更新日


看護師はクビにならないと思っていませんか?

今の時代、どの病院でも看護師不足です。看護師がクビになることは、それほど多くありません。

「今の病院は人手が足りないから、クビになるわけない!」
そう思う方も多いかもしれませんが・・・

実は、医院経営・病院経営の現場で看護師や社員を解雇したいという悩みは意外と多いのです。

「どうすれば看護師を円満に解雇できるか?」
こういった相談は全国でも決して珍しくありません。

看護師が解雇される3つのケース

どういう時に看護師はクビになったり、解雇を検討されたりするのでしょうか?

ケース① 勤務態度が悪く、改善の見込みも無い

毎日遅刻したり患者に暴言を吐いたりなど、勤務態度が悪い場合です。患者さんからのクレームに対して暴言で返すような態度は「ありえない」ですよね。当然、病院の信用に影響してきます。

しかし、それだけでは解雇されることはありません。解雇されるのは、何度も指摘・指導を繰り返しても「ありえない」態度が改善されなかった時です。

ケース② 体調を崩してしまって、仕事を続けられない

人手不足の職場では、一人ひとりの看護師にかかる負担が重くなってしまうことも少なくありません。

激務に耐えられず、ストレスがたまり「うつ病」にまでなってしまうこともあります。心身が健康でないと、仕事をする上で業務上のミスが増えてトラブルに発展してしまうこともあります。

そういった場合は、病院側としても看護師本人としても、その職場で続けていくよりも「他のところで仕事をした方が良いのでは?」と解雇に至るケースもあります。

ケース③ 仕事をなかなか覚えない、ミスが多い

仕事を教えられてもなかなか覚えられず、何度も同じようなミスをしてしまう。何度も同じ指摘を繰り返す・・・電子カルテの入力、入院の受け入れ、オペ出し・・・看護師の仕事を覚えるのは確かに大変です。

緊張からミスが多くなってしまうこともあります。先輩や同僚、医師の威圧的な態度がプレッシャーになり、ミスにつながっていることもあります。このケースでは職場とのミスマッチによって解雇になることも多いようです。

参考記事:看護師でもパソコンのスキルを身に着けたほうがいい3つの理由

解雇には大きく3種類ある

看護師が解雇される場合はおおまかに3種類に分けられます。

整理解雇

これは一言で言えばリストラですね。
今、経営状況の悪い病院も増えてきています。全国の半分以上の病院が赤字経営とも言われる時代です。資金繰りに苦しくなり、経費削減のために辞めてもらうしか選択肢がなくなってしまうこともあります。

また「病棟が赤字」とい病院もあります。病床を減らしたり 閉めたりする病院も増えています。そうすると看護師の人数が余ってしまいます。事業を縮小するので、解雇して人員を整理するという結果になります。整理解雇では、退職金はもちろん支払われます。

普通解雇

上にあげた3つのケースはほぼ、この普通解雇にあたります。普通解雇が一般的に言われる「クビ」です。

「何度も指摘したのに改善しない」
「このままでは病院の信用を落としてしまう」
「この職場で仕事を続けられる見込みがない」

病院側から「こちらの都合で申し訳ないが、辞めてください」と申し入れられるのが普通解雇です。普通解雇でクビになったとしても退職金は支払われます。

懲戒解雇

普通解雇が通常のクビですが、ひどい場合には懲戒解雇となります。ひどい場合といっても、懲戒解雇になってしまうのは犯罪レベルのトラブルがあった場合です。

たとえば、「窓口収入を横領していた」とか「患者に暴行を加えた」というような場合です。懲戒解雇には「制裁」という意味合いがあり、普通解雇や整理解雇とは違い、退職金は出ません。

犯罪に近いトラブルがあったのに退職金が出るわけありませんよね。

突然クビになったらどうしたらいい?

「突然、懲戒解雇にすると言われた・・・」
いやいや、ちょっと待ってください。何か犯罪のようなことをしましたか?

どの解雇方法にしても、それなりの理由が必要です。「ちょっと覚えが悪いから」だけでは解雇になりません。

しかし、誰でも解雇を言い渡されたら頭が真っ白になりますよね。

「収入がなくなる・・・どうしよう」
「次の就職に影響は?」

それなりの理由があり、解雇された時には次のことを考えなくてはなりません。ただ履歴書の書き方や転職理由の表現を工夫すれば、次の就職先への影響は最小限に抑えることができます。

「クビにされるかも…」と感じたら、転職サイトにとりあえず登録しておくのも1つの手です。そうしておけば、万が一の時にも落ち着いて対応できますし、担当のコンサルタントに相談することもできます。

家族や友人には相談しにくく、一人で抱え込んでしまう方も多いようです。そうならないためにも、転職サイトに登録だけでもしておきましょう。

運営事務局からの一言!

転職コンサルタントは心強い味方!

転職サイトに登録し、コンサルタントに相談することで、いろいろな問題をスムーズに解決することができます。履歴書の書き方、面接対策から転職後のアフターフォローまで、すべて無料でサポートしてくれます。困った時には、転職コンサルタントに相談してみましょう!

Svg Vector Icons : http://www.onlinewebfonts.com/icon 今すぐ相談する
看護師転職サイトのランキング
転職サイトの評判ランキング
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
人気の記事
看護師が転職するときに特技ってどう書けばいい?
10,480views
看護師が転職するときに特技ってどう書けばいい?
いまアジアがアツい!看護師にアジアが人気の理由って?
7,896views
いまアジアがアツい!看護師にアジアが人気の理由って?
転職して1年以内の妊娠は非常識?看護師と産休のイロハ
6,567views
転職して1年以内の妊娠は非常識?看護師と産休のイロハ
シンガポールで活躍する看護師になるには?シンガポールの看護師の求人と年収事情!
6,561views
シンガポールで活躍する看護師になるには?シンガポールの看護師の求人と年収事情!
カナダの看護師の年収事情は?カナダで看護師として働く方法を考える
6,468views
カナダの看護師の年収事情は?カナダで看護師として働く方法を考える
新着記事

デキる先輩ナースに学ぶ!やっぱり凄い仕事がデキるナースの特徴

日勤・夜勤…結構シフトがハードな看護師の勤務形態&時間

トイレに行く時についでにチェックしたいナースの身だしなみ

こんな先輩ナースとは働きたくない!ムカつく先輩の言動

いるよねー!性格が悪いと思われがちな看護師の特徴
今話題のトピック!
未分類 (26)
看護師が活躍できる職場はココ! (14)
賢い転職!成功のコツ (69)
経歴・キャリアを考えよう! (26)
詳しく知ろう!看護の職場事情 (34)
転職失敗!その前に! (26)
家庭と看護師を両立するために! (25)
新着!看護ニュース (50)
悩めるナースの相談箱 (20)
面接と自己アピールのコツ! (6)
看護の実話集~看護の現場より~ (37)
仕事 (5)
プライベート (1)
特集コラム
全国の就職・転職イベント情報
看護師でもパソコンのスキルを身に着けたほうがいい3つの理由
看護師お悩み相談室
第105回看護師国家試験 解答速報
第102回保健師国家試験 解答速報
第99回助産師国家試験 解答速報
第105回看護師国家試験/第102回保健師/第99回助産師 合格発表日時
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.