更新日


海外旅行先として人気が高いオーストラリアでは日本同様に看護師が不足している一方、労働環境は日本より恵まれ十分な休息や年収を得ているそうです。

すでに日本で正看護師の免許を取得している看護師の方であれば、オーストラリアで免許を取得する際には優遇されるとか。

では、オーストラリアで看護師として働くにはどうしたらいいのでしょう?

そこで、オーストラリアの看護師事情とともに、年収をアップさせるヒントをご紹介していきます。

オーストラリアの看護師の給与、手当、待遇

オーストラリアの看護師は世界的にみても労働条件が良いといわれています。

例えば、正社員であれば夜勤を含めて4週間20日勤務で「Pay day off」と呼ばれる有給休暇をもらうことができます。

従って、4週間で19日勤務すれば20日分の給与を得ることが可能となるわけです。

さらに1年間勤務すれば4週間、夜勤をしている場合には6週間分の有給休暇「paid leave」を得ることがきます。

もちろん病気などで休む場合の有給休暇「sick leave」も年15日あり、休暇の前借りも可能です。

日本で休暇を取得する場合は気兼ねもありますがオーストラリアでは当然の権利となっているため、看護師に限らず職場の調整さえつけば気軽に休暇を取得できます。

もちろん数週間まとめて休暇を取得できるので、休暇を利用して日本へ一時帰国することもできるでしょう。

また、オーストラリアの看護師の初任給は年収500万円程度で、平均年収は500~700万円だそうです。

日本のようにボーナスや交通費支給はありませんので注意しましょう。

日本の看護師資格を持っていれば看護師資格を取得しやすい!

日本の正看護師免許を取得していても、オーストラリアで看護師として働くことはできません。

もちろん語学的な問題もありますが、それだけではなく「オーストラリアの看護師免許」を取得する必要があります。

では、どうすればオーストラリアの看護師免許を取得できるのでしょう?

免許取得にはいくつか方法がありますが、正看護師資格をお持ちの方であれば、現地の大学の看護学コンバージョン・コースを修学することにより、免許を取得することができます。

大学によりコース名は異なりますが看護学3年コースへの編入が可能となり、1年程度でオーストラリアの看護師免許を取得できるといわれています。

つまり日本の正看護師免許を保持していれば、オーストラリアで現地の看護師免許を取得しやすいというメリットがあるわけです。

免許取得で重要となるのは英語力。

IELT6.5~7.0程度の高度な英語力がなければオーストラリアで大学に編入することはできませんので、第一関門といっていいかもしれません。

大学での修学後には正看護師として登録する必要があり、一度登録すればどの州でも看護師として働くことができます。

オーストラリアは留学中に医療機関に勤務することも可能

オーストラリアへの留学で最大のメリットといえるのが、留学中でも医療機関に勤務できることです。

もちろん、働いた分の給与をもらうことができます。

週2日の勤務で5~7万円が相場となりますので、月20~28万円の給与を得ることができるという計算になります。

医療の現場で働くことができれば勉強になるばかりか英語力も身につき、さらに給与が貰えるので困ることはないでしょう。

そして週2日勤務で月20万円になることからもわかるように、看護師の給与は日本と比べて高額なのです。

オーストラリアでは看護師は社会的に高く評価され「スペシャリスト」として尊重されているため、給与も比例して高くなっているのかもしれません。

留学中でも生活費を賄える程度の給与を得られるオーストラリア留学。

他国で留学するより優遇されていることは否定できません。

オーストラリアの看護師求人の探し方

オーストラリアで看護師免許を取得してから勤務先を探すことになりますが、留学生は大学とリンクしたキャリアセンターなどを利用できない場合もあるため求人探しが困難になることもあるようです。

とはいえ看護師はオーストラリアで需要が高い職種ですので、通常の求人サイトなどでも看護師の求人は多く掲載されています。

また募集されていない場合でも、勤務したい病院に直接連絡をして応募することも可能です。

都市部を離れると看護師不足が顕著となるため、郊外の静かなエリアで勤務先を探してみるのもいいかもしれません。

近年オーストラリアも日本同様に高齢化が進んでいるため、高齢者を介護するエイジド・ケア(Aged Care)を主体とする医療機関もおすすめです。

どちらにしても自分が進みたい方向を見極め、勤務先を探すようにしましょう。

海外留学特集のある転職サイトも活用しよう

オーストラリアで看護師として働くためには、留学を避ける道はありません。

そのため海外留学特集のある転職サイトを活用してみるのも一つの方法です。

転職サイトは日本国内に限定されていると思われがちですが、海外留学に対応しているものも増えているのでチェックしてみましょう。

海外留学特集では経験者の声を聞けるだけでなく、自分に合った留学方法が見つけやすいという利点もあります。

またエージェントを通して留学先を見つければ、いろいろ相談することもできるので安心なのではないでしょうか。

さらに現地に赴くことなく、様々な情報を得ることができるメリットもありますね。

先にも述べたようにオーストラリアでは看護師が不足しているため、医師同様に需要が高く永住権を取得しやすい職種の一つとなっています。

頑張りようによっては、生涯にわたりオーストラリアで看護師として勤務することも可能となります。

オーストラリアでは看護師の労働環境が整えられているので、スキルアップしながら年収もアップすることが可能です。

さらに休日などの待遇面も日本と比べると恵まれているので、プライベートも充実することでしょう。

Nursy運営事務局より一言!

海外で働きたい看護師の方にとって一番の障壁は英語力

一番のネックになるのは英語力かもしれません。

最初は厳しいかもしれませんが、英語に自信がない方でも暮らせば英語を話さなければならなくなるので、嫌でも英語力はつくはずです。

必要なのは「やる気」。

ぜひチャレンジしてみてください!

Svg Vector Icons : http://www.onlinewebfonts.com/icon 今すぐ相談する
看護師転職サイトのランキング
転職サイトの評判ランキング
第1位看護のお仕事
第2位マイナビ看護師
第3位ナース人材バンク
第4位ナースではたらこ
第5位ナースJJ
人気の記事
看護師が転職するときに特技ってどう書けばいい?
10,485views
看護師が転職するときに特技ってどう書けばいい?
いまアジアがアツい!看護師にアジアが人気の理由って?
7,903views
いまアジアがアツい!看護師にアジアが人気の理由って?
転職して1年以内の妊娠は非常識?看護師と産休のイロハ
6,571views
転職して1年以内の妊娠は非常識?看護師と産休のイロハ
シンガポールで活躍する看護師になるには?シンガポールの看護師の求人と年収事情!
6,563views
シンガポールで活躍する看護師になるには?シンガポールの看護師の求人と年収事情!
カナダの看護師の年収事情は?カナダで看護師として働く方法を考える
6,471views
カナダの看護師の年収事情は?カナダで看護師として働く方法を考える
新着記事

デキる先輩ナースに学ぶ!やっぱり凄い仕事がデキるナースの特徴

日勤・夜勤…結構シフトがハードな看護師の勤務形態&時間

トイレに行く時についでにチェックしたいナースの身だしなみ

こんな先輩ナースとは働きたくない!ムカつく先輩の言動

いるよねー!性格が悪いと思われがちな看護師の特徴
今話題のトピック!
未分類 (26)
看護師が活躍できる職場はココ! (14)
賢い転職!成功のコツ (69)
経歴・キャリアを考えよう! (26)
詳しく知ろう!看護の職場事情 (34)
転職失敗!その前に! (26)
家庭と看護師を両立するために! (25)
新着!看護ニュース (50)
悩めるナースの相談箱 (20)
面接と自己アピールのコツ! (6)
看護の実話集~看護の現場より~ (37)
仕事 (5)
プライベート (1)
特集コラム
全国の就職・転職イベント情報
看護師でもパソコンのスキルを身に着けたほうがいい3つの理由
看護師お悩み相談室
第105回看護師国家試験 解答速報
第102回保健師国家試験 解答速報
第99回助産師国家試験 解答速報
第105回看護師国家試験/第102回保健師/第99回助産師 合格発表日時
Copyright © 看護師転職求人サイト比較.net All rights reserved.