更新日


長いブランクを経て看護師に復職を願う女性は多くいます。しかし、復職を願っても長いブランクに不安を感じて実現できない女性も多くいると思います。では、そんな女性はどのような手段で復職を果たせばいいのでしょうか。

今回は、復職を願うブランクのある看護師に向けて、復職の方法をご紹介します。子育てなどで長い間ブランクがあったとしても大丈夫。上手に復職を果たしてみませんか?

どんな不安があるの?復職を考えている看護師の不安

復職を考える看護師の不安には様々なものがあります。

結婚や出産を挟んでの復職の場合には、仕事と家庭、育児の両立が可能なのかどうかが不安な点となるでしょう。
また、ブランクが長ければ長いほど、看護師時代の知識や技術が通用するのかどうか、まだ技術をそのまま生かせるのかどうかが不安要素です。年齢とともに、新しい知識や技術を身につけることができるかという不安を感じる人もいるかもしれません。

こうした不安は復職を考える看護師はみんなが抱えている事実です。最近では、このような不安を解消できる研修プログラムや、支援サービスを受けることができるので活用を検討してみるのも手でしょう。

復職で失敗するケースはどんなとき?

実際に復職で失敗するケースは様々考えられます。医療の世界は日々新たな技術に進歩を遂げる職種です。

そのため、復職の際に失敗するケースは、昔の自分の技術に頼りすぎて、プライドが捨てられない場合に起こりえます。長年看護師として、バリバリと仕事をしていた人にありがちな失敗といえます。もしも失敗した場合には、失敗を認めることができず、周囲の看護師や患者にも迷惑をかけることになるでしょう。

もしも復職を考えるなら、事前に勉強をしっかり行い、新人看護師の気持ちで謙虚な姿勢で復職することが大切です。ただし、このように仕事に対する姿勢が真面目な方は家庭や育児をおろそかにしてしまうケースも多いので注意が必要!
結局イライラしてしまい、家庭も育児も仕事も中途半端になってしまうかもしれません。 自分にとって大切なものは何か?家庭や育児と両立できる職場か?を事前にしっかり見極めるようにすると良いでしょう。

予習は大切!復職前には研修を

失敗しない復職のコツは、復職前にしっかりと現在の看護技術と知識を身につけておくことです。これはブランクが長ければ長いほど必要になります。

先ほども言った通りブランクが長いと自分の手技を不安に思ったりする方も少なくありませんが、復職する病院によっては、復職支援制度が整っていることもありますので事前に確認してみると良いでしょう。

復職先に頼るだけでなく、転職サイトのコンサルティングに相談することで、アプリで研修をうけられるサイトの紹介や、地域の研修の紹介などを受けることも可能です。希望がある場合には、なんでもコンサルタントに相談してみると良いでしょう。研修制度が充実している病院を探すことも可能です。

求人選びのポイントは?

ブランクがある方が復職するときの求人選びのポイントは大きく3つあります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.受け入れ態勢のある職場を選ぶ!

ブランクのある看護師を受け入れる体制が整っているかがポイントとなります。研修制度の充実や、先輩看護師がフォローをしてくれるプリセンター制度が導入されているかなどを事前にチェックしましょう。

2.仕事とプライベートの両立ができるかどうか?

仕事と家庭、育児の両立が可能かどうかを事前にしっかりチェックすることも大切です。時間が比較的固定された職場や、託児所が併設されている病院も存在します。ママ看護師が多い職場も子育てしながら働きやすいといえでしょう。お互いに助け合いながら働くことが可能です。

3.それほど看護技術が必要とされない職場を選ぶ!

ゆったりと働ける職場を選択することも一つの手段です。できる限り看護技術を利用しなくても働ける職場を選ぶことも視野に入れてみましょう。例えば、特別養護老人ホームや、慢性期病棟などです。また、療養型病院と急性期病院の二つを兼ね備えたケアミックスの病院を選んでみるのもいいかもしれません。最初は療養型病院で勤務し、慣れてきたら、急性期病院に異動するということも可能です。

このように働きやすい求人を探すことは不安解消にもつながります。転職コンサルタントに相談することで、自分に適した職場が見つかるかもしれません。

看護師でも子育てとの両立は可能?

いざ、復職を果たしてみたものの、子供の様子が心配で仕事に慣れることができないママもいるのではないでしょうか。転職選びの際には子育てしながら働きやすい職場を選ぶと良いでしょう。

仕事と育児を両立するコツは、自分にとって大切なことは何かを見極めることです。もしも仕事が大切だと感じるならば、夫や、実家のサポートが不可欠になることでしょう。
しかし、育児を優先させたいと感じるなら、育児に理解を示してくれる職場を探す必要があります。周囲に迷惑をかけないように、夜勤のない勤務先を選び、看護師の人数が充実している病院を選ぶようにしてください。そうした職場では、急なお休みでも受け入れてもらえることも。

仕事と育児を両立したい場合には、完璧を求めないことが大切です。家事で手を抜くところは手を抜き、お休みの日に回しましょう。仕事は手を抜かずにしっかりこなし、信頼を得ていくうちに、上手に両立できるようになります。また、夫の理解と協力をしっかり得ることもポイントです。

Nursy運営事務局からの一言!

いかがでしたか?長期間のブランクのある看護師には不安がたくさんあるかもしれません。丁寧に探すことで、希望に沿った勤務先はきっと見つかります。
自分一人で転職先を探すのが不安という方は、転職サイトを上手に利用して、仕事と家庭と育児を両立してみてください。結婚しても、充実した時間を過ごせるように復職することは一つの手段になります。

Svg Vector Icons : http://www.onlinewebfonts.com/icon 今すぐ相談する
看護師転職サイトのランキング
転職サイトの評判ランキング
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
人気の記事
看護師が転職するときに特技ってどう書けばいい?
10,131views
看護師が転職するときに特技ってどう書けばいい?
いまアジアがアツい!看護師にアジアが人気の理由って?
7,787views
いまアジアがアツい!看護師にアジアが人気の理由って?
転職して1年以内の妊娠は非常識?看護師と産休のイロハ
6,469views
転職して1年以内の妊娠は非常識?看護師と産休のイロハ
シンガポールで活躍する看護師になるには?シンガポールの看護師の求人と年収事情!
6,351views
シンガポールで活躍する看護師になるには?シンガポールの看護師の求人と年収事情!
カナダの看護師の年収事情は?カナダで看護師として働く方法を考える
6,173views
カナダの看護師の年収事情は?カナダで看護師として働く方法を考える
新着記事

デキる先輩ナースに学ぶ!やっぱり凄い仕事がデキるナースの特徴

日勤・夜勤…結構シフトがハードな看護師の勤務形態&時間

トイレに行く時についでにチェックしたいナースの身だしなみ

こんな先輩ナースとは働きたくない!ムカつく先輩の言動

いるよねー!性格が悪いと思われがちな看護師の特徴
今話題のトピック!
未分類 (26)
看護師が活躍できる職場はココ! (14)
賢い転職!成功のコツ (69)
経歴・キャリアを考えよう! (26)
詳しく知ろう!看護の職場事情 (34)
転職失敗!その前に! (26)
家庭と看護師を両立するために! (25)
新着!看護ニュース (50)
悩めるナースの相談箱 (20)
面接と自己アピールのコツ! (6)
看護の実話集~看護の現場より~ (37)
仕事 (5)
プライベート (1)
特集コラム
全国の就職・転職イベント情報
看護師でもパソコンのスキルを身に着けたほうがいい3つの理由
看護師お悩み相談室
第105回看護師国家試験 解答速報
第102回保健師国家試験 解答速報
第99回助産師国家試験 解答速報
第105回看護師国家試験/第102回保健師/第99回助産師 合格発表日時
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.