更新日


看護師として、長く仕事を続けていくなかで、役職につくべきかどうかという点で悩むタイミングもあるかもしれませんよね。

役職が上がるにつれて、仕事内容や責任範囲だけでなく、年収にもどのような変化があるのか、気になる方も多いことでしょう。

みなさんが気になりがちな項目についてまとめてみましたので、自分自身の可能性も考えながら、チェックしてみてはいかがでしょうか。

あなたが目指すべき道がはっきりと確認できるきっかけとなるかもしれませんよ。

看護師にはどんな役職がある?

看護師の役職は、主に3つに分かれています。

なかでも、医療現場のトップである「総看護師長」および「総師長」は、もっとも責任ある立場となります。

次に、各担当部署の責任者である「看護師長」が続き、看護師長のサポート役を担うのが「看護主任」となっています。

総看護師長および総師長は、一般企業でいえば部長クラスに該当し、役職名を「看護部長」としている職場もあります。

人事評価や採用関係、看護方針に関わる重要事項の決定などを担う要職です。

病院によっては、看護部長が「副院長」を兼務しているケースも見られます。

看護師長は、世間一般にいう課長クラスに該当し、新人看護師の育成や他部署との調整・連携などを中心に活躍することを期待されています。

また、看護主任は、ある意味、将来のキャリアアップに向けた登竜門として位置づけられており、看護師長の指示を的確に各看護師に伝えて実践していく現場のかじ取り役となっています。

役職に就くことによる昇給の実態

看護主任以上の役職に就くことによって、月々の基本給に対して、それぞれの役職に応じた手当が支給されます。

具体的に見てみると、看護主任の場合には月々2万円~5万円、看護師長であれば月々4万円~8万円の役職手当が加算され、総看護師長クラスともなれば、月々の役職手当は10万円以上に達します。

ただし、役職を有する管理者になることによって、勤務形態は基本的に日勤中心となり、マネジメント業務に専念して仕事を進めていくことになりますので、夜勤手当や時間外手当はつかなくなります。

したがって、一般の看護師として夜勤や時間外労働を多くしていた方の中には、役職についたあとの実際の年収は、以前とそれほど変わらないか、むしろ下がるようなケースもあるようです。

総看護師長(看護部長)の年収はいくら?

看護師のなかで最高位である総看護師長の平均年収は、約600万円~700万円だといわれています。

一般的な相場としては、民間の総合病院に勤務する場合であれば、年収は650万円~700万円程度、民間の大学病院勤務であれば、年収は750万円~800万円程度にまで上がります。

さらに、公立病院の総看護師長の年収はもっとも高く、850万円程度が相場だと言われています。

なお、病院の規模が大きくなればなるほど、マネジメントする看護師の人数も格段に多くなることから、おのずと年収も高くなる傾向があり、なかには1000万円以上の年収を手にする方もいらっしゃいます。

また、東京・神奈川を中心とした関東地方の都市部や京都・大阪を中心とした近畿地方の都市部にある病院のほうが、東北および九州地方にある病院よりも、年収は比較的高くなる傾向が見られます。

各役職に就けるための条件とは

看護主任、看護師長、総看護師長といったそれぞれの役職に就くための条件について確認していきましょう。

まず、看護主任になるには、一般的に約10年間の臨床経験が必要だと言われています。

さらに、現場の看護師全員をしっかりと取りまとめることができるリーダーシップを兼ね備えていることも、基本的な資質として求められます。

一定のタイミングを捉えて、普段の働きぶりや経験年数・スキルなどから総合的に判断され、上司である看護師長から主任試験の受験を勧められるケースが多いようです。

看護師長になるには、だいたい看護主任として10年以上のキャリアが必要で、平均年齢はだいたい46歳だといわれています。

新人ナースの教育や部署内全体の看護師・スタッフの統括をすることになるため、より広範囲な知識と医療技術を持ち合わせていることが主な条件となっています。

しかるべき時期に昇進試験を受け、狭き門を突破した看護師のみが手にすることができる役職です。

総看護師長や看護部長クラスになるには、病院によっては、合計510時間の教育課程の修了または看護系大学院での修士号取得を受験要件とする「認定看護管理者」資格の取得が求められる傾向が見られます。

総看護師長クラスに昇進するまでの平均勤続年数は約26年で、平均年齢は55歳程度となっています。

昇格を実現する転職のポイント!

昇格を目的として転職活動を始めるのであれば、有効な方法としては主に2つ考えられます。

Point①:管理者看護師を専門とする転職サイトや転職アドバイザーの活用

1つ目としては、管理者看護師を専門とする転職サイト転職アドバイザーの活用です。

病院の公式ホームページなどには、管理者求人に関する細かい条件は記載されていないことが多いため、働き始めてから役職手当などが思ったほどもらえないことに気づくというケースもあるようです。

確実に昇格し、期待通りの年収アップも見込めるような入職先を探すため、転職サイトに無料登録し、転職アドバイザーから具体的な非公開情報などを入手することで、納得がいく転職を実現できるはずです。

Point②:今まで築き上げた人脈を活用

2つ目としては、今まで築き上げた人脈を活用する方法です。

看護師として長く勤務していると、以前お世話になった上司や先輩から、ヘッドハンティングされる可能性も十分にあります。

自分の特徴をよく知ってくれているので、始めから意思疎通もスムーズにいき、職場の雰囲気や内情も事前に知ることができるというメリットがあります。

Nursy運営事務局より一言!

出世を目指す看護師の方へ

看護師として大きな責任を伴う役職に就くためには、単に、医療技術や知識・経験だけではなく、人として周囲から親しまれ、尊敬されるような人格者であることも重要な要素のひとつだと言われています。

もし、将来的に特定の役職に就くことを希望するのであれば、普段から様々な人との円滑なコミュニケーションを心がけ、自己研鑽に励む必要があるのかもしれませんね。

あなたにとって、もっともやりがいを感じる看護師としての働き方を見つめ直してみませんか?

Svg Vector Icons : http://www.onlinewebfonts.com/icon 今すぐ相談する
看護師転職サイトのランキング
転職サイトの評判ランキング
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
人気の記事
看護師が転職するときに特技ってどう書けばいい?
10,120views
看護師が転職するときに特技ってどう書けばいい?
いまアジアがアツい!看護師にアジアが人気の理由って?
7,777views
いまアジアがアツい!看護師にアジアが人気の理由って?
転職して1年以内の妊娠は非常識?看護師と産休のイロハ
6,458views
転職して1年以内の妊娠は非常識?看護師と産休のイロハ
シンガポールで活躍する看護師になるには?シンガポールの看護師の求人と年収事情!
6,335views
シンガポールで活躍する看護師になるには?シンガポールの看護師の求人と年収事情!
カナダの看護師の年収事情は?カナダで看護師として働く方法を考える
6,151views
カナダの看護師の年収事情は?カナダで看護師として働く方法を考える
新着記事

デキる先輩ナースに学ぶ!やっぱり凄い仕事がデキるナースの特徴

日勤・夜勤…結構シフトがハードな看護師の勤務形態&時間

トイレに行く時についでにチェックしたいナースの身だしなみ

こんな先輩ナースとは働きたくない!ムカつく先輩の言動

いるよねー!性格が悪いと思われがちな看護師の特徴
今話題のトピック!
未分類 (26)
看護師が活躍できる職場はココ! (14)
賢い転職!成功のコツ (69)
経歴・キャリアを考えよう! (26)
詳しく知ろう!看護の職場事情 (34)
転職失敗!その前に! (26)
家庭と看護師を両立するために! (25)
新着!看護ニュース (50)
悩めるナースの相談箱 (20)
面接と自己アピールのコツ! (6)
看護の実話集~看護の現場より~ (37)
仕事 (5)
プライベート (1)
特集コラム
全国の就職・転職イベント情報
看護師でもパソコンのスキルを身に着けたほうがいい3つの理由
看護師お悩み相談室
第105回看護師国家試験 解答速報
第102回保健師国家試験 解答速報
第99回助産師国家試験 解答速報
第105回看護師国家試験/第102回保健師/第99回助産師 合格発表日時
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.