ってみると、まだ慣れない医療現場で先輩に幾度となく注意を受けたり、いろいろなことがあったでしょう。
この1年で経験したことで、失敗したことや成長できたことなど思い悩み考えさせられたのではないでしょうか。そこで、今回は1年目の看護師の皆さんに役立つニュースをご紹介します!

TOPICS
  • 1年目の看護師が後輩を迎え入れる前にやるべきこと
  • やり方が古い職場に驚き
  • ナースのお給料、算出方法が変わる!?

1年目の看護師が後輩を迎え入れる前にやるべきこと

看護師1年生とは言っても、まだまだ新人の身です。知識や技術が少し身に付いたものの、まだ完璧とは言えません。これから後輩が入ってくるということで、自分より後輩のほうができてしまって、「追い越されないか…」や「ミスできない…」など先輩として、気負い過ぎてしまい、ネガティブ思考になりがちです。

ここはひとつ初心に返って、
1年で積み上げた知識や経験を振り返ってみましょう。
復習といった形で振り返ることにより、
より理解を深めることができるかもしれません。
また、現状で必要な新しい知識の習得に心がけたり、
自分自身のより良いスキルアップを目指したりするべく
目標を設定しても良いかもしれません。

まだ看護師として1年の経験しかありません。
謙虚な姿勢を心がけながら
自分を高めていったほうが良いみたいです。

引用元:「私、先輩になるのか…」1年目の看護師が後輩を迎え入れる前にやるべきこと

覚えることに必死だった1年目の新人時代ですが、先輩からは1年前の時とは違い、少しレベルの高いことを要求されたり、後輩からも慕われることになります。
患者さんと接する上で、機転を利かせた対応ができているかや効率的にケアはできているか振り返ってみましょう。
緊張や不安もあるとは思いますが、この1年間で教わった知識や技術を今一度復習して、自分でも確実に理解をすればその不安は取り除けます。

やり方が古い職場に驚き

自分が最新の医療知識をを知っていても、どこの病院でも聞き入れられるとは限りません。「どうすれば正しいのだろう。」と悩むこともあると思います。古い病院では、慣れ親しんでる習慣や環境があるため、新入りの意見に耳を傾けてはくれないでしょう。

下記は転職したばかりの看護師が投稿した「今どき、そんなやり方はしないのに…」というお悩みに対するアドバイスです。

こちらは正しいことを言っているのに、どうして聞き入れてもらえないのでしょうか。
(省略)

新人さんの場合、残念なことに、「改革する力」があると認めてもらうためには、ある程度の時間がかかります。どうしても我慢ができないと思った場合は、管理職の人に不満を訴えるのではなく「提案」をしてみること。あるいは、現在の感染管理は納得できないけれど、こんないいところもあるというように視点を移し、「今は変えられないもの」に固執することを自らやめるようにしましょう。

引用元:やり方が古い職場に驚き

どうしたらやり方が古い病院と上手く向き合っていけるかということですが、不満や否定を口にしても前には進めません。
不満を訴えるのではなく、アイディアとして持ちかけるなど、伝え方を工夫することが大切です。

ナースのお給料、算出方法が変わる!?

約半数の看護師は自分の給料に不満を持っているといいます。(2009年 日本看護協会調べ)
看護師の給料は、昇給の機会が少ないため、昇給率は俗に、寝たきりカーブと言われています。転職をすると職場によっては今までの経験年数がリセットされ、新人と同じ額まで下がってしまうケースもあります。そのような問題を解消するべく、
今回、日本看護協会からの提案で「病院で働く賃金のあり方」について新たな取り組みが始まりました。

【新しい賃金モデル1】能力と役割で給料を決める
本事業では、能力と役割に応じて賃金を決定する賃金モデルが示されました。
具体的には、「複線型人事制度」と「等級制度」を組み合わせたモデルです。

◆複線型人事制度とは?
看護職を「専門職群」「管理・監督職群」「高度専門職群」に分けて評価する制度です。

◆等級制度とは?
「看護実践能力」「組織的役割遂行能力」「自己教育・研究能力」などのステップにより、1等級から7等級に分けて評価する制度です。

【新しい賃金モデル2】貢献度に応じた等級に格付けする
この制度を導入することにより、「高度専門職群」(專門・認定看護師等)「管理・監督職群」(主任・師長等)でなくても、貢献度に応じた等級に格付けができ、役割と能力に応じて給料を設定できるとしています。

引用元:ナースのお給料、算出方法が変わる!?|日本看護協会「看護職の賃金モデル」推進事業会議レポート

引用元記事のコメント欄には、「地域差も改善してほしい。」という声や「施設や保育園、産業看護師の労働環境についての見直し」についての意見も見受けられました。しかし、以前に比べると労働環境が改善されつつあるため、新人の看護師さんがモチベーションを維持しつつ、働きやすい環境になっていくかもしれません。

Nursy編集部より

今回は、1年目の看護師の皆さんが考えることについてご紹介しました。いかがでしたか。
患者さんや先輩上司との人間関係や職場環境など日々の悩みはつきませんね。真正面からぶつかったり、一人で思い悩むのではストレスは溜まる一方です。時には「自分は頑張っている!」と心の中で自分を褒めたり、美味しいものを食べて気持ちをリフレッシュさせることも必要です。
看護師転職サイトのランキング
転職サイトの評判ランキング
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
人気の記事
いまアジアがアツい!看護師にアジアが人気の理由って?
5,886views
いまアジアがアツい!看護師にアジアが人気の理由って?
転職して1年以内の妊娠は非常識?看護師と産休のイロハ
4,145views
転職して1年以内の妊娠は非常識?看護師と産休のイロハ
看護師が転職するときに特技ってどう書けばいい?
3,720views
看護師が転職するときに特技ってどう書けばいい?
シンガポールで活躍する看護師になるには?シンガポールの看護師の求人と年収事情!
3,606views
シンガポールで活躍する看護師になるには?シンガポールの看護師の求人と年収事情!
せっかく転職したのに…転職してもすぐ辞める看護師
3,427views
せっかく転職したのに…転職してもすぐ辞める看護師
新着記事

デキる先輩ナースに学ぶ!やっぱり凄い仕事がデキるナースの特徴

日勤・夜勤…結構シフトがハードな看護師の勤務形態&時間

トイレに行く時についでにチェックしたいナースの身だしなみ

こんな先輩ナースとは働きたくない!ムカつく先輩の言動

いるよねー!性格が悪いと思われがちな看護師の特徴
今話題のトピック!
未分類 (26)
看護師が活躍できる職場はココ! (14)
賢い転職!成功のコツ (69)
経歴・キャリアを考えよう! (26)
詳しく知ろう!看護の職場事情 (34)
転職失敗!その前に! (26)
家庭と看護師を両立するために! (25)
新着!看護ニュース (50)
悩めるナースの相談箱 (20)
面接と自己アピールのコツ! (6)
看護の実話集~看護の現場より~ (37)
仕事 (5)
プライベート (1)
特集コラム
全国の就職・転職イベント情報
看護師でもパソコンのスキルを身に着けたほうがいい3つの理由
看護師お悩み相談室
第105回看護師国家試験 解答速報
第102回保健師国家試験 解答速報
第99回助産師国家試験 解答速報
第105回看護師国家試験/第102回保健師/第99回助産師 合格発表日時
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.